52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栃木市議会 2018-06-14 06月14日-04号

オリン晃電社工場跡地購入問題での損害賠償訴訟で、3月16日、最高裁が石橋元副市長、オーケー工業上告棄却し、原告栃木市土地開発公社の勝訴が決定いたしました。これまでの裁判の過程では、一審は原告敗訴、二審は一転して原告勝訴となるなど、紆余曲折がありました。この間、市民議会に対しては、係争中ということを理由にして、裁判の争点や内容については説明がなされてきませんでした。

足利市議会 2016-09-09 09月09日-一般質問-02号

そして、この裁判ルール上、この保全抗告訴え上告はできないので、判決は確定だと、このような御説明をいただきましたが、結果焼却灰はこれからもう一つの裁判、本裁判、この契約を結んでほしいと求める裁判、これの結論が出るまでは、これに勝訴をするまでは灰は外部の民間の処分場に高額な処分料を払って搬出をしなければいけない。足利市にとっては非常に厳しい結果となっているわけであります。

野木町議会 2015-09-15 09月15日-03号

もう一つのほうにつきましては、一審のほうは簡単に申しますと、一部却下、一部棄却という形でございますが、高裁のほうに上告がされておりますので、現在まだ係争中ですので、その部分での費用負担についてはまだわかりません。 以上でございます。 ○議長(館野孝良君) 鈴木孝昌議員

益子町議会 2015-09-08 09月08日-議案説明・総括質疑・委員会付託-05号

が決まらないと境界が決まらないので、まず払い下げに当たって面積が確定しないということで、実際に当事者は、それならばその場所を時効取得という形で訴訟を起こしてきたわけなのですが、その結果、実際には町は敗訴という形で時効取得になってしまったのですが、ただ建物が既に明治以前ぐらいから建っておりまして、かなり全国的な最高裁判例の中にも特殊な例ではあるのですが、闘っても無理な状態であったので、結果的に上には上告

栃木市議会 2015-09-04 09月04日-05号

さらに、二審の結果がまた満足できなければ上告というようなことで、三審は最高裁ということになっていく可能性があるということでございます。  以上でございます。 △発言の訂正 ○議長(関口孫一郎君) 続きまして、先ほど大武議員の質疑でございます報告第23号について、大島岩舟総合支所長より訂正がございますので、お聞き取りを願います。  大島総合支所長。

野木町議会 2014-06-11 06月11日-02号

組合はこの高裁判決が出た12日後に最高裁に上告いたしました。私が広域組合議員になって2カ月目のことであります。上告議決したときの広域議会で、岩瀬弁護士が、勝てる見込みがなければ上告しないという発言をされましたが、その発言に期待感を持ったのは私1人だけではなかったのではないかと考えます。そして、同年、この8月18日に県南衛生工業仙台地裁に代替執行の申し立てを行いました。

小山市議会 2014-02-26 02月26日-05号

これ、岩瀬弁護士との広域議会での話なのですが、仙台高裁で2億723万9,876円の支払いが言い渡され、その後、広域議会で最高裁に上告するということ、そういう報告で、私は「勝てる見込みはありますか」と、そういうふうに問いかけました。そのとき、岩瀬弁護士は「負けると思えば上告しません」と、このように言っていたのです。それが最高裁に行ったらばどうなったか。結果は棄却、門前払いですよ。

小山市議会 2014-02-19 02月19日-01号

仙台地裁の判決仙台高裁、そしてまた最高裁での上告棄却ということで、敗訴し続けてきております。これをひっくり返すのには、針の穴を通すぐらい難しいことだと言われておりましたけれども、その後の提訴に関しましても、何ひとつとして認められておりません。

小山市議会 2013-09-04 09月04日-02号

なお、この訴訟につきましては、組合側は最高裁に上告しましたが、2012年、平成24年3月に上告棄却となり、仙台高裁判決が確定したと。これら2億700万円の件だと思います。  この間弊社は23年8月にコンポストを早急に適正処理処分を行う必要があると考えて、仙台高等裁判所に従い強制執行組合側の費用でもって弊社が代替執行すると、こういうことを仙台地裁に申し立てたということであります。

野木町議会 2012-12-07 12月07日-03号

小山広域保健衛生組合における一般廃棄物処理委託に関する訴訟事案、これはコンポスト排出等請求事件に係ることでございますが、そのことにつきましては平成23年8月9日の組合議会議決により最高裁へ8月10日付上告をしております。高裁判決上告の経緯につきましては、10月28日、小山広域保健衛生組合において構成市町の議員を対象に訴訟事案の説明会を開催しており、議員もご承知のとおりでございます。