運営者 Bitlet 姉妹サービス
1106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年文教消防水道常任委員会(第1日目12月12日) それがほかのインフラの管によって干渉を来しているんであれば,それは当然,後から来た人に,これ,ちゃんと敷設,適切な形にやり直してくださいよと。  でないと,今度は道路管理者,これは宇都宮市ですけれど,同じ屋根の下ではないからあれですけれど,企業局とね。でも,そこで,済みませんけど,この占用の許可,これを取り消してくださいよと。不適切な敷設管が入っているんです,埋設管なってるんですよと。 もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) まずは、以前より提案している各集落において分家などの居住を誘導するべき、人口密度の高いエリアやインフラが整っているエリアを設定することについてと、説明会などで使用する地図への記載について見解を伺います。  また、分家以外にも、新規就農者や血縁がある方については、何らかの基準を設けた上で設定したエリア内であれば居住できる制度も活力維持へつながると考えますが、見解を伺います。   もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) 2014年にミャンマーで開催されました、ASEAN交通大臣会合で日ASEANクルーズ振興戦略が採択され、日本とASEANをつなぐ新しい航路の開発やインフラ整備が進められております。  現在、クルーズ振興は我が国の観光戦略として極めて重要な位置を占めています。訪日クルーズの旅客数を2020年には500万人を目指して、今、国が動いているところであります。   もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) 現在の市街地のまま、人口が減少し、居住が低密度化すれば、一定の人口密度に支えられてきた医療・子育て支援・商業等の生活利便施設の撤退や公共インフラの使用料金などの負担増が懸念されます。  また、人口減少・高齢化という人口動態の変化に加え、社会資本の老朽化も進んでおり、厳しい財政制約のもとで、老朽化への対応も求められております。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) さらに、周辺自治体との連携・協力につきましては、今後、人口減少が本格化する中にありましても、本市を含む周辺自治体の広域的な圏域が活力を維持し、持続的に発展していくため、圏域が持つ共通の資源として考えられる、JRや東武鉄道などの交通インフラを初め、相乗効果が期待できる観光資源などの魅力を活用しながら、さらなる連携・協力に取り組むことにより、生活の豊かさの向上や地域経済の活性化を図るなど、周辺自治体との もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 今回、国のほうが出したこのインフラの老朽化に進んだ中で、これまでと違うのはやっぱり予防と、さきに予防しましょうと、それによって長寿命化をしていきましょうと、それが今回出されたこの国の要領だったんだと思うんです。これ具体的に最後にお聞きしたいんですけれども、計画としてはこれいつでき上がりますか。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  建設部長。 もっと読む
2018-12-05 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日) 一つ要望でありますけれども、インフラが整っていない、こういったところに調整区域が当てはまってくるのかなというふうに思います。  水道事業は、かなり拡張・拡幅していますので、そういった意味では賄えている部分は多く鹿沼市内にあると思いますけれども、下水道については、なかなか十分でないところもあると思います。   もっと読む
2018-09-25 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第5日 9月25日) 先進国では、このような考え方が主流となっており、交通インフラは公共財として位置づけられています。  日本では、2013年11月、「交通政策基本法」が成立し、交通権の保証とまではいかないものの、先進国と同様の考え方が位置づけられました。  法律の目的は、「国民生活の安定向上及び国民経済の健全な発展」で、交通施策の理念と実現のために、国などの責務を明らかにしております。 もっと読む
2018-09-19 野木町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−04号 財政の厳しくなる中、適正な財政管理をして、多額の繰越金を補正計上して事業計画を策定し、下期の事業で町民より出ている50数件のインフラ、道路整備等があります。これらに有効に使われることを求めまして……      〔発言する者あり〕 ◆9番(柿沼守君) 反対討論といたします。 ○議長(鈴木孝昌君) 次に、原案に賛成の発言を許可します。       もっと読む
2018-09-18 高根沢町議会 平成30年  9月 定例会(第389回)-09月18日−03号 これらを踏まえ、地方創生が強く打ち出されておりますが、少子高齢化、都市と地方の経済格差、インフラの老朽化、空き家対策など、地域の暮らしに不安要素が生じてきています。  このような中、本町の平成29年度決算をマクロ的視点から見た場合、実質公債費率も4.2%に抑えられ、財政的にも安定した数値が示されています。 もっと読む
2018-09-12 宇都宮市議会 平成30年総務常任委員会(第1日目 9月12日) やっぱり公共性,インフラの1つとして考えたときには,やっぱりそれは自治体ごとにいろいろな個別の手当をしてきたりというところで乗り切ってきた部分があるので,それもなんか宇都宮市は,やっぱりそういうのが全部LRTに集約しようというところで,そういう末端のところがちょっとまだ全然見えにくいというところがあるんだろうなというふうには思います。   もっと読む
2018-09-10 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第4日目 9月10日) その中で、地区計画制度の活用に向けた検討では、運用区域内の農地の状況や道路などのインフラの整備状況、民間事業者の参画などのさまざまな課題があると伺っております。 もっと読む
2018-09-07 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日) 国土交通省の発表によりますと、人的被害としては過去30年間の日本で最多であり、1983年7月の島根県西部で87人が死亡・行方不明となった豪雨による土砂災害以来の大きな人的被害となり、広島市に限れば、1999年、やはり豪雨災害における土砂災害被害を上回った近年まれに見る死者数の多さから、社会問題として大きく扱われた住宅被害、電気・水道・ガスに加えて、交通網が集散する場所であったことから、ライフライン、インフラ もっと読む
2018-09-07 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日) 開設以降、約800億円の競輪収益金を生み出し、インフラの整備や学校建設、消防等施設整備、社会保障費など、貴重な財源として活用され、本市の発展を支えてきました。近年でも貴重な財源として毎年2億円を一般会計に繰り入れることで、本市の財源確保という観点からも重要な事業の一つであり、さらには、本年3月から本場でのミッドナイト競輪の開催が始まり、売り上げが向上していることで、さらなる期待をしております。   もっと読む
2018-09-06 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日) 5番目としまして、インフラ対策です。  道路整備、歩道整備、河川整備、路面性状調査全体の概要を示していただきたいと思います。 ○谷中恵子 副議長  答弁を求めます。  佐藤信市長。 ○佐藤 信 市長  第7次総合計画鹿沼市のビジョンについての質問のうち、人口減少についてお答えをいたします。   もっと読む
2018-09-06 野木町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号 残地を含む周辺の土地の整備、周辺の土地開発、取りつけ道路等インフラの整備についてお答えください。  次に、道の駅設置について。  数年前、私は本町に設置された道の駅検討委員会にみずから手を挙げ、公募委員の1人として参加いたしました。幾たびかの検討会、県内に設置された道の駅の視察・研修等を踏まえ、法制の負担にならないような道の駅の設置をということで、答申を出した記憶がございます。 もっと読む
2018-09-04 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月04日−01号 これらのことを踏まえ、少子高齢化の進行による社会保障費の増、公共施設、インフラの老朽化対策や、新たな行政需要に柔軟に対応するためにも、自主財源の確保や経常経費の削減など、引き続き計画性を持って弾力性のある財政構造の確立に努力されることを期待しております。  まず、一般会計から申し上げます。  審査意見書3ページをごらんください。   もっと読む
2018-06-18 宇都宮市議会 平成30年第2回定例会(第4日目 6月18日) 日本は、敗戦後、海外からODA等の支援を受け、復興への道を歩んだ経験から、ODAによる発展途上国のインフラ整備を進め、政府関係者や海外青年協力隊などの人材を派遣し、環境の改善、技術支援を続けてまいりました。 もっと読む
2018-06-15 那珂川町議会 平成30年第2回(6月)定例会-06月15日−03号 私たちの生活にとってなくてはならない最大のインフラであり、今回は那珂川町に敷設してあります道路の現在の管理状況を確認し、今後の道路管理について住民の皆様に安全に利用していただくことができるような提案をさせていただきたいと思います。また、今後のまちづくりについても若干の提案をさせていただきます。  それでは、質問を始めさせていただきます。 もっと読む
2018-06-15 大田原市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問 そういった点でのインフラ、特にアクセスの道路等についてもしご答弁いただけるのでしたら、市の見解、そしてまた対応等が進んでいるのでしたら、それも含めてご答弁をお願いいたします。 ○議長(高野礼子君) 市長、津久井富雄君。 もっと読む