市貝町議会 > 2020-03-13 >
03月13日-03号

ツイート シェア
  1. 市貝町議会 2020-03-13
    03月13日-03号


    取得元: 市貝町議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-25
    令和 2年  3月 定例会(第3回)      令和2年第3回市貝町議会定例会(第3号)           令和2年3月13日(金曜日)午前10時開議出席議員(11名)    1番  荒井和一議員  2番  石井 豊議員    5番  豊田 功議員  6番  園部弘子議員    7番  川堀哲男議員  8番  小塙 斉議員    9番  小沢岩夫議員 10番  山川英男議員   11番  高徳義男議員 12番  小泉栄一議員   13番  和久和夫議員欠席議員(1名)    3番  関澤正一議員-----------------------------------説明のための出席者  町長        入野正明   副町長       永山廣美  教育長       小森祥一   総務課長      木性正樹  企画振興課長    岡崎良一   税務課長補佐    関澤孝浩  町民くらし課長   軽部 修   健康福祉課長    國井美由紀  農林課長      川上和幸   建設課長      滝田弘行  会計課長      横山昌夫   こども未来課長   関澤史子  生涯学習課長    渡邉隆憲-----------------------------------本会議の書記  事務局長      久保孝幸   次長        小林陽子-----------------------------------付議事件  別紙のとおり開議宣告  午前10時00分            議事日程(第3号)第1 議案第21号 令和2年度市貝町一般会計予算委員長報告、討論、採決)第2 議案第22号 令和2年度市貝町国民健康保険特別会計予算委員長報告、討論、採決)第3 議案第23号 令和2年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算委員長報告、討論、採決)第4 議案第24号 令和2年度市貝町介護保険特別会計予算委員長報告、討論、採決)第5 議案第25号 令和2年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算委員長報告、討論、採決)第6 議案第26号 令和2年度市貝町公共下水道事業特別会計予算委員長報告、討論、採決)第7 議案第27号 令和2年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算委員長報告、討論、採決)第8 陳情第5号 介護福祉職員の給与を当面4万円引き上げることを国に求める陳情書について(委員長報告、討論、採決)第9 常任委員会の閉会中の継続調査の件第10 議会運営委員会の閉会中の継続調査の件第11 議会広報編集調査特別委員会の閉会中の継続調査件----------------------------------- △開議の宣告 ○議長(和久和夫)  ただいま出席している議員は11名であります。 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。                         (午前10時00分)----------------------------------- △議案第21号~議案第27号の委員長報告、討論、採決 ○議長(和久和夫)  日程第1、議案第21号から日程第7、議案第27号までの7議案を一括議題といたします。 本案については、予算審査特別委員会に付託したものでありますが、委員会での審査終了に伴い、委員長から委員会審査に係る報告書が提出されておりますので、職員に報告書の朗読をさせます。 久保局長。          (事務局朗読) ○議長(和久和夫)  朗読が終わりましたので、これから予算審査特別委員会委員長の報告を求めます。 なお、この委員会は議員全員で構成し、かつ審査を行った関係上、委員長報告に対する質疑は省略いたします。 予算委員長高徳委員。登壇。          (予算審査特別委員長 高徳義男 登壇) ◆予算審査特別委員長高徳義男)  予算審査特別委員会審査報告を申し上げます。 本特別委員会に付託されました議案第21号「令和2年度市貝町一般会計予算」、議案第22号「令和2年度市貝町国民健康保険特別会計予算」、議案第23号「令和2年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算」、議案第24号「令和2年度市貝町介護保険特別会計予算」、議案第25号「令和2年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算」、議案第26号「令和2年度市貝町公共下水道事業特別会計予算」、議案第27号「令和2年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算」の審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。 本特別委員会は、3月5日から11日までの4日間において、午前9時から委員11名の出席を得て、審査を行いました。 現地視察については、委員会の初日である5日の午前中に、令和2年度に実施予定事業箇所、計4か所の視察を行いました。 なお、書類審査に当たりましては、説明のため町長をはじめ、副町長、教育長、各主管課長課長補佐、係長が出席いたしました。また、特別委員会の書記は職員2名でありました。 それでは、審査の概要について申し上げます。 さきに提出された予算書を基に、職員から説明を聴取しながら審査を行いました。 初日の5日は現地視察終了後、建設課所管の審査を行い、6日は総務課、企画振興課、税務課及び会計課所管の審査を、10日には農林課及び教育委員会所管、最終日となる11日には町民くらし課健康福祉課所管についての審査を行いました。 新規事業継続事業の説明を受けた後、これらに対する質疑を行いました。 また、会計ごとに質疑を行い、質疑終結後は討論を省略して直ちに採決をした結果、一般会計国民健康保険特別会計後期高齢者医療特別会計介護保険特別会計農業集落排水事業特別会計公共下水道事業特別会計及び奨学金貸与費特別会計については、挙手全員をもって原案を可決すべきものと決定いたしました。 以上、委員長報告といたします。 ○議長(和久和夫)  ご苦労さまでした。委員長は自席にお戻りください。 これから議案第21号から議案第27号まで順次、討論、採決を行います。 採決は1件ごとに行います。 まず、議案第21号「令和2年度市貝町一般会計予算」について、討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。 小泉議員。登壇。          (12番 小泉栄一 登壇) ◆12番(小泉栄一)  12番、小泉栄一です。 議案第21号「令和2年度市貝町一般会計予算」に対する賛成の討論を行います。 今年1月に内閣府が発表した令和2年度の経済見通しと、経済財政運営基本的態度においては、我が国経済雇用所得環境の改善が続き、経済の好循環が進展する中で、内需を中心とした景気回復が見込まれるとされております。 このような状況の中、本町における令和2年度の予算規模は、一般会計で46億7,400万円、前年度に比べると1.4%減となっております。 予算内容を見ると、主な事業として、私的二次救急医療機関補助事業や、0~2歳児第2子保育料無償化事業、市貝小・赤羽小学校給食室改修事業、また、役場庁舎の移転から20年を越え、今後も長く町民の方が利用できるように、庁舎長寿命化計画策定事業なども新たに計上されております。 町民福祉については、先程述べた私的二次救急医療機関受入れ体制を支援し、迅速な救急医療の発展を図る事業や、市塙保育所空調改修事業予防接種事業、特定健診事業、市貝温泉健康保養センター運営事業等の実施をしていくことで、町民の皆さんの健康づくりに引き続き取り組むことや、農業関連では、町の基幹産業である農業の振興を図っていくもので、耕作不利地における、農地及び農業施設維持保全活動を支援する中山間地域直接支払事業や、サシバの舞う豊かな環境を保全するために必要な規制と環境の有効活用等を含めた条例を制定する、サシバの里環境保全条例策定事業、商工業の振興、特に、町特産である農産物を軸に、第三セクターとして運営している道の駅を核とした多様な事業の展開を期待するものであります。 教育関係については、小中学校教育ICT推進事業小学校デジタル教科書導入事業など、教育環境の充実を図るため、きめ細かな配慮が認められます。 総合的に見ると、町民が明るく住みやすさ暮らしやすさを実感できる、そして、小さなお子さんから高齢のお年寄りに対しても、きめ細かな配慮がなされている来年度の予算に共感を覚えるのと同時に、高く評価できるものであります。 予算の編成に際しては、入野町長をはじめ、担当課が各課からの予算要求に十分なヒアリング審査を行った結果であり、そのご苦労に対して敬意を払うものであります。 来年度においても、様々な新規継続事業に取り組まれていますが、今後も、国・県の各種補助制度を有効に活用し、必要であれば執行部と議会が一体となって要望活動を行うなど、町民の福祉の向上に尽力していきたいと考えております。 また、地方自治体の共通の課題でもある特定財源の確保に努め、町民の安心・安全はもとより、安心して子育てができ、市貝町で暮らす喜びが実感できる町政を強く要望しまして、賛成討論とさせていただきます。 ○議長(和久和夫)  次に、反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第21号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第21号「令和2年度市貝町一般会計予算」は原案のとおり可決されました。 次に、議案第22号「令和2年度市貝町国民健康保険特別会計予算」について、討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。 川堀議員。登壇。          (7番 川堀哲男 登壇) ◆7番(川堀哲男)  7番、川堀哲男。 議案第22号「令和2年度市貝町国民健康保険特別会計予算」について、賛成の立場から討論を行います。 令和2年度の国民健康保険特別会計歳入歳出予算総額は、11億4,000万となり、前年度比2,900万の減となっております。 主な減少の要因としましては、県内各市町の医療費が抑制されたことにより、財政主体である県に対しての納める納付金が減額されたことによるものと思われます。 市町村国保は、被保険者の高齢化や医療技術の高度化などにより、1人当たりの医療費が増加し、財源の確保が厳しい状況にあり、保険者の運営努力だけでは解決できない構造的な問題を抱えている中での、今回の予算は評価できると考えております。 また、今回行われた国民健康保険税税率改正におきましては、かねてから懸案事項であった資産割に対する課税について、これを廃し、所得割への転嫁を行うことにより、所得が少なく資産を所有されている低所得者への配慮がなされた税改正であると考えられます。 一方、保健事業としましては、自己負担なしで受診できる特定健診や、人間ドック、健診委託などの事業の継続を行い、予防は最大の医療であるとの考えに基づき、被保険者に対する保健管理の充実を図り、各種予防事業への積極的な参加の呼びかけや、情報の提供を幅広く実施することにより、医療費の抑制及び町民の健康保持につながるものと確信するものであります。 さらに、データヘルス計画に基づき、当町における疾病の状況分析各種保健事業の対象者の抽出などを行い、地域の包括的なサービス体制の構築を目指す地域包括ケアシステム構築に代表されるような国の施策に資するよう、関係各課や、関係機関との連携の下、きめ細やかな施策が実施されることを期待しております。 国民健康保険に関しましては、財政運営責任主体が平成30年度から、都道府県へ移行され、持続可能な医療保険制度に転換していくための国保制度が進められているところです。町当局におきましても、今までの事務事業に加え、県及び他市町との連携や情報交換を密にしていただき、公益的な運営推進に向けての適切な対応を図っていただきたいと考えております。 また、被保険者がいつでも安心して医療が受けられるよう、引き続き国民健康保険制度の周知と医療費の適正化に努めていただくとともに、国保財政安定化に一層の努力を要望して、賛成の討論といたします。 ○議長(和久和夫)  次に、反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第22号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第22号「令和2年度市貝町国民健康保険特別会計予算」は原案のとおり可決されました。 次に、議案第23号「令和2年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算」について、討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) -------- --------------- -------- --------------------- -------- ------- ----------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------- -------- ------ ------- --------------- ------------------
    ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第23号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第23号「令和2年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算」については原案のとおり可決されました。 次に、議案第24号「令和2年度市貝町介護保険特別会計予算」について、討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。 小塙議員。登壇。          (8番 小塙 斉 登壇) ◆8番(小塙斉)  8番、小塙斉。 ------------ 議案第24号「令和2年度市貝町介護保険特別会計予算」に対する委員長報告について、賛成の立場から討論をさせていただきます。 「令和2年度市貝町介護保険特別会計予算」は、総額9億7,200万円で、令和元年度当初予算と比較しまして、1,400万円1.5%の増となっております。主な増加要因としましては、居宅介護サービス給付費の増であります。そのほかの主な事業としましては、包括的支援事業費、住み慣れた地域で人生を生き抜くための体制整備事業費介護予防教室元気づくり事業認知症総合支援事業認知症カフェ、高齢者への紙おむつ配布事業成年後見制度の推進など、困っている高齢者への支援策も講じられ、高く評価し、感謝を申し上げたいと思います。 包括的支援事業、住み慣れた地域で人生を生き抜くための体制整備事業では、町民1人1人が住み慣れた地域で、人として尊重され尊厳を保って、自分らしく生き抜くために必要不可欠となる在宅生活と、医療、介護が途切れることなく円滑に提供される体制づくりを推進するため、住み慣れた地域で人生を生き抜くための体制整備事業費補助金交付要綱が、来月4月1日からも施行されます。総合病院の開院は7月となっています。開院後、在宅生活と、医療、介護が途切れることなく円滑に提供される体制づくり、病院と町、ほかの介護施設と密に連携を取り、いつまでも町民1人1人が住み慣れた地域で、人として尊重され尊厳を保って、自分らしく生き抜くための体制づくりができることを期待しています。 今後も、一般会計健康診断事後指導など、様々な事業と連携し合い、高齢者の維持増進、いつまでも住み慣れた地域に元気で住み続けられるよう、ご尽力いただき、介護保険事業の適切な運営を図るとともに、予算審査特別委員会で議論されたことについて、十分留意しつつ、着実に事務事業を遂行していただくよう申し添え、本議案に賛成するものといたします。 以上です。 ○議長(和久和夫)  次に、反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第24号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第24号「令和2年度市貝町介護保険特別会計予算」は原案のとおり可決されました。 ----------------------------------------------------------------------------- 次に、議案第25号「令和2年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算」について、討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第25号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第25号「令和2年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算」は原案のとおり可決されました。 次に、議案第26号「令和2年度市貝町公共下水道事業特別会計予算」の討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第26号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第26号「令和2年度市貝町公共下水道事業特別会計予算」は原案のとおり可決されました。 次に、議案第27号「令和2年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算」の討論を行います。 まず、本案に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから議案第27号を採決いたします。 本案に対する委員長報告は可決すべきものであります。 委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。          (起立全員) ○議長(和久和夫)  起立全員であります。 したがって、議案第27号「令和2年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算」については原案のとおり可決されました。----------------------------------- △陳情第5号の委員長報告、討論、採決 ○議長(和久和夫)  日程第8、陳情第5号「介護福祉職員の給与を当面4万円引き上げることを国に求める陳情書について」の件を議題といたします。 本件については、12月議会定例会において、総務民生特別委員会に付託しておきましたが、委員長から陳情審査報告書が提出されておりますので、職員に朗読させます。 久保局長。          (事務局朗読) ○議長(和久和夫)  ここで、総務民生常任委員長の報告を求めます。 石井議員。登壇。          (総務民生常任委員長 石井 豊 登壇) ◆総務民生常任委員長(石井豊)  2番、石井豊。 陳情第5号「介護福祉職員の給与を当面4万円引き上げることを国に求める陳情書について」、以下のように報告いたします。 本委員会に付託されております陳情第5号「介護福祉職員の給与を当面4万円引き上げることを国に求める陳情書について」の件について、審査の過程並びに結果についてご報告申し上げます。 本陳情は令和元年12月5日の第7回議会定例会本会議において、当委員会に付託されたことから、1月15日に総務民生常任委員会を開催し、採択または採択に至るまでの経緯について、協議をしました。 会議の中では、介護福祉職員の慢性的な不足や過重労働に対する賃金の引き上げは必要であるが、給与の改善だけでは介護職員介護福祉職員離職防止に効果があるとは限らない、さらには、過重労働などの介護の抜本的な構造改革などの検証も示されていないため、今後、介護福祉職員処遇改善等に国の改革が行われなければ変わらないとの意見があったことから、お手元の陳情審査報告書のとおり、不採択とすべきものと決したものであります。 以上、報告いたします。 ○議長(和久和夫)  委員長の報告が終わりましたので、これから報告に対する質疑を行います。 質疑ございませんか。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。 委員長には大変ご苦労さまでした。自席にお戻りください。 これから本件について討論を行います。 まず、本件に対する反対者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  次に、賛成者の発言を許します。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  発言がありませんので、以上で討論を終結いたします。 これから陳情第5号を採決いたします。 本件に対する委員長の報告は不採択とすべきものであります。 本件を不採択とすることに賛成の議員の挙手を求めます。          (挙手全員) ○議長(和久和夫)  挙手全員であります。 したがって、陳情第5号「介護福祉職員の給与を当面4万円引き上げることを国に求める陳情書について」の件は不採択とすることに決定いたしました。-----------------------------------常任委員会の閉会中の継続調査の件 ○議長(和久和夫)  日程第9、「常任委員会の閉会中の継続調査の件」を議題といたします。 総務民生常任委員長及び文教経済常任委員長から、会議規則第74条の規定により、お手元に配りました所管事務調査継続について、閉会中の継続調査の申出があります。 お諮りいたします。両常任委員長から申出のとおり、閉会中の継続調査に対する異議はございませんか。          (発言する者なし) ○議長(和久和夫)  異議なしと認めます。 したがって、各常任委員長から提出のとおり、閉会中の継続調査に対することに決定をいたしました。-----------------------------------議会運営委員会の閉会中の継続調査の件 ○議長(和久和夫)  日程第10、「議会運営委員会の閉会中の継続調査の件」を議題といたします。 議会運営委員長から、会議規則第74条の規定により、お手元に配りました本会議の会期日程運営に関する調査事項の委員長の諮問に関する事項について、閉会中の継続調査の申出があります。 お諮りいたします。委員長から申出のとおり、閉会中の継続調査にすることについてご異議はございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(和久和夫)  異議なしと認めます。 したがって、委員長から申出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。-----------------------------------議会広報編集調査特別委員会の閉会中の継続調査の件 ○議長(和久和夫)  日程第11、「議会広報編集調査特別委員会の閉会中の継続調査の件」を議題といたします。 議会広報編集調査特別委員長から、会議規則第74条の規定により、お手元に配りました議会広報編集調査・発行に関する事項について、閉会中の継続調査の申出があります。 お諮りいたします。委員長から申出のとおり、閉会中の継続調査にすることについてご異議ございませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(和久和夫)  異議なしと認めます。 したがって、委員長から申出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。----------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(和久和夫)  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 会議を閉じます。 令和2年度第3回市貝町議会定例会を閉会といたします。                         (午前10時40分)  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。    令和  年  月  日          議長          署名議員          署名議員...