6510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2040-06-10 06月10日-05号

したがいまして、まずはこの相談支援専門員方たちに障がい者福祉ガイドを周知することで、福祉サービス利用者の方に広く情報をお伝えすることができるものと考えられることから、今年度は市内相談支援事業所17カ所を初め124カ所のサービス事業所全てに障がい者福祉ガイドを配布し、広くご活用いただきたいと考えております。  以上、よろしくお願いいたします。

小山市議会 2031-09-27 09月27日-06号

記  議案第54号 令和年度小山下水道事業会計補正予算(第1号)                 議案第63号 平成30年度小山農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第66号 平成30年度小山公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第67号 平成30年度小山公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について        議案第68号

那珂川町議会 2025-09-24 09月24日-05号

平成24年3月定例議会一般質問での説明では、下水道事業雨水事業汚水事業があり、まずは事業認可を拡大した汚水事業平成23年から平成28年までの間に整備し、その整備が済み次第、雨水事業として雨水幹線として位置づけられると、裂田溝の整備について地元の方と十分協議しながら進めると答弁がありました。その後、およそ8年が経過し、平成30年度末で汚水事業整備率が91.76%であると聞いております。

小山市議会 2024-12-20 12月20日-06号

次に、議案第92号 令和年度小山下水道事業会計補正予算(第2号)について申し上げます。委員から、小山下水道事業経営戦略策定業務委託について限度額1,600万円の内訳を問う質疑があり、執行部から、費用の主なものはコンサルタント事業への業務委託料となっており、人件費が約900万円、成果品作成費用等が約500万円となっていますとの答弁がありました。  

栃木市議会 2022-12-05 12月05日-04号

私の一般質問第1問目、テレワーク事業及び地域おこし協力隊離脱問題について。この総務省助成ふるさとテレワーク事業は一見するとすばらしい事業なのですが、実態は栃木市がブラック企業と同様な求人を行っていた。また、そのことにより助成金を返還させる可能性まで出てきたというところです。ここでそのことを指摘し、改善していただきたいという思いで質問いたします。  まず、(1)テレワーク事業推進状況について。

小山市議会 2022-11-27 11月27日-01号

次に、6款1項3目農業振興費のうち農業後継者育成事業費について、委員から、事業の内容及び成果を問う質疑があり、執行部から、当該事業は国の補助事業で、新規就農者に対して所得による逓減はありますが、最大で年額150万円を最長5年間補助するものです。現在9組12名が補助金を受けており、農業後継者担い手不足という状況下において、貴重な制度であると捉えていますとの答弁がありました。  

真岡市議会 2021-12-09 12月09日-02号

防災対策の3点目は、消防団協力事業所表示制度の導入についてであります。消防団協力事業所表示制度は、消防団に所属する従業員支援するなど、活動に協力的な事業所を認定して表示証を交付する制度であります。消防団員確保活動環境整備につなげるとともに、事務所へ表示証を提示することで地域社会への貢献度をPRすることができます。

益子町議会 2021-12-03 12月03日-一般質問-01号

また、重ねて運営事業者の中で事業をした結果、収支がとれるとの判断で決定をしているとの答弁でございますが、その根拠についてもうちょっと教えていただきたいと思います。  そして、ボランティアさんなのですけれども、いいです。ごめんなさい、済みません。 ○議長星野壽男) 小野澤議員、一問一答でお願いします。 ◆6番(小野澤則子) わかりました、済みません、お願いします。

真岡市議会 2021-09-10 09月10日-03号

の一部改正について議案第66号 市道路線認定について議案第67号 市道路線の変更について議案第68号 工事請負契約について議案第69号 平成30年度真岡市水道事業会計処分利益剰余金処分について議案第70号 令和年度真岡一般会計補正予算(第3号)議案第71号 令和年度真岡介護保険特別会計保険事業勘定)補正予算(第1号)議案第72号 令和年度真岡公共下水道事業特別会計補正予算(第1号

真岡市議会 2021-09-09 09月09日-02号

昨年度の実績では高齢者居場所づくり社会参加に寄与するミニデイホーム運営事業に51区、“いちご”の湯招待事業に43区、敬老会開催事業に127区、介護が必要な状態にならないようにするための介護予防体操事業に40区、高齢者の方の見守り組織づくり等推進する高齢者と見守りネットワーク事業に17区、地域共助活動推進事業実施に向けた準備を支援する地域共助活動推進事業、取り組み支援事業に6区が取り組んでおります

栃木市議会 2021-09-04 09月04日-03号

それでは、発言明細2の思川開発事業について。①として、いつから本市はこの事業に参加しているのでしょうか。  ②として、事業状況思川開発事業状況がどうなっているのでしょうか。  そして、③として、栃木県の考え方あるいはどう進めているのか、そのことについて伺いたいと思います。  ④として、本市協議会検討部会参加状況について伺いたいと思います。

小山市議会 2021-06-07 06月07日-04号

本市では、小山環境基本計画に基づき、省資源化や省エネの推進太陽光発電などの再生可能エネルギーの拡大に向けて、市民事業所など、社会全体で環境負荷の少ない環境と共生した持続可能な循環型社会の構築に取り組んでいます。具体的には、住宅用エネルギー機器等設置費補助事業事業用太陽光発電設備設置費補助事業など、市民事業所が導入しやすい体制を整えていただいております。

那珂川町議会 2021-06-06 06月06日-01号

議案第78号は、那珂川総合運動公園整備維持管理及び運営を行う事業者を競争性公平性及び透明性確保して選定するため、那珂川総合運動公園整備等事業者選定委員会設置条例を制定するものです。 議案第79号は、本市高齢者保健福祉計画介護保険事業計画に基づき、地域密着型サービス事業者を適正に選定するため、那珂川地域密着型サービス事業者選定委員会設置条例を制定するものです。 

栃木市議会 2020-12-18 12月18日-05号

また、給与勧告の仕組みを質したのに対し、事業所規模50人以上の事業所を調査し、全国的な給与水準を導き出した上で改定の勧告が行われるものである。さまざまな規模事業所があるが、ある程度人数のいる事業所等と比較した結果については妥当であると考えているとの答弁がありました。  本案については、討論なく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

那珂川町議会 2020-12-16 12月16日-04号

次に、あすなろ猫事業取り扱い病院につきましては、あすなろ猫事業県獣医師会が独自に実施しております飼い主のいない猫の去勢、不妊手術費用の一部を助成する事業で、那珂川市内取りまとめ役病院に伺ったところ、市内病院獣医師会に加盟しており、どこでも取り扱っておりますが、ただ予算に限りがあるため受けられる頭数に制限がございまして、筑紫地区では50匹が割り当てられているそうです。

那珂川町議会 2020-12-13 12月13日-03号

本市にも同じような支援事業がありますが、取り組み状況をお尋ねします。 ○議長高原隆則君) 中村健康福祉部長。 ◎健康福祉部長中村一道君) お答えいたします。生活困窮者自立支援法に基づく子どもの学習支援事業は、生活困窮者自立支援法では市の任意事業となっておりますが、事業の趣旨から、本市では市制施行に合わせて既に県が行っておりました事業を受け継ぎ、本市事業として実施をしているところでございます。