運営者 Bitlet 姉妹サービス
1905件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) しかし、中小企業が置かれている実感はほど遠いものがあります。  足腰の強い地域経済の土台は、外需依存をするのではなく、地域内での仕事やモノ・資金の循環を図り、内発的発展を促すことにあり、その担い手は地域の中小企業、商工業者、自治体、金融機関などです。地域に根をおろす中小企業、個人事業主の元気なくして、地域の持続可能な発展はなしと考えます。   もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) 政府は、中小企業の負担を軽くして、軽減税率に対応したレジの導入やシステム改修を円滑に進めるため、軽減税率対策補助金を創設しています。日本商工会議所が本年9月に公表した調査では、中小企業の約8割が準備に取りかかっていないとの回答もあり、準備のおくれが指摘されています。  そこで伺います。   もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) それで、やっぱり結構でも、鹿沼市の地場の中小企業にも、全国に誇る、世界に誇るような企業もあるわけですし、そこをもうちょっと見てもらう。鹿沼市に仕事がないわけではないですよね。有効求人倍率だって、今1.4ぐらいなのですから、仕事はある。 もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) 本市におきましても、中小企業向けのICT整備促進事業の中でキャッシュレス決済端末の導入支援を行っているところでありますが、高額な決済手数料やQRコードの国による規格の違いなどにより、なかなかキャッシュレス決済端末の設置が進んでいない状況にあります。   もっと読む
2018-12-05 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号 バリアフリーに特化したものではありませんが、民間施設への支援策として、中小企業者への制度融資等を行っており、今後も継続していきたいと考えております。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(君島一郎議員) 6番、森本彰伸議員。 ◆6番(森本彰伸議員) それでは、随時再質問のほうをさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-05 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日) 審査員の選定や審査方法についてでありますが、指定管理者の候補団体の審査を行う「鹿沼市指定管理者選定委員会」の構成員は、私と財務部長、施設の所属部長のほか、経営状態等について専門的見地から審査を行うため、中小企業診断士と企業経営者を委員として選定しています。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 異常に高い国保料税は、中小企業の労働者が加入する協会健保の保険料並みに引き下げることであります。国保加入者一人当たりの平均保険料は、協会健保の1.3倍、大企業労働者が入る組合健保の1.7倍にもなっています。東京23区に住む給与年収400万円の4人世帯で比べると、協会健保の保険料本人負担は19万8,000円。 もっと読む
2018-10-02 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第6日目10月 2日) この議案につきましては、「企業誘致定着促進費について、企業が来てくれることは喜ばしいが、市内の中小企業や個人事業主などへの支援と比べると補助額がつり合わないと考えることから、この議案には賛成できない」との意見がありました。   もっと読む
2018-09-14 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−04号 米価の大幅な引き下げなど、地域経済の落ち込みと長期不況による地域経済の衰退、中小企業の倒産や廃業、リストラの横行、企業の移転や失業者、非正規労働者の拡大、後継者難など町民生活の環境は著しく悪化し、厳しい状況が続いています。  また、国・県などの公立補助金、負担金などが削減されている一方、地方分権の推進のもとで財源と質量、定数を無視した地方自治体への事務事業と許認可権などが押しつけられております。 もっと読む
2018-09-12 宇都宮市議会 平成30年総務常任委員会(第1日目 9月12日) ○委員(福田久美子)  いろんな意味でね,いい状況が会社,こういうものづくりですね,本当の意味での,会社にとっていい傾向になってきたという兆候なのかなというふうには捉えますけれども,私ども,そもそも,この額そのものもね,中小企業というか,本当に小さな個人事業主だったりしているところへのいろいろな支援と比べて,ちょっとつり合わないなという気がしております。 もっと読む
2018-09-06 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第2日目 9月 6日) 5点目の中小企業支援についてお伺いいたします。  本市が今後も持続的に発展し続けていくためには、事業者の大部分を占める中小企業の事業活動を支えていくことが重要だと考えております。   もっと読む
2018-09-06 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−03号 年々、減り続けている中小企業中小企業の社員は、災害時の復旧を行う自治消防団員として、また、夏祭りなどの行事を行う。縁の下で、目に見えないところで非常によく働いてくれています。地元の中小企業が、この町でこれからも継続して営業してほしいと強く願っております。   もっと読む
2018-09-05 野木町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−01号 第3条の固定資産税に関する経過措置につきましては、平成29年4月1日から平成31年3月31日までの期間に改正法第2条の規定による改正前の地方税法附則第15条第43項に規定する中小企業等が取得した同項に規定する機械装置等に対して課する固定資産税については、なお従前の例によるとするものでございます。   もっと読む
2018-09-05 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号 商工業の振興、そしてそのためには魅力ある行き先づくりということで、現在、医療機関と温泉のほうに限られていますから魅力ある行き先づくりで商工業さんのところとうまくくっつけながら、そこでしたら町も中小企業を振興するためにいろんな特典もつけられるし、商工業さんもつけられると。 もっと読む
2018-09-03 那須町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号 2点目は産業の振興についてで、まず質問する前に一つおわびさせていただきたいのですけれども、一般質問通告一覧表に記載されている中小企業・小規模事業者振興条例についてとありますけれども、これは厳密にいうとこういう条例は那須町にはございません。正式名称を改めて述べたいと思うのですが、那須町中小企業・小規模企業の振興に関する条例、これが条例の正式名称でございます。  大変失礼いたしました。 もっと読む
2018-08-31 那須町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-08月31日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 これは年度当初に町内金融機関に中小企業向け資金貸し付け用の預託金として支出をし、年度末に返還いただくものでございます。  最後に、投資及び出資金、700万円、これは栃木県の新食肉センター建設に伴い事業主体である栃木県畜産公社への出資金でございます。  以上が、平成29年度決算性質別内訳の概要でございます。  次に、14ページ、15ページをごらんください。一般会計の町債残高の状況でございます。 もっと読む
2018-08-31 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第1日目 8月31日) その主な要因でありますが、まず、歳入につきましては、中小企業事業資金預託金が減少したことにより貸付金元金収入が減額となったことなどであり、歳出につきましては、文化会館大規模改修が前年度に完了したことにより、教育費が減額となったことなどであります。   もっと読む
2018-06-28 小山市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月28日−06号 また、委員から、中小企業の生産性向上に向けた設備投資を促す生産性向上特別措置法が施行されたことに伴う内容を含む条例改正案が提出されたが、その制度目的について問う質疑があり、執行部から、中小企業は大企業に比べて生産設備の老朽化が進んでいるため、生産性が伸び悩んでいる状況にあります。 もっと読む
2018-06-28 宇都宮市議会 平成30年第2回定例会(第6日目 6月28日) 次に、議案第67号宇都宮市税条例等の一部改正についてでありますが、この議案は、地方税法の一部改正に伴い、個人市民税における非課税の範囲の変更、固定資産税における中小企業の先端設備等の特例措置の新設、たばこ税における加熱式たばこの区分の新設及び税率引き上げ等をしようとするものであります。   もっと読む
2018-06-21 小山市議会 平成30年  総務常任委員会-06月21日−02号 それでは、第17項ですが、中小企業の生産性向上に向けた設備投資を促す生産性向上特別措置法が今月6日に施行されたわけですけれども、今回市税条例改正案が提出されたと思いますが、制度の目的についてお尋ねいたします。 ○小林英恵委員長 答弁、中田資産税課長。 ◎中田精一資産税課長 今回、まず法律、措置法の関係なのですが、生産性特別措置法ということで第1条に法律の目的が書いてございます。 もっと読む