1073件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2021-09-09 09月09日-02号

当日市外に住んでいる仲間たちに私はふるさと納税の話を振ってみたのですが、残念ながら納税をしている者はもちろん、関心を抱いている者も皆無に等しい状況でありました。  今本市では、ふるさと納税を案内する印刷物としてこうしたパンフレットを作成しております。私も拝見いたしましたが、特産品、土産物を紹介するいわばカタログギフトとして見るととてもすばらしいできばえだと感じます。

栃木市議会 2020-12-04 12月04日-03号

思いつかなければ思いつく人間仲間に入れればいい。栃木市においていろんな人間がいます。いろんな得意分野で行っている人がいます。例えば立ち上げのときからそういう人間を一緒に入れる。少しでも多くの人に知ってもらうためには、そういったことだって考えていいと思います。もっと大胆な方法を取り入れたらいいのではないか、そう思います。

小山市議会 2020-12-02 12月02日-03号

また、スポーツ健康づくりにとどまらず、スポーツを通じた人々との交流によって、高齢者方々生きがいづくり仲間づくりにつながる可能性もあることから、行政としても高齢者方々が安心して気軽にスポーツを楽しめるような活動環境整備に対する支援をしていく必要があると考えます。  そこでお伺いしますが、高齢者スポーツ振興について市ではどのように考えているのか、お聞かせください。

益子町議会 2020-09-09 09月09日-議案説明・質疑-05号

◆13番(長岡景介) たしか前、直井議員質問でも、その辺の利用者数のことで、何百人というレベルだったような統計、覚えているのですけれども、今現在の数字はわかりませんが、私もいろんな方に、お祭り仲間も含めて、お祭りの衣装を買うときとか何かには勧めて、実際使ってはいるのですけれども、ただ基本的に現金で買うつもりだったやつを、これ知らないの、これのほうが得だよという形でやっている方、あとかましんあたり

益子町議会 2020-09-04 09月04日-一般質問-02号

仲間づくり生きがいづくりも重要であるため、いきいきクラブへの加入促進シルバー人材センター支援等も引き続き行ってまいります。  次に、健幸ポイント事業の効果についてですが、8月20日現在で登録者数が649人と年々増加しており、運動の動機づけ、さらには習慣化への一助となっていると考えておりますので、さらなる周知、広報に努めてまいります。  

那珂川町議会 2020-06-18 06月18日-03号

これを見ますと、居場所とは、年齢を問わず、どの世代の方にとっても重要な場所であり、精神的に安らげる空間であると言えますが、子どもにとってはさらに安定した心理状態の維持、回復だけでなく、特に発達段階の途上にある中高生に必要となる管理からの逃避やたまり場的状況コミュニケーションによる仲間意識受容意識の確認など、非常に重要な場所であると考えます。

足利市議会 2020-06-11 06月11日-一般質問-03号

若井祐平教育長自席にて答弁) ◎教育長若井祐平) 部活動でございますけれども、中学3年生は、仲間と共に励んだ練習の成果を発揮する場がなくなり、大変残念な思いで涙を流している生徒もいると聞いております。中学校総合体育大会、いわゆる総体でございますけれども、中学3年生にとっては総仕上げの舞台でございました。  

下野市議会 2020-06-05 06月05日-02号

またその一方ですけれども、休校など今般の事態で様々な環境変化がありましたので、ICT関連環境整備も大事なところですけれども、同級生とか先生とかと交わりをする、またスポーツを通じての仲間づくりなど、または芸術を習うところも学校だということで、改めまして学校での生活の大切さというところも思わされたところもありますので、ぜひ学習の遅れを確保するということも大事なんですけれども、今後とも先ほど答弁にもありましたけれども

大田原市議会 2020-03-09 03月09日-05号

しかし、そのときは我々仲間がやはり退職金ゼロで戦い、給料は半分で戦い、同士とともに戦って市長にならせていただきました。しかし、4年間やったらば、退職金はかわいそうだ、せめてもらえよ、そういうお声をいっぱいいただきました。2期目の選挙の前に、私は退職金をいただきます、これからは。副市長1人制を2人制にしました。正直言って、私もこの間お祝いをいただきました、古希になりました。70歳であります。

那須塩原市議会 2020-03-06 03月06日-05号

そのため、地域において子どもたちが主体的に行う異なる年齢集団仲間づくり中心とした活動支援することが望まれるわけでございます。 課題といたしましては、子どもの減少によりまして子ども会活動が停滞をしていることや単位育成会が単独で活動することが難しい地区が出てきていることではないのかなと考えております。 次、③の地域との連携についてのあり方と課題につきましてお答えをいたします。 

野木町議会 2020-03-06 03月06日-02号

スポーツを通して仲間づくり地域コミュニケーションづくりにも役立つとの考えから、野木町の健康で明るい地域づくりにつながるスポーツ推進に力を入れることは、重要なことだと考えております。そのためにも、多くの町民が気軽にスポーツに触れ合うことができるような施設や環境整備などの充実が必要不可欠と考えています。 

大田原市議会 2020-03-06 03月06日-04号

◆2番(秋山幸子) やはり市内を歩いていて、そういう日本語が分からないので、なかなか学校へとか、親戚とか、そういう自分たち仲間だけの中にいて、ぽつんとしているのは、本当につらいなというふうに思うわけです。  ところで、今先ほど拠点校ということでしたが、小学生あるいは中学生、大田原中学校がそこらに行けばいろいろ日本語を覚えるための対応をしていただけるということでよろしかったでしょうか。

大田原市議会 2020-03-04 03月04日-02号

部長さん、課長さんの場合には一応管理職ということで、なったばかりの方もいるので、本当にそういった意味では、なったばかりの課長さんにはお気の毒だなという感じもするのですが、これも同じ船に乗った仲間として、またそれをかじを取っていく船頭役といいますか、執行者の役割として決断をしていかなければならなかったと思っているところでございます。