運営者 Bitlet 姉妹サービス
4665件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第6日目12月20日) 次に、議案第114号宇都宮市手数料条例の一部改正についてでありますが、この議案は、住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律に基づく、住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅を賃貸する事業の登録制度について、さらなる登録の促進を図るために省令が改正され、登録時の審査内容が大幅に簡素化されたことを踏まえ、当該登録申請等に係る手数料を廃止しようとするものであります。   もっと読む
2018-12-19 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−08号 また、ほかの委員からは、黒磯郷土館にはカヤぶき屋根の建物があり、ふきかえ工事等に多額の経費を要すると思うが、維持管理費の面についてはどのように考えているかとの質疑があり、執行部からはカヤぶき屋根については定期的にふきかえの必要があり費用がかかる面等もあるが、黒磯郷土館の旧津久井家住宅は市の指定文化財であり、安政2年に建てられた郷土の歴史を物語る資料であるので、保全していく必要があると考えているとの答弁 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年総務常任委員会(第1日目12月12日) そのため,一般の住宅が屋根につけております家庭用の太陽光発電や,空き地に設置されていますメガソーラーなどは,わがまち特例の対象ではございません。その理由は,売電を目的とし,固定価格買取制度の認定を受けているからであります。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年厚生常任委員会(第1日目12月12日) それから個人住宅が2割というような状況でございます。  またですね,集会所を建設できない理由といたしまして,建設資金が不足しているというのが98自治会で,41.4%。建設用地がない,99自治会で41.8%。 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目12月12日) ○委員(今井恭男)  せっかく説明いただきまして,流れはわかったんですが,参考までにちょっとお聞きしたいんですけども,別紙のほうで図2がございますが,私有林ですが,7,457ヘクタールという数字が出てますけども,従前も,ちょっといろいろ国会も含めて国も,要は,何て言うか所有者不明ね,住宅じゃないですけども,そういう部分というのは,この中にはないんですか。 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日) 住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律に基づく,住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅を賃貸する事業の登録制度について,さらなる登録の促進を図るために国の省令が改正され,登録時の審査内容が大幅に簡素化されたことを踏まえ,当該登録申請等に係る手数料を廃止しようとするものであります。  条例の内容につきましては,議案関係資料に基づき御説明いたします。 もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) 昨年、派遣された海外視察先の環境先進都市ドイツのフライブルグでは、ヴォーバン住宅地を開発し、コージェネレーションや太陽光発電など、地域エネルギーの活用も含め、住宅の高断熱化やLRTの活用など、ハイテクノロジー的な内容から、地域内の雨水全てを地下浸透させることや、街路や屋上の緑化によるヒートアイランド防止とCO2の吸収固定などのローテクノロジー的な内容までを取り入れ、環境への配慮を徹底追求した住宅地をつくり もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) この近隣には大型商業施設や住宅密集地、そして、工業団地があり、国道にも隣接していることから、トランジットセンターの機能が整備されるとともに、約500メートル東方には平石地区の地域拠点が存在しています。このように、将来的にはポテンシャルの高いエリアと言えますが、この地区は、現在、市街化調整区域や農業振興地域に指定されているため、民間企業の開発参入が困難な状況にあります。   もっと読む
2018-12-07 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号 ことし6月に施行された住宅宿泊事業法に基づき、本市内にも数件の事業者が届け出を行っていることを確認しております。  次に、(7)の今後、本市としては民泊についてどのように対応していくかについてお答えいたします。  民泊に関する届け出や監督は栃木県が行っておりますが、本市の旅館を初めとした宿泊施設への影響や周辺環境の悪化を防止する観点などから、本市としても状況を注視していきたいと考えております。   もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) 次に、住宅政策のうち、市営住宅の管理・運営について伺います。  本年、宇都宮市においては、家賃の支払い能力があるにもかかわらず、長きにわたり市営住宅家賃の滞納を続けた悪質家賃滞納者などに対し、10件の住宅の明け渡し訴訟と滞納家賃の請求訴訟が行われました。 もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) それで、イチゴ就農の人にたまたま話を聞く機会があったら、「今まで住宅関連の仕事をしていたけれども、こっちに来て、イチゴの栽培を始めて、家族、子供と触れ合う時間が物すごくとれるようになった。これはもう全然違う」と、「それは収入は、もちろん落ちるけれども、その喜びというのはすごい」と言っていましたね。   もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) そして、民間の小規模宅地の開発や住宅供給が目を見張るほどの勢いで行われているのは事実です。  このような状況の中で、北犬飼地区の交通の環境は、ますます悪化していくと私は懸念しているのですが、鹿沼市においても、栃木県と十分に連携して、栃木県の事業の動向を把握するとともに、市道においても、子供たちの通学路の交通安全確保にご尽力をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) この質問に先立ちまして、昨夜、市内でも住宅火災が発生しまして、全焼であったことになりました。被災された方のお見舞いと、そして、消防、そして、消防団の消火活動に敬意を表しておきたいと思っております。大変ありがとうございます。  それでは、質問に入ります。  最後に、飲食店における、改めて消火器の早期設置に向けた取り組みについて質問いたします。   もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 次に、3、市営住宅について。  那須塩原市には多くの市営住宅がありますが、老朽化が進んできており、計画的に改修工事を進めていることから、以下の点について伺います。  (1)那須塩原市における市営住宅の現状と課題について伺います。  (2)中層住宅長寿命化改修工事の進捗状況と今後の計画について伺います。  (3)高齢者対応に改修してある戸数と今後の計画を伺います。 もっと読む
2018-12-06 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号 8款4項1目都市計画総務費は、住宅リフォーム補助金を追加するもの、9款1項2目非常備消防費は、防犯灯設置費補助金を追加するものでございます。  10款1項2目事務局費は、9節旅費において、来年度実施予定の小学生宮古島市派遣事業に係る事前調査費用を追加するもの、19節負担金補助及び交付金において、各種大会出場補助金を追加するものでございます。   もっと読む
2018-12-05 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 当町においても、人口減少、少子高齢化、また、新築住宅への住みかえの増加などで、今後ますます空き家や空き地は増加していくものと考えられます。  そこで、伺います。  初めに、現在、空き家はどのくらいあるのか伺います。  次に、今後、空き家はふえていくと予想されるが、どのように考えていくのか。また、活用方法もどのように考えているのか伺います。   もっと読む
2018-12-05 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日) これは、これまで農家住宅や分家住宅しか建築できなかったものを、区域や建築物の用途等を指定し、特定の人に限らず住宅等の建築を可能とするものであります。  現在、この条例を制定しているのは、宇都宮市・小山市・足利市・栃木市・佐野市で、開発許可権限を有していない上三川町・下野市・野木町は栃木県条例により開発を行っております。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 また、栃木県からは大規模災害時の仮設住宅用地としての提案もございます。当該駐車場につきましては、社会資本整備総合交付金という国庫補助事業を利用して整備した経緯がございますので、整備後8年間は法令により目的外使用ができないことから、現在の状態が続いている状況でございます。 もっと読む
2018-12-04 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号 さらに、2年後の2020年には東京オリンピック・パラリンピック、そして2022年には、いちご一会とちぎ国体が開催される予定で、外国人旅行者が増加するとともに、住宅宿泊事業法(民泊新法)が制定され、宿泊施設の多様化などさまざまな変化が予測されております。  そこで、今後、日本遺産を核とした那須野が原の観光振興にどのように取り組むのか質問します。   もっと読む
2018-12-03 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号 下水道が通っていれば住宅を建てたい、そのような意見はあります。しかしながら、下水道ないから云々という話がありますが、どちらが先かと言えば、当然ながら市としてはやはり相当な下水道の国からの認可も必要だし、相当なお金もかかります。 もっと読む