43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

次に、壬生発電所の事業規模や容量についてでありますが、敷地面積は6万7,000平方メートル、出力は1万8,000キロワットで、一般家庭約4万2,000世帯に安定供給できる電力であると聞いております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  小島実議員。 ○14番 小島 実 議員  答弁ありがとうございます。  いくつか再質問させていただきます。  

益子町議会 2016-12-05 12月05日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

◆8番(岩﨑秀樹) 上代価格が幾らではなくて、1キロワットが大体幾らぐらいというのが目安になってくるので、それに対してお幾らになっているのか、ちょっと質問したかったのですけれども、そうなってしまうと逆のお答えになってしまうので、何キロワットぐらいのものを2基というのがわかれば、大体幾らぐらいのあれになるかというとかがわかってくると思うのですけれども、性能がわからないとちょっとあれなのですけれども、お

野木町議会 2016-09-15 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月15日−03号

その栃木県補助基準額は、太陽光発電キロワット当たり80万円、蓄電設備は1キロワットアワー当たり60万円であります。また、設置場所が特殊な形状だったり、山間部など、特に運搬費がかかる場所だったり、さらに太陽光パネルの周囲にネットフェンスを張るなどの付加的な工事を行わなければ、この補助基準額をもってほぼ設置できる金額としております。

野木町議会 2016-06-08 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月08日−02号

政策課長(寳示戸浩君) 役場庁舎に設置いたしました太陽光発電設備ですけれども、16.2キロワット、蓄電池設備につきましては15キロワット・アワーの能力を持っております。こちらですけれども、通常時におきましては太陽光で発電されました電力を蓄電池へ充電いたします。余剰電力につきましては、一般照明などへ供給しておるということになっております。

那須町議会 2016-03-07 03月07日-03号

◆12番(平山忠君) 時間もなくなりましたが、今課長から言われたように、町長の答弁の中にありましたが、実際バイオマス発電をした場合には、今那珂川町では2,500キロワットでやっておりますが、今計画中であります年間5,000キロワットですか、そのような発電も計画が他方でされているということでございます。となれば、材木が足らないというのはもう目に見えて、私もわかっております。

鹿沼市議会 2014-09-10 平成26年第3回定例会(第2日 9月10日)

施設貸し出しによる物件と契約状況についてでありますが、対象施設は磯町の一般廃棄物最終処分場、鹿沼フェニックス内の南側の土地で、面積は約6,000平方メートル発電能力は400キロワット程度を見込んでおります。  現在、公募型プロポーザル方式により事業者を募集しています。  次に、鹿沼フェニックス地内を選定した経緯についてお答えします。  

益子町議会 2014-03-10 03月10日-議案説明・総括質疑・委員会付託-05号

太陽光発電の出力は10キロワット、蓄電池は15キロワットでございます。なお、フォレスト益子は緊急避難所、いわゆる災害時における避難所に指定されておりますので、その避難のための電力を賄うような形で考えております。通常はフォレストの部分での運営にも使いますし、そういった緊急避難的な部分での対応ができるような形で設置するものでございます。 ○議長(小杉守利) 13番、上野康雄君。

野木町議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会(第6回)-09月10日−04号

非常時の災害対策本部の電源は発電機により確保しておりますが、平成26年度に15キロワット太陽光発電設備、蓄電設備を整備し、さらに発電機についても増設を行い、非常用の電源を充実させていきたいと考えております。  次に、住民避難所の非常用電源設備と水の確保及び収容人数等についてにお答えいたします。  

鹿沼市議会 2013-06-14 平成25年第2回定例会(第4日 6月14日)

施設改修につきましては、発電量160キロワット程度の小型蒸気発電機を設置し、エネルギー回収率の向上を図り、省電力機器や高効率電動機の採用により、省エネルギー化を図ります。  また、老朽化した装置の更新により稼働率を改善し、信頼性の向上を図ることとしています。  運転管理につきましては、現行の1日16時間准連続運転から、24時間連続運転に切り替え、職員による直営運転管理の継続を考えています。  

鹿沼市議会 2013-03-08 平成25年第1回定例会(第4日 3月 8日)

この補助金は、新エネルギー設備導入を促進し、地球温暖化対策を推進するため、市内に太陽光発電設備等の新エネルギー設備を新たに設置する方に対し、太陽光発電、風力発電等の設備には1キロワット当たり1万5,000円で上限6万円、太陽熱利用設備は本体価格の10%で上限4万円を補助するものであり、補助の件数は250件を見込んでおります。  

鹿沼市議会 2013-03-07 平成25年第1回定例会(第3日 3月 7日)

先日も鹿沼市において小水力発電の試作発表会があり、3キロワットの電気ができたことに、夢と希望、期待が生まれました。私もこの事業に大いに期待をしている一人であります。  さて、電気料金の値上げが実施されています。平成24年9月1日より電気料金の値上げがされ、平成25年5月の支払いに反映されるそうであります。  そこで電気と絡めて、身近な公共設備として防犯灯を取り上げたいと考えました。  

鹿沼市議会 2012-09-13 平成24年第3回定例会(第3日 9月13日)

発電量につきましては、ごみ処理施設大規模改修基礎調査の報告では、現在の建屋の規模・形状を大きく変更しない範囲でボイラーを設置することとしていますので、導入できる発電機は小型のものとなり、発電量は160キロワット程度が考えられますが、今後策定します長寿命化計画の中で決定をする予定です。  

鹿沼市議会 2012-09-12 平成24年第3回定例会(第2日 9月12日)

次に、契約内容の概要でありますが、新電力導入の契約は、各施設契約電力電力使用量が異なるため、各施設ごとに単価契約をし、基本料金1キロワットアワー当たり1,277.64円、から1,556.10円。従量料金として使用量1キロワットアワー当たり夏季料金で12.99円から15.82円、その他の季節料金として12.13円から14.77円と、各施設ごと異なった契約単価となっております。