335件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩谷町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−01号

まず、町民が求める議会像については、住民に開かれた町長と切磋琢磨する活発な討論が展開され、政策提言のできる議会など6点に集約され、さらに町民に信頼される議会像では、行政の批判と監視機能を一層強化し、町民に対して議決責任と説明責任を果たす議会への住民参加を広げながら、情報公開をさらに進める。

那須町議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月11日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

議員間議論の必要性、討論の機能維持や住民参加を議題として意見をどう吸い上げるか、また民主主義の観点から、選挙に関する無投票の功罪、今後厳しい財政上の視点、さらに全国の類似団体の定数を参考に、公聴会における公述人や参考人招致における意見等々を情報共有の上、定数の対象健全化の人数を検討してまいりました。  

塩谷町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−02号

事業は、住民参加手法による町政運営を実現するための意見集約システム特許を持つ株式会社ハンマーバード委託をしておりまして、特に若者からの意見を多く取り入れるため、パソコン、スマートフォン端末を活用しての設問、回答システムの整備を進めたところであります。私の考える方向性が事務担当者にうまく伝わっていないのか、体制整備がおくれておりますことに対しましては、おわびを申し上げたいところでございます。  

那須塩原市議会 2017-11-29 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月29日−03号

住民参加による実働型の総合防災訓練などの実施について。  (2)地域防災力についてお伺いします。  ①自主防災組織の結成促進、活動支援について。  ②地域防災リーダーの育成について。  ③地域行政の連携体制の強化について。  (3)消防団の充実、強化についてお伺いします。  ①消防団の運営支援について。  ②消防団員の確保、育成について。  

佐野市議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月08日−一般質問−05号

住民主体ボランティアであるため、担い手の育成住民参加の動機づけは極めて重要であり、ボランティアに対する謝礼の支給は必須であると言えます。この謝礼は、利用者が利用料として負担することになるが、たとえそれが低額であったとしても、さきの訪問型サービスAの自己負担割合が1割や2割であることを考えると、地域支援事業として何らかの自己負担の軽減が必要であると考えます。

那須塩原市議会 2017-09-04 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月04日−02号

北海道ニセコ町は全国に先駆けてまちづくり基本条例を策定し、住民参加行政運営を行ってきました。情報共有住民参加の取り組みを制度化したことがまちづくり基本条例の大きな特徴です。2000年の国勢調査による人口が4,553人であったのが現在4,655人にふえ、地域的なことを考えると特出すべきことであり、全国でも人口増加率の高い地域となっています。  

那須塩原市議会 2017-06-22 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−06号

地方議会における情報公開住民参加議会機能強化といった項目のうち、特に住民参加の項目が全国で13位と高い評価を得ておりますことは、議会報告会の開催などに議員お一人お一人の創意工夫や姿勢、努力のたまものであり、市民との協働によるまちづくりを体現する一つの形として私も大変喜ばしく思っているところでございます。  

佐野市議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月06日−議案質疑・委員会付託−02号

地域経済化にとって欠かせないのは、何といっても住民参加で、総意を生かした自治体づくりではないでしょうか。   この2つ目の柱であります、「新たな流れを創出し活力あるまち佐野」をつくるとして定住化策の強化をうたっておりますが、どのように定住化を図っていこうとするのでしょうか、お聞きしたいというふうに思います。   次に、3点目の柱で、女性参画社会の実現への具体化策について述べておられます。

市貝町議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月06日−01号

このため、地方自治体は、それぞれの裁量情報公開総合計画住民参加などの仕組みをつくってきたというのがこれまでの実情でございます。  また、地方分権一括法の制定により、権限委譲が進むとともに、機関委任事務通達が廃止されるなど、地方自治体が独自の判断で行政を進められるようになってまいりました。  

那須町議会 2017-06-05 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月05日−一般質問−02号

2月に議長選挙がありまして、私は4回目となりますが、所信表明の機会が非公開で行われ、議長としてやるべきことは、例えば住民参加、それから議員間討論の活発化、議員情報共有政策立案の充実等、議会運営についてをマニフェストとして同じことを提案してきましたが、見事に多くの賛同者を得ることができませんでした。  

足利市議会 2017-03-08 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月08日−一般質問−02号

そこで、本市では、従来の介護予防サービスをそのまま総合事業へ移行する自治体が多い中、調理実習を活用した認知症予防型通所サービスボランティアの方に協力をいただく住民参加型のサービスなど、本市独自の特色ある事業を実施してまいります。   次に、市民や事業者への周知についてです。市民の方へは、既にあしかがみで2回の広報を行いました。

佐野市議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月07日−一般質問−03号

これは平成29年度から始まります介護予防・日常生活支援総合事業を進めるためにも生活支援の担い手を地域住民参加という形で確保する必要があります。さまざまな機会を通じて人材育成を進める必要があると考えますので、この辺ご答弁お願いしたいと思います。 ○議長(篠原一世) 健康医療部長

市貝町議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日−01号

市貝小学校も、今、小沢議員がおっしゃるとおり、みんなでつくる、住民参加、先程、自治基本条例の話が出ましたけれども、住民参加でみんなでつくる、子供保護者地域の人が一緒になってみんなでつくるビオトープというのは、これは一番すばらしいと思っていまして私がずっと考えていたものですが、まだ市貝町には一個もできていません。私はいつも自分で考えているんですけれども、できたものは余りありません。

塩谷町議会 2016-06-06 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月06日−02号

だけれども、結局そのシンクタンク構想というのは公約にのっかっていたわけだから、それについて、じゃその町づくりとして私はこういう方針でいくんだと、住民参加の方針でいくんだということをきちんと町民に説明する、公約で約束した以上はそういうことをきちんとやっぱり説明する責任があるんじゃないかと、それを言っているんです。その辺についてどうなんですか。だからシンクタンク構想は別に何したって構わないんですよ。

真岡市議会 2016-05-16 平成28年  5月 臨時会(第2回)-05月16日−議案説明、質疑、討論、採決、議長の選挙、副議長の選挙−

今後は、情報公開及び住民参加、そして今後重んじて言論の府として進められていくものと存じます。   また、昨年の10月には全国報徳サミット大会、北海道の豊頃町で開催されました。私もすばらしい大会であり、心に残る大会でございました。11月にはSLフェスタ、これが開催され、D51号の勇姿が展示され、真岡市の6台のSL、そして真岡市の玄関口として観光の拠点となったところでございます。   

佐野市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月15日−一般質問−03号

そこで、1つとして、情報伝達訓練、また住民参加避難訓練についてどのようにお考えなのか、お伺いいたします。具体的な方策をお聞かせください。 ○議長(篠原一世) 行政経営部長。 ◎行政経営部長(五十畑正夫) 本年6月に、三好地区において、土砂災害を想定した避難訓練を実施いたしました。