1454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2040-06-10 06月10日-05号

また、近隣の市においては、タクシー券の印刷を授産施設へ依頼している市もあります。高齢者や障がい者もできることがたくさんあります。お互い助け合うこと、共生、高齢者や障がい者が生き生きと生活できるためには、お互いの力をそれぞれ最大限に出し合って、お互いの利点、共通理解、そういったものをこの後つけていかなければ私たちの生活は豊かにならない、私はそう考えております。  

益子町議会 2022-06-04 06月04日-一般質問-01号

そのような観点から考えますと、公共交通の一端を担う町内全域をカバーするデマンドタクシーの果たす役割は極めて大きなものがありまして、現時点でも有意義な役割を果たしていると評価いたします。ただ、医療病院等に焦点を絞った場合、現時点においては芳賀郡市1市4町レベルの広域ゾーンで考える必要があるかと思います。

真岡市議会 2021-12-09 12月09日-02号

最初に、いちごタクシーといちごバスについて伺います。市内を走るいちごタクシーは、なかなか利用時間帯に予約が集中してとりづらく、いちごバスは利用者がふえない状況と聞いておりますが、それぞれどのような方法でこのような課題をつかんでいるのか、まずお伺いをしたいと思っております。 ○星野守議長 成毛総務部長。   (成毛純一総務部長登壇) ◎成毛純一総務部長 ただいまのご質問にお答えいたします。  

那須町議会 2021-12-03 12月03日-03号

このサブスは、タクシー路線バスの長所を融合させた、時間、ルートを特定せずに乗り合い車両の配車、決定をAIがリアルタイムに全車両の走行ルートを決定するシステムであり、乗客からの配車要求に対し、乗降希望位置や車両の運行状況をもとに最も効率的な配車をAIが判断し、自動でドライバーへ送迎指示が出されます。

真岡市議会 2021-09-10 09月10日-03号

このように運転免許返納問題に直結する公共交通については、第2期地域公共交通網形成計画の策定に向けてさまざまな方法が議論され、多くの市民にとって利便性の高い公共交通網が形成されることを期待するところでありますが、それまでの間、利用時間が集中して予約がとりにくいなどの意見があるいちごタクシーについて、運営方法や利用方法の検討を行い、利便性の向上を図っていっていただければというふうに思います。

大田原市議会 2021-09-05 09月05日-03号

外出支援の強化、タクシー会社依存からどう脱却するのか、一つの課題です。黒羽におけるデマンド方式、NPO法人サポートセンター清流への委託も一つの方式のようです。評価はいかがですか。タクシー会社に依存しない有償ボランティア制度を活用した地域に根差した人の見える安くて便利なデマンド方式による外出支援の新たな発展、移行について伺います。

大田原市議会 2020-12-12 12月12日-03号

返納しやすい環境を整えていただけますようよろしくお願いいたします  そこで、運転免許を返納した人は、無条件で通院等タクシー事業の対象にできないでしょうか。また、利用券の限度枚数をふやせないか伺います。  この提案は、運転免許を返納した場合に、バス停まで行けず交通手段がなくなってしまう人を救済したいので、通院とタクシー事業がなじまない場合は、別の事業でも構いませんので、よろしくお願いいたします。  

足利市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

(大川晴美健康福祉部長自席にて答弁) ◎健康福祉部長(大川晴美) 御案内のとおり、給湯器ボイラーが故障したわけでございますけれども、その代替といたしまして、東幸楽荘へのタクシーの輸送、これを現在、実施しているところでございますけれども、開始当初は少し利用人数もありましたけれども、ことしの10月では1度だけの実績でございました。  また、11月はなしというような状況となっておるところでございます。

足利市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

次に、柳原方式のデマンドタクシーについてですが、地域主体となって地域交通課題を解決する取り組みは、生活路線バスが運行していない地域において目指すべき姿です。本市としては、先進的な成功事例として、他の地域における取り組みの参考となる貴重な事案と受けとめております。 ○議長(柳収一郎) 中島真弓議員。   

小山市議会 2020-12-02 12月02日-03号

言葉は悪いですが、病院までタクシーがわりに通報ということを聞いたこともあります。全国の救急車の出動件数は10年連続でふえているそうです。  少し前の話ですが、深夜の間々田駅で泥酔者、酔っぱらいのための通報で、救急車、消防車が出動いたしました。大変ご苦労さまなことだと思いましたが、何もこんなに大げさにとも思いました。これは極端な事例かもしれませんが、このようなことは意外に多いのかもしれません。  

小山市議会 2020-09-09 09月09日-05号

タクシーボランティア、近隣住民のお互いさま支援でできないだろうかなど、ありとあらゆる手段が考えられるかと思います。  それでは、そういった情報を誰が教えてくれるのでしょうか。介護保険では、高齢者サポートセンターや介護支援専門員、そして障がい者においては、障がい者相談員の情報提供や障がい者福祉ガイドの活用かと思います。私は、在職中に特別支援学校の進路相談にかかわったことがあります。

益子町議会 2020-09-05 09月05日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

◆12番(加藤芳男) これだけ年配の方、車のほうも乗りおりということで段差もあるし、転んでけがするとかいろいろあると思うのですけれども、この辺の補償と、もしそういう場合、起きた場合、補償というのは、それはこの委託しているタクシー会社のほうで見るということなのですか、その辺は。 ○議長(星野壽男) 企画課長

益子町議会 2020-09-04 09月04日-一般質問-02号

11節需用費につきましては、高齢者免許返還時に提供するデマンドタクシーチケット印刷代を計上するものでございます。  14ページをお願いいたします。15節工事請負費につきましては、防犯灯60機、カーブミラー2機分の不足見込み分を計上するものでございます。  以上でございます。 ○議長(星野壽男) 企画課長。 ◎企画課長(日下田) 6目企画費につきましては、145万円の増額計上でございます。

益子町議会 2020-09-03 09月03日-一般質問-01号

次に、高齢者が運転免許証を返納した場合の支援策についてのご質問ですが、町では運転免許証自主返納奨励事業として、デマンドタクシーの無料券20枚を交付しております。  以上でございます。 ○議長(星野壽男) 執行部の答弁が終わりました。  再質問があればこれを許します。  5番、大関議員。 ◆5番(大関保) それでは、再質問をいたします。  

栃木市議会 2020-09-03 09月03日-02号

例えば人形まつりなんかで、トゥクトゥクというタイのタクシーの一種ですか、あんなようなものを考えて、なかなか料金を取ってやるというのは難しいところもありますので、そういった本当に少人数で乗れるようなものも今後検討していければと思っております。 ○議長(大阿久岩人君) 古沢議員。               〔6番 古沢ちい子君登壇〕 ◆6番(古沢ちい子君) ありがとうございます。