3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2015-07-30 平成27年第4回定例会(第3日 7月30日)

現在、小中学校における普通救命講習につきましては、相応の時間を要することから実施しておりませんが、実際の学校生活においても教職員がいない場面で、救命処置が必要になることが予想されますので、今後も各校で実施される応急手当講習会を支援してまいりたいと考えております。  次に、一般市民のAEDの使用についてお答えします。  

栃木市議会 2013-06-14 平成25年  6月定例会(第2回)-06月14日−一般質問・質疑、委員会付託

救急隊をいかに早く現場に到着させ、救命士による本格的な救命処置を施すか、これも救命率向上の大きな壁の一つだと考えます。現場に一番近い救急隊が最短ルートで現場に直行するわけでしょうが、地域によっては道幅も狭く、救急車の進入ができない地域や、救急要請をした家がある集落が目の前に見えても、回り道をしなくてはたどり着けない地域、1分1秒を争う救急活動には非常に歯がゆい問題だと思います。

佐野市議会 2005-12-07 平成17年 12月 定例会(第5回)-12月07日−一般質問−04号

これは、市民にとって救命処置を大きく進展させる輝かしい第一歩であります。配備後の本会議においては先発の篠原議員も取り上げておられましたが、私は今回さらなる配備の充実と、お互い助け合う地域社会全体のつながりの向上という観点から質問をさせていただきます。   日本における突然死は、年間8万人と推定されております。およそその半分が心臓病による突然死で、毎日100人以上の方が亡くなっております。

  • 1