347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−05号

国では、平成17年6月に食育基本法を制定し、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間を育むために食育を推進することとしました。食育基本法では、食育基本理念や国・地方公共団体の責務、食育に関する施策がまとめられており、食育推進基本計画を策定することとしております。  本市においても食育推進計画を策定し、本年度から来年にかけてこの食育推進計画を見直すと聞いております。  

矢板市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月11日−03号

ふれあいカードや読書通帳、子ども手帳などを有効活用させ、教育長による個人家族学校表彰も行って、さらなる学力人間社会性向上や社会貢献できる人づくりにつなげてはいかがでしょうか。 ○議長和田安司) 1番、高瀬由子議員質問に対し、答弁を求めます。  村上雅之教育長。           

真岡市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−議案質疑、一般質問−02号

私、要望といたしまして、家庭教育道徳人間、特に性格など養われます。子を見れば親もわかる。偉人であります二宮尊徳仕法は、現代、そして世界でも高く評価され、実行、取り組んでいます。至誠、勤労、分度、推譲という仕法や思想、生き方の全てを貫いています。このすばらしい尊徳の仕法を家庭教育道徳に生かしていければと思います。また、アンケートを実施しながら、よりよい家庭教育道徳が実施できればと考えます。

芳賀町議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月07日−03号

このため、温かな人の交流、さまざまな体験などを通して、豊かな人間を持った子どもとなるよう保育に取り組んでいるところです。  例えば、祖母井保育園では、運動会や夕涼み会、芳賀町夏祭祇園祭への参加世代間交流事業、自由参観などの行事を保護者地域の方々の協力のもと、実施しております。  

市貝町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−03号

やはりこれから少子化を迎え、また認知症人口が高齢化でふえてくる中で、単に福祉サービスだけでできるものではありませんから、できるだけたくさんの人が地域認知症の症状や規則的なよく見られる軽減を見られる現象、症状についてしっかりとおさえて、どのような導き方がいいのか、人間を尊重し個として尊重していくというのが一番の私はポイントだと思っていますが、ここを忘れないようにしっかりと地域の人たちの支えをつくっていくのが

足利市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−一般質問−03号

初めに、こども食堂が果たす食育の役割に対する所見についてですが、食育基本法前文の中では、「子どもたちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊かな人間をはぐくんでいく基礎となるものである。」と規定し、子供に対する食育を重視しています。

矢板市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第349回)-12月04日−02号

一例として紹介いたしますと、品川区においては、平成18年度より一貫教育をスタートし、その特色として豊かな社会性や人間を育むため、道徳特別活動総合的な学習の時間を統合して、新しい学習として市民科を創設し、1・2年生は基本的な生活習慣や規範意識基礎、3・4年生はよりよい生活への態度、5年から7年生は社会行動力の基礎、8年・9年生では市民意識の醸成と将来の生き方を課題に学習し、9年間を通して市民としての

那須塩原市議会 2017-11-30 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月30日−04号

栃木県では、とちぎ食育元気プラン2020という平成28年度から33年度までの5カ年計画で進められており、その趣旨は「食に対する感謝の気持ちを深め、心身の健康と豊かな人間を育む」こととしており、食をめぐる環境の変化などに対応した食育の推進を図っています。  そこで、本市の食育の取り組みについて以下の質問をいたします。  

さくら市議会 2017-11-29 平成29年 12月 定例会(第4回)-11月29日−03号

結果として、人間、人格性がよくなれば、これは当然学力もアップするという根幹の部分でございますので、この道徳教育の推進、これをぜひ期待するところでございます。  それでは、最後に4番目の予算についてでございます。  まず、進化プラン、これを推進する上で、政策推進室の新設をし、23の作業部会を設置したと聞いておりますが、その進捗の状況はどうでしょうか、お尋ねをいたします。

足利市議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−04号

2つ目に、子供の個性と可能性を伸ばし、学力向上と豊かな人間社会性、自主性を育成するなど第7次足利市総合計画との整合性。3つ目に、情報化社会への対応能力育成の必要性など足利市の教育目標の第7次の具現状況評価、そこから生まれ出た課題、こういったところを視点にして見直しを行っております。

佐野市議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月08日−一般質問−05号

また、小中学生がいつも同じ敷地で生活をするために、幅広い異年齢集団による活動が可能になりまして豊かな人間社会性を培うことができると考えております。中学生は、小学生との交流を通して思いやりの気持ちやリーダー性をより高めることができ、小学生は中学校生活に対する不安感が減り、中学生を近い将来の自分の姿と、いわゆるお手本として身近に感じられるようになると考えております。   

市貝町議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月06日−02号

我が国では、長年子供たちの「生きる力」を育成するための教育を実践し、児童・生徒がさまざまな体験活動を通して、「確かな学力、豊かな人間健康・体力」をバランスよく身につけていくことができるようにしていますが、この取り組みを通して教育目的の具現化が図れるものと考えています。  

足利市議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月16日−一般質問−02号

このようなことから、宍粟市の給食の地産地消率は71.8%と、全国平均の25.1%から比べると大幅に高く、この給食を食べることによって、正しい食習慣を身につける食育だけではなくて、社会文化自然環境なども学び、豊かな人間を育む食育へと転換していく取り組みを行っているとのことです。   憲法第26条第2項には「義務教育は、これを無償とする。」

市貝町議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月06日−01号

その子供がどんな資質、能力を形成するかは、どのような人間になるかという人間や自覚の自由の問題で、子供を中心に国民みずから考えることであります。国家権力が上からこういう人間になれと決めて押しつけるのは、憲法保障する個人の尊厳に反するものであります。そのために授業方法や評価の方法まで細かく規定しているのは、学習指導内容の大まかな基準という指導要綱の性格を逸脱するものにほかなりません。

真岡市議会 2017-02-27 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月27日−議案質疑、一般質問−02号

これらを実現するために全ての教科等で「知識及び技能」、「思考力、判断力、表現力」、「学びに向かう力、人間」の3つの柱に基づき、何ができるようになるのかを明確に示し、主体的・対話的で深い学びを通して育成することとしています。   教育内容の主な変更点は、言語能力の確実な育成、理数教育の充実、伝統や文化に関する教育の充実、道徳教育の充実、体験活動の充実、外国語教育の充実などであります。

佐野市議会 2017-02-23 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月23日−一般質問−04号

また、そうさせた昌綱の人間存在の偉大さを改めて感じました。ありがとうございました。   次に行きます。やがて佐野昌綱は、天正2年、1574年、45歳にして没することとなりましたが、佐野昌綱のご子息である佐野宗綱の歴史はどのようなものだったでしょうか、お伺いいたします。 ○副議長(若田部治彦) 教育総務部長。

野木町議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会(第8回)-12月13日−05号

基本理念として、1項人間の尊重から、自主自律の精神まで5項目にわたって、目指すべきまちづくりがここに載っております。しかし、これら5項目をもって、野木町自治基本条例基本理念とするのは率直に言って、私なりの言葉で、これはまずいのではないかという思いを強く感じます。町民が自治の主体である、主権は町民にある、それゆえに町及び議会は町民の信託に誠実に応じなければならない。