226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2020-02-27 02月27日-02号

フランスアメリカイタリアイギリスアイルランドスペイン、デンマーク、カナダ、オーストラリア、インド、台湾中国コロンビアなど多国に及んでおります。平成30年3月24日、都内でアイルランドコロンビアイギリススペイン被害者参加した「世界HPVワクチン被害者は今」と題した国際シンポジウムが開催されました。

市貝町議会 2019-09-05 09月05日-03号

平成15年度から平成21年度の7年間は、各年度とも生徒12名をカナダへ、平成22年度オーストラリア生徒12名を、平成23年度については東日本大震災影響で事業を見合わせており、平成24年度から平成27年度までの4年間は、各年度とも生徒12名をマレーシアシンガポールへ派遣いたしました。 なお、平成24年度のみ、前年度に派遣を見合わせた3年生8名を含めた20名を派遣しております。 

鹿沼市議会 2019-07-31 令和元年第3回定例会(第2日 7月31日)

多い順に言いますと、韓国が11人、中国が8人、アメリカが6人、イギリススペインが4人、カナダフランスが3人、台湾・香港・トルコ・ニュージーランドが2人、コスタリカが1名ということで、本市にも様々な国からの来訪者がいらっしゃることがわかっております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  鈴木敏雄議員。 ○11番 鈴木敏雄 議員  ありがとうございます。

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

国内リサイクルしきれずに、だから外国リサイクル用資源として輸出し、何でも構わず、汚れたまま輸出したりするから、中国からも断られ、続いて今度はマレーシアからも断られ、マレーシアは、日本アメリカカナダ、オーストラリアなどへ送り返す。マレーシア政府ヨー・ビーイン環境相は「マレーシアプラごみ不法処理の煙などで空気や水が汚染されている。

壬生町議会 2019-03-14 03月14日-03号

TPPをめぐる状況について、参加11カ国のうち、日本カナダ、メキシコシンガポールニュージーランドオーストラリアなどで国内手続が完了したことから、昨年12月30日に発効されましたが、米、麦、牛肉豚肉などの重要5品目については、国家貿易枠組み一定程度関税を維持していくことになったため、米、麦などに関して急激な状況変化影響は少ないものと考えております。 

壬生町議会 2019-03-14 03月14日-03号

TPPをめぐる状況について、参加11カ国のうち、日本カナダ、メキシコシンガポールニュージーランドオーストラリアなどで国内手続が完了したことから、昨年12月30日に発効されましたが、米、麦、牛肉豚肉などの重要5品目については、国家貿易枠組み一定程度関税を維持していくことになったため、米、麦などに関して急激な状況変化影響は少ないものと考えております。 

矢板市議会 2019-03-04 03月04日-02号

実は、いろいろな映像がインターネット上で見ることができると思うんですけれども、TEDというアメリカ合衆国のニューヨーク市に本部がある企業があるんですが、カナダ、アメリカなどで講演会TEDカンファレンスというのを開催しています。最近では、札幌でも日本語により開催されています。例えばそういったものを授業として使って、ディスカッションやディベートに持っていくと大変効果的であると思います。 

下野市議会 2018-12-13 12月13日-05号

受診時の窓口負担については、ヨーロッパ諸国カナダなどでは公約医療制度窓口負担はゼロか、あっても少額の定額制です。日本においても1980年までは健保本人は無料、老人医療制度でした。しかし、この間、70歳から75歳の窓口負担は段階的に1割から2割になりました。 そして、後期高齢者医療制度についても、窓口負担を1割から2割にしようとしております。

鹿沼市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日)

また、長崎県の小値賀町では、3年前から、議場で一般質問が終わるたびに、傍聴者に「質問や意見がある方はいますか」と聞く「模擬公聴会」を続けているそうで、カナダ留学経験のある議会事務局職員が、「カナダ地方議会では傍聴者が自由に発言できる」と話したことがきっかけだったそうです。  今日は、急な呼びかけにもかかわらず、たくさんの皆様が傍聴に来てくださいました。

真岡市議会 2018-06-11 06月11日-02号

先進諸国を眺めてみても、例えばカナダなどはどこの町並みも清潔で、環境整備はそれぞれの家庭が責任を持って行う行政指導が徹底されているようであります。巡回の強化、防犯カメラの設置、モラルの高揚のための市民向け研修制度など、さまざまな解決策は考えられますが、本市不法投棄の現状と防止に対して、未然にどのような対策を講じているかお聞きいたします。  

大田原市議会 2018-03-02 03月02日-04号

◆21番(本澤節子君) 私は、最初にクリーンセンターがあそこに来る前に、カナダを見てきまして、現地ではリサイクルを本当に真剣にやっております。瓶などもメーカーに一定負担をしてもらうという形で返していくというやり方をやっております。私は議会で、ごみであれ、木材であれ、燃せば必ずたくさんの汚染物質が空中に舞うのだということを指摘してまいりました。

那珂川町議会 2017-09-21 09月21日-03号

ただし、実際に処分場が決定しているのはフィンランドスウェーデンのみで、フランス精密調査カナダ概要調査まで進んでいますが、日本韓国ドイツイギリスアメリカ文献調査までたどり着いていないのが実態でございます。これら諸外国の例を参考に、国は住民や地域の理解を得ながら進めることが絶対的に必要であると認識し、平成24年の方針変更に至ったとしております。以上でございます。