2795件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

それをまた、まとまってきたときに、誰かが代表して、議会へぶつけることで、少しずつ形になっていくという。  それを「誰かが抜けがけした」とか、「俺の手柄だ」とか、「誰が」、何かそんなね、それ以上は言いませんけれども、そういうのはなしで、本当に議会全体としてそういう成果を喜べて、当然終わったら、みんなで乾杯の酒を酌み交わして、最後は運転代行でちゃんと家まで帰るのですね。  

鹿沼市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日 6月13日)

これは宇都宮市のホテルで開かれたのですけれども、各地区の代表が550名参加をいただき、総会がありました。  この中で、茂木大臣が、栃木県支部の会長なのですけれども、留任という形で決まりました。  そういった中で、各大臣、代議士ですね、佐藤先生、船田先生、みんな各代議士の方が集まって、お祝いの言葉を述べたのがあります。  

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

ほかのところでどういう届け出制度を設けているかというと、生後91日以上の犬猫合わせた飼養の数が10に達した日から30日以内に飼養施設の所在地ごとに、氏名・住所法人にあっては代表者の氏名、飼養施設の所在地、犬または猫の数、飼養の方法などを届け出させるという形で、届け出制度というのを設けているわけなのですけれども、鹿沼市にも「ペットの管理及びペット愛護等施設の設置に関する条例」というのがあります。  

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

さらに議会は、市長とともに市民信託を受け、市長と対等な関係の下に相互の牽制及び抑制を図る二元代表制の下で、市民信託に応える責務を有している」とした冒頭の一節を心に刻み、行動することを切に期待するものであります。  現在の場所は、防災拠点として、鹿沼市の未来に不安がつきまといます。  市役所は、緊急時、非常時、災害発生時、災害対策本部を設置する重要な防災拠点です。  

鹿沼市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日)

発言の許可をする前に、本年3月をもちまして退職されます職員の皆様に、議会代表いたしまして、一言お礼の言葉を申し上げさせていただきます。  退職される皆様におかれましては、市政発展のために長年にわたりご尽力をいただき、心から感謝申し上げます。  新たな門出に際し、今までの知識と経験を各分野において十分に生かされ、さらなるご活躍とご健勝をお祈りいたしまして、お礼の言葉とさせていただきます。  

矢板市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第354回)-12月20日−04号

次に、陳情第44号、クローバーハーツ癒しの夢工房代表、植村健一氏から提出のありました「精神障害者に身体・知的障害者同等の福祉サービスの適用を求める陳情」につきましては、採決の結果、全会一致、採択とすることに決定いたしました。  以上、報告を終わります。 ○議長和田安司) 総務厚生常任委員長報告は終わりました。

真岡市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−03号

この件は、日下田議員質問と重なり、日下田議員の厚意により私が代表して質問させていただきます。一般質問通告時には、国会で審議中であった水道法改正案が先週の衆参本会議で自民、公明、維新などの賛成多数で可決、成立しました。日本共産党、立憲民主党国民民主党無所属の会、社民党、自由党野党は反対しました。

矢板市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第354回)-12月10日−02号

本協議会は、県北児童相談所、県北健康福祉センター、矢板警察署、宇都宮地方法務局大田原支局、民生委員児童委員、市医師団、市歯科医師会、小・中学校保育園、市教育委員会、市社会福祉議会等の方で構成されており、代表者会議、実務者会議、定例会により組織されております。

市貝町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号

さらに、議会からは、代表としてお二人の委員も検討委員会に参画されてございまして、そのような中で、議会のほうにはそのような審議過程について逐一、こちらの経過についてお知らせできているものではないかというふうに認識しておりますけれども、もし不十分な点がございましたら、これについてはおわびを申し上げるとともに、この場でしっかりと説明させていただきたいと思っています。  

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

まず、鹿沼市野生鳥獣対策議会の構成メンバー、組織についてでありますが、この要綱上では、被害地区住民の代表ということで、鹿沼市自治会連合会、次に猟友会支部の代表ということで、鹿沼・粟野それぞれの支部長、農林漁業団体代表ということで、上都賀農業協同組合、あと栃木県農業共済組合の上都賀支所ですね、そのほかに鹿沼・粟野両森林組合組合長、また鹿沼市漁業協同組合連絡協議会の会長、鹿沼市議会環境経済常任委員長

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

この間の会派代表の中でもあったんですけれども、それが大幅におくれたときに、工事をする建設会社とか、あるいは監理をする設計会社とか、余分な日数が必要になってくると思います。多分そうなんだろうと。余り詳しくはないんですが。そういうことによって全体の建設費とか事業費というものがアップするということはないのかということについて、改めてお聞きしたいと思います。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

組織といたしましては、住民利用者の代表者、それから一般旅客、自動車運送業者、それから鉄道業者、町長、関東運輸局道路管理者、警察などで、15名で組織している会議がございます。  協議内容は、主に町の公共交通網の計画の策定でございます。芳賀町の工業団地内のトランジットセンターまでの交通手段につきましても、この地域公共交通会議で、何が一番なのかを検討してまいりたいと考えております。  

那須塩原市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

地区計画を定めまして、ある程度年限が過ぎておりますし、また昨日の会派代表質問の中でもお答えをいたしましたが、この後、都市再生整備計画事業を駅前に入れていくというような考えでおりますので、まずまちづくりとして、あそこをどのような形でこの後進めていくのかということをしっかり議論をしなければならないんだろうと考えております。  以上です。 ○議長(君島一郎議員) 2番、中里康寛議員