運営者 Bitlet 姉妹サービス
137件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) 本市におきましても、中小企業向けのICT整備促進事業の中でキャッシュレス決済端末の導入支援を行っているところでありますが、高額な決済手数料やQRコードの国による規格の違いなどにより、なかなかキャッシュレス決済端末の設置が進んでいない状況にあります。   もっと読む
2018-09-07 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日) さらには、市民や来訪者の皆様に歴史文化資源をわかりやすく伝えることができるよう、QRコードなどを活用した案内表示について検討してまいります。  次に、屋台の収蔵庫建設の補助についてでありますが、本市には、江戸時代後期から昭和初期にかけてつくられ、今に引き継がれてきた屋台等が98基確認されており、そのうち26基が文化財に指定されております。 もっと読む
2018-09-06 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第2日目 9月 6日) 設置から年数が経過しますと、パネルや配線コードが傷んできますので交換の必要が出てきます。今後、そのような事例が必ず出てくると思います。その補修の一部を助成する仕組みを考えてもよいのではないかと思います。  今後、太陽光発電による余剰エネルギーの買い取り価格の減額が課題になりますが、自然エネルギーの普及促進は、国の温暖化防止対策として、今後とも推進されるものと思います。   もっと読む
2018-06-05 矢板市議会 平成30年  6月 定例会(第351回)-06月05日−03号 どなたでも気軽に応募できるようスマホの部を設け、ポスター、チラシにQRコードをつけ、その場でも後日でも自由に発信していただくことで矢板のイベント周知と次年度の集客につながることでしょう。  毎年恒例の写真コンクールに花火大会の部、祭りの部、スマホの部などを設けて集客することについて、当局の意向を伺います。 ○議長(和田安司) 1番、高瀬由子議員の質問に対し、答弁を求めます。   もっと読む
2018-03-12 足利市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−一般質問−03号 (川連正司総務部長自席にて答弁) ◎総務部長(川連正司) 特設の避難電話に関しましては、公衆電話に関しましては、あらかじめ各避難施設等に通常の電話回線のボックスの中に特別な特殊な回線を引き込んでおきまして、長い延長コードをその中に巻き込んで格納しておきます。 もっと読む
2018-03-05 宇都宮市議会 平成30年第1回定例会(第3日目 3月 5日) 今後は、SNSのアプリのように、より手軽に利用できるよう、相談窓口ホームページに直接つながるQRコードを、まずは中学生のスタンダードダイアリーに掲載するとともに、より具体的に相談内容を伝えられるよう、画像を添付できる機能を追加してまいります。   もっと読む
2018-03-02 宇都宮市議会 平成30年第1回定例会(第2日目 3月 2日) 本市といたしましては、今後、SNSのアプリのように、より手軽に利用できるよう、本市の相談窓口ホームページに直接つながるQRコードを、まずは中学生のスタンダードダイアリーに掲載するとともに、より具体的に相談内容を伝えられるよう、画像を添付できる機能を追加してまいります。   もっと読む
2018-02-28 那須塩原市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号 そこに記載されたQRコードをLINEアプリで読み取って、それでLINEから送られてきたフォームから申し込むという選択肢を設けたことによって、利用の申し込みを非常に手軽にしたんだそうです。  そうしたところどうだったかというと、あっという間に、当初は150人の募集枠だったんですが、それが埋まってしまいましたと。 もっと読む
2018-02-09 宇都宮市議会 平成30年環境経済常任委員会(第1日目 2月 9日) それから,夏秋いちごについて,私たちも見学に行きましたけれども,実は夏秋いちごのちょっと先は黄色いコードや線が引っ張ってあって安全ではないということなのですよね。ちょっと心配なのですけれども,あれが大谷観音のほうからつながる道ですよね。 もっと読む
2017-12-19 市貝町議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月19日−02号 この「個人識別符号」とは、具体的には、指紋データや顔認識データやパスポート番号、住民票コードなど個人に割り当てられた文字、番号、記号などであり、今回の法改正で新たに個人情報として規定されたものでございます。   もっと読む
2017-12-08 野木町議会 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月08日−02号 QRコードでかざせば、すぐにこれが立ち上がりますね。試しにやってみたんですよ。そうしましたら、栃木県の観光アプリ「とち旅」、現在地、野木町ということで探してみました。幾つかタグがあるんですね。タグがある中で、まず観光のところをぱっと開きましたら、野木町のところのトップにあったのが、何と郷土館なんです。郷土館なんで、私、思わずえっと思ってしまったんです。しかも写真がないんです。文字だけです。 もっと読む
2017-09-13 小山市議会 平成29年  民生常任委員会-09月13日−03号 ◎山崎一雄納税課長 やはり外国人の滞納世帯、外国人滞納者の対策の強化ということで、群馬県の大泉町とか太田市なんかも、小山市のほうに見えていろいろ情報交換をしているところなのですが、やはり外国人の方、何か外国人対策で特効薬というのはやはりないものですから、来年度の制度改正に向けまして、納付書にQRコードで、外国語で国保税のわかりやすい案内というのを現在考えております。  以上です。    もっと読む
2017-09-11 野木町議会 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月11日−02号 今回の条例改正の契機となった改正個人情報保護法のポイントとしては、個人情報の定義の明確化を図る目的から、個人識別符号(DNA、顔、虹彩、声紋、歩行の態様、手指の静脈、指紋、掌紋など、身体の一部の特徴を電子計算機のために交換した符号)及び旅券番号、基礎年金番号、免許証番号、住民票コード、マイナンバー、各種保険証等のサービス利用や書類において対象者ごとに割り振られる符号である公的な番号と、要配慮個人情報 もっと読む
2017-09-07 塩谷町議会 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月07日−02号 これらの周知方法については、登録用のQRコードを広報紙の裏表紙に毎月掲載しているほか、年1回、9月10日前後の区長文書にて各戸配布しております。防犯についてのお知らせは町ホームページで行っております。また、今年度については、広報「しおや」7月号の防災特集にも掲載させていただきました。   もっと読む
2017-06-09 野木町議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月09日−03号 今後は、さらに家族介護者の方が安心して介護できる環境を整備するためにも、チップ方式やQRコードシステムなどの導入について研究してまいりたいと思っております。また、徘徊高齢者等の見守りは、地域住民の方の協力が不可欠でございますので、今後は区長様を初めとする地域の皆様、民生委員、警察や消防などとの連携を密にしながら、地域全体での見守り体制の構築を心がけてまいりたいと思っております。   もっと読む
2017-06-05 小山市議会 平成29年  6月定例会(第2回)-06月05日−02号 活用している資料や広報の方法については、ストーブやこんろ、コンセントを使用する際の注意事項、例えばストーブを洗濯物の乾燥機がわりに使用しない、また電気コードに傷みがないかなどのチェックを含めた火災予防のポイントを、市のホームページの防災トピックスのページや、市や消防機関が発行する広報紙へ掲載するとともに、女性防火クラブや自治会の防火指導、さらに全国火災予防運動期間などの際に配布しています防火チラシや もっと読む
2017-03-16 高根沢町議会 平成29年  3月 定例会(第378回)-03月16日−04号 それは住民参加の記事を載せること、写真をできるだけ取り入れること、また、スマートフォンを利用したアプリや、QRコードの利用、そして何より業者とは最低限のかかわりにとどめ、自分たちでつくっていることを最重要視していることです。   もっと読む
2017-03-07 宇都宮市議会 平成29年第1回定例会(第5日目 3月 7日) 例えば導入を予定している交通ICカードや航空機の乗降などでも一般的になっているQRコードによる乗車券は、簡易な設備で導入が可能である反面、視覚障がい者などには読み取り面の場所や読み取り機の位置の把握等に一定の配慮が必要となりますし、JRの券売機でも主流となっておりますタッチパネル式の券売機では、フレーム等に点字を張るなどの対策が必要であると思いますが、発券システム上の視覚障がい者への対策をどのように もっと読む
2017-02-21 小山市議会 平成29年  2月定例会(第1回)-02月21日−04号 徘回する認知症患者の情報を命のカプセルに入れてぶら下げるなど、以前はよく推奨されていましたが、紛失等で個人情報が漏えいしてしまうおそれがあるとのことで、現在は市に事前に登録した情報をQRコードのシールにして、本人の衣類や持ち物に張りつけしているそうです。認知症の方に事故等が発生した場合、見守りシールを見た方が警察署に連絡できるため、早期保護につながると紹介していました。 もっと読む
2016-12-14 日光市議会 平成28年 第5回定例会(12月)-12月14日−一般質問−05号 これは、どういうことかといいますと、QRコードでもって情報を管理して、それをアイロンプリントシールで衣服とかかばんとかにつけて、それでもしものときはそれを読み取って情報を得るというようなことです。そういった事業もやっております。また、認知症安心メールという事業も行っております。 もっと読む