495件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益子町議会 2022-06-04 06月04日-一般質問-01号

◎町長(大塚) 初めに、益子小学校南東部の開発につきましては、町内事業者から土地利用に関する事前協議の申請が出されております。その目的につきましては、くぼ地である約7,000平米のエリアについて盛り土を行い、資材置き場として活用するというものでございます。町では、その施工に関しまして、関係各課で組織する土地利用幹事会及び委員会により、法的要件や安全対策等について指導を行ったところでございます。

栃木市議会 2021-09-04 09月04日-03号

ただいまご説明の中にあった、似たような文言はございましたけれども、例えば歳計現金などを管理する上で各課と事前協議調書などを交わしているのかなと、そういうふうに考えます。

小山市議会 2020-12-03 12月03日-04号

古墳とも国史跡であることから、事業実施に当たっては、文化庁及び栃木県教育委員会との事前協議が必要となることや摩利支天塚古墳発掘調査の結果次第では、年次計画に変動が生じる可能性も想定されます。  なお、事業実施に当たりましては、学識経験者や地元の代表者により構成された整備委員会の意見を十分に考慮し、古墳本来の魅力を最大限に生かした整備となるよう努めてまいります。  

足利市議会 2020-09-24 09月24日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

また、栃木県では、当該施設を設置しようとする地域の住民とのトラブルを回避するために、「栃木県廃棄物処理に関する指導要綱」を定め、民間事業者に対して、法律に基づく手続きに入る前に、事前協議を求めており、その指導要綱では、関係地域内の自治会等との環境保全協定締結等を求めている。  

益子町議会 2020-09-05 09月05日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

上段にあります土地利用事前協議関係ということで、太陽光発電施設について協議されていると思います。件数でいうと6件。これまでいろいろ環境面、また周囲の住民の皆様の配慮等やっぱり問題起きている部分でありますが、問題なかったのか、どのような協議をされているのかお伺いします。 ○議長(星野壽男) 企画課長。 ◎企画課長(日下田) 太陽光発電の開発につきましては、ここ数年ふえております。

真岡市議会 2020-03-18 03月18日-04号

そして、具体的な内容としては、今後建設される発電出力が50キロワット以上の太陽光発電設備を対象とし、事業者は工事を始めるに当たって関係地域住民への説明に加えて、市長との事前協議を行った上で、市長と事業者が運用並びに災害時及び廃止後の措置に関する協定締結するという流れとなっております。私たちもその趣旨については大いに賛成をするところです。

さくら市議会 2019-12-02 12月02日-02号

議員がご指摘の開発行為による公共汚水ますの設置費用と受益者負担金が二重の負担になっているとの部分につきましては、1,000平方メートル以上の開発行為はさくら市土地開発指導要綱に基づき、事前協議を行い、事業者が設置費用を負担の上、受益者負担金を徴収しているのが現状です。また、ことし8月には開発行為を行う業界団体から、開発行為に伴う下水道受益者負担金の減免について要望書が提出されています。 

那須塩原市議会 2019-11-26 11月26日-03号

周知につきましては、補助金等の所管課から補助事業者へ補助金事前協議補助申請などの場を通じて周知することとしております。この際、事業実施による補助目的や交付の範囲、適切な事業の執行方法や期待する成果、効果について伝え、市と補助事業者で考え方の共有化を図っております。 最後に、(3)の補助金審査会からの答申について、その取り扱いをどのようにしていくかについてお答えをいたします。 

芳賀町議会 2019-09-05 09月05日-02号

3点目の八ツ木の丘公園の整備と今後についてでありますが、八ツ木の丘につきましては、平成7年当時に八ツ木の丘を開発、販売をいたしました開発業者と町との間で開発行為事前協議書を交わしており、この協議書の中で、道路部分、公園部分、調整池森林緑地部分等の管理と土地の所有について取り決めをしております。 八ツ木の丘公園部分の土地につきましては、当初から帰属という形で町に所有権がありました。

下野市議会 2019-05-31 05月31日-02号

それと、今年度から来年度に向けてのスケジュールという形になりますけれども、先ほど答弁の中もありましたが、開発許可の申請ということで、現在のところは県のほうとの事前協議を行っている状況でございます。開発許可の要件には境界等をはっきり明確に分割するというようなこともございますので、今年度、用地測量等を行いまして開発許可の申請につなげてまいりたいというように考えております。 

那須塩原市議会 2019-05-31 06月07日-01号

万8,000円を、国道4号配水管布設工事第2工区及び第4工区については、いずれも国土交通省宇都宮国道事務所発注の関連工事との工程調整や発注時期の調整により、それぞれ9,212万4,000円と2,926万8,000円を、市道新南下中野線配水管布設工事については、市道路課発注の関連工事との工程調整により702万円を、鹿股橋補強工事に伴う仮設配水管設置及び橋梁添架工事については、林野庁塩那森林管理署との事前協議