343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

さくら市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−03号

現在、進化プランの「気力・体力・学力No.1 教育の進化」、学力県内トップクラスの達成と、課外さくらスクール、今はさくら未来塾ということになっていますが、スポーツ教育の施設の充実であったり、ICT教育の推進、タブレット、ICT教材の導入を掲げて実施していると思います。

鹿沼市議会 2018-12-17 平成30年第5回定例会(第5日12月17日)

建物全体にWi‐Fiが初期投資してあったため、9月から本格始動した議会でのタブレット導入がスムーズでした。  次に、下関市のシティプロモーションの取り組みについて報告します。  市民の下関への「誇り」や「愛着」を高め、「シビックプライド」の醸成を図るとともに、市外居住者へのイメージの向上と定着を図っています。

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

タブレット端末導入については、第4期の取り組みとして平成25年度より開始しました。26年1月に先進地である逗子市議会を視察し、4月までに業者によるプレゼンを実施、7月には導入業者を議会で決定し、同時に、町執行機関と同時導入に向け調査を進めました。9月議会の一般質問で試行実施を始め、12月議会では全日程で試行実施をしました。

宇都宮市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日)

におきましては、これまで、外国人観光客が快適に観光を楽しむことができるよう、JR宇都宮駅や大谷地域など、外国人観光客が多く集まる場所への公衆無線LANの設置や観光案内看板等の多言語化を行うとともに、民間事業者が行うホームページ等の多言語化などに対しましても、支援を行っており、また、今年度におきましては、外国人観光客に対し、さまざまな言語での観光案内を可能とするため、JR宇都宮駅観光案内所に翻訳機能つきタブレット

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

◆6番(森本彰伸議員) 確かに職員全員というのは難しいと思うんですけれども、一つの方法として、タブレットを各施設に置いていただいて、翻訳アプリであったりを利用することによっていろいろな国の言葉に対応することが今、可能なんです。そういったタブレットなどを活用していくというような考えはあるのかお伺いしたいと思います。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  産業観光部長。

真岡市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

一宮市では、タブレットやパソコンを使って小学生でも簡単にプログラミングができる無料アプリを利用した授業が行われており、先生はプログラミングについての知識がなくても、その日の課題とコーディネートを行えば子供たちはゲーム感覚で勝手に学びを進めていくといいます。ただし、単なるゲームで終わらないために、授業の最後のまとめが重要となります。   

宇都宮市議会 2018-09-11 平成30年第4回定例会(第5日目 9月11日)

しかしながら、1人1台のタブレットが整備された学校を対象に行った国の調査によりますと、学校におけるICTの活用時間程度であれば、健康面への影響は生じることはないとの結果が出ており、本市のパソコンの配置状況や活用状況から見ますと、問題はないものと考えております。  

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

そこで課題となるのは、1つ目として、学習活動に有効とされるタブレット端末や大型提示装置といったICT機器を整備するための予算の確保であります。  2022年度までを目標とした、国が提示するICT環境を整備していくためには、多額な費用を要するため、限られた財源の中で計画的に整備を進めていく必要があります。  2つ目は、指導する教員の指導力の向上であります。

高根沢町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第389回)-09月05日−02号

先ほど教育長のほうからのお話があったんですが、麦茶とかお茶系とか水とかというところじゃなくてスポーツドリンクというのもあったんですが、最近建設現場とかででも、暑いところで働く場合には、熱中あめとか塩分タブレットというものがあって、そういったところを服用しますと、大分、事前の予防になるということであります。

真岡市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

これら審査に当たりましては担当部課長等から詳しく説明を求め、慎重に審査いたしました結果、議案第47号につきましては、2款総務費の委託料の行政施設専用線切替事業費の事業内容について詳しく説明をしてほしいとの質疑に対し、平成30年度から小中学校に電子黒板及びタブレットの導入をすることに伴い、個人情報の漏えいや通信量の増加に対応するため、現在のNTT回線から光ケーブル専用線へ切りかえるための費用であるとの

大田原市議会 2018-06-15 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問

平成25年度におきましては、12月に中心市街地再開発ビルトコトコ大田原をフルオープンさせるとともに、ICTを活用した教育環境を整備するため、市内小中学校にタブレットを平成27年度までの3カ年で配備を終わったところであります。平成26年度には市内全12地区に地域見守り組織結成を図り、地域大家族制度を確立し、また西地区都市再生整備事業も開始をいたしました。

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

○上林浩二 教育次長  次に、小中学校のパソコンやタブレット端末の設置状況と導入計画についてお答えいたします。  まず各小中学校のパソコンやタブレット端末の設置状況についてでありますが、本市における学習用パソコン台数につきましては、デスクトップ型パソコンが小学校654台、中学校358台、計1,012台、タブレット端末が小学校90台、合計で1,102台であります。  

大田原市議会 2018-06-11 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−開会、議案等上程、説明、質疑、採決

送付されました議案等につき説明を受けた後、審議いたしましたので、タブレットの会議日程等をごらんになりながらお聞き取り願います。   まず、会期についてでありますが、本日6月11日から6月21日までの11日間とすることといたしました。   第1日目の本日は本会議とし、会期の決定、会議録署名議員の指名、議会選挙の後、全議案を上程することといたしました。

下野市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−02号

このシステムはタブレットやスマートフォンを使用し、3D映像で想定で復元した建物像を現地であたかもそこに存在しているように見ることが可能なものです。下野薬師寺は昨年度から市内8カ所の古墳と下野国分寺跡の塔など、一部の建物は今年度から見ることができます。早速、小学6年生の見学で、現地で七重の塔などの復元映像が見られるような対応を県埋蔵文化財センターと共同で進めています。

塩谷町議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−02号

1点目の教育の情報化におけるタブレットを利用した今後の教育現場への支援についてでございますが、約10年前に本町も各学校にコンピュータールームをつくり、整備を図ってきたところでありますが、今、情報化時代を迎えまして、情報化社会における基本となる部分を学校においても学べるようにし、早い段階から一人一人の情報活用能力を育てることが喫緊の課題となっておりますので、近い将来タブレット等の導入を検討していきたいと

那須町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−一般質問−03号

初めに、スマートフォンやタブレット向けアプリケーションのラインを利用した情報発信について伺いますが、その前に、既に本町でもさまざまなツールを利用して情報発信に取り組まれていると思います。現在の取り組み状況について、まず伺います。 ○議長(松中キミエ君) 総務課長。 ◎総務課長(渡邉登志雄君) 町では現在、ホームページやフェイスブックを主な情報通信手段としまして活用しているところでございます。