24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

那須町議会 2020-03-03 03月03日-03号

それによりますと、那須町への特定外来生物移入状況といたしましては、哺乳類ではアライグマまた従来栃木県には生息していないと言われておりましたアメリカミンク、魚類ではオオクチバス、コクチバス、植物ではオオハンゴンソウオオキンケイギクなどが確認されているところでございます。 以上です。 ○議長(薄井博光君) 高橋 輝議員。 ◆1番(高橋輝君) 次の質問に入ります。 

那珂川町議会 2018-03-08 03月08日-04号

また、獣種に応じた被害防止対策につきましては、イノシシニホンザルアライグマなど、その種類に応じて銃器、箱わなによる捕獲侵入防止柵の設置、花火による追い払いなど有効な手段が異なりますので、それぞれの獣種に応じた対策を講じながら鳥獣被害対策実施隊地域住民による自衛対策の連携を図り、対策の充実を目指すものでございます。 

小山市議会 2017-11-30 11月30日-01号

次に、6款農林水産業費において、委員から、鳥獣被害対策事業について、鳥獣被害の件数及び被害額を問う質疑があり、執行部から、平成28年度の鳥獣による農地等被害状況については、イノシシが90アール、100万円の被害があり、14頭を捕獲ハクビシンが12アール、48万円の被害があり、11頭を捕獲アライグマが22アール、34万円の被害があり、1頭を捕獲しましたとの答弁がありました。  

真岡市議会 2016-12-08 12月08日-03号

ちなみに、報償費についてはイノシシ、1頭8,000円、アライグマ、ハクビシンタヌキ、1頭1,000円、カラス、カモについては1羽200円と免許更新代狩猟器具代等の採算の合わな状況下にあります。そこで、狩猟報酬費の値上げはできないのか、また若手ハンターの育成の計画があるかどうかについてお聞きいたします。  次に、大項目3点目、道路行政について。農道等、路面、路肩の修繕であります。

野木町議会 2016-12-07 12月07日-03号

特に、最近では猿も目撃され、ペットが野生化し、アライグマや東南アジアにもともとは生息するネコ科ハクビシンなどもあちらこちらで目撃されております。また、空中から来る体長4センチぐらいになるスズメバチも非常に怖い存在です。 3件目です。2020年、東京で開かれるオリンピックの追加種目になったスポーツクライミングについてです。 

那珂川町議会 2014-06-12 06月12日-03号

有害鳥獣、いろいろと調べますと、アライグマイノシシ、いろいろとあるんですけど、本町の中では顕著に猿問題、大きゅうございます。先週といってもこの間の土曜日、日曜日にグリーンピアなかがわに行ってまいりました。25年前、私はあそこにいました。夜とか昼でもあそこに食べ物を置いていると、猿が全部荒らしてなくなっていました。今回もキャンプに行きました。

那珂川町議会 2013-09-19 09月19日-04号

平成25年度は、猿捕獲用箱わな7基、アライグマ等の小動物捕獲用で14基のわななどの購入を計画しております。次に、鳥獣被害防止緊急捕獲等対策事業推進交付金についてですが、那珂川鳥獣被害防止対策協議会交付を受けまして、猿等捕獲、排除を行った場合に1匹当たり処理に対して報償金を出す制度でございます。平成25年度は145万円の内示を受けております。

鹿沼市議会 2013-09-12 平成25年第3回定例会(第4日 9月12日)

1つ目鳥獣被害防止緊急捕獲等対策事業については、捕獲報償金として、1個体当たりイノシシシカサル成獣、大人のイノシシサルシカですが、に対して6,000円、その幼獣ハクビシンが1,000円、鳥類が200円を支給するもので、捕獲頭数イノシシシカサルで1,250頭、ハクビシンアライグマなどで70頭、鳥類、鳥が200羽と想定して計上いたしました。  

栃木市議会 2012-12-04 12月04日-02号

次期計画につきましては、都賀地域のほか、新たに被害の出始めました大平地域藤岡地域を含めた計画を策定していくこととなりますので、イノシシ、ニホンジカ及びニホンザルのほか、被害が想定されるハクビシンアライグマ等を対象に、各地域被害状況被害区域等把握に努め、これまでの対策を見直しながら、国や県の施策に基づいた有効な計画となるよう努めてまいりたいというふうに考えております。  

小山市議会 2012-09-06 09月06日-03号

(1)アライグマなど防除計画について。最近、国内由来動物とは違う海外由来動物、いわゆるエキゾチックアニマルを飼育する家庭がふえています。その中で、アライグマアメリカ大陸原産、雑食で尾っぽの縞模様が特徴で、一見とてもかわいらしく、しかし現実は飼養の難しい動物です。2005年、特定外来生物に指定され、輸入や飼育、野外で放すとかが禁じられています。

小山市議会 2012-09-05 09月05日-02号

   │  ① 救急体制                    ││   │    │        │  ② フィルムレス対応                ││   │    │        │  ③ 内科体制                    ││   │    │        │2.鳥獣保護事業について                ││   │    │        │ (1) アライグマ

那須町議会 2012-09-04 09月04日-02号

那須地域で繁殖している、町の今後の対応についてというご質問でございますが、特定外来生物につきましては、ただいまご指摘がありましたように、外来生物のうち特に生態系や人の生命・身体、農林水産業などに被害を及ぼしたり、または及ぼすおそれがあるものとして、「特定外来生物による生態系等に係る被害防止に関する法律」により定められた生物で、植物ではオオハンゴンソウオオキンケイギクなどがありまして、また動物ではアライグマ

市貝町議会 2012-05-01 06月05日-01号

この辺ではハクビシンもひどいですけれども、宇都宮あたりまではアライグマ被害がかなりひどいですから。ですから、こういった持ち込まれるものに対する対策というのが、非常に重要なんです。ですから、まずそういった対策をどうするかということ。 それと、今どこでも黄色い花が咲く植物が見られると思います。これセイタカアワダチソウという植物なんです。これはもともと日本になかった、アメリカ原産キク科植物です。

  • 1
  • 2