43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−04号

活用事例といたしましては、図書館を初めとする公共施設の利用者カードの一元化や電子申請等の取り組みが一部の自治体で始まっているほか、クレジットカードのポイントやマイレージの活用など民間の事業所との連携についても検討が進められております。  市といたしましても、利用者の利便性や導入の効果を勘案し、電子申請等に活用していく予定でございます。  

足利市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−一般質問−03号

近年オンラインショップで買い物をする場合、年代にもよりますが、クレジットカードを主要な決済手段として利用している方が多くなってきております。公共料金の支払いなどに目を転じますと、水道料金に代表される料や自動車税に代表される税については、クレジット決済を導入している自治体がふえてきており、税のクレジットカード納付を実施してきております。

那須塩原市議会 2017-05-12 平成29年  5月 臨時会(第2回)-05月12日−01号

被害はことし3月から東京都クレジットカードお支払いサイト36万4,000人、ニッポン放送5万7,000人、住宅金融支援機構4万1,000人、ジェトロ2万6,000人、総務省から2,300人など、こういった情報が漏れているという報道がされております。  今回の調査対象でない未上場企業や官公庁、自治体学校なども個人情報漏えい事故は多発しています。

足利市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月12日−一般質問−03号

具体的には、寄附申請は、持参による受け付けやファクスのほか、インターネットからの受け付けも可能となっており、払い込みについては、現金での受け入れや銀行振り込み、現金書留に加え、クレジットカード払いの方法も可能となっています。このように、寄附者の負担を軽減する取り組みは寄附者の増加につながると考えられることから、さらなる寄附環境の整備と積極的なPRに努めてまいります。   

佐野市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月09日−一般質問−05号

クレジットカードを首にぶら下げる以上に非常に危険で、個人情報が心配であると。マイナンバー法では、マイナンバーカードをつくることは任意であるが、業務でつくらなければならないとなると、財産、税金、収入などの情報を首にぶら下げることになるし、将来的にキャッシュカードの役割にもなるので、紛失、盗難も心配だと。

那須町議会 2016-11-30 平成28年 12月 定例会(第4回)-11月30日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

2目賦課徴収費4,230万4,000円は、クレジットカードによる収納システム導入費用及び固定資産税等の過誤納還付金の補正であります。  4項1目情報管理費654万8,000円は、工事等に伴う光ファイバーの移転業務委託費の補正であります。  3款民生費、1項1目社会福祉総務費767万円は、職員費及び臨時職員費の補正であります。  

佐野市議会 2016-09-07 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月07日−一般質問−03号

そして、クレジットカードの附帯保険などがありますので、自分がどの保険加入しているか、保険内容を確認することが肝要であります。個人賠償責任保険は、1世帯で1人加入していれば、その世帯全員が補償の対象になるそうですが、保険会社によっては対象者の範囲が狭まれている内容の保険があるとのことですので、こちらも確認していただきたいと思います。   そこで、何点かお伺いをいたします。

塩谷町議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月09日−02号

きのうですか、宇都宮のも出ていましたけれども、ほかはインターネットによるクレジットカードの決済機能を導入したり、その返礼品も寄附額の半分なんですね、那珂川町なんか。1万円に対してだと5,000円。うちのほうは、ホームページ見たら2万円に対して5,000円程度の返礼品とあるんですけれども、その辺が結局ふるさと納税に対しての魅力、実際、魅力はないんだと思うんですね、町外の方に。

矢板市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会(第339回)-03月07日−02号

さらに、手続の利便性向上のため、インターネット申し込み及びクレジットカード決済の導入をいたしましたが、寄附申し込みのうち98.2%がインターネットからの申し込み、納付の83.4%がカード決済となっており、導入後の寄附状況からも利用者に使いやすい環境が整備できているものと考えております。  

那須町議会 2016-03-03 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月03日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

平成20年度から取り組んでおりますふるさと納税について、平成27年度からインターネットでの申し込み及びクレジットカード決済を取り入れ、手続の簡素化を図りました。  また、寄附に対する感謝の気持ちといたしましてお送りしております那須ブランド等の特産品に、「那須和牛」を新たに加えたほか、那須町の特性を生かし、宿泊やレジャー等にご利用いただける「那須町応援券」を用意いたしました。  

真岡市議会 2016-02-25 平成28年  2月 定例会(第1回)-02月25日−議案質疑、一般質問−03号

なぜならば、万が一流出などで悪意使用された場合、例えば銀行口座をつくられ犯罪に使われる、クレジットカードをつくられ引き落とされる、知らない人と結婚していることになっている、自分名義の車が犯罪に使われる、住民票が移転されていて誰かが住んでいる、印鑑登録がされていていろんな契約がされている、携帯電話契約がされていて犯罪に使われる、大げさな考え方かもしれませんが、これらのことも考えられます。

那須塩原市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月15日−08号

市民には身分証明書になりますが、クレジットカードのスキミングのような犯罪に利用される可能性が高まります。個人情報保護の観点からも危険です。  政府は、番号通知カードがことし中に届けられるのかめどが立たないまま任意の個人番号カードを来年1月から3カ月間で1,000万人に普及させたい方針です。

足利市議会 2015-12-08 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月08日−一般質問−02号

平成26年10月、一般社団法人格を取得したことに伴い、太平記館、あし・ナビでのクレジットカード決済、アルコール類の販売を始めることができました。また、平成27年8月には、中心市街地の土地を取得し、観光駐車場として整備するなど、観光振興に貢献しています。   組織活性化のための課題としては、法人格取得後間もないことから、組織力の強化などが挙げられます。

栃木市議会 2015-12-02 平成27年 12月定例会(第5回)-12月02日−一般質問

また、情報国家公務員身分証、クレジットカード、キャッシングカード、診察券のワンカード化、運転免許教員免許学歴証明と一体化をされます。国民は、カードがなければ生活が成り立たなくなります。まさに実質的な強制であります。国家によるストーカー行為と呼んでいる方もいらっしゃいます。   

栃木市議会 2015-09-25 平成27年  9月定例会(第3回)-09月25日−委員長報告・討論・採決

また、情報の活用、蓄積は来年、2016年、国家公務員身分証、2017年はクレジットカード、キャッシュカード、診察券のワンカード化、運転免許教員免許学歴証明との一体化など拡大する一方であります。現在では強制ではないと言っていますが、カードがないと生活や社会参加が成り立たなくなり、実質強制をたどるのは誰の目にも明らかであります。   

佐野市議会 2015-09-24 平成27年  決算審査特別委員会-09月24日−議案説明・質疑−03号

一方最近なのですけれども、ほかの市でもいろいろやられていると思うのですが、他市では収納の利便性向上として収納の口座振替の簡素化とか、クレジットカードのようにして、端末でぱっと自分でできるとか、そういうこともいろいろと検討しているというようなのですけれども、これに対する佐野市の考え方、どう思っているか、お聞きしたいと思います。 ○委員長(大川圭吾) 収納課長

さくら市議会 2015-06-09 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月09日−03号

また、各自治体は特典の充実を図る一方、クレジットカード払いを可能とするなど寄附者の利便性の向上にも努めておるところであります。  そこで、昨年度の寄附金が33件、221万円と低迷をしている本市のふるさと納税の状況をどのように改善し、財源確保に取り組んでいくのか、市長に伺います。 ○議長(大橋悦男君) 市長。      

那須町議会 2015-03-09 平成27年  3月 定例会(第2回)-03月09日−議案質疑−01号

ふるさと納税推進事業では、ふるさと納税にインターネットによる申し込みとクレジットカード決済を導入し、皆様からのふるさとへの思いに応えられる魅力あるまちづくりに努めるため、ふるさと納税を推進してまいります。  なお、平成27年度は、5年に1度の「国勢調査」の実施の年度となります。  統計法に基づき、日本に居住する全ての人及び世帯を対象に実施される、国の最も重要かつ基本的な統計調査となります。