92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

次に、火の見やぐらの整備状況と今後のあり方についてでありますが、現在、本市には47基の火の見やぐらが設置されており、ホース乾燥やサイレン吹鳴のため使用しております。  維持管理につきましては、年1回、全分団の車庫及び施設の調査を実施するとともに、腐食や破損等の異常を確認した団員からの報告を受け、担当職員が現状を確認し、必要な塗装や修繕を行っております。  

小山市議会 2018-06-07 平成30年  6月定例会(第2回)-06月07日−01号

購入予定車両の概要等につきましては、参考資料に記載のとおり、堅固で耐久性にすぐれた消防専用シャシに運転操作のしやすいオートマチックトランスミッション及び消防ポンプを搭載し、災害活動を迅速、確実に向上させるとともに、散光式赤色警光灯及び電子サイレンアンプを搭載し、緊急走行時の安全性にも配慮した消防ポンプ自動車でございます。   以上で2議案の説明を終わらせていただきます。

小山市議会 2017-12-06 平成29年 12月定例会(第4回)-12月06日−04号

その後、永野川の水位が最高になった6時40分、避難勧告サイレンが鳴ったときでした。全てのポンプは回っていましたが、思うように水が排出されていません。ポンプ機場の能力の70%以上出ていたポンプは4台のみで、それ以外はポンプの能力の10%ぐらいで、全くと言っていいほど出ていないポンプもありました。これがそのときの写真です。

市貝町議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月05日−01号

道の駅についても、農産物直売所加工所の建設事業費はほとんど国の補助で建てられ、さらに防災無線についても、市貝町にとっては30年来の要望であったが、ほとんど全額、国庫補助金で整備することができ、時報がサイレンから音楽にかわり、町長が靴の底をすり減らし、血の出る思いまでした成果のおかげだと思っております。  

小山市議会 2017-06-01 平成29年  6月定例会(第2回)-06月01日−01号

購入予定車両の概要につきましては、参考資料に記載のとおり堅固で耐久性にすぐれた消防専用シャシに運転操作しやすいオートマチックトランスミッション及び消防ポンプを搭載し、災害活動時における迅速、確実性を向上させるとともに、散光式赤色警光灯及び電子サイレンアンプを搭載し、緊急走行時の安全性にも配慮した消防ポンプ自動車であります。   以上で2議案の説明を終わらせていただきます。   

小山市議会 2016-12-05 平成28年 12月定例会(第4回)-12月05日−04号

その中で豪雨と雷と、そして耳なれしないサイレンの音だとか、防災無線の音だとかごっちゃになって、いわばパニックになるわけであります。そういう中で必要になるのが、やはり冷静かつ正確な情報をいかに伝達、周知をしていくかということになろうかと思います。その辺の対策、もしあればお聞かせいただきたいと思います。 ○関良平議長 答弁、塚原消防長。 ◎塚原信明消防長 ただいまの再質問にお答え申し上げます。   

那須町議会 2016-09-06 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日−一般質問−03号

2、3でも実質的に被害があるようなときには、関係機関、また協議会等を立ち上げて、すぐに対応することになるかと思うのですが、こちらについてはやはり一番最初はお知らせするというのが一番ですので、峰の茶屋と、今回峠の茶屋に防災行政無線をつけましたので、スピーカーは幾つかついているのですが、実質的に声で知らせるというのは、風の向きによっても随分違ってきますし、山の気候によっても違ってきますので、とりあえずサイレン

小山市議会 2016-06-16 平成28年  総務常任委員会-06月16日−02号

◎猪瀬治雄消防総務課長 装備品につきましては、ここに書いてあるとおり、主な装備品ということで、赤色蛍光灯とか電子サイレン、あとは投光器、発電機、そういう散水装置、かごつきはしごとありますけれども、それ以外に消防ホースとかとび口とかホースブリッジとか、そういったものもありますので、そういったものを団車のほうに装備いたしまして、火災の対応をしていくというような形になっていますので、よろしくお願いいたします

野木町議会 2016-06-08 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月08日−02号

また、28年度事業といたしまして、消防団機械器具置き場に、6分団ございますので、6カ所に、モーターサイレンつきの防災行政無線を設置いたします。  平成29年度以降につきましては、平成28年度までに整備しました防災行政無線の機能を確認し、順次整備してまいりたいと考えております。  

小山市議会 2016-06-02 平成28年  6月定例会(第2回)-06月02日−01号

購入予定車両の概要につきましては、参考資料に記載のとおり、堅固で耐久性にすぐれた最新の消防専用車種に運転操作のしやすいオートマチックトランスミッション及び最新の消防ポンプを搭載し、災害活動時における迅速、確実性の向上と消防団員安全確保に配慮するとともに、散光式赤色警光灯、音声合成つき電子サイレンアンプを搭載し、緊急走行時の安全性に配慮した消防ポンプ自動車であります。   

栃木市議会 2016-03-01 平成28年  3月定例会(第1回)-03月01日−一般質問

らせるのであれば何らかの工夫が必要ではないかとのご指摘につきましては、今回の豪雨災害においては防災無線の整備着手後1年目ということもあり、豪雨の際は聞きづらいという認識は持っておりましたが、防災無線を活用するだけで精いっぱいでありましたので、今後は話すスピード、話し方などのアナウンスの訓練や緊急放送の際の放送内容の検討、また屋外拡声器による音声放送の拡散の原因等を調査研究するとともに、音声放送だけでなくサイレン

那須塩原市議会 2016-02-26 平成28年  3月 定例会(第2回)-02月26日−01号

下のほうから7番目、消防コミュニティセンター整備事業でございますが、これにつきましては消防の緊急伝達システムでございますけれども、これが28年、ことしの5月まで地上波からデジタル波に切りかわるというようなことで、緊急伝達システムのほうを、携帯電話を使いましてサイレンのほうが鳴るような改築をしているわけでございますが、それにつきまして機材の調達に不測の日数を要したことがございまして、それでこのような繰

真岡市議会 2016-02-25 平成28年  2月 定例会(第1回)-02月25日−議案質疑、一般質問−03号

204基のうち79基は既にデジタル対応であり、現在実施しているサイレン吹鳴装置デジタル化等に伴い、本年度18基がデジタル化となります。防災行政無線のデジタル化は、無線信号が変更されることにより受信しようとしている電波以外の電波の混入やノイズの減少につながります。また、受信装置等の仕様が変更になりますが、スピーカー能力には変更がありませんので、音声の届く範囲に差異は生じません。

野木町議会 2015-12-03 平成27年 12月 定例会(第7回)-12月03日−01号

総務課長(伏木富男君) 現在のところ、拡声子局については、地上から大体15メートルぐらいの柱を立てまして、その上部にいわゆるモーターサイレンがつく場合は、モーターサイレン用のスピーカーを、それといわゆる情報を伝達するようなスピーカーを一緒につけまして、地上から約十四、五メートルのところから、それぞれの方向に向かって情報を伝達するようなシステムでございます。 ○議長(館野孝良君) 柿沼議員

那須塩原市議会 2015-12-01 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月01日−03号

質問災害時等の活用方法ですが、災害発生時などの緊急時には、静止画像にはなりますが、休日夜間を問わず優先して緊急放送を行うこととなっており、サイレン防災行政無線の音でチャンネルを合わせ、情報を得る仕組みであります。  今回の関東東北豪雨災害にも、国道400号の通行規制、避難所の開設、避難勧告水道断水情報など塩原ケーブルテレビを活用させていただき、随時放送を行いました。

栃木市議会 2015-09-25 平成27年  9月定例会(第3回)-09月25日−委員長報告・討論・採決

審査の過程では、9款消防費中、消防団サイレン吹鳴装置整備事業費に関し、事業内容について質したのに対し、現在一部を除いて、アナログ無線でサイレン吹鳴装置を遠隔操作しているが、平成28年5月いっぱいでデジタル無線に切り替わるため、NTTドコモの電波網を利用し、構築するものであるとの答弁がありました。   このほかにも、若干の質疑応答がありました。   

小山市議会 2014-10-16 平成26年  決算審査特別委員会-10月16日−02号

救急自動車の当然出動時のいわゆるサイレンとかに対する苦情等々というのはありません。というのは、今城南交流センターになりましたけれども、あの場所に消防署というような話があったときには、住宅地なのでいわゆる救急自動車の出動のときの騒音だとかということが一つの地域の人たちの反対意見としてあった記憶があるので、現在どうなのかというふうに思ったので、時間をつなぐ意味で質問しました。