35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

矢板市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第350回)-03月05日−02号

また、市の取り組みの実績といたしまして、市庁舎の照明機器を整備した際、グリーンニューディール基金事業を活用し、機器の省エネ化を図り、経費を削減した実例がございます。  今後、市で行う事業につきましても、国の支援制度を積極的に活用してまいりたいと考えております。 ○議長和田安司) 7番、伊藤幹夫議員

さくら市議会 2015-12-01 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月01日−03号

なお、市の防災拠点避難所におきましても国の補助金事業であるグリーンニューディール基金事業等を活用いたしまして、太陽光発電設置を平成14年度にたいよう保育園、平成22年度には熟田、押上小学校平成25年度には本庁舎に設置をしておりまして、そのうち熟田、押上小学校、本庁舎においては蓄電池を設置をしておりまして、夜間における避難所等機能の強化も図っております。  

那須塩原市議会 2014-12-08 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月08日−06号

それで、なるべく早いうちに設置を完了したいということから、今回、グリーンニューディール基金を活用いたしまして設計費を計上するというもので、場所は塩原支所に設置をする予定でございます。 ○議長中村芳隆議員) 2番、星宏子議員。 ◆2番(星宏子議員) 蓄電池の利用、使途といいますか、使い道といいますか、どういったときに使うのかも教えてください。 ○議長中村芳隆議員) 答弁を求めます。  

市貝町議会 2013-06-04 平成25年  6月 定例会(第5回)-06月04日−01号

町による推進計画としては、今年度、グリーンニューディール基金を利用し、市貝中学校太陽光発電・蓄電池の設置を進めておりますが、さらに町防災計画においても、災害対策活動拠点及び避難所等には、計画的に再生可能エネルギー発電装置の整備を進めることとしており、防災の拠点となる役場庁舎への整備について、さきに同基金事業への追加要望書を提出したところです。  

佐野市議会 2013-03-04 平成25年  予算審査特別委員会-03月04日−議案質疑−02号

これは国のほうの再生可能エネルギーの導入推進基金ということで、グリーンニューディール基金制度を活用した形で、あくまで事業としますと、防災拠点施設として、災害時に必要なエネルギーを確保するための再生可能エネルギー設備及び蓄電池を一緒に導入することを条件というふうな形になっております。   

佐野市議会 2013-03-01 平成25年  予算審査特別委員会-03月01日−議案説明・質疑−01号

環境政策課長(齋藤和夫) この事業の中身でございますけれども、環境省のほうから栃木県を通じまして交付する再生可能エネルギー等の導入推進基金というふうなことでグリーンニューディール基金を使った制度を使いまして、防災拠点施設として田沼庁舎、災害時に必要なエネルギーを確保するため、再生可能エネルギー施設と蓄電を導入するというふうなことで、財源は国から回ってきたお金ですけれども、とりあえず2,000

栃木市議会 2012-09-07 平成24年  9月定例会(第4回)-09月07日−一般質問

国の補助事業グリーンニューディール基金というのがございます。これを使いまして、新たに整備を予定しています新市庁舎、あるいは栃木メディカルセンターの新たにつくる第1病院等に導入が図れればというふうに考えております。   以上でございます。 ○副議長(大阿久岩人君) 内海議員。                

小山市議会 2012-06-13 平成24年  6月定例会(第2回)-06月13日−04号

これを契機に、以前より増して再生可能エネルギーに対して市民や事業者の関心が高まっているところであり、このような中、国において地方公共団体等の防災拠点への再生可能エネルギーの導入を支援するグリーンニューディール基金を活用して、市公共施設太陽光発電パネル設置とあわせ、夜間でも使用可能とするために蓄電池と組み合わせた事業要望を、県を通じ国へ提出したところであります。

栃木市議会 2012-06-08 平成24年  6月定例会(第3回)-06月08日−一般質問

今、県に環境省予算再生可能エネルギー等導入推進基金、別名グリーンニューディール基金と言われる10億円の基金が設立されているのをご存じでしょうか。これは再生エネルギー導入にかかわる計画策定事業や公共施設などにおける再生エネルギー導入事業の10分の10の補助金です。防災拠点災害時に機能を保持すべき公共施設が対象です。これは活用すべきだと思います。基本的に栃木市の腹は痛みません。

鹿沼市議会 2011-12-20 平成23年第6回定例会(第5日12月20日)

また、一部の場所においては、グリーンニューディール基金の活用によりLED器具の取りかえを行いながら、そのほかのものに関しては老朽化しているものから順次順番にLED器具へ取りかえるとし、約2万4,000基ある器具を10年で交換する計画を推進しているという事業でした。  次に、草津市では災害対策の推進のうち建築物の浸水対策に関する条例について視察してまいりました。

芳賀町議会 2011-12-02 平成23年 12月 定例会(第8回)-12月02日−03号

今、第3次補正のことがありましたが、今回、そういう中で、これ環境省のほうの補助の概要についての資料なんですけれども、この災害の処理の補助としまして、地域グリーンニューディール基金の拡充というものを行って、それを財源として地方支援ということで災害廃棄物処理事業に充てるということで、平均でも95%以上の普通交付税と。さらに、残り5%は特別交付税扱いというようなことが出ております。  以上です。

小山市議会 2011-09-20 平成23年  決算審査特別委員会-09月20日−01号

この事業は、30ページの下から2項目めの建物等修繕工事費に含まれており、国のグリーンニューディール基金を活用し、庁舎内の蛍光灯を高効率反射板を採用した1灯式の照明器具に改修し、プルスイッチにより、必要なところだけの点灯可能といたしました。また、庁舎南側及び西側の窓に熱反射フィルムを張りつけることにより、冷暖房効率を向上させて省エネ化を図りました。

芳賀町議会 2011-06-15 平成23年  6月 定例会(第5回)-06月15日−02号

また、公共施設における太陽光発電については、地球温暖化防止対策の率先した取り組みとして、平成23年度に「とちぎグリーンニューディール事業」を活用し、役場庁舎に太陽光発電システム設置や照明のLED化を計画しています。その他の公共施設についても、自然エネルギーの活用を検討するとともに、町民への啓発を広報紙やホームページなどでPRしてまいります。  

矢板市議会 2010-12-07 平成22年 12月 定例会(第306回)-12月07日−03号

役所本庁舎におきましても、本年度、とちぎグリーンニューディール事業を導入いたしまして、空調設備については高効率冷暖房エアコンにかえ、照明器具につきましては、一般蛍光灯器具からHf型蛍光灯器具にかえ、それぞれの効率化を図り、消費電力を抑え、ランニングコストの削減を図っているところであります。  

芳賀町議会 2010-06-03 平成22年  6月 定例会(第5回)-06月03日−02号

公共施設における太陽光発電については、温暖化防止対策の率先した取り組みとして、平成23年度に「とちぎグリーンニューディール事業」を活用し、役場庁舎へ太陽光発電システム設置と、照明のLED化を計画しています。  LED防犯灯につきましては、平成21年度から設置しています。今後、設置する防犯灯はすべてLEDにしていく予定です。各家庭においても、LED照明の設置を推進していきたいと考えています。  

那須塩原市議会 2010-03-12 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月12日−05号

日本の持続可能性がだめになるかもしれないなど話されて、急ぎ、日本グリーンニューディールを急げ。スマートグリッド。再生エネルギーで先頭に立て。それと建物の暖房化、省エネルギー化、食の安心・安全農業輸出産業に育てよ。子どもを社会で育てる、充実させる等の内容だったと思います。  金子先生の講演が企画されているということですが、私も一度宇都宮のほうで聞いたことがあります。

  • 1
  • 2