1451件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢板市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第354回)-12月11日−03号

昨年9月に、デスティネーション・キャンペーンの起爆剤として提案させていただき、整備後はテレビ新聞報道により多数の方が滝と山の駅を訪れています。幻のおしらじブルーと呼ばれるあの青は、心洗われる青です。10月から水が流れ続け、貴重な映像を手に喜んだ方も多かったと推測されます。  矢板市では、八方ヶ原ツツジ開花時期に合わせシャトルバスを運行し、大変好評です。

真岡市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−03号

テレビラジオでも報道されています外国人労働者日本労働不足解消にということで、この間も外国人人材拡大問題に、法について可決されましたが、当然まだまだシルバー人材の方でも知識、経験、技術を持っている方がたくさんいます。この方をうまく利用できないかということなのですが、この点どうお考えを持っていますか、お聞きしたいと思います。 ○大瀧和弘副議長 加藤健康福祉部長

矢板市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第354回)-12月10日−02号

理由として、記事では、シャープがテレビ生産を段階的に縮小してきたことが背景にあり、地元企業は取引先の先細りを見据え、販売拡大に動いていたという分析をしております。その一方で、「広大な遊休地が焦点に」という見出しで、今後、関心を集めるのは、敷地面積33万平方メートルという広大な遊休地の行方だと書かれてもおります。  

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

また、テレビ新聞でも取り上げて記事にしていただきまして、市民観光客の皆様へのPRになったということはもとより、改めてキャンペーン参加施設の追加になったという効果により、今後継続してまいりたいというふうに考えてございます。 ○議長(君島一郎議員) 15番、櫻田貴久議員

芳賀町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−03号

北杜市のケーブルテレビは3つのエリアに分かれており、1つを市で管理し、その他は民間である。  市の管理する施設は、合併前の旧高根町・大泉村・小淵沢町が開設した施設を市が引き継いでいるものです。平成20年度から指定管理者制度に移行し、維持管理をネットワーク北杜に委託している。  デジタル放送への移行時に構築された設備は、指定管理者との協定により、指定管理者へ帰属し、市の管理する資産はない。

那須塩原市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

種類によっては、テレビの放映もしくはメディアの露出、新聞、そういったパンフレット、そういったものに必ずこの公共施設は載ってくると思います。そういうチャンスを生かさない手はないかなと思うんですが、その辺改めてお伺いいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  企画部長。 ◎企画部長(藤田一彦) おっしゃるとおり、国体は一つの大きなチャンスであるというふうに考えております。  

真岡市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

また、ひとり暮らしの高齢者高齢者のみの世帯に対し、ケーブルテレビインターネット回線を利用した緊急通報システム装置が設置されるなど、ICTを活用した地域見守り体制の構築が図られていることに対し、高く評価するものであります。   次に、とちぎをリードする産業プロジェクトについてであります。

那須塩原市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−05号

エアコンや扇風機があるところはためらわず使用する、水分を小まめに補給する、これがテレビ新聞でも繰り返し呼びかけました。  そこで伺っていきます。  この夏、市が行った市民への暑さ対策の中でどのようなものが有効であったのか、つかんでいたら聞かせてください。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  保健福祉部長

塩谷町議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−02号

シャープ栃木工場は、昭和43年に矢板市にカラーテレビ工場として生産を開始、50年間にわたり、矢板市のみならず、周辺市町とともに歩んできました。徐々に縮小はしてきたものの、ことし12月までに生産を終了するという記事が8月4日の下野新聞に掲載されました。  同日、矢板市の齋藤市長は臨時記者会見を開き、離職者が予想されるとして、市商工観光課内に相談窓口を設置したとあり、市議に対しても説明したとあります。

那須塩原市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号

この恥ずべき行為テレビを通して世界中の人々の目に植えつけられたわけです。それまで世界の強豪を相手に健闘してきた日本のチーム、これは世界からも大いに評価を受けていました。それが、もう日本なんか応援しないと、日本などやられればいいと、フェアプレーから最も遠い日本といったようなツイッターがあふれ返ったんですね。イギリスのBBC放送は、日本は世界の笑い物になったと。

那須塩原市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−03号

それから、これは県との連携になりますけれども、テレビラジオ報道機関を通してお知らせをしていただく。それから、消防団あるいは市の広報車を通して、市内を巡回して広報していく、それから防災行政無線、これは塩原地区だけになりますけれども、防災行政無線を通して周知をする。自主防災会の会長、自治会長に対しては、本部のほうから電話で取り急ぎ連絡をすると、そういう体制を予定しております。

真岡市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−議案質疑、一般質問−03号

必須化まで2年を切った今、民間によるプログラミン教室の開催や雑誌での特集記事の掲載、学習ロボットテレビCMが放映されるなど、注目が高まっております。   このような状況の中、先日真岡市では2020年度のプログラミン教育導入を見据えた教員向けの体験教室が開催されました。そこで、1点目としてその参加状況と結果についてお伺いいたします。 ○大瀧和弘副議長 田上教育長。    

矢板市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月11日−03号

本年8月3日、シャープから矢板市に報告がありました栃木工場規模縮小の主な内容は、本年12月末までに液晶テレビの生産を終了し、物流と保守サービスの拠点とすること、従業員は削減せず、配置転換で対応するといったことでございました。  この内容から想定をされる税収への影響につきましては、まず矢板市在住の従業員の配置転換に伴う個人市民税の減収が考えられます。  

那須塩原市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−02号

プロモーションにつきましては、主に首都圏に向けまして、JRや東武鉄道高速道路サービスエリアなどの交通機関でのポスターやパンフレットの掲示、あるいは新聞雑誌インターネットサイトやテレビラジオなどのメディアを活用した情報発信を行いまして、また外国人向けにSNSやインターネットサイトでの情報発信等を行っているというところでございます。 ○議長(君島一郎議員) 20番、齋藤寿一議員

芳賀町議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−04号

その中において、決算書の32ページの中には、結局その6株の中で配当金で収益があるのがケーブルテレビのみになっていますので、今後こういうものについて、また株券の利用についてはどのように考えるのか、その辺についてお聞きしたいと思います。 ○議長石川保君) 齊藤企画課長。 ◎企画課長(齊藤和之君) 杉田議員質問にお答えいたします。  町のほうでは、今ご指摘のあった6件の株式を取得しているところです。

真岡市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−議案質疑、一般質問−02号

番組の制作に当たっては、職員が取材や収録を行い、映像の編集作業は指定管理者である宇都宮ケーブルテレビ株式会社が行っております。編集の際は写真やイラストを使い、特に重要な事項を説明する場合にはテロップを挿入するなどして情報を的確にわかりやすく伝えることができるよう工夫をしております。   

芳賀町議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号

芳賀チャンネルを含む光の道サービスについては、指定管理者であります宇都宮ケーブルテレビ株式会社との協議により、加入料金を平成30年4月1日より、4万3,200円から1万9,440円に減額改定いたしました。改定につきましては、町政懇談会、地区座談会、「広報はが」紙面、チラシによりお知らせをしたほか、宇都宮ケーブルテレビにおいては、町内で重点的な加入促進の活動をいただいたところであります。  

市貝町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号

町では栃木テレビデータ放送及びホームページにて行政情報の速やかな発信を行っており、防災無線とともに災害など有事の際に活用しておりますが、行政ウェブテロップ放送は、町ホームページと同じくインターネット環境が整っていれば、停電の際もパソコンや携帯電話等で行政情報を得ることができるシステムでございます。

真岡市議会 2018-09-01 平成30年  9月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

68関係部課長②ようこそ市長室など行政サービスの一環としてのケーブルテレビ等での放送へのテロップ追加の考えはあるのか。関係部課長③市としての第2言語としての手話の取入れの考えはないのか。市   長④新生児聴覚検査について伺う。新生児に対する聴覚検査の費用一部補助については考えてはいないのか。