4313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

さくら市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−05号

議案審査に入る前に直ちに暫時休憩をとり、喜連川中学校の大規模改修、金鹿小学校の跡地利用、スカイタワー・喜連川城温泉の現状について、現地調査を実施してまいりました。  帰庁後、議案の審査に入り、本案について担当課長から議案の内容について説明を求め、審査を行いました。  質疑応答の主な要旨については、次のとおりであります。  

那須塩原市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−08号

旧鍋掛中学校跡地に公民館保育所が併設されたため、体育館と夜間照明のグラウンドを持つことから順番待ちは多いけれど、地域では使い勝手のいい公民館となっています。  しかし、公民館の利用者の多くが今回の日新の館の廃止を知りません。15人の自治会長に連絡したら2人しか集まらなかったと報告されましたが、欠席した13人の自治会長の意思はどう確認されているのでしょうか。

宇都宮市議会 2018-12-12 平成30年文教消防水道常任委員会(第1日目12月12日)

中学校弓道大会で競技中に砂が崩れて的が落ちちゃったのね。1人の子が4射連続で当たってて,5射目を打った瞬間に,さささっと落ちてきたのね。  そういう競技を控えているときに,事前に管理というか,あした大会なんで,大丈夫かなとか,そういうのを見に行くとかっていうことをしているのか。

壬生町議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月12日−03号

また、これはまだ実現はしておりませんけれども、団体のほうからも各小学校中学校と、いろんなところでの伝統芸能の継承に関するいろいろなアポイント、そういうのも今後していきたいというようなことでも、いろいろを要望もありますので、今後、それらについても検討して、小さい子供から小・中、青年まで広く参加できるように、今後、推進していきたいと思っております。  以上でございます。

真岡市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−03号

次に、陸上競技場でありますが、本市の陸上競技場は芳賀郡市中学校体育連盟などの郡レベルの大会を想定し、競技をする選手のための施設として整備したものでありますので、観覧者のための屋根の設置を設置する予定はございません。   以上、ご答弁申し上げます。 ○大瀧和弘副議長 服部議員。    

矢板市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第354回)-12月11日−03号

◆2番(藤田欽哉) 先日、実は私の小学校中学校の同級生が大田原に家を買ったという話を聞きました。それまでは矢板のアパートに住んでいたんですが、大田原に引っ越してしまうということだそうです。何で矢板に住まないのかと聞いたところ、まず矢板には新築の建て売りが少ないということと、あともう一つ言われたのが、子育て環境が大田原のほうがいろいろといいと言っていました。

宇都宮市議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日)

しかし、現状では、児童生徒がスポーツ活動をする場は中学校の部活動だけにとどまりません。子どもたちがスポーツをする全ての場所及び機会において、ユニセフ「子どもの権利スポーツの原則」が広く認識されるよう、本市として周知啓発に努めることを求め、市長の御見解を伺います。  〔水越久夫教育長 登壇〕 ○教育長(水越久夫) ユニセフ「子どもの権利スポーツの原則」についての御質問にお答えいたします。  

塩谷町議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−03号

その中では、庁内の結論としましては、場所的なものについては旧玉生中学校跡地というような形で、平成25年度そのような形で。ただし、町外関係団体とか、公募の方を集めました遊休財産活用検討会については、旧玉生中学校跡地と旧塩谷高校というような提言がなされたところでございます。  

塩谷町議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月10日−02号

◎町長(見形和久君) 塩谷町の少し前の話になりますけれども、中学校の統合の話がございました。大変行政のほうでも苦労しましたし、申しわけないんですけれども住民の方にも苦労かけてしまった。そういうことを再度繰り返すというふうなことがあってはならないというふうに、まず、肝に銘じております。

宇都宮市議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日)

中学校の中で、保健体育でこういう性教育とか、妊娠、出産についても学ぶことがあると思うんですが、これからはもっとその学校の子どもたちにも、将来、自分が親になりたいということを望むのであれば、自分の体づくりをきちんとして、ある程度の年齢にそういう出産ということを考えるということも、一つ教育の中で言っていくというのも必要なのではないかと思いますが、御見解をお聞かせください。

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

生涯学習ボランティアということで、私もいろいろとかかわらせていただいているのですが、今年、コミュニティスクール、来年から鹿沼市でも3校、今試験的にその運営協議会をつくってやっているわけですけれども、石川小学校、北小学校、北犬飼中学校ということなのですが、私も地元ということもあり、学校支援ボランティア、もう30年近くやっているものですから、石川小学校と北犬飼中学校にかかわらせていただいております。