運営者 Bitlet 姉妹サービス
1201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第5日12月17日) 健康づくりや子育て、バリアフリーなど、地域ごとの公園の役割や住民のニーズを参加者全員で考えるというものであります。  再整備後のアンケート調査では、「公園利用が増えた」、「世代間の交流が増えた」などの回答が約8割を占めており、市民のニーズに応じた効果的な公園づくりが進められております。  さらに、北九州市では、分野ごとの機能に特化した中・大規模の公園が多いまちでもあります。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目12月12日) 次に,(4)の食のバリアフリー事業でありますが,ハラルやベジタリアンなど,さまざまな文化に対応した受け入れ体制の整備を行うため,宇都宮観光コンベンション協会と連携しまして,今年度,国のモデル事業であります食のバリアフリー事業に参画しまして,民間事業者のメニュー開発等につながるノウハウや知識の習得を目的としましたセミナーを開催しまして,25団体,30名の参加を得たところでございます。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日) 基本ですね,車椅子の方は自分で乗るっていうことを基本にさせていただいておりまして,各種施設のつくり込み,電停のホームの高さ,車両との離れ,そういったものを全てですね,1人で乗ることを,バリアフリー関係の法律に準拠しながらつくっていくところでございます。   もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) この制度は、住宅のバリアフリー化や省エネルギー化を促進させるだけではなく、市内のリフォーム業者による施工を条件とすることで、市内の経済活性化にも寄与する制度であります。   もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) 高齢者は体力や感覚器官が衰えているため、駐車スペースの拡大、車椅子の配置や診察を待つ間の待機ベッドの確保など、徹底したバリアフリー化や、きめ細かな配慮も今後、必要であると考えます。  こうした点を踏まえ、診療所については、全ての市民に対し、将来的にも充実した初期救急医療が提供できるよう、今後のあるべき姿を明確にすべきであると考えます。   もっと読む
2018-12-07 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号 当然、企業も障害者雇用に取り組まなければならないので、それに対して横須賀市は市独自で補助制度を設けて誘致をするために考えて取り組んでいくということで、例えば廃校になった学校をバリアフリー化をして、教室を特例子会社で利用してもらう。 もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) まず、パブリックコメントにおける回答のうち、幅1.5メートルの歩道での車椅子利用者の交差、また幅1.5メートルの自由通路を歩道と定義できるのかについてでありますが、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」、いわゆる「バリアフリー法」における敷地内通路の基準幅は1.2メートル、これ以上を満たす通路として計画をしております。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) 次に、宗教的配慮を要する外国人の受け入れ環境の整備につきましては、さまざまな文化や習慣に対応した環境整備を行うことは、本市の国際化や多文化共生を進める上で重要でありますことから、これまでも、宇都宮観光コンベンション協会と連携しながら、ハラルに対応した食のバリアフリーセミナーを開催したほか、市内の商業施設や飲食店におきましても、みずからがムスリム礼拝堂を設置し、PRしているところであります。   もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 ◎建設部長(稲見一美) 障害者にも対応できないかというようなお話でございましたが、実は市営住宅の中層住宅は、敷地から1階玄関までに結構段差がございまして、残念ながら完全なバリアフリー化というのができない状況でございます。  特に車椅子対応のスロープを取りつけようとしますと、8.3%の勾配が必要になってくると。 もっと読む
2018-12-05 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号 (4)市有施設の点字表示、音声案内、そして段差解消など、障害者へのバリアフリーの現状と課題についてお伺いします。  (5)職員の手話や福祉用具の取り扱いのスキルの現状と課題についてお伺いします。  (6)民間施設のバリアフリー化への補助の考え方をお伺いします。  以上、1回目の質問とさせていただきます。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  副市長。 もっと読む
2018-09-12 那須塩原市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号 また、長寿化に伴う課題につきましては、高齢者に配慮した市営住宅のバリアフリー化への対応であると考えております。  最後に、(4)の食のセーフティーネット及び食品ロス削減取り組みとしてのフードバンクの必要性と長寿化に伴う課題についてお答えをいたします。  本市が活用しているフードバンクは、NPO法人とちぎボランティアネットワークが運営をしており、市社会福祉協議会が窓口となっております。   もっと読む
2018-09-11 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第5日目 9月11日) また、車椅子の方でも利用しやすくするため、障がい者関係団体と意見交換を行いながら、バリアフリー整備ガイドラインにおいて、1編成につき1カ所以上とされる車椅子スペースを2カ所設置し、さらには、ベビーカーや大型荷物の持ち込みが可能なフリースペースを確保することとし、その活用の中で、軌道事業では国内初となる自転車の持ち込みにつきましても、検討を行っているところであります。   もっと読む
2018-09-10 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第4日目 9月10日) LRTに関する諸問題についてのうち、公共交通の利便性についてでありますが、本市におきましては、誰もが利用しやすい公共交通ネットワークの構築に向け、平成21年9月に宇都宮都市交通戦略を策定し、地域内交通の導入やバス路線の新設・拡充、公共交通のバリアフリー化やバスロケーションシステムの導入などの利用環境の整備に取り組んできたところであります。   もっと読む
2018-09-07 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日) 議員御提案の低価格の高齢者団地の整備につきましては、多様な住まい方を実現するための一つの方策であると考えられますが、国におきましては、高齢者の居住意向として、約7割の方が住みなれた自宅を希望しているという世論調査結果を踏まえ、住みなれた持ち家や民間賃貸住宅を対象としたバリアフリー改修支援のほか、見守りサービス等が提供されるサービスつき高齢者向け住宅の供給促進など、高齢者の多様な住まいの確保に向けた取 もっと読む
2018-09-06 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日) 2番、児童生徒が持参している水筒の補給用として、校舎内にボトルフィーラ―型を、また市民団体も利用する体育館にバリアフリータイプのウォータークーラーの設置ができないかお伺いをいたします。 ○大島久幸 議長  当局の答弁を求めます。  小池一也消防長。 ○小池一也 消防長  熱中症予防・対策についての質問のうち、熱中症対策についてお答えします。   もっと読む
2018-09-04 那須町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月04日−一般質問−03号 友愛の森再整備に当たっては、高齢者や障がい者にも優しく、徹底したバリアフリー化が必要と考えますが、設計に反映されているのでしょうか。 ○議長(松中キミエ君) 観光商工課長。 ◎観光商工課長(板垣正樹君) ご指摘のバリアフリー化なのですが、先ほど議員がおっしゃられていた平成29年8月に策定しました基本計画におきましても、バリアフリーのほうの徹底というものがうたわれております。   もっと読む
2018-09-03 那須町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号 実際に今の避難場所について、例えばバリアフリー化されているのかどうか、お伺いしたいと思います。 ○議長(松中キミエ君) 総務課長。 ◎総務課長(渡邉登志雄君) 福祉避難所として位置づけてある施設につきましては、バリアフリー化されております。  以上です。 ○議長(松中キミエ君) 荒木三朗議員。 もっと読む
2018-06-20 宇都宮市議会 平成30年総務常任委員会(第1日目 6月20日) (ウ)のバリアフリー改修を実施した劇場等の特例措置の新設でありますが,舞踊,演劇,伝統芸能などが演じられます劇場等のうち,平成32年3月までにバリアフリー法の基準に適合する改修を実施した劇場等につきまして,家屋の税額を2年間,3分の1減額する措置が新設されましたことに伴いまして,当該措置の申請手続につきましても規定するものであります。   もっと読む
2018-06-15 宇都宮市議会 平成30年第2回定例会(第3日目 6月15日) また、地域の方々が利用する駅や岡本コミュニティプラザ、商業施設、金融機関などへ安全で快適に行き来ができるよう、バリアフリー化や電線地中化など、歩行空間の整備を行い、周辺施設と基盤整備が連携した便利でにぎわいの感じられるまちづくりに取り組んでいるところであります。  今後の整備の見通しにつきましては、東口駅前広場の平成30年度内完成を目指し、着実に工事を進めてまいります。   もっと読む
2018-06-15 那珂川町議会 平成30年第2回(6月)定例会-06月15日−03号 新しいまちづくりに適した道路のデザインといたしましては、歩道の段差解消を目的としたバリアフリー事業を進めており、国道385号道善交差点から県道後野福岡線、下原交差点までのちょうど道善・片側線がバリアフリー事業が完了し、現在井河交差点から国道385号内田交差点までの町道那珂川宇美線を改修中でございます。 もっと読む