60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

本市の取り組みといたしましては、那須塩原市交通安全推進計画、こちらに基づきまして、那須塩原警察署及び関係団体と連携を図りながら、自転車安全利用促進運動、交通安全教室、講習会など、こういったものを実施すること、さらには自転車通行ルールヘルメットの着用の徹底、こういったものなど市民交通安全意識、これの向上に努めているところでございます。  

那須塩原市議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−04号

もう一つについては、もう一つの画像ですけれども、図書館なんですが、何もないんですけれども、ヘルメットをかぶったまではいいんですが、避難したところは、実は、本棚の前であったと。  これは一番危険であって、本棚の前、地震のときには本が倒れてくるわけですから、大変危険だと。  

さくら市議会 2017-11-24 平成29年 12月 定例会(第4回)-11月24日−01号

ですから、私は昔、土木関係の仕事をやっていたんですよ、ヘルメットかぶって。それは県の仕事をやりました。県道をやったときに、たまたまその間のところに岩が出ちゃったの、擁壁に。そのときには、今だったら多分なるんだけれども、当時は県は認めてくれなかった。だから岩を砕くためにわざわざユンボというのかな、あそこに削減機みたいなのつけてやったけれども、それはみんな受注した責任ですよ。

野木町議会 2017-06-09 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月09日−03号

ヘルメットを着用。安全ルールを守る、飲酒運転禁止、二人乗り禁止、並進禁止、夜間はライトを点灯、交差点で信号遵守と一時停止安全確認というような五則が書いてあって、こう開きますと、やはり宇都宮市の観光と合わせてサイクリングロード及び自転車の駅、これを設置していまして、パンクしたり、駐輪場を整備してそこに置けるというようなことを提示してあるんです。これを配布しているという。

佐野市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月09日−一般質問−05号

当時は、ヘルメットをかぶって本当に警察官のような格好でありました。そんな方も30年間立哨し続けて、私がPTA会長在任中に退任することになったわけであります。PTAと相談し、この方には感謝状等をお礼をしたわけでありまして、またその後には、そこに通っていた子供たちが地域の方々とこの方にお礼をしたと、こんなことが思い起こされるわけであります。

佐野市議会 2016-03-11 平成28年  予算審査特別委員会-03月11日−議案説明・質疑−01号

危険ではないものですから、親も行き帰り気をつけろよというような話で、一生懸命ヘルメットをかぶっていくわけなのですが、今の芝滑りなんかでも、例えばヘルメットをちゃんとつけるとか、いろんな形の条件つけながら、本当に楽しむということを考えさせるというのも体を使うことにもなりますので、結構子供たち喜んでやっているかと思いますので、ぜひご検討いただきたいと思います。   

栃木市議会 2016-03-03 平成28年  3月定例会(第1回)-03月03日−一般質問・質疑、委員会付託

消防職員、特に火災に赴く職員の方々が装備としてつける面体、ヘルメットの下につける顔面を覆うものです。こちらが個人支給ではなく、常にそこに置いてある装備品であると。わけは、誰が使うものではなく、顔に密着させるものをみんなで回して使っているというのが現状だそうでございます。1つ例を挙げますと、隣の佐野消防組合は、個人支給となっております。

足利市議会 2015-12-08 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月08日−一般質問−02号

また、地域防災活動の中核を担っていただく防災リーダー育成のための研修会を年に2回開催をいたしますとともに、町内ごとの自主防災組織に対しましては、これ一定数の防災会に対しまして、ヘルメットやメガホンなど防災の際に使います物品の整備を進めております。今後もこうした事業を進めまして、地域防災力の向上を進めてまいりたいと考えております。 ○議長(黒川貫男) 須田瑞穂議員。    

那須町議会 2015-12-02 平成27年 12月 定例会(第8回)-12月02日−一般質問−03号

中学校におきましては、自転車通の子がおりますので、こういった子供たちについても随時正しい乗り方の指導、また自転車点検、ヘルメット点検、ヘルメットの正しい着用の仕方、こんなことを随時年間を通して指導しているところです。  学校ではもう交通事故はあってはならないものと捉えておりますので、かなりきめ細かな指導をしているものと思っております。  以上です。 ○議長(平山幸宏君) 松中キミエ議員

那須塩原市議会 2015-09-14 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月14日−05号

それと、2番目の備品、庁用器具費として購入したものでございますが、特にこちらは、くらであるとか、あとは騎乗者用のヘルメット、またプロテクター、そういったものが庁用器具費の主なものです。それと備品ということですが、これは、管理棟の中に置く事務用の机であるとか椅子、またテーブルを購入したものでございます。  以上です。 ○議長中村芳隆議員) 3番、相馬剛議員

那須塩原市議会 2015-06-09 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月09日−03号

また、団員一人一人へ服装や活動服等の被服類を貸与しておりますが、消火活動に使用する防火服、ヘルメットにつきましては、消防団によって配備している数に違いがありますが、火災現場等での活動における必要数は満たされているものと考えております。  (4)の本市には、現在、黒磯、西那須野、塩原3消防団がありますが、今後、那須塩原市消防団として一つの消防団にする考えについてであります。  

那須塩原市議会 2015-03-20 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月20日−07号

操法大会や点検などで参加して目につくのは、自動車や装備は定期的に更新されているものの、団員の定数が不足し、新入団員の獲得に苦闘する消防団員ヘルメット消防服が古く、長靴で安全靴にはなっていないことです。任務遂行にも影響を及ぼします。任務に専念できるよう、定期的な更新、支給を求めるものです。