769件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足利市議会 2021-06-16 06月16日-一般質問-02号

本市には、先人から脈々と受け継がれてきた本市独自の歴史や文化、美しい自然があり、農業、商工業観光業のバランスの取れた産業、道路や鉄道などの交通など有望な地域資源があります。加えて、首都圏に近接した地理的優位性も含め、全てが本市のポテンシャルの高さであるとともに、発展の可能性があると捉えています。  

那須塩原市議会 2021-06-15 06月15日-06号

その後、平成30年9月からは、予約ワゴンバスから今のゆータクに変更したというふうなことがございまして、それで、公共交通計画が市でございまして、その第1段階平成30年9月までで完了したということで、今は第2段階ということで、その後、ゆータク運行状況とかそういったものを勘案した中で、面的なデマンドが必要かどうか慎重に検討したいというふうに考えているところでございます。

さくら市議会 2021-06-04 06月04日-02号

私は、さくら市が向き合う最重要課題といたしまして、スクールバス車両の多目的使用やお丸山の再生活用氏家駅前魅力創出、防災・減災対策、桜の郷づくり推進総合計画後期基本計画地域公共交通形成計画策定などを掲げておりました。また、会計年度任用職員制度、この制度への移行におきましての給与体系構築も求められており、その全てについては、同じ部局の中で完結できず、複数の部局連携が必要でありました。

壬生町議会 2021-05-28 06月02日-01号

また、地域公共交通形成計画策定事業に係る費用につきまして、国庫補助金交付額が確定をしましたことから、事業内容の精査を行い、増額計上いたしました。 3款民生費児童福祉費におきまして、GIGAスクール構想におけるタブレット学習学童保育においても実施する環境整備のために必要な費用を新しく計上いたしました。

壬生町議会 2021-03-22 03月22日-04号

町の交通政策として役場新庁舎オープンを待つことなく、公共交通をどう確立して町民の皆さん交通権を保障するかを考えるべきです。 また、平和行政推進事業は評価しますが、平和大使派遣人数をもっと増やすべきです。 14目諸費では、来年度自衛官募集事務費印刷製本費が上げられています。法に定められてもいない適格年齢者の名簿を印刷して渡すことなどはやめるべきです。 

真岡市議会 2021-03-18 03月18日-04号

誰もが利用しやすく、安心で快適な地域公共交通構築に向けて、いちごタクシーいちごバスをより利便性の高い公共交通としていくため、新たな公共交通を検討していくことに対し、私は高く評価をするものでございます。また、地域ネットワーク構築や見守り体制等を充実させるため、地域生活支援コーディネーターを配置するなど高齢者や障がい者にも優しい、安心して暮らせるまちづくりに取り組まれております。  

壬生町議会 2021-03-17 03月17日-03号

それで、そういう交通整備をやるということが基本だとすれば、それは、それなりに意味はあるんですよ。道路をどういうふうに抜いて、県道から国谷の駅のほうに1日何台車は入ってくるのか計算されていると思うから、それちょっと教えて。 ○議長(赤羽根信行君) 都市計画課長。 ◎都市計画課長大垣成仙君) では、ただいまのご質問にお答えいたします。 

那須塩原市議会 2021-03-05 03月05日-06号

広域的かつ総合的な公共交通ネットワークについては、那須地域定住自立圏地域公共交通形成計画に基づき、シームレスな公共交通利用者にとって分かりやすい公共交通などを実現するための事業を実施しております。 那須地域定住自立圏共生ビジョン推進については、令和年度に第1次ビジョン計画期間が終了しており、おおむね期間内に目標値を達成いたしました。 

栃木市議会 2021-03-04 03月04日-04号

生活環境部長橘唯弘君) ふれあいバス蔵タク関係性についてでございますが、栃木市地域公共交通形成計画では、ふれあいバスについては地域間や拠点間を連絡する軸とする一方、蔵タクは主に地域内移動地区内拠点までの移動を面でカバーする交通手段と位置づけ、相互連携によるネットワーク形成を目指すこととしております。

日光市議会 2021-03-03 03月03日-一般質問-03号

その1つ目地域公共交通形成計画について。市は、平成30年、2018年に地域公共交通形成計画策定し、公共交通課題を整理し、地域特性に応じた交通サービス構築することとしています。この計画令和4年までの5年間を期間とし、今年は3年が経過し、4年目に入るところです。  ①、市の地域公共交通形成計画実施状況について答弁を求めます。  (2)、足尾地域公共交通についてです。

壬生町議会 2021-03-03 03月03日-02号

◆13番(鈴木理夫君) 59ページ、上段のほうなんですが、地域公共交通形成計画策定事業というのがありまして、壬生町の今後の公共交通の在り方を検討し、効果的、効率的な公共交通ネットワーク構築に向けてということになるわけですが、交通弱者といいますか、高齢者の方を含めて、1市2町の連携プロジェクトもあるわけですけれども、それらを含めた、それらへのアクセスといいますか、そういったことも想定しているのか

那須町議会 2021-03-03 03月03日-03号

昨日の下野新聞によりますと、那須塩原市長は3市町広域連携推進検討会で、令和年度広域的な公共交通構築都市公園共同事業などに取り組むとしております。また、県北20万~30万人都市構想により、県北地帯の一帯のスケールメリットを生かし、首都機能移転の受皿となれる魅力創出に取り組むとしております。このことは、特にこの広域とか、あるいは30万人都市構想那須町も関わっております。

真岡市議会 2021-03-01 03月01日-02号

次に、いつまでも安心な暮らしの実現プロジェクトでは、利用しやすく安心で快適な地域公共交通構築に向け、いちごタクシーいちごバスをより利便性の高い公共交通としていくため新たな公共交通について検討するとともに、地域生活支援コーディネーターを配置し、地域ネットワーク構築や見守り体制等を充実させ、高齢者や障がい者にも優しい、安心して暮らせるまちづくり推進してまいります。  

壬生町議会 2021-02-25 03月02日-01号

また、今後の壬生町における公共交通のあり方を検討するため、公共交通基本指針となる地域公共交通形成計画、これの策定を進めてまいります。 さらに、住環境整備のため、下稲葉地区圃場整備事業により生み出されました非農用地への住宅団地整備推進してまいります。 続きまして、「基本姿勢5 みんなが自然に囲まれ 心豊かに暮らせるまち」でございます。

佐野市議会 2021-02-24 02月24日-議案質疑・委員会付託-02号

次に、公共交通整備について、2点お尋ねいたします。1点目は、生活路線バス安定運行及び利便性の向上のため、通行経路や頻度、時刻の見直しを行うとしております。昨年4月から生活路線バス業務形態を変更し、約1年がたとうとしております。デマンド運行に変更し、路線も増えましたが、基幹線を除き、地域を走るデマンド利用者の反応が様々です。1年間の総括と今後の方針についてお尋ねいたします。  

那珂川町議会 2021-02-22 02月22日-04号

ただし、全てを政府に頼るということではなく、政府自治体企業の3者で等しく痛みを分かち合い、企業努力も行いながらも、公共交通を守るというスタンスで頑張っています。公共交通機関が果たす社会的役割は大きく、コロナ禍での需要減少や経営の危機的状況下にあっても業務の維持、継続は、政府自治体、国民からの要請であります。

鹿沼市議会 2020-12-10 令和 2年第6回定例会(第4日12月10日)

鹿沼市地域公共交通形成についてでございます。  この公共交通を話すには、公共交通の背景、事情を皆さんに知っていただくことが必要であります、よろしくお願いいたします。  1970年代、今から50年前、私が二十歳の頃は、車の普及は一家に1台で、親子で兼用しながら使用していました。  その頃から、公共交通バスと自家用車の競争が明らかになってきました。