芳賀町議会 > 2021-01-20 >
02月01日-01号

ツイート シェア
  1. 芳賀町議会 2021-01-20
    02月01日-01号


    取得元: 芳賀町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-05-14
    令和 3年  2月 臨時会(第1回)芳賀町告示第3号 令和3年第1回芳賀町議会臨時会を次のとおり招集する。  令和3年1月20日                             芳賀町長  見目 匡1 期日  令和3年2月1日(月)午前10時2 場所  芳賀町議会議場3 付議事件(1)令和2年度芳賀一般会計補正予算(第9号)               ◯応招・不応招議員応招議員(14名)    1番  中村由美子君      2番  有坂隆志君    3番  江間田信一君      4番  山口菊一郎君    5番  岡田年弘君       6番  大根田周平君    7番  大根田 弘君      8番  北條 勲君    9番  小林一男君      10番  石川 保君   11番  小林俊夫君      12番  岩村治雄君   13番  小林隆志君      14番  小林信二君不応招議員なし)          令和3年第1回芳賀町議会臨時会会議録議事日程(第1号)                   令和3年2月1日(月曜日)午前10時開会日程第1 会議録署名議員指名について日程第2 会期決定について日程第3 議案第1号 令和2年度芳賀一般会計補正予算(第9号)---------------------------------------出席議員(14名)     1番  中村由美子君     2番  有坂隆志君     3番  江間田信一君     4番  山口菊一郎君     5番  岡田年弘君      6番  大根田周平君     7番  大根田 弘君     8番  北條 勲君     9番  小林一男君     10番  石川 保君    11番  小林俊夫君     12番  岩村治雄君    13番  小林隆志君     14番  小林信二欠席議員なし)---------------------------------------地方自治法第121条の規定により説明のために出席した者の職名 町長         見目 匡君   副町長        古谷一良君 教育長        古壕秀一君   総務企画部長総務課長                               大関一雄君 企画課長       齊藤和之君   住民生活部長健康福祉課長                               大根田和久君 子育て支援課長    星 紹子君   建設産業部長都市計画課長                               赤澤幸男君 商工観光課長     山本 篤君事務局職員出席者 議会事務局長     手塚孝幸君   書記         水沼真伸君 書記         伊佐野祐子---------------------------------------開会 午前10時00分 △開会及び開議の宣告 ○議長小林信二君) おはようございます。 ただいまから、令和3年第1回芳賀町議会臨時会開会します。 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これから会議を開きます。 本日の議事日程はあらかじめお手元に配布したとおりであります。---------------------------------------議事日程報告議長小林信二君) 日程に入る前に、諸般報告をします。 地方自治法第121条の規定により、本臨時会における執行機関側説明のため議場出席を求めた者は、町長ほか8名であります。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本臨時会は、議場の扉を開けて、換気を図っております。また、隣席者との飛沫拡散防止のため衝立を設置しております。 これで諸般報告を終わります。---------------------------------------会議録署名議員指名議長小林信二君) 日程第1、会議録署名議員指名をします。 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、7番、大根田弘議員、9番、小林一男議員、両名を指名いたします。---------------------------------------会期決定議長小林信二君) 日程第2、会期の件を議題とします。 本臨時会会期は、本日1日にしたいと思います。 これにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長小林信二君) 異議なしと認めます。 したがって、本臨時会会期は、本日1日と決定しました。---------------------------------------議案第1号の上程、説明質疑討論、採決 ○議長小林信二君) 日程第3、議案第1号 令和2年度芳賀一般会計補正予算(第9号)の件を議題とします。 提出者から提案理由説明を求めます。 町長。     〔町長 見目 匡君 登壇〕 ◎町長見目匡君) 今回の補正予算第9号は、新型コロナウイルス感染症対策及び新型コロナウイルスワクチン接種にかかる費用として、1億350万4,000円を追加し、予算総額を123億4,559万1,000円とするものです。 歳入から説明をいたします。 補正予算に関する説明書4ページ、5ページをお開きください。 第15款国庫支出金1億350万4,000円は、ワクチン接種にかかる国庫負担金6,831万1,000円、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金745万5,000円、ワクチン接種体制確保事業費補助金2,773万8,000円です。 続いて、歳出について説明をいたします。 はじめに、ワクチン接種対応のため、職員人件費人事異動に伴う費用を計上しております。 第4款衛生費は、新型コロナウイルスワクチン接種費といたしまして、会計年度任用職員などの報酬230万1,000円、説明書6ページを御覧ください。ワクチン接種費用6,831万円など、総額9,604万9,000円を計上いたしました。また、保健センター管理運営費空調設備工事費577万5,000円を計上いたしました。 第7款商工費は、緊急事態宣言期間における飲食店営業時間短縮協力金負担金168万円を計上いたしました。 議案書6ページをご覧ください。 第2表繰越明許費は、新型コロナウイルスワクチン接種費に今回予算計上したもののうち9,308万7,000円を令和3年度に繰り越しするものであります。 ○議長小林信二君) これをもって、提案理由説明を終わります。 これから質疑を行います。 質疑はありませんか。 10番、石川保議員。 ◆10番(石川保君) 説明書の5ページをお願いします。 まず、新型コロナウイルスワクチン接種費の中の医師等報酬があります。これ、特別職、8万円になっています。 その次のページ見てもらうと、いわゆる予防接種、上から3行目の、予防接種委託料というのが6,831万とあります。この関係はどういうことなのか、要するに医師等報酬がここに8万計上されて、これはどういう意味合いなのか。それから、予防接種委託料のなかには当然医師報酬等も入っていると思うんですが、その説明をいただきたいということ。それが1点。 それから、もう1点なんですが、6ページ。6ページの一番上のコールセンターってありますけども、コールセンターはどういう会場で行うのか、何人位で行うのか、その辺のところはどういう計画になってるか説明をいただきたいと思います。 それから、接種方法、相対的に接種方法が国の段階でもはっきりしてないと思うんですが、何月頃から始まって、芳賀町の場合、何月頃から始まって、最終的には何月頃に終わるのか、特に気になるのは高齢者もそうなんですが、一方、若い方の小学生とか中学生、こういった方のいわゆるひっくるめて芳賀町民は全て同じ会場とか、同じやり方で接種をするのか、その辺をちょっと説明いただきたいと思います。 ○議長小林信二君) 大根田住民生活部長。 ◎住民生活部長健康福祉課長大根田和久君) 石川議員のご質問お答えいたします。 まず、説明書の5ページにあります報酬の欄の医師等報酬につきまして、8万円につきましては予防接種健康被害調査委員会ということで、予防接種に基づきまして、健康被害が発生したような場合、そちらの調査委員会を設立するものですから、その際に委員となっていただくお医者様への報酬になります。ということで、接種費用の中に、いわゆる、接種する際の医師報酬は含まれるというふうにご理解いただければと思います。 続いて、コールセンターにつきましては、内容的には予約受付相談業務等想定しておりまして、3月から9月の間、2名を人材派遣会社から委託契約のなかで配置を考えております。 それから、方法ということでご質問ありました。これにつきましては、国の方針がまだ定かでない部分多々ございます。ご質問にもありましたが、いつまでにやるかというところもありましたが、国はまだ期限をいつまでにしなさいという明示をしてございません。そういうなかで手掴みのなかでやってるところでございます。いずれにしましても、各種、国の動向を見ながら調整してやっていきたいなというふうに思ってございます。 それから、接種方法は全協の際もご説明をさせていただきましたが、基本的は集団接種を考えたいというふうに思います。 また、学校というお言葉が出ました。実はこれもまだはっきりしていない部分がありまして、一部報道では16才未満のお子様は対象から外すなどという報道もありますが、国は正式にこれに関係するアナウンスはしていないところでございます。それで、まだ方法等、まだ検討に至っていないという部分もございます。ただ、想定しますとお子様に限らず、例えば施設に入所されている高齢者の方などがいらっしゃれば、出来ましたらその施設の内で出かけることなく、提携してるお医者様にお願いできればなというふうに考えてございます。もし、小中学生も対象になるようでございましたら、出向くという方法もあり得るのではないかというふうに、私は今思っているとこでございます。基本的には何度も繰り返しますが、国の動向を見ながら鋭利検討していまいりたいというふうに考えております。 以上でございます。 ○議長小林信二君) ほかに質疑はありませんか。 8番、北條勲議員。 ◆8番(北條勲君) 説明書の6ページの備品費の160万とありますが、これは大きさはどのくらいなのか、そして、ワクチンがどのくらい可能なのか、入るのか。 それと、もう一つ、その下に保健センター空調設備とありますけど、これはこのコロナ対策予防接種のための空調関係をやるのか。そして、どこで予防接種を予定しているのか、そこをお伺いします。
    議長小林信二君) 大根田住民生活部長。 ◎住民生活部長健康福祉課長大根田和久君) お答えいたします。 まず、この備品購入費購入想定している備品なんですが、データを読み取るスキャナー、これ予診票です。予診票を読み込むスキャナー。それから、パネルやパーティションなどの衝立類、それから、簡易ベット、こういった物の購入想定しているものでございます。 北條議員質問のなかで多分ディープフリーザーが高価だという議論だったのではと思われるんですが、ディープフリーザーにつきましては3月中に国から1台町に配布されます。そのディープフリーザー、容量は85リットルというふうに聞いております。何本入るかまではまだ確認はとれておりません。 会場につきましては、今想定をしておりますのは、農トレ体育ホール、ここが一番広くて密にならず、接種に適している場所ではないかなというふうに想定をしてございます。 保健センター工事費につきましては、空調が非常に悪いために工事を実施するものでございまして、直接接種会場としての工事というものではございません。 以上でございます。 ○議長小林信二君) 13番、小林隆志議員。 ◆13番(小林隆志君) 説明書の同じ6ページです。 商工費中小企業振興対策費168万の内容について伺います。 ○議長小林信二君) 山本商工観光課長。 ◎商工観光課長山本篤君) 小林議員質問お答えをいたします。 国の緊急事態宣言を受けまして、営業時間を短縮した飲食店協力金ということで、国、県、町が支払うという交付金の中身でございます。 ○議長小林信二君) 13番、小林隆志議員。 ◆13番(小林隆志君) 協力金そのものということなんですけど、それにしても金額が少ないような感じがするんですが、それについてお伺いいたします。 ○議長小林信二君) 山本商工観光課長。 ◎商工観光課長山本篤君) 1月15日から2月7日まで時間の協力をしていただいた店舗に1日6万円を支払う制度でございますが、6万円のうち、町の負担金として1日2,000円、芳賀町では46店舗飲食営業許可があるお店がございます。事前の調査ではそのうち35店舗について協力いただけることになっております。それですので、2,000円掛ける24日掛ける35店舗で168万円という町の負担金でございます。 ○議長小林信二君) 13番、小林隆志議員。 ◆13番(小林隆志君) 了解しました。 全体的な国の交付金も含めての交付時期はいつぐらいになりますか。 ○議長小林信二君) 山本商工観光課長。 ◎商工観光課長山本篤君) 2月7日、予定では2月7日までの緊急事態宣言なので、2月8日から県で申請の受付が始まります。県でまとめたものを国に報告し、国から交付決定があったもので町に負担金の請求がございます。県では8日から受付して随時、早い所では2月中旬から支払いを開始するという情報でございます。 ○議長小林信二君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 1番、中村議員。 ◆1番(中村由美子君) 5ページのコロナウイルスワクチン接種費の中の業務委託料予約システム初期設定で165万計上されております。一部報道では作業の軽減を目的としてアプリで、LINEアプリを使った予約方法を取り入れてる自治体とかもあるというふうに掲載されておりました。芳賀町で予約のほうはどのように考えているかお伺いしたいと思います。 ○議長小林信二君) 大根田住民生活部長。 ◎住民生活部長健康福祉課長大根田和久君) 中村議員のご質問お答えをします。 予約システム初期設定、こちらは現在、芳賀町が導入しております基幹システムでありますTKCのシステムを利用しての設定を念頭においているものでございます。そういったシステムを使いまして、先ほどご質問がありました、コールセンターに配置する職員などによる予約を受け付けて対応を今現在は考えてございます。LINEアプリ等、出てきたものという報道ですね。私も見ましたが、今現在はその導入までは至っていない、特に高齢者の方なども含めて、まだまだ普及のほうはどうかと思いますので、今現在は現在の芳賀基幹システムであるものを改修しまして、それでの対応を考えております。 以上でございます。 ○議長小林信二君) ほかに質疑はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 これで質疑を終わります。 これから討論を行います。 討論はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長小林信二君) 討論なしと認めます。 これから、議案第1号 令和2年度芳賀一般会計補正予算(第9号)の件を採決します。 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員は起立願います。     〔起立全員〕 ○議長小林信二君) 起立全員であります。 したがって、本案原案のとおり可決されました。---------------------------------------閉会宣言議長小林信二君) これで本臨時会会議に付された事件は全て終了しました。 会議規則第7条の規定により、本日で閉会したいと思います。 ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長小林信二君) 異議なしと認めます。 したがって、本臨時会は本日で閉会することに決定しました。 これをもちまして、令和3年第1回芳賀町議会臨時会閉会します。 お疲れ様でした。 △閉会 午前10時20分地方自治法第123条の規定により署名する。  令和  年  月  日         議長      小林信二         署名議員    大根田 弘         署名議員    小林一男...