307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2020-09-05 09月05日-03号

施行まで、あるいは例規提案までまだ時間ありますから、十分検討していただくというようなことを含めて意見を申し上げたいと思います。  働き方改革関連法の趣旨、同一労働同一賃金、長時間労働の是正が主なものである、このように私は理解をしています。そして、約4割の非正規労働者継続雇用による生活の安定を確保しようとするものであります。

益子町議会 2020-09-05 09月05日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

13節委託料につきましては3件で、主なものは例規集の更新データ作成業務等でございます。14節使用料及び賃借料につきましては、例規集システム使用料及びホームページサーバー使用料等でございます。19節負担金補助及び交付金につきましては、負担金として真岡人権擁護委員協議会負担金等でございます。  以上でございます。 ○議長星野壽男) 会計課長

栃木市議会 2020-06-12 06月12日-03号

しかしながら、格付に関しましては、地方自治法建設業法、またそれ以外の法令に具体的な定めはなく、また法令による条例等への委任規定もないことから、格付制度及び運用につきましては、自治体ごとに必要な例規等を定めているところでございます。このようなことから本市では、栃木建設工事等請負業者選定要綱及び同要綱運用基準において、格付に係る制度及び運用規定しているところでございます。

小山市議会 2020-03-16 03月16日-06号

各課の名称変更のほか、事務分掌等業務内容を精査し、業務内容の移管や例規改正等を行いますとの答弁がありました。  また、別の委員から、組織改編によるメリット、デメリットについて問う質疑があり、執行部から、メリットは、2つの課の業務を1つの課に集約することで、協力しながら業務を遂行できる体制が整うというスケールメリットが上げられます。

芳賀町議会 2020-03-05 03月05日-02号

5点目の会計年度任用職員に関する条例が昨年12月議会で可決されたのに、2か月半以上たってもホームページ例規集に掲載されない理由についてでありますが、現在のホームページ例規集は、全国の自治体例規システムを扱う専門業者に委託し更新を行っております。議会の議決がなされた後、必要な手続を経て専門業者データを送り、データの加工が行われ更新される仕組みになっております。 

小山市議会 2020-02-20 02月20日-03号

接種費用につきましては、平成31年1月に開催されました小山予防接種委員会においても、助成が必要であるとの見解が示されたことから、未来ある子供たちのために骨髄移植等により抗体を失った方がワクチンを再接種する際の費用助成ができるよう今年度中に例規を定め、来年度から実施できる方向で進めてまいります。  以上、よろしくお願いいたします。

小山市議会 2020-02-17 02月17日-01号

第1条については、共同処理加入後は、栃木市町村総合事務組合例規により処理されることから、市条例である議会議員その他非常勤職員公務災害補償等に関する条例及び小山市立学校学校医学校歯科医及び学校薬剤師公務災害補償に関する条例を廃止するものです。  第2条につきましては、対象職員を定義する引用条例を廃止される市条例から、栃木市町村総合事務組合が用いる条例に改定する。  

大田原市議会 2019-12-16 12月16日-05号

大田原市の文書取扱規程の中に、保存年限保存種別規定されていますが、条例規則、その他例規原義文書並び市史の資料となる重要文書もその中に入っています。それら永年保存文書を中心とした公文書はどのように管理されているのでしょうか。  そこで、(3)、公文書(永年保存文書)の管理状況についてお伺いいたします。 ○議長前野良三君) 教育部長

芳賀町議会 2019-11-15 11月29日-01号

第3款民生費は、障害者支援サービス高度化利用頻度増加に伴う、障害者自立支援給付費及び障害児施設措置費などの扶助費1,270万円、こども医療助成に係る支払業務委託料50万円、ひとり親医療助成に係る扶助費85万円、乳児教育無償化に係る条例改正等例規整備支援業務88万円です。 第4款衛生費は、町内の利用患者数増加に伴い、芳賀赤十字病院運営費補助金19万円を増額するものです。 

下野市議会 2019-09-11 09月11日-05号

それで、例規集には下野市の監査基準が載っているんですが、今回の監査は新たな監査基準に基づいてなされたものなのか、新たな監査基準はいつ公表されるのか、それを伺いたいと思います。 質疑は以上です。 ○議長秋山幸男君) 答弁お願いします。 小川会計管理者。 ◎会計管理者小川幸男君) 村尾議員のご質問の第1点目の基金の運用状況につきましてお答えいたしたいと思います。 

大田原市議会 2019-06-21 06月21日-04号

本市では、会計年度任用職員制度への移行に当たり例規改正作業が膨大になることから、昨年11月より業務委託を行い、準備作業を行ってまいりました。既に庁内の各部署に対して照会を行い、臨時非常勤職員実態把握及び職の再設定を含む臨時非常勤職員全体の任用根拠明確化適正化のための整理を行っているところでございます。

塩谷町議会 2019-06-10 06月10日-03号

ただ、町の例規集上ですね、決済規定、こちらで、今現在、例えば支出の伝票、こちらが企画課長の権限を超えると、全部今町長に回っております。それが途中で副町長ができれば、副町長でとまる決裁も発生すると思われますので、町長に回る書類が少なくなるというのは確実であります。 ◆5番(福田徳弥君) 具体的には何もないんだね。じゃあね。 ○議長直井美紀男君) よろしいですか。 ◆5番(福田徳弥君) はい。