運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) 助成対象者は、市内在住で妊娠を予定もしくは希望している49歳以下の女性とその配偶者、また妊娠している女性の配偶者であり、事実の場合も対象となります。  予防接種者実績は、流行した時期に助成を行った平成25年7月1日から平成26年3月31日の期間では333人、平成29年度は130人、平成30年度は11月21日現在で145人であります。   もっと読む
2018-06-15 宇都宮市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月15日) 婚姻届を出していないため、法律上夫婦と認められないが、実質的には夫婦関係にある異性のカップルである事実・内縁については、最高裁判例で婚姻に準ずる関係と認められており、健康保険、労働災害の遺族補償年金、育児休業、介護休業の申し出など、社会制度上では配偶者と同様の地位という趣旨の規定が見られますが、一方で、同性カップルには、内縁、婚姻に準ずる関係が全く認められてきませんでした。   もっと読む
2016-12-05 那須塩原市議会 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月05日−05号 栃木市では、婚姻歴がない、事実にないひとり親で年間所得額が38万円以下の世帯を対象にみなし適用します。那須塩原市では、みなし寡婦控除が適用された場合の世帯数と、想定される1世帯当たりの軽減額はどのくらいになるかというお話もやってまいりましたが、日光市の場合で、いろいろな税額を合わせると18万ほどになるという例もお話しいたしました。そうした中で今、考えていないということです、非常に残念ですが。   もっと読む
2016-10-13 小山市議会 平成28年  決算審査特別委員会-10月13日−02号 税務署等の調査によりまして、過去にさかのぼって所得構成があったり、また事実等が判明して返還等が生じたものについて返還を求めているものでございますが、一部返還が残っているものがございまして、その金額が163万4,820円でございます。  以上でございます。   (その差額は) ○安藤良子委員長 ほかの金額についての説明ありますか。  黒川財政改革課長。 もっと読む
2015-03-06 宇都宮市議会 平成27年第1回定例会(第4日目 3月 6日) 昨年の12月に国立市のシェアハウスで暮らすシングルマザーの女性が、同じ家に住む独身男性と事実の関係があるとみなされ、ひとり親家庭を対象とした児童扶養手当と児童育成手当を打ち切られました。シェアハウスとは、他人同士が一つ屋根の下で暮らす住居で、入居者は個室で暮らし、居間や台所などを共有するのが一般的で、新たな居住スタイルとして人気があります。   もっと読む
2013-12-10 真岡市議会 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月10日−議案質疑、一般質問−03号 これは、戸籍婚もあるだろうし、事実もあるだろうし、また一方的なものもあるだろうし、そういう意味からすると結婚祝金をどういう段階に、どのような態様でお祝金を支給すればいいのかということになると非常に困惑する部分もございますので、そういう意味からするとやはり結婚後赤ちゃんが産める状況をつくっていくということがまず私どもの行政の課せられた役割かなというふうに思っておるところでもございます。    もっと読む
2010-09-15 那須町議会 平成22年  9月 定例会(第5回)-09月15日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 改正を避けて事実をすれば、相続権はなく、子供は婚外子となります。個人の尊厳と男女平等の立場から、国連女性差別撤廃条約は、姓の選択について夫と妻に同一の個人的権利を保障すべきだとしております。国際機関は、日本政府に民法の男女差別的な条項を見直すよう何度も勧告しております。 もっと読む
2008-09-24 那須塩原市議会 平成20年  9月 定例会(第4回)-09月24日−07号 子ども担当課では、3款2項6目児童扶養手当費で、離婚をしていながら事実であるような疑いのある場合の対応はとの質疑に対し、そういう通報があれば直接訪問して実態を調査するとの答弁がなされました。  次に、生活環境部について申し上げます。  生活環境担当の主なものは、歳入では13款使用料及び手数料で清掃手数料5,226万3,000円を計上、指定ごみ袋収入を見込むものです。   もっと読む
2008-09-09 那須塩原市議会 平成20年  9月 定例会(第4回)-09月09日−03号 また、毎年8月の現況届けのときにも、同居している家族の状況、あるいは事実等について確認をしております。それでも家庭状況等についての通報が市民の方々からありますので、そのときは本人に連絡をしてその事実を確認したり、あるいは夜間訪問等の調査により不正受給の防止に努めているところでございます。   もっと読む
  • 1