49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2016-12-08 平成28年第5回定例会(第3日12月 8日)

3つ目は自然災害の発生メカニズムを初め、地域自然環境災害防災についての基礎的・基本的事項を理解できるようにすることであります。  以上のことを踏まえ、生涯にわたる防災対応能力基礎育成するために、全小中学校において、社会理科等の教科学習特別活動及び道徳など、教育活動全体を通じて防災教育を行っています。  

真岡市議会 2016-02-24 平成28年  2月 定例会(第1回)-02月24日−議案質疑、一般質問−02号

また、経済財政面においては、経済再生なくして財政健全化なしという安倍内閣基本哲学のもと、経済再生と財政健全化をともに達成しつつ、中長期的に持続可能な成長メカニズムの構築を目指しております。経済面においては、アベノミクス効果により、全体として緩やかな回復基調にありますが、中小企業地方ではいまだに厳しい状況にあり、ローカルアベノミクスによる地方への浸透が期待されるところであります。

鹿沼市議会 2015-12-09 平成27年第7回定例会(第4日12月 9日)

3つ目は、自然災害の発生メカニズムを初め、地域自然環境災害防災についての基礎的・基本的事項を理解できるようにすることであります。  以上のことを踏まえまして、生涯にわたる防災対応能力基礎育成するために、市内全小中学校において、教育活動全体を通して防災教育を行っております。  具体例を挙げますと、避難訓練については、火災地震・不審者・竜巻等を想定して実施しております。  

小山市議会 2015-11-30 平成27年 12月定例会(第5回)-11月30日−02号

防災会議の幹事会を中心にそれらを行うということでありましたが、それぞれの地域における今回の増水のメカニズム、水の流れ等について実証作業の中で検証分析がされるのだろうと、このように思います。   豊穂川流域下流の大行寺地区は、今市長からもありましたように、900戸を超す家屋の浸水被害が出てしまいました。

矢板市議会 2015-09-08 平成27年  9月 定例会(第336回)-09月08日−03号

認知症につきましては、その発症メカニズムや検査方法、治療並びに予防に関して、日々医療技術が進歩しておりますことは、各種報道において認識しております。  関議員ご提案の血液検査につきましても、先ごろテレビ報道がなされたところであります。  本検査につきましては、新しい検査方法でありますので、現在の健康診断の検査項目では対応できないことから、当面は実施は難しいと考えます。

小山市議会 2015-09-08 平成27年  9月定例会(第4回)-09月08日−05号

内閣府が行った心理学、脳科学の実験結果によると、私たちの意思決定には、無意識的に判断するメカニズムと熟慮した上で判断するメカニズムの2つがあり、両者が併存していることが示唆された。このことから、日常生活において私たちはこの2つの意思決定メカニズムを並行して用いながらさまざまな判断をしていると考えられる。この無意識的に判断されるメカニズムとは、専門家の意見は正しい。

栃木市議会 2015-09-02 平成27年  9月定例会(第3回)-09月02日−一般質問

一方で、妊娠のメカニズムは複雑で、不妊の原因を突き詰めることは簡単でなく、そこには結婚年齢の上昇やストレス等、さまざまな問題が影響していると報告されています。病院での不妊治療は、非常に効果的ではありますが、なかなか成功に結びつきにくく、かつ長期的になってしまう傾向にあり、しかも女性の体に負担がかかるため途中で諦めてしまう方も少なくありません。   

那須塩原市議会 2014-12-04 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月04日−04号

認知症の予防や発症のメカニズム解明のため、2016年度から男女1万人の追跡調査を行う方針も決定されております。新たな戦略として認知症サポーター養成ですね、これは本市においては積極的に取り組まれていると思います。このほか、医療介護専門職による初期集中支援チーム、全市町村に配置するということも盛り込んであります。

鹿沼市議会 2014-03-05 平成26年第1回定例会(第2日 3月 5日)

3つ目は、自然災害の発生メカニズムを初め、地域自然環境災害防災についての基礎的・基本的事項を理解できるようにすることです。  以上のことを踏まえ、生涯にわたる防災対応能力基礎育成するために、避難訓練だけでなく、学校教育活動全体を通して防災教育を行っております。  具体例を挙げますと、避難訓練につきましては、火災地震・不審者・竜巻による避難訓練を実施しております。  

市貝町議会 2013-12-17 平成25年 12月 定例会(第8回)-12月17日−01号

◎町長(入野正明君)   子宮頸がんワクチンというものを町で助成しておりまして、ウイルスによってがんが発生するというメカニズムがわかったがんなんですが、それについて、ワクチンについて町は助成しているわけでございます。  予防接種基本的な考え方は、予防できるものは予防するということ。

壬生町議会 2013-12-12 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月12日−02号

もともとその鹿沼の中にいらっしゃった業者さんを選別できる、悪質な業者だけを排除するというようなメカニズムが十分できあがっているというお答えをされていました。  ということは、今まで鹿沼土、赤玉のメッカであった鹿沼市から次の仕事場へと出てこられた業者さんが壬生町、宇都宮、日光というふうにはじけていくんだとは思うんですが、壬生町は近隣でございますので、なお非常に仕事しやすいところだと思います。  

那須町議会 2013-12-04 平成25年 12月 定例会(第8回)-12月04日−一般質問−03号

しかしながら、汚染のメカニズム、こういったものが解明されていないことから、安全性を確保する有効な生産工程の管理方法が確立されていないのが現状でございます。また、山林、それからキノコなんかのほだ場、こちらの除染につきましても現在実証実験中であり、有効除染方法が確立されていないというのが現状でございます。  

矢板市議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会(第325回)-09月10日−03号

それが収益につながる云々ではなくて、やはりその頻度数が上がれば上がるほど、結果的に矢板のいろんな事業者が売り上げも出るだろうし、出れば利益が出る、出ればそれが市税で返ってくるというのが、これが大きなメカニズムだと私は思っているんですが、そういう意味で、どうしても我々、今までずっと意識改革、それから斬新な発想といっても、やはり金太郎あめで、なかなかそこから出し得なかったというのが、今日までございます。

那須町議会 2013-06-05 平成25年  6月 定例会(第3回)-06月05日−一般質問−03号

また、中学校理科第2分野の生きている地球という単元では、日本付近のプレートの動きなど地球内部の働きと関連づけて、火山地震発生のメカニズムについて学習しております。保健体育では、自然災害による障がいは、災害発生時だけでなく、2次災害によっても生じることや、その防止には日ごろからの災害時の安全の確保に備えておくことなどを学習しているところです。

矢板市議会 2013-03-04 平成25年  3月 定例会(第321回)-03月04日−02号

これのメカニズム経済基本的な考え方だと思うんですが、やはり矢板市として今の状況を考えたとき、今までの切り口の手法でまちづくりを考えても、かなり悪い材料を背負っているわけですから、よその自治体と違うやはり思い切った施策というんですか、そういった中で今後の矢板市経済の見通しいうのを立てていかないと、今非常に矢板の若い人が就職したくても就職場所がない。

矢板市議会 2012-06-11 平成24年  6月 定例会(第316回)-06月11日−02号

これが、さっきから私が言っている、当然これは経済メカニズムですので、そういう仕掛けをどんどんしていく。そして、企業化して、育てていくというのが私は大きなテーマだと思うんですよ。ただただ、道の駅の中で農産物を売って、いわゆる農村レストランだけで終わってしまったのでは何にもならない。矢板から逆に発信していく。また、それが企業化していく。

矢板市議会 2012-03-05 平成24年  3月 定例会(第314回)-03月05日−02号

現在、県営木幡北山住宅に生活援助員つきの専用住宅がありますが、これからは市場メカニズムを活用した取り組みも必要になってくると考えております。民間による有料老人ホームを初め、介護サービスつき高齢者住宅の整備などに伴い、高齢者の暮らしの安心・安全の確保のためには、民間事業者への適切な指導やアドバイスにも取り組む必要があると考えております。  

真岡市議会 2011-12-06 平成23年 12月 定例会(第5回)-12月06日−議案質疑、一般質問−02号

また、子宮頸がんワクチンに関しては、罹患のメカニズム、対象年齢、接種回数などについてまだまだ情報が行き届いているとは言い切れません。3回接種するべきところをいまだ完了していない生徒も存在していることが考えられます。本疾患及び本ワクチンについての啓蒙啓発、情報提供等について、現状と今後の対策についてお伺いいたします。   最後の質問は、外国籍児童生徒の支援についてです。