4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2014-12-19 平成26年第4回定例会(第5日12月19日)

同市は鹿児島空港を有し、九州自動車の開通を機に国分隼人テクノポリスの指定を受け、京セラやソニーなどのハイテク産業が発展している一方、日本百名山の霧島山や鹿児島神宮、霧島温泉郷など自然環境が豊かであり、霧島ジオパーク日本ジオパークとして認定も受けております。  その自然豊な霧島市でございますが、森林資源は鹿沼市同様に恵まれており、木材産業地域主要産業でもあります。

真岡市議会 2007-09-25 平成19年  9月 定例会(第4回)-09月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

今では、九州自動車福岡空港へのアクセスが便利なところで人口増が続く市であります。   この大野城市における公園の再整備事業は、従来の行政主体で行うのではなく、住民主体で発足グループを立ち上げ、そこから出た提案を公開審査により決定するというもので、今までにない形の地域市民参加型の手法で事業を進めているところに注目をいたしました。   

鹿沼市議会 2000-12-21 平成12年第5回定例会(第4日12月21日)

調査事項の一つであります道路網の整備でありますが、平成7年に九州自動車が全線開通し、えびの市を中心に3方に延び、さらに平成11年にはえびの-人吉間を4車線化着工し、高速道路の整備がなされてきたところであります。一方、都市計画道路につきましては、30路線、全体計画延長4万8,360m、改良済み延長1万8,681m、全体の進捗率は38%であります。

鹿沼市議会 1999-12-21 平成11年第7回定例会(第4日12月21日)

また、平成9年に市民待望の東九州自動車津久見-佐伯間の施工命令が発令され、アクセス道路建設土地区画整理事業が行われております。  メカトロゾーンについてでありますが、佐伯地域は、造船、セメント、合板等の素材型、重厚長大型産業を基幹産業とする臨海工業都市として発展してきましたが、オイルショックを境に勢いに陰りが生じ始め、これらの企業が相次いで倒産し、特定不況地域に指定されました。

  • 1