332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2020-01-29 令和 2年第1回臨時会(第1日 1月29日)

現在は、危機管理課所管の栃木県防災行政ネットワーク用の発電機1基、これが72時間連続運転可能ということで、これに対する自家発電装置はあります。それ以外にはついてございません。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  鰕原一男議員。 ○23番 鰕原一男 議員  危機管理課といいますと、今現在の本館3階にあるということですか。  

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

今後、産学官共同研究に向けたネットワーク形成のため、中小企業診断士などの専門家を中心とした企業支援方策等について、検討してまいりたいと考えております。  次に、中止になった「そば天国」の今後の計画についてでありますが、「そば天国」は、鹿沼そば振興会と市が共催で実施しており、今年度も11月30日と12月1日の2日間での開催を予定し、準備してまいりました。  

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

それと、運営に当たって、やはりネットワーク化とか、人と人がつながっていくという、個人的な関係を含めて、もう少し「ふらっと」の中のメンバーが、外側に向けて、アンテナを高くしたり、情報共有したりということが今求められているかなというふうなことで、常々、そういったことを含めて、委託しているNPO法人かぬま市民活動サポーターズ側と、我々としては協議をしているというような状況でございます。  

鹿沼市議会 2019-07-31 令和元年第3回定例会(第2日 7月31日)

課題として、第1、2層協議体と各地域包括支援センターの連携や地域ケア会議を通して、関係機関等との地域ネットワーク強化が求められるほか、市民一人一人がどのような生活を送り、どのように人生の最後を迎えたいかを考えることが重要な要素であるため、市民への普及啓発をさらに進めていく必要があります。  

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

4番目、地域連携ネットワークの構築、中核機関の設置、成年後見制度利用促進計画の策定について、どのように取り組んでいくのか伺います。  5番目、市民後見人育成・活用について伺います。 ○大島久幸 議長  当局の答弁を求めます。  早川綾子保健福祉部長。 ○早川綾子 保健福祉部長  成年後見制度の利用促進についての質問にお答えします。  

益子町議会 2019-03-11 03月11日-議案説明・質疑-05号

主な事業としましては、8節報償費における特定保健指導などの保健師相談業務に当たった方への報酬、11節需用費における特定保健指導に必要なパンフレット、それからジェネリックカードなどの消耗品、12節役務費における特定健診ネットワーク用の通信料、ジェネリック医薬品の差額通知、これは年間3回行っております。

鹿沼市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

そして2点目ですけれども、前回の12月の議会定例会の答弁で、「立地適正化計画の策定については、本市が目指す将来の姿であるネットワークコンパクトシティを具体化し、持続的に発展していくため、公共交通ネットワークの構築と連携を図りながら、立地誘導に係る取り組みをする」旨の答弁をいただいていますが、いよいよ今年の4月から着手するわけでございますので、その具体的な考えをお伺いいたします。  

益子町議会 2019-03-05 03月05日-議案説明・質疑・討論・採決-02号

23節償還金、利子及び割引料につきましては、縁結びIT広域ネットワーク議会解散されたことによりまして、開設しておりましたホームページを取りやめいたしました。この事業は国庫補助を受けての事業でしたので、その償還金でございます。  2目児童福祉費につきましては、5,644万8,000円の増額計上でございます。13節委託料につきましては、保育所への保育委託料の単価改正による増額計上でございます。

鹿沼市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

居住基盤の確立については、立地適正化計画の作成などにより、コンパクトシティ・プラス・ネットワークによる持続可能なまちづくりを検討してまいります。  また、「ゲリラ豪雨」にも強いまちをつくるため、「100ミリ安心プラン」に基づく小薮川の河道拡幅や、鹿沼工業団地内における冠水対策工事を進めてまいります。  

鹿沼市議会 2018-12-17 平成30年第5回定例会(第5日12月17日)

国庫補助金は、郵政省電気通信格差是正事業補助金補助率3分の1、県費補助金は、栃木県自治体ネットワーク施設整備事業補助金補助率6分の1でありました。  鹿沼市民情報センター教育委員会の看板を掲示し、4階フロアを鹿沼市の教育行政の拠点にすることにより、国から、栃木県から、特定の事業に対して交付された国庫補助金、県費補助金に返還義務が生じることはないのかご説明をお願いいたします。

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

ネットワークも充実していると聞き及びます。  しかしながら、経営は逼迫しています。新設以降の資金的支援を行う計画はないか伺います。  (2)こどもみらい基金の使途について。  今後の考え方を伺います。  それでは、よろしくお願いいたします。 ○大島久幸 議長  答弁を求めます。  石川佳男こども未来部長

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

当該林道は、前日光県立自然公園内の観光ゾーンの周遊、ネットワークの観点からも重要な道路であると認識しております。  全線を開通するためには、専門家による現地調査を行い、落石・土砂崩壊の可能性の把握、対策方法の検討及び工事、また道路補修箇所の修繕が必要となります。  今後、栃木県とも相談を行いながら、林道内の落石調査を実施し、安全が確保できるかを確認してまいりたいと考えております。  

佐野市議会 2018-09-11 09月11日-議案質疑・委員会付託-02号

情報連携とは、マイナンバー法に基づき、行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関データを符号化し、連携させるものでございます。情報連携可能な事務手続でございますが、主なものとして、申請先が市町村となるものでは、児童手当の申請や児童扶養手当の申請、障がい福祉サービスの申請などがございます。  

益子町議会 2018-09-10 09月10日-議案説明・質疑-06号

12節役務費につきましては、通信運搬費としまして年2回の医療費通知、健診用の通知、国保連合会とのネットワーク及び回線使用料、特定健診のデータ管理手数料等でございます。13節委託料につきましては、24時間電話相談、それからジェネリック医薬品の差額通知作成、人間ドックデータ作成、特定健診受診事業委託に関するものでございます。

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

当然、ネットワークシステムによりまして、本庁とか、出先機関、これの区別なく一カ所で処理するというものであります。  その有効性、これについては十分認識をしておりますが、現段階では、新庁舎ですね、開所と同時にこの方法を取り入れるということは難しいと考えております。  今後、将来の導入に向かって、十分研究をさせていただければと思います。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  市田登議員

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

支援が必要な高齢者、歩行困難者、車椅子使用者はもちろんですが、視覚障がい者、聴覚障がい、発達障がい者についても、その支援のマニュアルというものは、今、現在、それぞれの自治会がやっているということでないということですが、ネットワークはしているということでございますけれども、それぞれのその自主防災組織との連携ですね、有事の場合、どのようにしてそれを守る、その方たちを守っていくのか、その点1点だけを再質問