59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

そのほかにも、災害等に伴う経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が支払う休業手当賃金などの一部が助成される、「雇用調整助成金」の特例措置を初め、多岐にわたる支援策について、ハローワーク鹿沼など、国の機関とも連携して漏れのないよう周知に努め、申請の支援をしていきたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  糸井朗総務部長。

鹿沼市議会 2019-07-31 令和元年第3回定例会(第2日 7月31日)

さらに、社会に出られるようになってからは、本人の自立をさらに促すため、個々の特性に応じた就労先をともに考え、ハローワーク求人情報の提供や、必要に応じてハローワークへの同行訪問による就労支援を行っております。  今後も問題を抱える若者に寄り添いながら、関係を構築し、社会的な自立につながるように丁寧に支援してまいります。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  杉江一彦経済部長

鹿沼市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日 6月15日)

なお、このエリアは、歴史遺産である石蔵を中心に図書館美術館などの文化施設市民情報センターや商工会議所ハローワークなどの公的施設及び隣接する商業施設とともに、市民が憩える魅力的な地区となっておりまして、現時点では具体的な再整備の考えはございませんけれども、より親しみの持てるエリアとなるように、今後も引き続き検討してまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

障がいのある方も一般企業で働けるという方につきましては、本当にいろいろな相談窓口を通しながら連携し、先ほど答弁したように、県西圏域障害者就業・生活支援センターや相談の支援センターと連携しながら、市でも就労に向けて個別にいろいろ対応しているところであり、さらにそういった相談を受けながら、ハローワークとか、いろんなところと連携しながら、個々のケースに応じて対応していきたいとは考えております。  

鹿沼市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第3日 9月 7日)

保護者の就労が必要な場合には、ハローワークへの同行や助言、更に就学前の児童がいる場合には、保育園への入園手続の支援なども行っております。  保護者の金銭管理に課題がある場合には、保護者に対し助言指導を行うとともに、金銭管理サービスを行う「とちぎ権利擁護センターあすてらす」に支援を依頼するなどして、改善を行っているところです。  

鹿沼市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第2日 6月14日)

また、自立支援策として、最も効果的な方法がハローワークとの連携による就労支援ですが、能力にあった受け皿へのマッチングが非常に困難であることや様々な傷病により自立が困難な方への効果的な支援のために、医療機関等との連携を要する相談者が増加していることなどが挙げられます。  今後も問題解決に向けて、これまで以上にハローワーク医療機関等との連携を強化していきたいと考えています。  

鹿沼市議会 2016-09-09 平成28年第4回定例会(第4日 9月 9日)

図書館(本館)、行った方はわかると思うのですけれども、ずっと図書館(本館)を通り過ぎて、川にぶつかって、右折して、府中橋のほうへいく道がありますけれども、一方で、図書館(本館)、ハローワーク過ぎてすぐ右に曲がると当然駐車場があります。駐車場に止めて帰るときに、川上澄生美術館の横を通っていきますと、ある意味、図書館(本館)に行って、府中橋のほうまで出る道が2つあるわけですよ。

那須町議会 2016-06-07 06月07日-02号

他市町も非常に待遇改善に努力しておりまして、例えば那須塩原市は、ボーナスがあったところをそれをなくして均等にして9,000円にしたということで、見た感じ非常に、ハローワークで見た、いわゆる求職者がやはり選びやすいように相当な努力をほかの自治体もしていると。ただ、おっしゃるとおり全体に見て上がってはいるけれども、臨時保育士の処遇は悪い感じがいたします。

鹿沼市議会 2015-12-09 平成27年第7回定例会(第4日12月 9日)

このことから、ハローワーク等を活用して、臨時保育士等を常時募集しておりますが、応募が十分でない状況であります。  次に、臨時保育士の処遇改善についてでありますが、臨時保育士等の一般職非常勤職員につきましては、本年4月に任用制度を改正し、報酬の条例化や週休日の設定、有給休暇の要件拡大などを行いました。  

鹿沼市議会 2015-12-07 平成27年第7回定例会(第2日12月 7日)

また、鹿沼商工会議所等と連携した支援策についてでありますが、今後相談等があった場合には、ハローワークや鹿沼商工会議所等と連携しながら積極的に被災者に適した就労の支援を行ってまいります。  以上で答弁を終わります。 ○横尾武男 議長  舘野裕昭議員。 ○8番 舘野裕昭 議員  そういうことなのですよね。だからお金での支援とかはしているかと思いますけれども、人的な雇用面での補助はしていない。

鹿沼市議会 2015-08-07 平成27年第4回定例会(第5日 8月 7日)

ハローワーク、鹿沼商工会議所と連携し、平成25年から企業見学会を8月に実施。  高校生、大学生のインターンシップ支援。  職業訓練プログラムの実施。CAD講座など4講座開催。  国、栃木県などの就労支援。  「求職者のための巡回相談会」、就職相談会及びセミナー開催(ハローワーク鹿沼)などを実施しており、企業誘致の推進や、起業・創業の支援などを行っています。  

鹿沼市議会 2014-09-11 平成26年第3回定例会(第3日 9月11日)

まず、Uターンする若者の確保対策についてでありますが、平成24年度より、鹿沼地区雇用協会やハローワーク、鹿沼商工会議所等と連携し、「求人企業合同説明会」を開催しております。  参加企業紹介したPRチラシを栃木県内外の大学等へ持参し、魅力ある市内の企業紹介することにより、Uターンを希望する若者の就業機会の提供を行っております。  

鹿沼市議会 2014-09-10 平成26年第3回定例会(第2日 9月10日)

更に、刑務所出所者などの就労支援は、再犯防止の中で重要であることから、ハローワーク刑務所及び保護観察所等が連携して実施している刑務所出所者等就労支援事業の充実及び強化が図られています。  事件事故への対応につきましては、あくまでも雇用主と雇用者との関係であるため、使用責任において処理することになるとは思いますが、協力雇用主の不安を軽くするため、身元保証制度等の国の支援制度もあります。  

益子町議会 2014-03-10 03月10日-議案説明・総括質疑・委員会付託-05号

なお、下野新聞のほうはせんだってハローワークで募集をかけまして、雇用4名のうち益子の方で応募された方が1名だったと、その方を採用というようなお話は私どものほうで聞いております。そういう形で、この事業も平成26年度が最後の事業となりますので、益子の場合は継続事業の部分だということでご理解をいただきたいと思います。  以上です。 ○議長(小杉守利) 13番、上野康雄君。

鹿沼市議会 2013-06-13 平成25年第2回定例会(第3日 6月13日)

1つ目の現在の就労支援の取り組みについてでありますけれども、答弁の中でも触れましたけれども、就労可能と判断された被保護者に対して、市とハローワークが連携いたしまして、就労自立促進を図っております。  具体的には、被保護者同意を得まして、ケースワーカーやハローワークの就労支援ナビゲーター及び本人、その3人で面談を行いまして、就労に向けた支援計画を作成しております。