18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小山市議会 2010-12-08 平成22年 12月定例会(第4回)-12月08日−04号

教室等における化学物質ホルムアルデヒドやトルエン等の空気中汚染により、のどや目の痛みなどの刺激、めまい、頭痛などの体調不良を訴え、キレやすいなど、シックスクール問題は化学物質が脳や遺伝子に影響を与えている可能性が高いと各省庁研究で報告がされております。しかし、残念ながらその周知は図られておりません。

壬生町議会 2010-09-21 平成22年  9月 定例会(第4回)-09月21日−02号

シックハウス症候群は、新築・改築後の住宅やビルなどにおいて、高気密化や化学物質を放散する建材、内材、内装材等の使用によって、ホルムアルデヒド等の揮発性有機化合物に汚染された室内空気にさらされることにより、目の粘膜の刺激症状や頭痛などのさまざまな体調不良を起こすもので、当該建築物外ではその症状は和らぎますが、再度入ると再発する特徴がございます。

真岡市議会 2010-06-16 平成22年  6月 定例会(第3回)-06月16日−議案質疑、一般質問−03号

狭い場所での空間分煙を講じているところでは、髪や衣服に大量に付着した煙の粒子からベンゼンやホルムアルデヒドなどガス状の有害物質が長時間にわたって揮発します。こうした残留たばこ成分を周囲の人が吸い込むことを3次喫煙といいます。煙が充満した場所での喫煙は本人にもよくありません。安易な分煙喫煙者と非喫煙者の健康も損ねます。

芳賀町議会 2010-06-03 平成22年  6月 定例会(第5回)-06月03日−02号

狭い場所でたばこを吸うと髪や衣服に大量に付着し、吸った後の煙ですか、その粒子からベンゼンやホルムアルデヒドなどのガス状の有害物質が長時間にわたって揮発します。こうした残留たばこ成分を周囲の人が吸うということは、これを3次喫煙というのは皆さん御存知でしょうか。  ただ、たばこを吸うなと言っている訳ではありません。それに対する周囲の影響力というのは、ものすごいものがあるんですね。

小山市議会 2009-02-20 平成21年  2月定例会(第1回)-02月20日−01号

H 内装・シックハウス対応         内装に用いるすべての材料はF☆☆☆☆の製品を使用し、竣工前にホルムアルデヒドなどの化学物質の室内濃度検査結果を得てからの引き渡しを受けることになっているなど、シックハウスに対応したものとなっており、適切な配慮がなされていた。      I 機械設備         冷暖房システムは個別空調方式としていた。

鹿沼市議会 2006-06-15 平成18年第3回定例会(第3日 6月15日)

とりわけ基準を超えたホルムアルデヒドやトルエンによる化学物質による健康影響について伺います。  一つには、長時間保育所学校にいる幼児、児童・生徒の「化学物質過敏症」、シックスクールとかシックハウス、これらの対策をどのように推進をしているのか。  二つ目には、学校公共施設化学物質調査の結果と対策はどうなのかについてであります。  2点目は、生活習慣病対策について伺います。

小山市議会 2006-06-01 平成18年  6月定例会(第2回)-06月01日−01号

(イ) 造作用集成材、接着剤等の使用材料のホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆(「住宅部品表示ガイドライン」に基づいた最高等表示記号でホルムアルデヒド放散が殆ど無い製品)のものが使用されていることを確認する。  4 監督等について   ア 監督・委託監理の仕組みの策定     市の監督員と現場所長は事前調整の上、品質管理において何を重点にして工事を進めていくのかを検討し管理方針及び目標を設定する。

矢板市議会 2005-06-13 平成17年  6月 定例会(第270回)-06月13日−02号

最後に、平成16年度から追加された水質調査基準でございますが、これまでの46検査項目から50検査項目に変更されまして、追加された主な検査項目は、トリクロロ酢酸やホルムアルデヒドなどでございます。  以上でございます。 ○議長(関谷秀雄君) 6番、山口司郎君。 ◆6番(山口司郎君) 旧コリーナゴルフ場開発事業用地の問題などについては、市長じきじきに回答をいただきましてありがとうございました。  

佐野市議会 2004-09-10 平成16年  決算審査特別委員会-09月10日−議案説明・質疑−01号

では、続きまして、説明書の方の44ページ、45ページ、校舎大気環境測定事業費、ホルムアルデヒド及び揮発性物質の測定ということで、これが15年度に実施されたようですが、その検査結果と、それから対策についてどのように講じたかお聞きしたいと思います。 ○委員長(久保廣志君) 教育総務課長。 ◎教育総務課長(初谷和雄君) お答え申し上げます。   

鹿沼市議会 2004-03-10 平成16年第1回定例会(第2日 3月10日)

これを受けて、文部科学省は、学校における化学物質の室内濃度について実態調査を実施し、平成13年12月に4物質、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンについて結果を公表しました。これを踏まえ、平成14年5月、学校環境衛生基準の改定をして、シックスクールなどの改善について各都道府県教育委員会通知が出されたところであります。

佐野市議会 2003-12-09 平成15年 12月 定例会(第6回)-12月09日−一般質問−03号

佐野市においても学校環境下におけるホルムアルデヒドなどの量を測定したということを聞いていますし、その結果が出たと聞いたように記憶しています。前議会中の9月24日の建設常任委員会終了後に、佐野小学校校舎耐震補強工事が終了したということで、その状況を視察に行きました。初めの耐震補強工事の説明時にシックスクールの話もありまして、ホルムアルデヒドなどの化学物質量が規定値以下であるとの報告がありました。

小山市議会 2003-09-09 平成15年  9月定例会(第4回)-09月09日−03号

ホルムアルデヒドは、刺激性のある気体で木質系建材に使われていることが多く、発散量や使用面積、換気設備は1時間につき部屋の空気の半分が入れかわることが基準となり、シロアリ退治に使う毒性の高いクロルピリホスは完全に使用禁止となりました。しかし、一番問題となるトルエンは規制されておりません。

鹿沼市議会 2003-07-31 平成15年第5回定例会(第3日 7月31日)

シックハウス症候群として知られている健康に悪影響を与える化学物質、つまりホルムアルデヒドなどを発散する建築材料の使用を規制すること、そして、それらを使用した場合、換気設備の設置を義務づけた改正建築基準法がこの7月1日より施行されました。特定行政庁となった鹿沼市では、建築指導課において、当然この基準法にのっとり業務を行っていることと思います。そこで、2点お伺いいたします。  

佐野市議会 2003-02-28 平成15年  予算審査特別委員会-02月28日−議案説明・質疑−01号

では、次、19ページにホルムアルデヒド及び揮発性物質の測定小学校中学校を予定されています。私の知人の息子さんも、このシックハウス病の件でホルムアルデヒド測定やると思うのですけれども、実際何人ぐらい現在いらっしゃるか把握しているでしょうか。 ○委員長(野城平四郎君) 管理課長。 ◎管理課長(初谷和雄君) 私の方では何人ぐらいいるというのは把握しておりません。

真岡市議会 2000-09-13 平成12年  9月 定例会(第4回)-09月13日−議案質疑、一般質問−02号

シックハウス症候群は、校舎内の建材などから発散されるホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物により頭痛や吐き気を起こしており、現在の校舎は気密性が高く、これから寒くなると窓をあけて空気の入れかえをするのも少なくなる時期を迎えており、早急な対応が必要になってきております。

  • 1