さくら市議会 > 2018-12-20 >
平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−05号
平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−資料

ツイート シェア
  1. さくら市議会 2018-12-20
    平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−05号


    取得元: さくら市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-03
    平成30年 12月 定例会(第4回) − 12月20日−05号 平成30年 12月 定例会(第4回) − 12月20日−05号 平成30年 12月 定例会(第4回)           平成30年第4回さくら市議会定例会 ◯議事日程(第5号)             平成30年12月20日(木曜日)午前10時開議 第1 議案第1号 組織機構改革に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてに対する総務常任委員会委員長の審査結果報告、質疑、討論、採決 第2 議案第3号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第5号)に対する各常任委員会委員長の審査結果報告、質疑、討論、採決 第3 議案第4号 平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)    議案第5号 平成30年度さくら市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)    議案第7号 平成30年度さくら市水道事業会計補正予算(第1号)に対する建設経済常任委員会委員長の審査結果報告、質疑、討論、採決 第4 議案第6号 平成30年度さくら市介護保険特別会計補正予算(第2号)に対する文教厚生常任委員会委員長の審査結果報告、質疑、討論、採決 第5 議員派遣について 第6 議会運営委員会閉会中の継続調査について 第7 各常任委員会閉会中の継続調査について (追加) 第1 提案理由の説明 第2 追加議案第1号 さくら市議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決 第3 追加議案第2号 さくら市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決 第4 追加議案第3号 さくら市職員給与に関する条例及びさくら市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決
    第5 追加議案第4号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第6号)に対する質疑、討論、採決 第6 追加議案第5号 平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)に対する質疑、討論、採決 第7 追加議案第6号 さくら市監査委員の選任同意についてに対する質疑、討論、採決 第8 追加報告第1号 専決処分事項の報告について(平成29年度氏家水処理センターの建設工事委託契約の変更)に対する質疑 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯本日の会議に付した事件  議事日程のとおり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯出席議員(18名)        1番 高瀬一徳君       2番 吉田雄次君        3番 大河原千晶君      4番 岡村浩雅君        5番 櫻井秀美君       6番 笹沼昭司君        7番 石原孝明君       8番 福田克之君        9番 加藤朋子君      10番 永井孝叔君       11番 若見孝信君      12番 石岡祐二君       13番 渋井康男君      14番 鈴木恒充君       15番 角田憲治君      16番 手塚 定君       17番 小堀勇人君      18番 矢澤 功君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯欠席議員(なし) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯説明のための出席者     市長        花塚隆志君   総合政策部長    君嶋福芳君     市民福祉部長福祉事務所長     産業経済部長    渡辺 孝君               佐藤佳子君     建設部長兼上下水道事務所長     会計管理者会計課長               小島 誠君             檜原史郎君     総合政策課長    添田達央君   総務課長      櫻井広文君     財政課長      高野朋久君   税務課長      関 和久君     市民福祉課長    鳥居隆広君   保険高齢課長    永井宏昌君     健康増進課長    阿久津 武君  児童課長      手塚 修君     喜連川支所市民生活課長       環境課長      添田克彦君     兼見守り福祉ネットワーク推進室長               薄井昌子君     農政課長      漆原功樹君   商工観光課長    手塚秀樹君     建設課長      栗橋 仁君   都市整備課長    長嶋博文君     水道課長      柴山 勲君   下水道課長     竹田正寿君     教育長       橋本啓二君   教育次長      高山 登君     学校教育課長    戸村敏之君   生涯学習課長    貝塚恵子君     スポーツ振興課長  佐藤伸幸君   農業委員会事務局長 高野 洋君     監査委員事務局長     兼選挙管理委員会書記長               高根方史君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ◯事務局職員出席者     事務局長      川崎保成君   書記        竹内浩之君     書記        野中元子君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告 ○議長(石岡祐二君) ただいまの出席議員は18人であります。会議の定足数に達していますから、会期第18日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。                          (午前10時02分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第1号に対する総務常任委員会委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 日程第1、議案第1号 組織機構改革に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。  本案について、総務常任委員会委員長から報告を求めます。  14番、鈴木恒充議員。      〔総務常任委員長 鈴木恒充君 登壇〕 ◆総務常任委員長(鈴木恒充君) 総務常任委員会のほうからご報告申し上げます。  それでは、議案第1号 組織機構改革に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  当委員会は、12月10日午後2時より、委員会室において、委員6名全員出席のもと開催いたしました。  議案説明のために出席を求めた者は、総合政策部長会計管理者会計課長、総合政策課長総務課長財政課長、税務課長監査委員事務局長、議事課長であります。  なお、加藤議員傍聴がありました。  議案審査に入る前に直ちに暫時休憩をとり、喜連川中学校の大規模改修、金鹿小学校の跡地利用、スカイタワー・喜連川城温泉の現状について、現地調査を実施してまいりました。  帰庁後、議案の審査に入り、本案について担当課長から議案の内容について説明を求め、審査を行いました。  質疑応答の主な要旨については、次のとおりであります。  委員より、「さくら市部設置条例における分掌事務の改正において、「交通安全に関すること」に「防犯」の文字が追加され、「交通安全及び防犯に関すること」となっているが、新たな事務がふえる等の変更があるのか。」との質疑に対し、「現在も、「防犯」に関する事務を行っているが、例規上では明確に示していなかった。組織機構改革に伴う事務の移管に当たり、明確に分掌化するものである。」との答弁がありました。  また委員より、「新しい、部、課、係がふえるとのことだが、人件費の予算はどれくらい変わるのか。」との質疑に対し、「部長になる者の年齢等により異なるところもあり単純には比較できないが、大幅な増額とはならず、おおよそ現在と同等の予算の範囲内において対応できるものと考えている。」との答弁がありました。  質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第1号につきましては原案どおり可決すべきものと決しました。  以上、報告いたします。 ○議長(石岡祐二君) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、議案第1号を採決いたします。  本案に対する委員長報告は可決であります。本案について、委員長報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、議案第1号は委員長の報告のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第3号に対する各常任委員会委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 日程第2、議案第3号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。  お諮りいたします。  本案については、各常任委員会から順次報告を求め、報告が終了してから質疑に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたしました。  各常任委員長から順次報告を求めます。  まず、総務常任委員会委員長、14番、鈴木恒充議員。      〔総務常任委員長 鈴木恒充君 登壇〕 ◆総務常任委員長(鈴木恒充君) 総務常任委員会からご報告申し上げます。  それでは、議案第3号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第5号)所管分について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  質疑応答の主な要旨については、次のとおりであります。  委員より、「急傾斜地崩壊対策事業については、今後どれくらいの事業量があるのか。」との質疑に対し、「現在実施している箇所で、ほぼ終了となる。その他の対象箇所もあるが、地権者の同意をいただけていない状況である。」との答弁がありました。  質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第3号につきましては原案どおり可決すべきものと決しました。  以上、報告いたします。
    議長(石岡祐二君) 次に、文教厚生常任委員会委員長、8番、福田克之議員。      〔文教厚生常任委員長 福田克之君 登壇〕 ◆文教厚生常任委員長(福田克之君) それでは、議案第3号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第5号)所管分について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  当委員会は、12月11日午前10時30分より、委員会室において、委員6名全員出席のもと開催いたしました。  議案説明のために出席を求めた者は、教育長教育次長学校教育課長生涯学習課長スポーツ振興課長、氏家公民館長、市民福祉部長保険高齢課長市民福祉課長児童課長健康増進課長環境課長市民生活課長であります。  なお当日は、付託議案審議の他、所管事務調査として、塩谷広域行政組合では次期ごみ処理焼却施設、喜連川小学校では学校給食食物アレルギー対応(エピペン)、校庭の水はけ、喜連川中学校では大規模改修、旧金鹿小学校では跡地利用について現地調査を実施いたしました。  その後の議案審査では、まず、議案の内容について担当課長から説明を求め、審査を行いました。  質疑応答の主な要旨については次のとおりであります。  委員より「障害児通所給付費は、引き続き増加することもあり得るとの説明があったが、上限なく給付しなければならない制度なのか。」との質疑に対し、「給付決定を受けた障がい児、各個人の支給量に上限はあるが、利用者が増加すれば、それに比例して給付費も支給しなければならない。」との答弁がありました。  また委員より「過年度収入については、これまでの実績で負担金が支給されるのか。」との質疑に対し、「母子生活支援施設措置費については、その年によって家族数が変わるため、また生活保護費については、年度の開始前に交付申請をしているため実績と隔たりが生じている。その結果、不足額があり交付された。」との答弁がありました。  質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第3号につきましては原案どおり可決すべきものと決しました。  以上、報告いたします。 ○議長(石岡祐二君) 次に、建設経済常任委員会委員長、5番、櫻井秀美議員。      〔建設経済常任委員長 櫻井秀美君 登壇〕 ◆建設経済常任委員長(櫻井秀美君) それでは、議案第3号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第5号)所管分について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  当委員会は、12月12日、午後2時より、委員会室において、委員6名全員出席のもと開催いたしました。  議案説明のため出席を求めた者は、経済産業部長建設部長兼上下水道事務所長・農政課長・商工観光課長建設課長都市整備課長水道課長下水道課長農業委員会事務局長であります。  議案審査に入る前に、暫時休憩をとり、所管事務調査のため現地調査を実施いたしました。調査先は、上阿久津台地土地区画整理事業地内と豪雨被害箇所の鬼怒川河川公園内草川用水、上阿久津台地土地区画整理事業地内調整池でした。  帰庁後、委員会を再開、議案の内容について担当課長から説明を求め、審査を行いました。  質疑応答の主な要旨については次のとおりであります。  委員より、「バイオマス産業都市構想策定支援業務委託業者の選定方法は。」との質疑に対し、「専門性の高い策定業務であるため、今後、選定方法については指名選考委員会に諮る予定である。」との答弁がありました。  委員より、「るるぶさくら市版の単価は。」との質疑に対し、「2万部の増刷の場合は、1冊当たり75.6円である。」との答弁がありました。  また、委員より、「ブロック塀等撤去補助事業と生けがき設置事業の2事業を学校教育課と連携をとってPR等広く周知願いたい。」との意見がありました。  質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第3号については原案どおり可決すべきものと決しました。  以上、報告いたします。 ○議長(石岡祐二君) ただいまの各委員長報告に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、議案第3号を採決いたします。  本案に対する各委員長の報告は可決であります。本案について、各委員長の報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、議案第3号は各委員長の報告のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第4号、議案第5号及び議案第7号に対する建設経済常任委員会委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 日程第3、議案第4号 平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)、議案第5号 平成30年度さくら市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第7号 平成30年度さくら市水道事業会計補正予算(第1号)の3議案を一括議題といたします。  ただいまの議案第4号、議案第5号及び議案第7号の3議案については、建設経済常任委員会に付託し、審査を願った平成30年度各特別会計の補正予算であります。  お諮りいたします。  これら3議案については、一括して建設経済常任委員会委員長から報告を求め、報告が終了した後、議案ごとに質疑、討論、採決を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたしました。  本案について、建設経済常任委員会委員長から報告を求めます。  5番、櫻井秀美議員。      〔建設経済常任委員長 櫻井秀美君 登壇〕 ◆建設経済常任委員長(櫻井秀美君) それでは、議案第4号、議案第5号、議案第7号の3議案について一括してご報告申し上げます。  議案第4号 平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  まず、担当課長から議案の内容について説明を求め、審査を行いました。  今回の補正予算は、職員人件費で人事異動の確定による調整のため、質疑なく、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第4号については原案どおり可決すべきものと決しました。  続きまして、議案第5号 平成30年度さくら市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  まず、担当課長から議案の内容について説明を求め、審査を行いました。  今回の補正予算は、債務負担行為補正の追加であり、質疑なく、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第5号については原案どおり可決すべきものと決しました。  続きまして、議案第7号 平成30年度さくら市水道事業会計補正予算(第1号)について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  まず、担当課長から議案の内容について説明を求め、審査を行いました。  質疑応答の主な要旨については次のとおりであります。  委員より、「水道メーターの単価は。」との質疑に対し、「一般家庭用の水道メーターは口径20ミリで約4,400円である。また、メーター有効期限は8年である。」との答弁がありました。  質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第7号については原案どおり可決すべきものと決しました。  以上、報告いたします。 ○議長(石岡祐二君) ただいまの委員長報告に対し、議案ごとに質疑、討論、採決を行います。  それでは、議案第4号であります。  委員長報告に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたしました。  これより、議案第4号を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案について、委員長の報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、議案第4号は委員長の報告のとおり可決されました。  次に、議案第5号であります。  委員長報告に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案について、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、議案第5号を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案について、委員長の報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、議案第5号は委員長の報告のとおり可決されました。  次に、議案第7号であります。  委員長報告に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案について、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。
     よって、そのように決定いたしました。  これより、議案第7号を採決いたします。  本案に対する委員長報告は可決であります。本案について、委員長の報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、議案第7号は委員長の報告のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第6号に対する文教厚生常任委員会委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 日程第4、議案第6号 平成30年度さくら市介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。  本案について、文教厚生常任委員会委員長から報告を求めます。  8番、福田克之議員。      〔文教厚生常任委員長 福田克之君 登壇〕 ◆文教厚生常任委員長(福田克之君) それでは、議案第6号 平成30年度さくら市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。  質疑応答の主な要旨については次のとおりであります。  委員より、「要支援認定者が増加している要因は。」との質疑に対し、「現在、推定できていない。」との答弁がありました。  また、委員より「ケアマネジャーの数は足りているのか。」との質疑に対し、「足りている。」との答弁がありました。  また、委員より「要支援認定者数がふえたのは、国が補助を切り捨てたのに対し、市が今までどおり補助を出しているため、支援の希望が出しやすいということか。」との質疑に対し、「要支援の認定がなくても、簡易なチェックリストにより支援が必要であると認めた場合にサービスの提供が受けることができるため、要支援認定者が減ってもおかしくないが、事業対象者がふえているのにも増して、要支援認定者がふえている状況である。」との答弁がありました。  質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、議案第6号については、原案どおり可決すべきものと決しました。  以上、報告いたします。 ○議長(石岡祐二君) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたしました。  これより、議案第6号を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案について、委員長報告のとおり決することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、議案第6号は委員長の報告のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議員派遣について ○議長(石岡祐二君) 日程第5、議員派遣についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本件につきましては、さくら市議会会議規則第166条の規定により、お手元に配付したとおり、議員全体研修へ議員を派遣することとし、内容等に変更が生じた場合には、私、議長にご一任願いたいと思います。これにご異議ありますか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、議員派遣については、お手元に配付したとおり決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議会運営委員会閉会中の継続調査について ○議長(石岡祐二君) 日程第6、議会運営委員会閉会中の継続調査の件を議題といたします。  議会運営委員会委員長から、さくら市議会会議規則第109条の規定により、お手元に配付したとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。  お諮りいたします。  委員長の申出書のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △各常任委員会閉会中の継続調査について ○議長(石岡祐二君) 日程第7、各常任委員会閉会中の継続調査の件を議題といたします。  各常任委員会委員長から、さくら市議会会議規則第109条の規定により、お手元に配付したとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。  お諮りいたします。  各常任委員会委員長の申出書のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △日程の追加 ○議長(石岡祐二君) 市長から6件の追加議案及び1件の追加報告が提出されております。  事務局長をして議案名を朗読いたさせます。  事務局長。      〔事務局長 朗読〕 ○議長(石岡祐二君) お諮りいたします。  ただいま、市長から6件の追加議案及び追加報告1件が提出されました。  これをお手元に配付したとおり日程に追加し、直ちに議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △提案理由の説明 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第1、追加議案第1号から追加報告第1号の6議案1報告を一括議題として、提案者から提案理由の説明を求めます。  市長。      〔市長 花塚隆志君 登壇〕 ◎市長(花塚隆志君) ただいま上程されました追加議案等の概要についてご説明申し上げます。  今回提出いたしました付議事件は、条例3件、予算2件及びその他の議案等2件であります。  追加議案第1号は、さくら市議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてであります。  本案は、特別職国家公務員給与改定を考慮し、さくら市議会議員の期末手当の支給割合を引き上げるため、所要の改正を行うものであります。  追加議案第2号は、さくら市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてであります。  本案は、特別職国家公務員給与改定を考慮し、さくら市長等の期末手当の支給割合を引き上げるため、所要の改正を行うものであります。  追加議案第3号は、さくら市職員給与に関する条例及びさくら市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部改正についてであります。  国においては、人事院一般職国家公務員給与改定に関する勧告に基づき、国家公務員給与改定が行われました。  本案は、さくら市職員給与について、地方公務員法の趣旨を踏まえ、国家公務員に準じ、給料表の改定、勤勉手当の支給割合の引き上げなど、所要の改正を行うものであります。  追加議案第4号は、平成30年度さくら市一般会計補正予算(第6号)であります。  今回の補正予算は、平成30年度さくら市一般会計補正予算(第5号)の歳入歳出予算額に1,055万8,000円を追加し、予算の総額を190億8,576万1,000円とするものであります。  歳入では、19款繰越金で前年度繰越金1,055万8,000円を追加、歳出では、人事院勧告に基づく給与改定について、人件費を該当科目にそれぞれ計上いたしました。  追加議案第5号は、平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)であります。  今回の補正予算は、平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)の歳入歳出予算額に10万4,000円を追加し、予算の総額を4億9,161万円とするものであります。  歳入では、3款繰入金で一般会計繰入金10万4,000円を追加、歳出では、1款土地区画整理事業費で人事院勧告に基づく給与改定について、人件費を10万4,000円計上いたしました。  追加議案第6号は、さくら市監査委員の選任同意についてであります。  本案は、議会議員から選任される監査委員として小堀勇人氏が最も適任であると考え、地方自治法第196条第1項の規定により、その選任について議会同意を求めるものであります。  追加報告第1号は、専決処分事項の報告についてであります。  地方自治法第180条第1項の規定により市長において専決処分することができるものとして、議会議決により指定を受けた事項について専決処分をしたので、同条第2項の規定により議会に報告するものであります。  以上が、今回提出いたしました追加議案等の概要であります。何とぞ慎重ご審議の上、議決されますようお願い申し上げます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加議案第1号に対する質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第2、追加議案第1号 さくら市議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。  本案に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕
    議長(石岡祐二君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、常任委員会への付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、追加議案第1号を採決いたします。  本案について、原案のとおり賛成する議員の起立を求めます。      〔起立多数〕 ○議長(石岡祐二君) 起立多数であります。  よって、追加議案第1号は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加議案第2号に対する質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第3、追加議案第2号 さくら市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてを議題といたします。  本案に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案について、常任委員会への付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、追加議案第2号を採決いたします。  本案について、原案のとおり賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、追加議案第2号は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加議案第3号に対する質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第4、追加議案第3号 さくら市職員給与に関する条例及びさくら市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部改正についてを議題といたします。  本案に対し、質疑に入ります。  18番、矢澤功議員。 ◆18番(矢澤功君) 先ほど、全協で時間がなくなってしまったものですから本会議でという市長のお言葉によりましたので、この席で質問させていただきます。  今回、内容等につきましては、金銭をとやかくの問題ではなく、業務内容と非常に報酬は密接な関係があるものですから、勤務の内容等についてお聞かせください。  先ほど、宿日直の件につきまして、現在は宿直はやられていない、日直だけがやられているということで、平日は朝8時から8時半までの30分、閉庁後は5時半から、けつは決まっていない、こういうことで、土曜日の日直以外は平日は2,200円の支給だと、こういうこと。土曜日は何時からですかと聞きたかったんですが、時間が制限されましたので、ちょっとここで土曜日の日直時間をお聞かせください。 ○議長(石岡祐二君) 総務課長。 ◎総務課長(櫻井広文君) 総務課長です。ただいまの矢澤議員からの質問にお答えいたします。  土曜日、日曜日、祝日の日直業務の時間のほうなんですけれども、8時30分から午後5時までとなっております。  以上です。 ○議長(石岡祐二君) 18番、矢澤功議員。 ◆18番(矢澤功君) 平日が2,200円、土日が4,400円ということになりますと、非常に時間当たりの単価に大きな差異が出てきます。平日は大体朝が30分、午後は、朝30分で鍵をあけるとなったら夕方も30分で鍵が締まる。鍵を締めるのが日直の仕事だと先ほどお聞きしましたので、平日1時間が2,200円、日曜日は何時間勤務、拘束されるんだい、5時までだとすると。かなりの拘束時間がされるわけですので、4,400円というのは非常に差が出ると。この問題に対しては、どこかの部局が担当しているか知りませんが、どのように捉えていますか。 ○議長(石岡祐二君) 暫時休憩いたします。                          (午前10時41分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(石岡祐二君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。                          (午前10時42分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(石岡祐二君) 総務課長。 ◎総務課長(櫻井広文君) 総務課長です。ただいまの矢澤議員質問にお答えいたします。  土曜日、日曜日、祝日のほうは4,400円で、平日のほうの業務は2,200円ということなんですけれども、こちらについては、私たち市町の職員につきましては、国の決まりに準じまして条例等を制定してやっているような状況でございます。  先ほどもご説明したとおり、5時間未満の宿日直業務については、4,400円の半分の金額2,200円ということで決められてございますので、国に準じてさくら市のほうも同額で支給しているような状況です。  ただ、業務の内容なんですけれども、当然その日によって、休みの業務で説明いたしますと、死亡届がたくさんある日もありますし、一日全く何もない日もございます。そこら辺のところについては、当然、その業務に応じてという部分の考えからすると差があるのではないかということはあるんですけれども、そこらでやっていくとなかなか難しい部分があるんで、一律国に準じて金額は設定しております。  以上です。 ○議長(石岡祐二君) 18番、矢澤功議員。 ◆18番(矢澤功君) 3回までとなると大変で、じゃ、一遍にいっぱい聞いちゃいますね。  今のやつは、もう係の人は大変苦慮していることはわかります、国の決まりだということで。働く人から見ると、平日は1時間ぐらい余分にして2,000円だよ、土日は7時間ぐらい拘束されてその倍だよ。  まず、一挙に聞きます。  土日は電話には出てくれるんでしょうか、一般の人からの。電話対応はしてくれるのか。  それと、今度は平日、一番私が気にしているのはここを言いたかったんです。午後5時半を過ぎると電話が市庁舎はかからない。留守番電話になってしまう。夜の7時8時まで残業している課があったら、ああ、あそこの課は残業している、電気がついている。あそこにちょっと連絡があるから電話しよう。絶対につながらない。誰がこれを解決するんだと前から言ってあるはずですよ。でも日直の人が電話を留守電に切りかえちゃう、これが実際だと思いますよ。そうすると、市長が言っている市民のための役所というのを全然離れちゃっている。こうこうと電気がついていても一切かからない、5時半過ぎは。この問題はどういうふうに解決していくのか、これに対してちょっと。 ○議長(石岡祐二君) 総合政策部長。 ◎総合政策部長(君嶋福芳君) 総合政策部長です。ただいまの矢澤議員からのご質問にお答えしたいと思います。  まず、休日等の日直につきましては、電話等についての対応は全て行っております。緊急性のある場合については、その時点で所管する部署のほうへ連絡をとって緊急対応するということは今までも実施しているところでございます。  あと夜間の対応ということですが、そこの対応について、今、具体的にこうというような方向性は示してはいません。職員そのものについては、時間外、遅くまでやっている、そういった現状はございますし、そういった場合に、そこに連絡をすれば何らかの対応をというところは、市民のほうからのご意見としては当然出てくるかと思います。  まず一つは、電話そのもののシステム的な問題でいきますと、各課の退庁時にはその時点で電話を留守番電話のほうに切りかえてしまいますので、それをほかの課のほうに転送するというふうな形は、電話そのもののシステムはそのような形にまずなっていないというところがございます。また、あとは、職員が時間外でやっているのは、それなりにやっぱり業務が忙しくてやっている中で、新たな業務を、時間外にまた対応するといったことは新たな負担というところも、職員側の負担のところもあります。  そういったことを勘案した場合にそこの対応をどのような形にしたらいいかというのは、ちょっと今後の検討課題という形にさせていただければと思います。 ○議長(石岡祐二君) 暫時休憩いたします。                          (午前10時47分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(石岡祐二君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。                          (午前10時50分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(石岡祐二君) ほかに質疑は。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 本案に対する質疑は終わったものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、常任委員会への付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、追加議案第3号を採決いたします。  本案について、原案のとおり賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、追加議案第3号は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加議案第4号に対する質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第5、追加議案第4号 平成30年度さくら市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。  本案に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、常任委員会への付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、追加議案第4号を採決いたします。  本案について、原案のとおり賛成する議員の起立を求めます。      〔起立多数〕 ○議長(石岡祐二君) 起立多数であります。  よって、追加議案第4号は原案のとおり可決されました。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加議案第5号に対する質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第6、追加議案第5号 平成30年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。  本案に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案については、常任委員会への付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたしました。  これより、追加議案第5号を採決いたします。  本案について、原案のとおり賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、追加議案第5号は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加議案第6号に対する質疑・討論・採決 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第7、追加議案第6号 さくら市監査委員の選任同意についてを議題といたします。  地方自治法第117条の規定により、17番、小堀勇人議員の退席を求めます。      〔17番 小堀勇人君 退席〕 ○議長(石岡祐二君) お諮りいたします。  本案については、人事案件のため、申し合わせにより質疑を省略し、常任委員会への付託、討論を省略して直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(石岡祐二君) ご異議なしと認めます。  よって、そのように決定いたします。  これより、追加議案第6号を採決いたします。  本案同意することに賛成する議員の起立を求めます。      〔起立全員〕 ○議長(石岡祐二君) 起立全員であります。  よって、追加議案第6号は同意することに決定いたしました。  17番、小堀勇人議員の入場を許可いたします。      〔17番 小堀勇人君 着席〕 ○議長(石岡祐二君) ただいま、さくら市監査委員に選任同意されました小堀勇人議員からご挨拶があります。  17番、小堀勇人議員。      〔17番 小堀勇人君 登壇〕 ◆17番(小堀勇人君) ご挨拶申し上げます。  選任をいただきまして感謝を申し上げたいと思います。そして、前任の手塚委員さんを初めといたしますさくら市議会選出の7名の監査委員の皆様の功績に対しまして、この場をかりまして敬意を表したいと思います。とともに、私はなかなか先輩方には及ばないとは思いますが、私なりに全力でこの職責を全うしたいと考えておりますので、議員の皆様、そして執行部の皆様の今後のご指導、ご鞭撻を心よりお願い申し上げまして、ご挨拶といたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △追加報告第1号に対する質疑 ○議長(石岡祐二君) 追加日程第8、追加報告第1号 専決処分事項の報告について(平成29年度氏家水処理センターの建設工事委託契約の変更)を議題といたします。  本案に対し、質疑に入ります。      〔発言する者なし〕 ○議長(石岡祐二君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。  以上で追加報告第1号は報告を終了いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △閉会の宣告 ○議長(石岡祐二君) 以上で本定例会の議事は全部終了いたしました。  これをもって平成30年第4回さくら市議会定例会閉会いたします。                          (午前10時57分)     署名議員 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。       議長      石岡祐二       臨時議長    矢澤 功       署名議員    高瀬一徳       署名議員    吉田雄次...