運営者 Bitlet 姉妹サービス
4114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第6日目12月20日) その趣旨は、「日本原子力発電株式会社は、平成29年11月、東海第二原発の40年を超えての運転をするための認可申請を行った。東海第二原発の稼働延長が認められた場合、過酷事故の発生及びそれによって発生した放射性物質によって、茨城県内はもとより、近隣の栃木県、福島県、千葉県、そして、さらには東京都にも甚大な被害が及ぶおそれがある。 もっと読む
2018-12-19 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−08号 平成30年12月12日、委員8名が参加し、塩原堆肥センターの運営経費削減の調査のため、真岡市にある宇都宮大学農学部附属農場及び益子町にある共和化工株式会社益子事業所を視察してまいりました。  詳細につきましては、お手元に配布いたしました報告書を、お目通しください。  以上、建設経済常任委員会による所管事務調査における、行政視察の報告を終わります。 もっと読む
2018-12-17 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第5日12月17日) 巨大モニターに映し出された株式会社ゼンリンの地図をベースに豪雨発生時における河川の氾濫や土砂災害の予測を複数の情報から分析し、的確に判断することを目的としています。災害時にもデータベースがストップしないよう富士通クラウドテクノロジーズ株式会社のクラウドを運用し、ゼンリンのデータベースにより世帯主名もカバーされています。 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年文教消防水道常任委員会(第1日目12月12日) 本議案は,駅東公園プールほか2施設について,株式会社オーエンスを指定管理者として,平成31年4月1日から平成36年3月31日まで指定しようとするものであります。詳細につきましては議案関係資料44ページをごらんください。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年厚生常任委員会(第1日目12月12日) 五光さんで言えばイベントを中心でやっているという会社でございますし,実績もあるし歴史もあるんですが,ちょっと南部グループ霊園運営事業体という名称のもとで,その事業者になりそうな会社が幾つか,JV事前連携みたいなのを組まれていて,〔「談合か」と呼ぶ者あり〕そんなことないだろうけど。3事業者が今回2事業者になったんですけど,その2事業者は前回も同じですか。 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目12月12日) 一度,私行ったときに,足利工業大学と連携してソーラークッカーを,みんなでゆで卵ですか,つくったりなんか,楽しい取り組みをしてたんですけども,やはり大学で,今,環境部門でも力を入れているところとか,あと,民間の会社で電気自動車であったり,何か新しい取り組みをやっている,近隣で,日産だったり,ホンダだったり,そういう取り組みのところと何かこう,どんどん連携して,子どもが楽しめて,なおかつ大人もさらに勉強 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日) これは,LRT整備推進費におきまして,総合的な公共交通ネットワークの基軸となるLRTの運輸事業を担う宇都宮ライトレール株式会社における資本金の増資を行うことに伴い,24節投資及び出資金1億3,800万円余を増額しようとするものであります。 ○公園管理課長(篠田治)  続きまして,第2条債務負担行為の補正につきまして御説明いたします。4ページをお開きください。   もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) 福岡県のみやまスマートエネルギーは、みやま市が55%を出資し、2015年3月に日本初の低圧電力売買事業会社を設立。10ヘクタールの市有地に5,000キロワットの太陽光発電に加え、市内約1万4,000世帯の9%、約1,200世帯に設置された太陽光パネルから協力を得られた世帯の余剰電力を買い取り、公共施設や家庭向けにも小売りをしています。 もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) 本市におきましては、これまで、空港や鉄道駅において、外国人向けパンフレットの設置や、餃子や大谷をPRする観光ポスターの掲出など、外国人観光客の誘客促進に取り組んできたところでありますが、今後は、港からの誘客促進にも取り組み、茨城港へのクルーズ旅行を催行している旅行会社との意見交換や、既にクルーズ船からの誘客促進に取り組んでいる先進都市との連携など、本市へのさらなる誘客に向けた取り組みについて検討してまいります もっと読む
2018-12-07 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号 (3)特例子会社制度を活用している自治体があるが、本市においても廃校や空き家を活用して民間会社と連携し、障害者雇用促進の推進を図る考えはあるか伺います。 ○議長(君島一郎議員) 8番、星宏子議員の質問に対し、答弁を求めます。  副市長。 ◎副市長(片桐計幸) 1の「共生社会」の実現に向けた障害者雇用への取り組みについて、順次お答えをいたします。   もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) 北九州市では、この問題解決のために、NPOと不動産会社、そして、家賃債務保証会社の3者が連携して新しい取り組みを進めています。不動産会社と家賃債務保証会社は、多額の修繕費が必要となり、資産価値の低下にもつながる入居後の孤立死を恐れていたことから、孤立死を未然に防ぐため、NPOが見守り活動として訪問を繰り返すことで、不動産会社や家賃債務保証会社の安心につなげ、入居契約につながる仕組みを構築しました。 もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) 株式会社鹿沼市の不労所得と言ったら、やはり固定資産税とか、法人税とか、税金関係だと思うのですよ。  では、それを増やすにはどうするかといったら、やはり一番は企業誘致、企業誘致をすれば、雇用が生まれる。雇用が生まれれば、そこに定住促進が図られる。定住促進が図れれば、そこに今度家族が増える。 もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) 鹿沼市においても、ある程度の大きな会社は1年をトータルして雇用できるからいいが、林業・農業では、収穫期とか、一時忙しいときにパートでも何でも使いたくても人材がいない。やっぱりこういう現状がある。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) 3点目に、宇都宮ライトレール株式会社の運営体制の構築に関する基本的な考え方について伺います。   もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 これは裁判例に載っている状況でございまして、保険会社さんとも話をしまして、10対ゼロで賠償させていただいたということでございます。 ○議長(君島一郎議員) 7番、齊藤誠之議員。 もっと読む
2018-12-06 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号 (仮称)赤羽学童・交流センター建設工事は、市貝町事後審査型条件付き一般競争入札実施要領に基づき、10月16日に入札公告、11月7日に入札を行い、事後審査を経て、11月14日に1億6,486万2,000円で市貝町大字刈生田337番地、有限会社桧山工業と仮契約を締結いたしました。  今回発注する工事は、建物の目的や規模から、高度な安全性の公共性を有する良質な施工を確保することが重要となってまいります。 もっと読む
2018-12-05 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号 この間の会派代表の中でもあったんですけれども、それが大幅におくれたときに、工事をする建設会社とか、あるいは監理をする設計会社とか、余分な日数が必要になってくると思います。多分そうなんだろうと。余り詳しくはないんですが。そういうことによって全体の建設費とか事業費というものがアップするということはないのかということについて、改めてお聞きしたいと思います。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。   もっと読む
2018-12-05 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 北部地区においても、今ちょうど山林の造成で倉庫を今建てている会社がございます。 もっと読む
2018-12-05 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日) 当初は順調に分譲が進んでいたところでございますけれども、もう中盤から伸び悩み、完売まで時間を要したところでございますけれども、最後の5ヘクタールの用地が、株式会社ナカニシの参入により、ほぼ目鼻がついたというところでございます。  これまで宇都宮西中核工業団地事務組合を本市と栃木市で交代して行ってきたところでございますけれども、次の3点について伺います。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 ですから、そういう意味できちんとしたいわゆる第三セクターで道の駅を改革するという基本的な方針と、そういった理念があるんでしょうから、その点に関してはきちっと、考え方、対応、この新しいいわゆる第三方式についてどこが主体で、どういう会社で、どういう内容で、どういう人材があって、どういう方針で行くんだということは、きちんとこれ、町民に対して説明するのは執行部の義務でありますので、我々議員に対してもです。 もっと読む