13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

足利市議会 2018-12-13 12月13日-一般質問-04号

近年、イノシシや鹿、キジそういった鳥獣公園や民家にまで餌を求めて出没し、子供やお年寄りから不安の声が上がっております。市民安全安心が脅かされ、山前公園守る会や山前観光協会の皆様が定期的に清掃や草刈りなどボランティアで整備をしている貴重な資源であります。この公園の貴重な花壇や散歩道が破壊されておりますけれども、現在の被害状況と今後の対策についてお伺いをいたします。

那須塩原市議会 2018-06-08 06月08日-05号

多分、市長だったらご存じだと思うんですが、そのとき、本当に熊の肉と鹿の肉とキジの肉を入れて大鍋で巻狩鍋をつくりました。僕、そのときつくっていたんですけれども、非常に熊の肉からあくが出て、大鍋でやっていてあくがとれないんです。

益子町議会 2016-09-06 09月06日-一般質問・議案説明・質疑・討論・採決-02号

◆7番(日渡守) 大きな1番のところに関係しますけれども、役場周辺、現在この周辺を見ますと特に南側には耕作放棄地等の田んぼがあったり、住民の話ではキジとかタヌキがいるなどという話も聞いております。用水なども周囲に草が生い茂りまして、悪水が流れて若干不衛生な感もいたします。景観もよくありません。こういう実態を把握して、対策を考えるべきと私は考えますけれども、いかがでしょうか、お願いします。

野木町議会 2016-06-09 06月09日-03号

キツネ、タヌキ、イタチ、キジ、コジュケイ等、このように人間と動物がこの平地林を介して共存しているということを強く感じております。 樹木にもマイナスな面がないわけではありません。倒木や枝により建物や車などを傷つけたり、破損させたり、また人間にも傷つけることがあるかと思います。これから管理もしっかり行わないといけないと思っています。

小山市議会 2016-06-07 06月07日-03号

これはキジです。私が小山に住んだときには近くにもおりました。国鳥になっております。ニホンイタチです。霞堤の遊歩道を移動中だったということです。これはチュウサギです。やはりカエルなどを捕食していたということで、堤防からも見られます。これらはここにすんでいる生き物の一部ですが、渡良瀬遊水地からハイイロチュウヒも飛んできて、すぐそばの両毛線鉄橋まで上がってくるということもあります。

那須塩原市議会 2008-03-06 03月06日-05号

続けてもう一つお伺いいたしますけれども、過去に学校事業か、林務環境の事務所の事業かわかりませんけれども、大山小学校キジ放鳥がありました。それと今年度、南那須で学校と団体で、協議会と思うんですが、キジ放鳥の報道がありましたが、この那須塩原市においては最近ではあったか、これから計画はあるか、この2点についてお伺いいたします。 ○議長植木弘行君) 教育長

那須町議会 2007-12-07 12月07日-01号

また、9月13日には昭和42年から継続して行われておりますヤマドリキジのご放鳥をみずからの手でなされております。 行幸啓還幸啓にはそれぞれ那須御用邸におきまして私と議長がお迎え、お送りを申し上げました。 次に、入札関係でございますが、この落札結果につきましては、1件500万円以上の状況を報告申し上げたいと存じます。 

鹿沼市議会 2006-09-15 平成18年第5回定例会(第4日 9月15日)

日本チョウは、日本の国の、例えば木は桜だと、鳥はキジだとか、いろいろあるわけでございますが、オオムラサキというのがチョウチョウでは国蝶と言われております。この国蝶オオムラサキエノキだけに寄生する昆虫でございまして、その寄居のエノキには木としての名木よりも、むしろ7月、8月の羽化期には、このオオムラサキが群生するわけです。あのエノキにあの美しいオオムラサキが群生するわけであります。

那須塩原市議会 2006-03-07 03月07日-03号

次に、塩原キジ、カラスカモ等捕獲等で30万、クマシカ等対策捕獲等で40万、サルについては25万、それぞれ見ております。 それで、捕獲関係の18年度の予算に対する予定等につきましては、サルのみの予定を見ているわけなんですけれども、塩原につきましては約50頭ぐらいの捕獲を見ております。黒磯につきましては30頭前後の捕獲を見ております。 以上でございます。

栃木市議会 2001-06-13 06月13日-02号

私自身、この地で1日過ごしましたが、さわやかに吹く風、小虫の羽音、小鳥のさえずる声、そして遠くで鳴くキジの声を聞いて、時間がたゆとうようにゆっくりと流れていくのを実感したのであります。まさに命がよみがえっていく思いでありました。  さて、こんな思いで家に帰ると、5月31日に武部農水相経済財政諮問会議で農業などの構造改革方向性をまとめた私案を発表したことが報道されました。

真岡市議会 1999-06-15 06月15日-03号

自然をどのように残していくかと、開発という場合にはいつも自然をどのように保護し、残していくかということが課題になるわけでありますけれども、そういう中で橋の上下というのは汚れているとか、あるいはボラであるとかと言いますけれども、あそこはそういう意味で、非常に貴重な野鳥の生息場所になっておりまして、特にそういうことから猟友会からも再三の要望もありましても、あそこは猟友禁止ということにしてありまして、特にキジ

佐野市議会 1981-06-07 06月07日-議案質疑・委員会付託-03号

魅力と活力ある産業づくりですが、大綱に書いてある林道基盤整備必要性よりも山間部に在住する市民にとってはシカ、猿、イノシシキジなどの鳥類、そして時にはクマなどによる農作物への被害の方が緊急かつ重大な悩みだと思います。これらの鳥獣類による被害を最小限にする施策などはないのでしょうか。

  • 1