165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

これ以外に既に配置されておりますけれども、スクールカウンセラー、こういったものも非常に有効でありますし、今後、実はさまざまな法律が絡むというんですかね、法的に判断しなきゃならない部分というものも少しずつ出てまいっておりますので、いわゆるスクールロイヤーというような立場の方であったり、あるいは法整備もできてきましたけれども、部活動関係では部活動指導員、こういったものが今後いわゆる専門スタッフというくくりの

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

学校では、そうした傾向のある子供たちに対しては、担任だけではなくて、学年の教員、それから養護教諭、それから校内の児童・生徒指導教育相談担当の教員などがチームとなって、組織的に、時にはスクールカウンセラーであるとかスクールソーシャルワーカーなどもかかわりながら対応しております。いずれにいたしましても、学校では、不登校傾向のある子供が居心地のよい学校づくりに努力している状況でございます。  

市貝町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号

2つ目の思春期、反抗期の子供に対する指導基本方針(SNS対策を含む)についてでございますが、思春期、反抗期は社会的自立のためには非常に大事な時期であるといわれておりますが、学校では、その時期の子供に対してさまざまな心身の悩みや不安、問題性を抱えた児童・生徒への対応として、学校における教育相談的機能の十分な活用が図られるように、教職員スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、町の適応指導教室

壬生町議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月13日−02号

現時点ということで先ほど申し上げたわけでございますが、まさに現状では中学校2校に拠点校としましてスクールカウンセラーを配置しておりまして、そちらのほうで現在対応しているところでございますが、将来においてそういった需要が見込めるもしくは増えるというようなことが想定される場合につきましては検討してまいりたいというふうに考えてございます。  以上でございます。 ○議長(楡井聰君) 小牧敦子議員

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

また、個別の対応につきましては、スクールカウンセラー教育相談専門員などとの連携を図りながら対応をしております。  例えば、学校生活に不適応を起こす児童につきましては、特別な配慮や支援が必要であることから、専門的な知識技能を持つスクールカウンセラー教育相談専門員を派遣し、当該児童の支援に当たっております。  

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

巡回訪問事業に対する保育園・幼稚園・小中学校の評価についての質問でありますが、保育園や幼稚園、小中学校等における評価は、いずれの施設からも大変好評であり、昨年度小中学校への巡回訪問においては、スクールカウンセラーのいない学校を中心に実施をいたしましたが、スクールカウンセラーのいる学校からも要望が上がっており、今年度は対象施設の拡充を考えているところでございます。  以上で答弁を終わります。

那須塩原市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

(10)専門職の配置拡大について(作業療法士言語聴覚士、スクールソーシャルワーカースクールカウンセラー)。  以上です。よろしくお願いします。 ○議長(君島一郎議員) 8番、星宏子議員質問に対し、答弁を求めます。  市長。 ◎市長(君島寛) 星宏子議員の共生社会の構築についての質問、その中で私からは(5)の子どもの人工内耳体外機買いかえ時の助成についてお答えをさせていただきます。  

小山市議会 2018-03-02 平成30年  予算審査常任委員会-03月02日−02号

また、そういった担任の先生とかとなかなかうまくかかわりが持てないというお子さんについては、各中学校に配置をしておりますこころの教室相談員、こちらのほうに相談をしていただいたり、またスクールカウンセラーが県のほうから配置されておりますので、県のスクールカウンセラーなどに相談をしていただいて、解決の糸口を探る。

市貝町議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月01日−01号

それは、現在学校に通っていながら学校にちょっと行きづらくなったとか、行き渋りが見られたとか、そういったお子さんに対して学校教員とかスクールカウンセラーさんとか、ソーシャルワーカーとか、あるいは保護者を交えまして、そういったお子さんを考えて、そういったお子さんのことについて、仮に適応指導教室のほうに行ってみて、少し時間を置いて力を蓄えたらどうだろうと、そういうお子さんがいらっしゃいます。  

那須塩原市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−03号

また、より専門的な支援が必要な児童生徒や保護者につきましては、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーが対応するなど複数の相談方法を用意しており、相談しやすい体制づくりに現在努めているところでございます。  次に、(2)のいじめ等の発生件数の過去5年の推移から見る本市の所感についてお答えをいたします。  

下野市議会 2018-02-26 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月26日−03号

県の事業として、スクールカウンセラーによる相談が市内の小・中学校で行われています。国は、スクールカウンセラーに加え、スクールソーシャルワーカーの活用も推進しています。スクールソーシャルワーカーは、家庭訪問を行い、必要な行政機関社会資源を結びつける役割を持っています。県内には市や町独自で採用しているところもありますが、下野市ではしていません。

真岡市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月12日−議案質疑、一般質問−03号

本市においては、不登校対策として県からスクールカウンセラーが7名配置されており、市においては学校支援相談員4名、心の教室相談員2名、そして市心理相談員を1名配置し、児童生徒やその保護者及び教員に対して適切な助言を行っております。その上で、不登校の要因が家庭環境にある場合には、その家庭福祉的な面から働きかけるために、栃木県教育委員会にスクールソーシャルワーカーの派遣を要請しております。

小山市議会 2017-12-05 平成29年 12月定例会(第4回)-12月05日−03号

校内における相談体制といたしましては、県から配当されました10名のスクールカウンセラーを各中学校区と義務教育学校にそれぞれ配置をさせていただいております。平成28年度は、延べ676名の児童生徒がカウンセリングを受け、臨床心理の専門的な視点からの助言により、心理的な負担の軽減が図られているところでございます。

真岡市議会 2017-09-26 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月26日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

小中学校教育につきましては、複数担任制のための非常勤講師、スクールカウンセラー及び心の教室相談員等の配置、さらには適応指導教室の運営など、児童生徒一人一人に対応した、よりきめ細かな指導の充実が図られていることに対し、高く評価をするものであります。   

真岡市議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月11日−議案質疑、一般質問−02号

法案目的は、家庭及び地域を取り巻く環境の変化に伴い、学校が直面する諸課題が複雑化している状況に鑑み、学校の教職員等が心のケアの専門家であるスクールカウンセラー福祉専門家であるスクールソーシャルワーカーなどの専門スタッフを学校に配置し、教員と連携して課題に学校全体で対応するチーム学校の構築を推進することであり、現在国会において継続審議中であります。

鹿沼市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第2日 6月14日)

そのため、上都賀教育事務所のスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、本市の教育相談専門員等により、不登校対応会議を開催し、具体的な支援計画について、共通理解を図っております。  また、教員教育相談専門員をメンバーとする不登校対策ネットワーク会議の中で、不登校及び不登校傾向児童生徒の事例検討を行うほか、関係機関情報共有して、支援方法を検討しております。  

真岡市議会 2017-02-27 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月27日−議案質疑、一般質問−02号

また、いじめ以外にもさまざまな要因はあると思いますが、1点目として、本市のスクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの活動状況や対応の結果はどのようになっているのかお伺いいたします。   2点目として、いじめに対する現状の対応として、未然に防ぐにはどのようにしているのか。また、いじめを発見したときの対応マニュアル、仕組み等はあるのかないのかお伺いいたします。   

小山市議会 2017-02-20 平成29年  2月定例会(第1回)-02月20日−03号

また、適宜教育相談週間を実施し、児童生徒の悩みや不安を聞き、教員や相談員あるいはスクールカウンセラーなどが適切な助言をしているところでございます。   以上、よろしくお願いいたします。 ○関良平議長 4番、佐藤議員。                   〔4番 佐藤忠博議員登壇〕 ◆4番(佐藤忠博議員) ありがとうございました。

真岡市議会 2017-02-01 平成29年  2月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

53 教 育 長 (2)不登校対策・いじめ対策について ①スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの利用(活動)状況・結果等はどのようになっているのか。 ②いじめに対する現状の対応として、未然に防ぐために、どのようにしているのか。また、発見したときの対応マニュアル・仕組等はあるのか。

真岡市議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第5回)-12月07日−議案質疑、一般質問−02号

すなわち幾つかの要因が絡んで、その中に無気力というのが入ってきておりますので、先生、学校におきましては根気強く家庭訪問したり、保護者と面談したり、あるいはスクールカウンセラーが相談に乗ったりという対応をしております。今後もそういった学校での根気強い対応と同時に、本市におきましては適応教室も開設しております。こちらへの利用者も大分ふえております。