13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那須町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号

また私事ですけれども、私の妻も突然突発性の病気を発症しまして、医者に行った途端に6カ月の余命宣告を受けました。その当時ホスピスという言葉がやっと使われるような状態になっております。私も医者から説明を受けたときに、「ホスピスって何ですか」と聞き直してしまいました。医者が言うには、申しわけありません。

那須塩原市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−05号

入所を希望しても、施設が不足して保険料を払っても利用できず、そのまま在宅で余命を全うされる方も少なくありません。在宅介護のため、やむを得ず職を離れるなど、家族の負担は大変厳しい状況にあります。施設が整備されることは喜ばしいことですが、6期の計画の施設ができても、自然増があります。この自然増があるために、そっくり待機者が減ることにはなりません。さらに施設の整備を求めていきます。  

矢板市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第350回)-03月05日−02号

また、厚生労働省人口動態保健所市町村統計によりますと、矢板市の2008年から2012年における出生数は、年平均で251名、人口1,000人当たりでは7.2名、全国平均が8.4名となり、全国の1,741市区町村中885番目、同期間の1人の女性が生涯に産む平均子ども数を推計した合計特殊出生率では1.38で1,211番目、また、2010年の矢板市平均寿命、ゼロ歳児からの平均余命は男性が全国平均よりも

那須町議会 2015-12-01 平成27年 12月 定例会(第8回)-12月01日−一般質問−02号

しかしながら、先般ですか、国会議員がある高齢者専用住宅に来られまして、そういう内容、CCRCが具体化するという前提の中で、地域との融合が図られなければどうしようもないということで、そもそも今のいわゆる高齢者専用住宅等の開発が、ついの住みかとして購入した物件として、賃貸あるいは購入に焦点を注ぐと、余命数年だと思います。

佐野市議会 2013-03-01 平成25年  予算審査特別委員会-03月01日−議案説明・質疑−01号

突然余命幾ばくもない命と言われた役所に勤める公園課長が今までの惰性的な仕事に対して奮起いたしまして、市民の熱い要望を受けて公園をつくるという映画でありまして、最後にでき上がったブランコに乗りまして、主演の志村喬が「命短し恋せよ乙女」というような歌を歌いながら死んでしまうわけですが、そのときに雪が降ってきまして、人の形もわからないぐらいに降り積もると、こんな映画を思い出すわけであります。   

那須塩原市議会 2011-12-02 平成23年 12月 定例会(第6回)-12月02日−02号

生きとし生けるものすべてに郷里を、土をともに生きる命の尊厳と慈しみを込め、行って助けたい、行って助けたいと三度書かれ、余命短い中に小さな黒いノートに記したそうです。  私たちの時代は、行き合うという大切な基盤そのものを、経済活動の中に組み込んできてしまいました。漁業林業、酪農業は人と自然を結び、働きかけ合うことで共同体を形成し、自然界には豊かな自然をつくります。

真岡市議会 2011-09-07 平成23年  9月 定例会(第4回)-09月07日−議案質疑、一般質問−02号

そういった方も今まで語り部には来なかったけれども、やっぱり一定の年になって、これはつまり自分の余命が短くなったということだと思うのですが、最後の使命は本当にこの66年前の原爆の悲惨さを伝えなければならないということで語り部になっている方もいるのです。そういったことが現地でわかるのです。

那須塩原市議会 2011-06-07 平成23年  6月 定例会(第3回)-06月07日−02号

その中ででも、やはり高齢者に対する福祉の事業というものを、全体的に今後とも安定的に財政的にというか、続けていくに当たっては、日本人の平均余命、男性で79歳ですか、それよりお若い方についてはやむなしというようなご意見であったというふうに記憶してございます。 ○議長(君島一郎君) 16番、早乙女順子君。

真岡市議会 2010-06-16 平成22年  6月 定例会(第3回)-06月16日−議案質疑、一般質問−03号

しかも、病状が極めて重く、医師からは余命数カ月と宣告されたとのことです。そこで、ご家族介護に必要なおむつについて給付制度を活用することを思い立ち、市役所を訪れました。しかし、そのとき窓口で言われたのがおむつ券は要介護と認定されてから6カ月経過しないと給付されないということでした。

真岡市議会 2009-12-08 平成21年 12月 定例会(第6回)-12月08日−議案質疑、一般質問−03号

それから、清掃センターの劣化、故障、余命検査ですが、これは実際つくったメーカーさんは確認にはしておられるのでしょうか、ちょっとお聞きいたします。   先ほど平成18年度で機能検査をやられたということで、それに基づいてメンテナンスの工事をしているかと思うのですが、その検査というのはもともと施設をつくった業者さんでしょうか、それとも別な業者さんなのでしょうか、ひとつお聞きいたします。

佐野市議会 2007-09-18 平成19年  決算審査特別委員会-09月18日−議案質疑−02号

あの方が最終的には市民課長として日々一生懸命惰性的に仕事をなさっていて、たまたま体調が悪いので、お医者さんに見せたら、余命幾ばくもない命だということがわかって、自己実現というか、悶々と悩んだ末、残された時間をどう生きようかというようなことで悩んだあげく、市民のいろいろな要望、そのときに来た、地区に公園をつくってあげようということに情熱をかけて、まさに命をかけてやったと。

佐野市議会 2000-09-12 平成12年  決算審査特別委員会-09月12日−議案質疑・討論・表決−03号

平均余命という考え方もあります。男性が16.94、女性の場合が21.53という数字があるわけです。先ほど1万284人というお話を伺ったわけなのですけれども、1997年度から医療費がいろいろ上がりまして大幅増ということになったわけですけれども、10.8%という結構大幅な増になったわけですけれども、その後のこの老人の保険者の方の負担とか、いろいろお話がありますでしょうか。

  • 1