103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

1番としまして、携帯電話タブレット端末の普及で、InstagramやLINEを重点的に力を入れていくべきと思うが、執行部の見解をお伺いをいたします。  2番目としまして、写真の投稿による移住促進や民間企業とのコラボ企画など若者向けの本市のPR強化に有効と思うが、執行部の見解をお伺いをいたします。お願いいたします。 ○大島久幸 議長  答弁を求めます。  糸井朗総務部長。

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

また、ひなた保育民営化に伴う施設整備支援、森林環境譲与税活用による森林経営管理事業、地域活動ボランティア補償制度導入などの地域活動の振興、健康マイレージ事業の導入、「かぬま生き物図鑑」の製作、小学校への学習タブレットの全校への導入やALTの増員などによる学校教育環境の充実、図書館本館のエントランスリニューアル、消防本部での多言語コールセンターの活用などの安全安心なまちづくりなど、教育福祉の充実

鹿沼市議会 2018-12-17 平成30年第5回定例会(第5日12月17日)

建物全体にWi‐Fiが初期投資してあったため、9月から本格始動した議会でのタブレット導入がスムーズでした。  次に、下関市のシティプロモーションの取り組みについて報告します。  市民の下関への「誇り」や「愛着」を高め、「シビックプライド」の醸成を図るとともに、市外居住者へのイメージの向上と定着を図っています。

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

タブレット端末導入については、第4期の取り組みとして平成25年度より開始しました。26年1月に先進地である逗子市議会を視察し、4月までに業者によるプレゼンを実施、7月には導入業者を議会で決定し、同時に、町執行機関と同時導入に向け調査を進めました。9月議会の一般質問で試行実施を始め、12月議会では全日程で試行実施をしました。

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

◆6番(森本彰伸議員) 確かに職員全員というのは難しいと思うんですけれども、一つの方法として、タブレットを各施設に置いていただいて、翻訳アプリであったりを利用することによっていろいろな国の言葉に対応することが今、可能なんです。そういったタブレットなどを活用していくというような考えはあるのかお伺いしたいと思います。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  産業観光部長

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

そこで課題となるのは、1つ目として、学習活動に有効とされるタブレット端末や大型提示装置といったICT機器を整備するための予算の確保であります。  2022年度までを目標とした、国が提示するICT環境を整備していくためには、多額な費用を要するため、限られた財源の中で計画的に整備を進めていく必要があります。  2つ目は、指導する教員指導力の向上であります。

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

○上林浩二 教育次長  次に、小中学校のパソコンやタブレット端末の設置状況と導入計画についてお答えいたします。  まず各小中学校のパソコンやタブレット端末の設置状況についてでありますが、本市における学習用パソコン台数につきましては、デスクトップ型パソコンが小学校654台、中学校358台、計1,012台、タブレット端末が小学校90台、合計で1,102台であります。  

那須町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−一般質問−03号

初めに、スマートフォンタブレット向けアプリケーションのラインを利用した情報発信について伺いますが、その前に、既に本町でもさまざまなツールを利用して情報発信に取り組まれていると思います。現在の取り組み状況について、まず伺います。 ○議長(松中キミエ君) 総務課長。 ◎総務課長(渡邉登志雄君) 町では現在、ホームページやフェイスブックを主な情報通信手段としまして活用しているところでございます。

那須塩原市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

次に、(6)のタブレット電子黒板の配備状況についてお答えいたします。  まず、タブレットにつきましては、平成26年度に豊浦小学校平成28年度に日新中学校及び鍋掛小学校に先行して配備いたしました。29年度からは、コンピュータ教室の機器更新に合わせて、端末をキーボードつきタブレットに更新することで、順次配備を進めているところでございます。  

那須塩原市議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−08号

また、議会見える化ということでは、この議場と同じように大スクリーンを設置をし、採決表示システム、そして、タブレットも既に導入を図っております。また、通年議会においては、いち早く導入をし、文書質問等も行っております。大変参考になる今回の視察でありました。  詳しくは、各委員がそれぞれの感想等を述べておりますので、報告書を一読していただければ幸いです。  以上、報告といたします。

那須塩原市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−07号

教育部長(稲見一志) パソコン教室のパソコンをタブレット型に更新をするという予定でございまして、30年度におきましては5校ございます。稲村小学校、大原間小学校青木小学校、それから槻沢小学校と三島小学校の5校のパソコン教室のものをタブレットの端末のほうに更新するという予定でございます。  以上です。 ○議長(君島一郎議員) 次に、25番、山本はるひ議員

小山市議会 2018-03-02 平成30年  予算審査常任委員会-03月02日−02号

来館者の皆様には、摩利・琵琶のボランティアの方、市民大学のほうで受講されましたボランティアの方のご協力をいただくことと、ARアプリを作成いたしまして、タブレットを用意させていただきまして、そちらのほうで説明をさせていただくというふうな形で対応させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○植村一委員長 ほかに質疑はございませんか。  角田委員。

那須塩原市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号

特に最近のように携帯、スマホ、タブレットなどに振り回されがちな時代には、よほど意識して読み聞かせや読書の時間を大切にしないと、心の発達の機会を失ってしまうおそれがあります。また、人生の指針を見つけ損ねてしまうおそれがあります。  この問題に対して、行政が、教育文化の面からどう取り組んでいくのか問われることになるのではないでしょうか。  

那須塩原市議会 2018-02-26 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月26日−02号

そして、システムタブレット端末というものが用意してありますんで、そちらからお相手探しの閲覧を行っていただいて、お引き合わせを希望する方3名まで確保することができるということでございます。その後、お引き合わせの日時等を相手方が承諾して、日時等が決定すれば登録者のアドレスに連絡が入って、引き合わせが行われ、順調に行けばおつき合いが始まるというような流れになるということでございます。  

小山市議会 2018-02-16 平成30年  2月定例会(第1回)-02月16日−02号

(2)、タブレット電子黒板導入について。議会は来年度予算タブレット導入が計上されています。執行部においても会議やIT戦略推進委員会でもタブレットを導入されています。先ほどのインターネットモラル教育がしっかりされ、子供たちがあらゆる脅威にさらされないようにすることが、まずは前提だと考えます。

小山市議会 2018-02-14 平成30年  2月定例会(第1回)-02月14日−01号

まず、マイナンバーカードの申請に当たりましての写真の撮影ということでございますけれども、これにつきましては、その方法でございますけれども、市のほうで行っております補助につきましては、タブレットがございます。そちらを職員が使いまして、いらした市民の方の写真を撮らせていただいております。

小山市議会 2017-12-05 平成29年 12月定例会(第4回)-12月05日−03号

一方、利用者からスマートフォン以外の登録方法はないか問い合わせを受けていたことから、既に小山観光協会のスマートフォンを利用した登録方法に改善しており、今後観光協会窓口に専用のタブレット端末を設置することとしております。   以上、よろしくお願いいたします。 ○小川議長 26番、石川正雄議員。