55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2018-06-07 平成30年  6月定例会(第2回)-06月07日−01号

県道拡幅工事で用地の明け渡しを行なわなかったこと、職員へのセクハラ・パワハラ疑惑への責任議員辞職勧告決議議決結果を無視した行為に対して、小山議会として厳しい態度を示さなければならない。   よって、角田良博議員は、今回の12回目の勧告にあたり、議員として自らその責任を重く受け止め、自らの意志により、速やかに議員辞職をするよう強く勧告する。   

那須町議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月04日−一般質問−02号

たび重なる政治の不信、安倍総理の森友、加計問題、さらには元市議の殺人や県議の不正請求、収賄、首長セクハラ疑惑、限りない政治腐敗、公約を掲げて選ばれた議員首長の公約は、こんな事件で多くの国民は大変失望しております。民主主義の崩壊とは言えませんが、議員の資質を問われていると同時に、選ぶ市民責任も非常に大きいと思います。

那須塩原市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号

つい最近の報道アメリカ映画界でセクハラがあったと訴えたところが、#Mee Tooという現象が各方面に広がって、話題になっています。社会のいろいろな面で、男女共同参画の問題は、いまだに解消する気配どころか、ますます表面化して、複雑化していると言ってもよいと思います。  そのような中で、市が男女共同参画についてどのように考えているかお伺いします。  

小山市議会 2018-02-20 平成30年  2月定例会(第1回)-02月20日−04号

暴力人権を踏みにじる行為で、レイプ、強姦、DV、セクハラ痴漢、これらは全て性暴力であり、犯罪です。2017年6月、性犯罪をめぐる刑法明治制定以来110年ぶりに改正され、厳罰化されました。今までの強姦罪や強制わいせつ罪は被害者からの告訴がなければ起訴できないという親告罪が廃止され、被害者の告訴がなくても起訴できることになりました。

小山市議会 2018-02-14 平成30年  2月定例会(第1回)-02月14日−01号

県道拡幅工事で用地の明け渡しを行なわなかったこと、職員へのセクハラ・パワハラ疑惑への責任議員辞職勧告決議議決結果を無視した行為に対して、小山議会として厳しい態度を示さなければならない。   よって、角田良博議員は、今回の11回目の勧告にあたり、議員として自らその責任を重く受け止め、自らの意志により、速やかに議員辞職をするよう強く勧告する。   

小山市議会 2017-11-30 平成29年 12月定例会(第4回)-11月30日−01号

県道拡幅工事で用地の明け渡しを約7年間行わなかったこと、さらには、職員へのセクハラ、パワハラ疑惑については宇都宮地方裁判所において、平成29年10月25日、セクハラ行為を認定する判決を言い渡されたにも拘らず、議員辞職勧告決議議決結果を無視し続けている行為に対して、小山議会としてより厳しい態度を示さなければならない。   

小山市議会 2017-10-19 平成29年  決算審査特別委員会-10月19日−02号

◎岡田右職員活性課長 中身といたしましては、パワハラ、セクハラ、それがございまして、管理職員に対しましては、27年度につきましては管理職に対してやっておりましたけれども、28年度につきましては全職員を対象に行っております。こちらのほうは……   (何をやっているかがわかんないな。何をやっているか) ◎岡田右職員活性課長 済みません、ちょっと整理してもう一度お答えいたします。

小山市議会 2017-09-07 平成29年  9月定例会(第3回)-09月07日−03号

さて、2年前の平成27年6月29日、執行部と市議会議員の懇親会において、私が女性職員に対してセクハラ行為を行ったとの報道が、現在女性職員側から訴訟提起されているわけでございますが、この間、民間の市民の皆さん、そして執行部の皆様方には、なお議員の方々には、大変お騒がせして、申しわけなく思っておわびするわけでございます。   

小山市議会 2017-09-04 平成29年  9月定例会(第3回)-09月04日−01号

県道拡幅工事で用地の明け渡しを行なわなかったこと、職員へのセクハラ・パワハラ疑惑への責任議員辞職勧告決議議決結果を無視した行為に対して、小山議会として厳しい態度を示さなければならない。   よって、角田良博議員は、今回の9回目の勧告にあたり、議員として自らその責任を重く受け止め、自らの意思により、速やかに議員辞職をするよう強く勧告する。   

小山市議会 2017-06-01 平成29年  6月定例会(第2回)-06月01日−01号

県道拡幅工事で用地の明け渡しを行なわなかったこと、副議長という立場を利用した職員へのセクハラ・パワハラ疑惑への責任議員辞職勧告決議議決結果を無視した行為に対して、小山議会として厳しい態度を示さなければならない。   よって、角田良博議員は、議員として自らその責任を重く受け止め、自らの意思により、速やかに役職辞任はもちろんのこと、議員辞職をするよう強く勧告する。   

小山市議会 2017-02-15 平成29年  2月定例会(第1回)-02月15日−01号

しかし、角田良博議員においては、平成27年8月31日付けで、4名の議員から、小山議会議員政治倫理に関する条例政治倫理基準に違反するとして、審査請求のあった県道拡幅工事で用地の明け渡しを約7年間行なわなかった件、並びに女性職員に対するセクハラ・パワハラ疑惑の件の2件について、政治倫理審査会では、いずれも政治倫理基準に抵触するとして、角田良博議員に対し、役職辞任及び議員辞職をすべきとの審査報告がなされた

小山市議会 2016-11-29 平成28年 12月定例会(第4回)-11月29日−01号

しかし、角田良博議員においては、平成27年8月31日付けで、4名の議員から、小山議会議員政治倫理に関する条例政治倫理基準に違反するとして、審査請求のあった県道拡幅工事で用地の明け渡しを約7年間行なわなかった件、並びに女性職員に対するセクハラ・パワハラ疑惑の件の2件について、政治倫理審査会では、いずれも政治倫理基準に抵触するとして、角田良博議員に対し、役職辞任及び議員辞職をすべきとの審査報告がなされた

小山市議会 2016-10-13 平成28年  決算審査特別委員会-10月13日−02号

青木美智子委員 ぜひそちらのほうの県のほうで参加した方も推進員として一緒に活動していっていただきたいと思うのですが、次のページの31ページ丸印の2番目で、DV・セクハラ対策推進事業費ということで、パープルリボン運動、いろいろされているかと思うのですが、今月下旬あたりがその週間になっていると思います。

小山市議会 2016-09-28 平成28年  9月定例会(第3回)-09月28日−06号

平成27年8月31日付で4名の議員から、小山議会議員政治倫理に関する条例政治倫理基準に違反するとして、審査請求のあった県道拡幅工事で用地明け渡しを約7年間行わなかった件並びに女性職員に対するセクハラ、パワハラ疑惑の件の2件について、政治倫理審査会では、いずれも政治倫理に抵触するとして、角田議員に対し、役職辞任及び議員辞職をすべきとの審査報告がなされています。   

野木町議会 2016-06-08 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月08日−02号

◆8番(坂口進治君) 本当にですね、このいじめというのは本人がいじめと、要するに自分で感じればいじめであって、それがふざけであったり何だりすれば、それはいじめじゃないから非常に難しい、どちらかというと大人の世界のセクハラみたいなですね、感覚だと私は思うんですが、それを一概にはもちろん言えませんけれども、ただ見ていてわかるのがですね、今先ほど教育長もおっしゃったように幼・保・小・中の連携というふうに先

小山市議会 2016-06-02 平成28年  6月定例会(第2回)-06月02日−01号

しかし、角田良博議員においては、平成27年8月31日付けで、4名の議員から、小山議会議員政治倫理に関する条例政治倫理基準に違反するとして、審査請求のあった県道拡幅工事で用地の明け渡しを約7年間行なわなかった件、並びに女性職員に対するセクハラ・パワハラ疑惑の件の2件について、政治倫理審査会では、いずれも政治倫理基準に抵触するとして、角田良博議員に対し、役職辞任及び議員辞職をすべきとの審査報告がなされた

小山市議会 2016-02-17 平成28年  2月定例会(第1回)-02月17日−01号

県道拡幅工事で用地の明け渡しを行わなかったこと、副議長という立場を利用した職員へのセクハラ・パワハラ疑惑への責任、加えて2度にわたる議員辞職勧告決議議決結果を無視した行為に対して、小山議会として厳しい態度を示さなければならない。   よって、角田良博議員は、議員として自らその責任を重く受け止め、自らの意思により、速やかに役職辞任はもちろんのこと、議員辞職をするよう強く勧告する。   

小山市議会 2015-11-30 平成27年 12月定例会(第5回)-11月30日−02号

教育行政について                    ││   │    │        │   絹中学区の小学校の統廃合と一貫校の進捗について    │├───┼────┼────────┼──────────────────────────────┤│   │    │        │1.女性の人権について                   ││   │    │        │ (1) セクハラ

小山市議会 2015-11-26 平成27年 12月定例会(第5回)-11月26日−01号

しかし、角田良博議員においては、平成27年8月31日付けで、4名の議員から、小山議会議員政治倫理に関する条例政治倫理基準に違反するとして、審査請求のあった県道拡幅工事で用地の明け渡しを約7年間行なわなかった件、並びに女性職員に対するセクハラ・パワハラ疑惑の件の2件について、政治倫理審査会では、いずれも政治倫理基準に抵触するとして、角田良博議員に対し、役職辞任及び議員辞職をすべきとの審査報告がなされた