運営者 Bitlet 姉妹サービス
2677件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年文教消防水道常任委員会(第1日目12月12日) 動脈瘤じゃないけど,人間の。古いんだから,管が。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年厚生常任委員会(第1日目12月12日) トイレが一番落ち着く居場所だというのはわかるんですが,誰でもですね,人間だったら。でも,それが制度としてはやっぱりわかりにくいし,あと,空き家が使えるという発想も,先ほど自治会の理解がなかなか得られないなんていう話もあった。いや,そういうのもあるんだったらいいんじゃないと。 もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) また、人間ですから間違うこともあるはずです。今でもほとんどの市民は、相手の立場を理解し、お互いさまの心で接しておりますが、それができない方がふえてきているように思います。  このような不寛容や悪質クレームを根本的に減らすためには、道徳を含めた子どもへの教育で相手の心を思いやる、優しさや思いやりの心を育む必要があると考えますが、その件は後日改めて取り上げるとし、今回は現状への対応に絞ります。   もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) 先日の国会において、生産性の視点から人間が価値づけられ、存在意義が問われるような発言が堂々となされたことに、日本は闇に向かっているのではないかという印象を受けましたが、そのような動きに動揺することなく、あすに向かって前進するために、身を引き締めていかなければならないと改めて決意した次第です。  それでは、さきに提出しました発言通告書に基づいて質問させていただきます。   もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) ある社会学の研究家が、子供の数は、実はその周りの人が産む子供の数に規定されると、周りが3人産んでいると、みんな3人産んでしまうとかという、そういう伝播する効果というのは、やっぱり人間の社会って強いのだそうですよね。   もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) こういったセンサーでやりますから、非常に、人間が夜中に出なくても、そういった赤外線センサーで、個体の動きというのが、どういった動きをしているのかというのも非常によくわかる、今装置が出てきております。そういうのもちょっと検討をしていただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) また、学習指導のみならず、学校が抱える課題は、子どもの育つ家庭環境や人間関係にまで踏み込まなければならない案件も多く、その対応は複雑化・困難化しています。   もっと読む
2018-12-06 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号 先程も20条で説明がありましたけれども、もう少し、つくったからには、ちょいちょいもう変えるのを前提で、もう物質運動や人間の意思も変化のないものはないんだよ、これはね。全てのものは、あと数百年後には、もうほとんどもう変わってしまいますよ、あらゆる形でですね。だけれども、やっぱり少なくてもつくって間もなく、もう変えられるんだという、そういう単純に説明していいのかなと思うんですね。   もっと読む
2018-12-05 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 過日、いいましたように、この安全衛生委員会は労使双方とも同じ人間が入って、職員のほうから、管理のほうからお互いに改善に向けた話し合いがされるということでございます。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 3つ目の子供の精神、人間教育について現在問題になっている課題は何かについてでございますが、グローバル化が進展する中で、さまざまな文化や価値観を背景とする人々と相互に尊重し合いながら生きることや、科学技術の発展や社会、経済の変化の中で、人々の幸福と社会の発展の調和的な実現を図ることが重要な課題となっております。 もっと読む
2018-09-25 那珂川町議会 平成30年第3回(9月)定例会-09月25日−05号 子どもたちは、日ごろのスポーツ少年団の活動の中で、喜びや楽しさを体験するとともに、仲間との連携や友情を育み、人間性豊かな社会人として成長していくものと、このように期待をいたしております。 ○議長(高原隆則君) 吉永議員。 ◆9番(吉永直子君) 少しかぶるかもしれませんけども、那珂川町スポーツ少年団が示している団の目的ですが、青少年のスポーツを振興し、青少年の心身の健全な育成に資するとあります。 もっと読む
2018-09-20 那珂川町議会 平成30年第3回(9月)定例会-09月20日−03号 教科担任制に変わることや勉強の内容の難しさ、部活動を初めとする上下関係の厳しさや人間関係の複雑さなど、原因はさまざまあるというふうに言われておりますが、これを修正できず、いじめの対象になったり、登校できなくなったりする要因とも言われております。那珂川町3中学校におきましても、昨年度年間で30日以上欠席している生徒が多数いたとのご報告でございました。 もっと読む
2018-09-13 那須塩原市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−05号 乳酸菌のみならず、この腸内環境に関しましては最近随分とうたわれておりまして、どういう過程を経て野菜が育ったのか、あるいは食べ物に関して人間が食べるものであるのにもかかわらず、育てる過程で細菌をいじめてしまうと。そういったものを口から摂取すれば、必然的に体内の環境も変わっていくというお話を私のほうで受けてきたものがありましたので、これの重要性を問いたかったということです。   もっと読む
2018-09-12 那須塩原市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号 それらを通して教員みずからが一人の人間として価値ある生き方を見出し、その姿を子どもたちに範として示していくことが教育の原点であろうと、このように思います。  その上で、日々の教育活動の中で子どもたちに勇気や忍耐、慈悲の心なども醸成することができるものと、このように考えております。   もっと読む
2018-09-12 宇都宮市議会 平成30年厚生常任委員会(第1日目 9月12日) ○委員(荒川恒男)  それは人間,いつどうなるかわかりませんけれども,だから生前のね,やっぱり契約なども含めて,死んだ後も安心したいというようなところでですね,やっぱり終活支援というのがですね,今,かなりクローズアップされてきて,自治体などでも大分こういう立場で取り組んでいるところがふえてきているわけですよ。 もっと読む
2018-09-11 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第5日目 9月11日) 人間の尊厳を大切にする市政か否かをはかる物差しの一つが認知症施策の本気度にあると思っています。  きょうは、その立場から、市の第8次高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画に沿って質問します。  まず、本市の認知症高齢者推計数です。同計画によると、要介護認定者における日常生活自立度Ⅱ以上を認知症高齢者としています。 もっと読む
2018-09-07 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日) というものが、少し足りないのではないかというものもあるかと思いまして、僕も三国志、吉川英治の、ここずっと本屋さんで立ち読みして、今5巻ぐらいまで、赤壁の戦いまできたのですけれども、残りは買おうかなと思いますし、吉川英治世代って、多分執行部の皆さんの年代のほうが夢中になって読んだかなという、そういう世代かとは思いますけれども、本当に市長におかれましては、やっぱり一番鹿沼市の中において、多くの人に語りかけている人間 もっと読む
2018-09-07 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日) 第4次産業革命の新たな技術革新は、人間の能力を飛躍的に拡張する技術、頭脳としてのAI、筋肉としてのロボット、神経としてのIoTであり、豊富なリアルデータを活用して、従来の大量生産・大量消費型のモノ・サービスの提供ではない、個別化された製品やサービスの提供により、さまざまな社会課題を解決でき、大きな付加価値を生むものです。 もっと読む
2018-09-06 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日) そういった中で、やはり具体例の一つとして、やはり黒板に、今教育長のほうからご答弁いただきましたように、現在白と黄色のチョークを主体に使いますと、黒板には赤、緑、青、茶色などの暗い色のチョークを使用すると、見えにくくなるため、避けるようにしますと、そういった形で、文部科学省の指南書のほうには、そういったふうに記載をされているということでございますが、しかしながら、近年人間の色覚の多様性に配慮をし、より もっと読む
2018-09-06 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第2日目 9月 6日) 自然の脅威の前に人間の非力さとむなしさを感じさせられたところであります。心の傷が一日も早く癒されますよう、生活の安定が一日も早く訪れますことを祈っております。  それでは、まず、防災行政についてお伺いいたします。  今般の梅雨前線の影響で、6月28日ごろから全国的に天気が崩れておりました。そこに台風7号の接近があり、九州や近隣地域には大雨や洪水に対する注意を怠らないよう呼びかけがなされました。 もっと読む