運営者 Bitlet 姉妹サービス
2759件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第5日12月17日) また、FacebookやYouTubeなども活用し、多世代の市民が参加していること、子育て支援や、雇用、定住と新規就労などの制度紹介などの専用ページを初め、観光や商業の紹介サイトなど、市民目線のつくり方と、デザイン性に優れ、動きのある見やすいホームページにまとめられています。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年厚生常任委員会(第1日目12月12日) また,地域の保育園との交流など,世代間交流を行う取り組みが提案されていたところであります。  指定管理料につきましては,指定期間の総額で10億7,575万円余,年平均で2億1,515万円余であります。  社会福祉法人宇都宮市社会福祉協議会の概要につきましては,資料記載のとおりであります。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目12月12日) そういう意味で,ナイトツアーの旅のソムリエみたいな若い世代が案内してね,学生なんかは英語なんかできるでしょうから,そういうふうな仕組みというものをつくってやると,通過型ではなくて,宇都宮宿泊型の観光客もふえてくんじゃないかなと。おもてなしの向上というのも含めてね。  テレビ見てて,そんな大分前だったんですが,渋谷だったかな,やっぱり食べ物屋に連れていくんですよ。 もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日) まず1つ目,①「増やさず」でございますが,こちらは世帯数が増加する間は,現在の管理戸数を維持してまいりますが,おおむね20年後の世帯減少時,団塊の世代の方が大体90歳代に差しかかる時代になりますけれど,その時期を目途にですね,縮減をしていきたいというふうに考えているところでございます。  裏面の2ページ目,ごらんいただきたいと思います。 もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) また、若い働き盛り世代は、子育て時期とかぶることもあり、意識があっても活動への参加が難しいのが現状です。  そこで、元気な高齢者に活動への参加を促すことが、地域人材確保へ向け最も効果があるとともに、高齢者にとっても、地域交流のきっかけとなり、生きがいにつながる効果も期待でき、さらに、健康寿命の延伸にもつながると考えます。   もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) 少子高齢化やライフスタイルの多様化など、社会環境の変化により、個々の世帯の抱える課題は複雑化・複合化しており、こうした課題を解決していくためにも、高齢者や障がい者、子どもなど世代や分野を超え、包括的に支援していくことや、地域の支え合いを充実することが大変重要であると認識しております。   もっと読む
2018-12-07 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号 2025年には団塊の世代が75歳以上になることで高齢化率は30%を越え、2060年には約40%に達するとみられています。  2015年の介護保険法改正により「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」が開始されました。国は、この事業の趣旨を市町村が中心となり、地域の実情に応じて地域で支え合い、要支援者等に効果的かつ効率的な支援等を行うことを目指すものとしています。   もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) この際、さまざまな世代の保健予防事業を、事業団施設内での健診センターと連携、実施することで、将来にわたる市民の総合的な健康づくりの拠点となるよう、事業団の機能強化と一体的な整備を検討してはいかがかと考えます。  一方において、近年の全国における地震、風水害の多発状態などを考えますと、災害時の迅速な対応は本市においても大きな課題となっております。 もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) 次に、出生率の改善のための具体的対策でありますが、こうのとり事業による不妊治療の支援や子育て世代包括支援センター「いちごっこかぬま」とこども総合サポートセンターとの連携による妊娠期から子育て期までの切れ目のない子育て支援実施などがあります。   もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) それから、先ほど企業との連携についての回答で、梨の農家さん1名というふうに言われましたけれども、鹿沼市は「いちご市」ということで、イチゴの農家さんもたくさんいらっしゃいますが、なかなか高齢で、次に、次の息子さんや、その次の世代に引き継ぐということがなかなか、これは困難だということを聞いております。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) そして、地域コミュニティーや多世代の関係が希薄化している昨今では、子どもから高齢者を支える社会の仕組みを構築する必要性を認識し、サブテーマを「日本のトップランナーを目指し、着実な成長と市民福祉の向上のために」としたところであります。  そこで伺います。   もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 マスコミからは批判されましたが、しかし、イベントのたびに観光課客が押し寄せまして、文化イベントを目指して若い世代が移住してきて保育所や学校、病院をつくりました。雇用が生まれ景気がよくなり、税収がふえたそうです。小さな町がフランスで一番住みたい町と言われるまでになったそうです。  その市長が先日来日して東京中野で講演会を開き、文化が人々の精神を解放し、新しいエネルギーを町にもたらしました。 もっと読む
2018-12-06 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号 そのほか、条例に若い世代を初めとする多くの声を反映させるため、中学生、高校生、大学生との意見交換会、自治基本条例フォーラム、議会との意見交換会、町内3地区での地域座談会等の開催や、条例素案の全戸配付、意見募集、パブリックコメント等を実施し、いただいたたくさんの意見やご提言が条文に反映されてきております。   もっと読む
2018-12-05 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号 ③食を通した交流や多世代が集まって楽しめる場所、まちの魅力の発信拠点を目指していたと思いますが、ここで具体的にどのようなことが期待できるか伺います。  (3)駅前図書館について。  ①建設工事は順調に進んでいるか、また、計画どおりに開館できる見込みか伺います。   もっと読む
2018-12-05 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 一方、子育て支援については、旧小貝中央小学校において、NPO法人に委託し学童保育を行っており、双方を調整して多世代間の交流を行っているところでございます。   もっと読む
2018-12-05 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日) また、健康課内に設置された「子育て世代包括支援センター いちごっこかぬま」と連携し、生活困窮者や妊婦自身に疾病がある場合、支援者がいないなどの妊娠期から心配のある家庭の情報を共有し、早期からの発見や虐待の予防につなげております。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 町では、シルバー人材センターに関しましては、国庫補助と町の補助というような補助金制度を活用して、シルバー人材センターの運営費、事業費というのを助成しているわけでございますが、特にシルバー人材センターの運営費は人件費と管理費ということでございますが、事業費の助成に関しましては、高齢者活用、現役世代雇用サポート事業、また地域就業機会創出拡大事業というような補助事業対象メニューもございますので、そういった もっと読む
2018-12-03 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号 特に若い世代のほうで一体感の醸成が進んできているというところも感じておりますが、またあわせて先ほどもお話ありましたように各団体、団体のほうも1つに全く一緒に合併する形をとったり、あるいは単位の地区のものが残りながら、その上に連合会組織というような形で統合が進んだり、いろんな形でそれぞれの団体が工夫をし、そういう一つの形をつくっているというところは、やっぱり一体感の醸成につながるものであろうというふうに もっと読む
2018-09-28 那珂川町議会 平成30年第3回(9月)定例会-09月28日−06号 これはただ単に物珍しさから見に来たということではなく、子育て世代の保護者がお互いの悩みを相談をしたり、子どもたちが伸び伸びと遊べる環境づくりと工夫したプログラムなどにより多くの来館者が来た結果であろうと思われます。また、中高生の居場所づくりとして学習室の開放も行われ、多くの中高生が活用するなど、一定の成果を上げております。2つ目には、同じく3款2項1目の認定こども園施設整備事業費です。 もっと読む
2018-09-28 那須塩原市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−07号 また、若い世代が減少する一方で医療費を含む今後の社会保障費をどのように支えていくのかという課題もあることから、不採択すべきと考えるとの意見がありました。  採決の結果、陳情第2号 難病医療費助成制度の改善を求める国への意見書提出に関する陳情書については、全会一致で不採択とすべきものと決しました。   もっと読む