20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第2日 9月 6日)

その中で1番というのは初めてなものですから、緊張をしてなかなか言葉が出ない、頭の中はもうパニック状態ですから、本当に皆さんの回答、答えはすばらしく明瞭に答えていただかないと、頭が今パニックですから、そこら辺のところを考えて、私の質問に対して答えをいただきたいなと、そんなふうに考えております。だから緊張のために耳も遠くなります。

鹿沼市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3日12月 8日)

しかし、あの災害のときに、夜中泥水に襲われ、家の中まで泥だらけになった被災された住民の方にとっては、本当にパニックの状態だったと思います。私もそれを目の当たりにしました。精神的にも大きなダメージを受けた方が多かったと思います。このようなときに頼りにできるのは、やはりごみの回収など、市役所だったと思います。  また、こんなときこそ市民の困難に寄り添ってほしいと私も思います。  

益子町議会 2015-12-01 12月01日-一般質問-01号

ぜひ防災に関しての訓練もそうですけれども、この地区ではないのですけれども、海沿いの東日本大震災以降、やっぱりそういう子供たちの心理の中でトラウマを持ったり、思い起こさせてパニックになってしまったり、そういう場合も想定して、そういうフォローもしていただければと思います。  その中で昨年度、町内の全小中学校防災に関して突風、竜巻対策ということで強化ガラスが導入されました。

鹿沼市議会 2013-12-10 平成25年第4回定例会(第2日12月10日)

また、これまでインターネットに関する相談はどのようなものがあったのか、そしてその対応についてお伺いさせていただきますが、最近インターネット依存症というものがあるようでございまして、インターネットスマートフォンがないとパニックになる、なくしてしまうといらいらする、1時間もインターネットを見ないと心配で心配で片時もインターネットから、スマートフォンから離れないというような、スマートフォン依存症というものがあるようでありまして

野木町議会 2013-12-04 平成25年 12月 定例会(第7回)-12月04日−02号

状況によっては、けがをしたり、パニックになったり、想像もつかないことがあると思います。先生たちはどのように安全避難させるのでしょうか。とても心配しております。  また、学校災害時に避難場所になります。生徒のほかに地域の人たちなども学校に集まってきます。大混乱になったりすることも予想されます。消防救急などは余り期待できません。

鹿沼市議会 2012-07-11 平成24年第2回定例会(第2日 7月11日)

子供の様子についてファイルを見てすぐに理解し、支援を受けやすくするため、好きな遊びや食べ物、嫌がること、コミュニケーションの方法、パニック状態のときの対応方法などを記入するほか、支援者がその日の状況などを書く欄もあるそうです。  情報ファイルは、発達障害児などを対象にバッジと同様に検討してまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○議長(冨久田耕平君) 荒井正行君。

鹿沼市議会 2011-12-07 平成23年第6回定例会(第3日12月 7日)

についてでございますけれども、水道水の放射能反応が出た場合、やっぱり福島の原発で、福島からは遠く離れた東京で、3月22日、東京金町浄水場で210ベクレルの放射性ヨウ素が検出され、マスコミ、新聞等で報道になったときにも、やっぱり水に対しての、基準値よりは以下であっても、やっぱり小さい子供を持っている親御さんとかそういうのは心配で、市内のスーパー、またコンビニのペットボトルが一晩で売り切れてしまったという、ちょっとパニック

鹿沼市議会 2008-09-10 平成20年第4回定例会(第3日 9月10日)

そして、原因につきまして、通信指令課は、1時間46件の通報があり、パニック状態であったなどと言っていますが、それは理由にはならないと思います。生命が奪われているのであります。まずは、当局の対応の悪かったことに対し、素直に認め、遺族に対しましておわびを申し上げるべきだと思います。  2点目でありますが、おわびを申し上げるだけでなくして、具体的に市の責任につきまして明確に示すべきであります。

鹿沼市議会 2007-06-06 平成19年第3回定例会(第3日 6月 6日)

だけども、今の若いお母さんは、赤ちゃんで手いっぱいなのに、その上の2歳、3歳のお子さんをまた家に帰ってきて見ると、それでパニックになっちゃうんです。だから、例えば国の基準がたとえそうであっても、第3子対策を掲げている鹿沼市では、じゃ、困ったお母さんに関してはそういうお子さんも見ましょう、そういうふうな取り扱い、そういうことができないかをお伺いをしているものです。  

鹿沼市議会 2006-12-07 平成18年第6回定例会(第3日12月 7日)

それと、子供パニックになったときに、一時的に教室から離して落ちつかせなくてはいけないわけですが、それをする居場所がない。保健室ではどうですかというお話をしましたところ、健常児も使うところなので、保健室はそぐわないというお話もいただきましたが、このような問題を抱えておりましたが、教室の確保についてはどのようにお考えか、お聞かせをいただきたいと思います。  

鹿沼市議会 2003-07-31 平成15年第5回定例会(第3日 7月31日)

幸いにいたしまして日本国内での発生は見られなかったものの、5月には、SARSに感染しました台湾医師が国内を観光旅行した際に、一時国民パニック状態に陥れました。県では、SARSが県内で発生した場合の医療機関健康福祉センター、その他関係機関との連携・協力の確保及び各機関が行動する際の指針といたしまして、SARS対応行動計画を策定いたしました。

壬生町議会 1985-10-01 10月01日-04号

昨年の6月には住民税が5倍に、8倍になった、何かの間違いではないのかと抗議電話や来庁者が殺到して、多くの自治体で窓口がパニック状態になったと報道されておりましたけれども、本町でも170件あったようであります。 10款地方交付税でありますが、対前年比で比較しますと11%のマイナスとなっております。本来、地方交付税の眼目は、地方財政調整機能と財源補償機能にあります。

益子町議会 1975-12-03 12月03日-一般質問・議案説明・質疑・討論・採決-03号

これから改善して、いざというときにパニックにならないよう、防災訓練の内容を煮詰めながら継続していただきたいと思います。  また、先ほど申しました災害時には、どこの場所でも自衛隊消防団の活躍が目につき、いつも感心しております。特に消防団の皆様は、ほぼボランティアで時には命がけで活動しているのには頭が下がります。益子町でも消防団の活躍はすばらしいものがあります。

佐野市議会 1928-02-01 02月01日-議案上程・説明・質疑・討論・表決-01号

だから、私なんか頭がパニックになってしまって何が本当なのかさっぱりわからないわけで、だれかが聞くたびに違うものを聞いて、ただ確認しているだけで大変な思いしました。私自身は、自分なりに昭和50年に市会議員になって連続立体交差、当時は鉄道高架と言っていたのですけれども、そういう中で最初に議員になったとき取り上げた記憶がありますから、そういう一つの流れの中で鉄道高架等も非常に難しいと。 

  • 1