16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

市貝町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号

ですから、本来ならうんと給料もらわなきゃならないところあるんですけれども、何せそういう財政規模も小さいんで、簡単ではないんですが、スズメの涙という程度しかもらえないと思うんですけれども、この実態、ぜひ説明願いたいと思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(小泉栄一)   水沼総務課長。 ◎総務課長(水沼加代子)   ただいまのご質問にご説明申し上げます。  

市貝町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号

そうすると、スズメが今減ってきたでしょ。これはカラスにみんな食われているんです、ひなのうちに。だからああやって減っちゃったんです。それが事実なんです。サシバも大分オオタカに食われていますよね、ご存じでしょうけれども。あちこちにいて、去年ここにいたのが、ことしやられていなくなった、ここもなくなった、来年ここの巣は来ないなというのを、研究者がみんな言っているわけです。

真岡市議会 2016-06-14 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月14日−議案質疑、一般質問−03号

1つ目は、駅舎内やホーム内にハトスズメの巣がつくられないように対策を求めます。   2つ目は、駅の敷地内にある樹木の手入れを求めるものであります。関係部長、答弁を願います。   5件目、消防行政消防防災無線の設置についてであります。この件は、住民からの要望で下籠谷地内には防災無線が届かないところがあり、設置してほしいとのことであります。

那須塩原市議会 2016-06-10 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月10日−05号

ネオニコチノイド系農薬の災いは、ミツバチだけにとどまらずに、トンボ、チョウ、セミ、ホタル、サワガニ、ドジョウ、メダカ、カエル、トカゲ、ヘビスズメ、今スズメがすごく少なくなっていますね。ツバメも少なくなっている。鳥類にまで影響してきています。そして、それがまた人間にもじわりじわりと迫ってきています。自然界の循環が本当に壊されてきているんです。  

小山市議会 2016-03-03 平成28年  予算審査常任委員会-03月03日−01号

そういったところも含めて、今回の災害は、先ほどお話がされていましたけれども、本当に床上が多かった、あるいは車等の被害が多かったということも踏まえて、異例の20万円という、それがその人たちにとって十分かというと、先ほど言われるように300万円、400万円とかかるという費用からすれば、スズメの涙というふうな、焼け石に水というふうな形の評価しかされないかもしれないのですけれども、そういう形で何とか市としても

栃木市議会 2014-06-11 平成26年  6月定例会(第3回)-06月11日−一般質問

しかも金額は、正直言ってほとんどスズメの涙と言ったら失礼ですけれども、そのようなものにとどまっています。しかし、100円でも200円でもそのお金がいただけるということは、これは大切にしなければいけませんので、もっともっとこの制度に目を向けて、本市ゆかりの方々やあるいは本市に興味を持っていただける方などからのふるさと納税を推進していかなければならないのではないか。

野木町議会 2012-12-06 平成24年 12月 定例会(第6回)-12月06日−02号

ですから、募金して下さった方には大変申しわけないんですが、スズメの涙程度ですよね。  そこで、本来のこの募金の趣旨というのは、どういう趣旨で始まったのかということから立ち返って考えていかなければならないと思うんですが、元来、共同募金というのは法律制限があって、どこでもだれでもかしこでも募金活動はできないと。

野木町議会 2012-06-06 平成24年  6月 定例会(第3回)-06月06日−02号

みんなにああつくってよかったなと、じゃなければ口端のないスズメさんたちが、人が余ったからどっかへ置いたんだ、最初は5人も出したじゃないか、そんなうわさがありますから、そんなうわさを吹き飛ばすように、あの組織を生かしてもらいたいというふうに思います。  そういうことで、今度立ち上げた7月3日に第1回目の会合と言いましたかね推進会議、大変重要な組織だと思いますよ。

市貝町議会 2011-12-06 平成23年 12月 定例会(第10回)-12月06日−01号

これでは本当にスズメの涙といってもいいでしょう。ですから、国民の命と暮らしを守るという点から、一般財源は法定外のものとしては市貝町は出していないんですから、これはちゃんとやっぱり幾らか援助してあげないと、この厳しい時節柄、ならないと思うんです。  ですから、この点は、私が今回取り上げたというのは、生活保護基準以下の人も払っているんです。生活保護申請はしていない、そういう方がおります。

那須塩原市議会 2010-06-18 平成22年  6月 定例会(第3回)-06月18日−06号

スズメの涙ほどのつくかつかないかわからない預金の利子からは、20%の税金が情け容赦なく差し引かれます。にもかかわらず、今回の株の配当や譲渡益に対しては特別扱いで税金を免除します。株取引が一般化されたとはいえ、預金のようにまだ一般化されてはおりません。株が下がったり、会社が破綻した場合には、自己責任という名のもとに紙切れ同然になる覚悟を当然しなければなりません。

壬生町議会 2006-12-07 平成18年 12月 定例会(第7回)-12月07日−01号

そうしますと、今の高齢者のおかれているところには、さしたる恩恵というか還元にはならないと思うのですが、町長が意図しているのは、単なるこの節目、節目のお祝い金という説明をしているようですから、何かの足しに、ごくスズメの涙程度のお祝い金ということになるのだと思うのです。

小山市議会 2003-09-08 平成15年  9月定例会(第4回)-09月08日−02号

また、至るところにスズメムクドリ、カラスなど確認できます。   次に、思川魚類でございますが、小宅橋、黒本橋、観晃橋付近では、アユ、カマツカ、ウナギ、オイカワ、ウグイ、マルタ、キンブナ、ゲンゴロウブナ、アカザ、ナマズ、ドジョウ、サケ、オンモロコ、モツゴ、ニゴイ、カジカ、ヨシノボリ、ヌマエビなどが生息しております。

真岡市議会 2002-06-11 平成14年  6月 定例会(第3回)-06月11日−議案質疑、一般質問−02号

何千万ではとてもではないが、スズメの涙といいますか、例えによれば。私から提案したいと思います。   まず、市議会議員の報酬、平成14年度の予算で2億1,000万計上しております。これを15%カットすれば年間3,150万、それと市議会議員の定数を28から24名にして、4名削減して、年間3,000万、4年間になりますと、1億2,000万の歳出の削減ができます。

  • 1