3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐野市議会 1999-12-07 平成11年 12月 定例会(第5回)-12月07日−一般質問−03号

シーメンス社のもので、事故の発生場所は熱分解ドラムのつなぎ目周辺と考えられ、有毒ガスはまずプラント内に充満、次いで外部に漏れていきました。施設の近くにある幼稚園に向かったとのことです。それを見た人は、幼稚園が沈んでいるようだと表現したそうです。黄色のガスを吸引した職員病院に運ばれ、59人が被害を受けたことが報告されております。   

佐野市議会 1997-06-10 平成 9年  6月 定例会(第3回)-06月10日−一般質問−03号

もう一つは、直接溶融に変わるのが、これが最近将来性のある機械というふうに言われておりますが、これはドイツシーメンスという会社が開発した機械でございますが、これは発電からごみの灰の溶融まで一貫した仕事をしようという機械でございますが、こういう新しい今分野が開発されてきているということでございますが、まだこれにつきましてはいわゆる日本の中では稼働していないというところに、今現在建設中のようでございますけれども

佐野市議会 1997-03-05 平成 9年  2月 定例会(第2回)-03月05日−一般質問−04号

いわゆる高温になるまでの間に発生しやすいということが言われておりますので、今は24時間連続運転という形でダイオキシンの発生を抑えると、こういう方式になってきておりますので、そういうことも大変技術も進歩しておりますし、さらには焼却灰の溶融方式などもきちんと最近はできているようでございますので、かなりな経費の問題もございますし、さらにはこれは新しい技術でございまして、例えばこれはドイツシーメンス特許

  • 1