57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢板市議会 2017-03-06 03月06日-02号

温室効果ガス別地球温暖化への寄与は、二酸化炭素76.7%、メタン14.3%、一酸化二窒素7.9%、オゾン破壊物質でもあるフロンが1.1%となっております。つまり、石油石炭など化石燃料の燃焼などによって排出される二酸化炭素が最大の温暖化原因と言えます。 二酸化炭素濃度産業革命前の280ppmから2013年には400ppmを超え、実に40%以上も増加しております。 

矢板市議会 2015-06-16 06月16日-03号

最後に、目標の達成に向けてどのような取り組みを実施するのかについてですが、環境基本計画の中で、「地球温暖化対策推進」の項目に4つ方針を掲げており、1つ、総合的・計画的な地球温暖化対策オゾン保護など地球環境保全、2つ、省エネ行動省エネ対策推進、3つ、環境にやさしい自動車利用推進4つ環境にやさしい企業の育成についての施策推進することとしております。 

高根沢町議会 2012-06-07 06月07日-03号

突風しかり、ゲリラ豪雨しかり、オゾン破壊による最近の気候変化などに、住民はナーバスになっています。そのための施策は急を要すると考えられます。 以上の理由から、次項についてただします。 1点目に、快適な生活を維持するための自然環境と大気、水の生活環境保全対策は、いかにしていくべきなのでしょうか。当局の見解と方針を伺います。

足利市議会 2011-12-09 12月09日-一般質問-04号

地球温暖化によります急激な気候変動オゾン破壊など、生活環境自然環境の分野を超え、地球規模生態系への影響、農林水産業への打撃、被害の激化など、私たち経済社会活動にさまざまな悪影響を及ぼしており、人類のみならず、地球上すべての生き物の生存基盤にかかわる環境問題が顕在化している中で、本市の環境基本計画につきましては、平成11年3月に計画期間10年の第1次計画を策定し、新たな環境問題の解決に向け

那珂川町議会 2011-06-09 06月09日-03号

第1号には人の健康や生活環境に関すること、第2号には廃棄物発生抑制及びリサイクルの促進等に関すること、第3号には、生物の生息及び生態系に関すること、第4号には水と緑を生かした良好な都市景観整備に関すること、そして第5号でありますが、地球温暖化防止オゾン保護等に関することが明記されております。

那須町議会 2011-06-06 06月06日-02号

産業廃棄物不法投棄地球温暖化対策ごみ減量対策、果ては森林破壊から酸性雨オゾン破壊から食料危機まで及びます。また、本町の那須温泉地域温暖化対策協議会によります温泉熱を活用した那須温泉地域CO2削減計画なども環境負荷低減運動の一環であります。どのような基本条例をつくるかはそれぞれ考え方はあると思いますが、基本自然環境保全や回復、資源有効利用環境負荷低減にあると思います。

小山市議会 2009-09-09 09月09日-04号

地球温暖化オゾン破壊など、地球規模での環境問題は21世紀人類にとって大きな問題となっています。小山市に目を移してみますと、西部には水田及び河川、東部には平地林が広がる水と緑と豊かな環境に包まれておりますが、急速な都市化によって清らかな水と美しい緑は失われつつあります。近年の環境問題の高まりを踏まえ、水と緑の豊かなまちの形成を図り、将来に向け保全継承していく必要があります。  

真岡市議会 2009-06-15 06月15日-02号

日常生活ではなかなか実感のわかない問題かもしれませんが、地球温暖化進行オゾン破壊熱帯林減少など地球規模環境問題はその深刻さを増しています。また、身近なところでは日常生活に伴うごみ生活排水などの都市生活型の環境問題、奥山から里山にわたる森林の荒廃や平地林減少など、私たちの暮らしに密接にかかわるものを含め、環境問題は多岐にわたり、多様化しています。  

栃木市議会 2008-06-13 06月13日-04号

そこには、「オゾンにあいた穴をどうやって防ぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生き返らすのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。どうやって直すのかわからないものを壊し続けるのは、もうやめてください」。

足利市議会 2008-06-12 06月12日-一般質問-03号

オゾンにあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか、あなたは知らないでしょう。そして今砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。どうやって直すかわからないものを壊し続けるのはもうやめてください。」

さくら市議会 2007-12-06 12月06日-03号

第2点目の環境問題についてでありますが、温暖化によるオゾン破壊ということで、個人住宅などはガス石油などを使わないオール電化住宅が進む中で、新築の民間住宅におきましては、ほとんどがオール電化になっております。太陽光発電においては、平成18年度までは国の補助があったわけでございますが、国の補助がなくなった後は、各市町村独自で補助金を出すようになったわけでございます。

真岡市議会 2007-09-10 09月10日-02号

温室効果ガスCO2の削減問題、それからオゾン破壊熱帯雨林減少資源大量消費、さらには石油石炭など、化石年利用消費により地球温暖化が進み、異常気象世界各地で多発しておりまして、農作物の育成や食糧の供給不安まで心配されるようになりました。このようなことを考えるとき、ことしの8月の猛暑地球温暖化原因かと想像されます。  

さくら市議会 2007-03-07 03月07日-03号

このように、総合的な減量化促進に取り組んでいるところでありますが、大量生産大量消費大量廃棄型の社会から発生している地球温暖化オゾン破壊など、さまざまな環境問題に対処するため、市民の皆様のご協力をいただきながら、なお一層のごみ減量化に努力してまいりたいと考えております。 以上であります。 ○議長(小野都基君) 若見孝信君。

栃木市議会 2006-03-07 03月07日-02号

次に、エの持続可能な地球環境保全についてでございますが、地球温暖化オゾン破壊など、地球規模環境問題が深刻さを増しております。また、日常生活でも不法投棄や有害化学物質問題など、生活環境への不安が高まっているところでございます。一方、市民アンケートでは8割近くの市民が栃木市の魅力として自然環境のよさを挙げております。