20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小山市議会 2004-12-22 平成16年 12月定例会(第4回)-12月22日−06号

8.国内農林水産業の維持を可能とする関税率水準や国家貿易体制、特別セーフガードの維持などの国境   措置を確保し、急速な市場開放には絶対に応じないこと。  9.行き過ぎたAMS(助成合計量)削減の是正と「緑の政策」の要件緩和など国内支持政策に関する適   切な規律を確保すること。  

さくら市議会 2004-12-17 平成16年 12月 氏家町定例会(第4回)-12月17日−03号

8.国内農林水産業の維持を可能とする関税率水準や国家貿易体制、特別セーフガードの維持などの国境措置を確保し、急速な市場開放には絶対応じないこと。  9.行き過ぎたAMS(助成合計量)削減の是正と、「緑の政策」の要件緩和など国内支持政策に関する適切な規律を確保すること。  

さくら市議会 2004-12-10 平成16年 12月 喜連川町定例会(第6回)-12月10日−01号

8.国内農林水産業の維持を可能とする関税率水準や国家貿易体制、特別セーフガードの維持などの国境措置を確保し、急速な市場開放には絶対に応じないこと。 9.行き過ぎたAMS(助成合計量)削減の是正と、「緑の政策」の要件緩和など国内支持政策に関する適切な規律を確保すること。

佐野市議会 2002-03-01 平成14年  予算審査特別委員会-03月01日−議案説明・質疑−01号

しかし、一方で市長も農と緑を守る、たしかそういった組織の中心の仕事をなさっているというふうに思いますし、セーフガードの問題とか、真剣に日本の農業を守る、地域農業を守るという立場で今後佐野市政も努力をしなければいけないと思うのです。この点では市長に佐野市の農業についての基本的な考え方、ぜひお聞きしたいなというふうに思うのですが。 ○委員長(飯塚昭和君) 市長。

鹿沼市議会 2001-12-13 平成13年第5回定例会(第3日12月13日)

農政問題二つ目ですが、セーフガードの発動について伺います。シイタケとネギとイグサの3品目についての暫定セーフガードの措置、11月8日に200日間の期限が終わりました。農水省は、期限4年の本格的なセーフガードの発動に移行するためには、今月中にはその方向を示す必要があるとしております。きょうの新聞では、トップ会談の方は話し合いがつかなかったような報道となっております。

小山市議会 2001-06-07 平成13年  6月定例会(第2回)-06月07日−01号

次に、2月定例会において可決されました鉄道線路及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書、食品安全性確保の強化を求める意見書、農産物の緊急輸入制限セーフガード)の発動を求める意見書につきましては、内閣総理大臣をはじめ関係各大臣に提出しておきましたので、ご了承願います。  

小山市議会 2001-03-15 平成13年  2月定例会(第1回)-03月15日−05号

ただいま山口忠保議員外4名から鉄道路線及び駅舎構内における安全対策の強化を求める意見書並びに食品安全性確保の強化を求める意見書、角田良博議員外5名から農産物の緊急輸入制限セーフガード)の発動を求める意見書、星野日出男議員外6名から小山議会委員会条例の一部を改正する条例について及び市長専決処分事項の指定の一部変更について、それぞれ提出されました。

鹿沼市議会 2001-03-09 平成13年第1回定例会(第4日 3月 9日)

都道府県で37、市町村で1,100の議会セーフガードの発動を求める意見書を採択するに及んで、国もとうとうセーフガードの発動に向けて動き出しました。セーフガードを発動するには、国内の農産物への影響を調査しなければなりません。政府は、本心はセーフガードを発動したくないものですから、この調査をだらだらとやって発動を引き延ばしております。

小山市議会 2001-02-27 平成13年  2月定例会(第1回)-02月27日−03号

国におきましては、平成12年12月にネギ、生シイタケ及び畳表の3品目につきまして、セーフガードに係る調査をし、平成13年3月22日を利害関係者からの証拠提出及び証言期限とし、また4月27日を証拠等の縦覧、利害関係者からの意見表明等の期限として、できるだけセーフガード適用の結論を得るとされております。

佐野市議会 2001-02-26 平成13年  2月 定例会(第2回)-02月26日−議案質疑・委員会付託−02号

この大型店規制条例制定とともに、国に対してはセーフガード、緊急輸入制限の発動により地場産業を守っていくこと、今年度末で期限を迎える特別保証制度の存続など求めていくことが重要になってきております。これらに対する見解を求めたいと思います。  次に、子供たちの教育の問題に移ります。

さくら市議会 2000-12-22 平成12年 12月 喜連川町定例会(第6回)-12月22日−04号

物品売買契約締結について 第13 議案第12号 町道路線の認定について 第14 陳情第1号 氏家町松島地区に塩谷行政組合の大型RDF化施設建設することに反対する陳情 第15 陳情第2号 氏家町松島地区に塩谷広域行政組合の大型RDF製造施設建設することに反対する陳情 第16 陳情第3号 塩谷広域行政組合のRDF化施設及びごみ処理施設建設に反対する陳情 第17 継続審査 激増する農産物の緊急輸入制限セーフガード

小山市議会 2000-12-22 平成12年 12月定例会(第4回)-12月22日−05号

これに歯どめをかけようと、各地の地方議会で緊急輸入制限、いわゆるセーフガードの発動を求める声がわき起こっています。野菜など、最近の輸入農産物の激増は価格の暴落を引き起こし、産地と農家を新たな不況に陥れています。生鮮野菜の価格暴落の原因が緊急輸入にあることは明らかです。輸入野放しを続ければ、生産基盤の崩壊は避けられません。

さくら市議会 2000-12-18 平成12年 12月 喜連川町定例会(第6回)-12月18日−02号

今、9月から10月に行われた各県議会では、福島、群馬、埼玉、千葉、愛知、岐阜、高知福岡佐賀宮崎鹿児島の11県が野菜などの激増する輸入農産物に対してセーフガードの発行を求め、意見書を採択しているわけであります。  また、ことしの6月と9月の議会では、220市町村が同様の意見書を採択し、95年からの累計では665市町村に連しています。このように農水省官房総務課の調べで発表がされております。

鹿沼市議会 2000-09-26 平成12年第4回定例会(第4日 9月26日)

について  議案第 86号 鹿沼市児童館条例の一部改正について  議案第 87号 鹿沼市公設地方卸売市場条例の一部改正について  請願第  1号 大洋鉱業板荷砂利採取場跡地の建設残土・土砂等による埋め立て計画に関          する請願  議員案第 8号 各常任委員会への特定調査事件付託について  議員案第 9号 議会運営委員会への調査事件付託について  議員案第10号 野菜農産物の緊急輸入制限セーフガード

さくら市議会 2000-09-22 平成12年  9月 喜連川町定例会(第4回)-09月22日−04号

 議案第9号 喜連川町公共下水道審議会条例の制定について 第13 議案第10号 喜連川水処理センター建設工事委託契約の一部を変更する契約締結について 第14 陳情第1号 「ポイ捨て禁止法」の制定に関する意見書提出の採択を求める陳情 第15 陳情第2号 産業廃棄物処理の中間処理施設反対陳情 第16 陳情第3号 産業廃棄物処理の中間処理施設反対陳情 第17 陳情第4号 激増する農産物の緊急輸入制限セーフガード

さくら市議会 2000-09-13 平成12年  9月 喜連川町定例会(第4回)-09月13日−01号

諮問第1号 喜連川町人権擁護委員の推薦について意見を求めることについて 第22 諮問第2号 喜連川町人権擁護委員の推薦について意見を求めることについて 第23 陳情第1号 「ポイ捨て禁止法」の制定に関する意見書提出の採択を求める陳情 第24 陳情第2号 産業廃棄物処理の中間処理施設反対陳情 第25 陳情第3号 産業廃棄物処理の中間処理施設反対陳情 第26 陳情第4号 激増する農産物の緊急輸入制限セーフガード

鹿沼市議会 2000-09-13 平成12年第4回定例会(第2日 9月13日)

WTOの協定は、輸入が激増して、国内産業が重大な被害を受けたとき、緊急輸入制限セーフガードを発動できるとしております。今議会農業団体からセーフガードの発動を政府に働きかけてほしいとの陳情が出されております。  そこで、お尋ねするわけですが、一つに、鹿沼市としても、輸入が激増している農畜産物に対して、緊急輸入制限セーフガードの発動を政府に求めるべきと思います。

  • 1