鹿沼市議会 > 2022-08-24 >
令和 4年第3回定例会(第1日 8月24日)

ツイート シェア
  1. 鹿沼市議会 2022-08-24
    令和 4年第3回定例会(第1日 8月24日)


    取得元: 鹿沼市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-04-02
    令和 4年第3回定例会(第1日 8月24日)        令和4年第3回鹿沼市議会定例会会議録(第1日) 開  会  令和4年8月24日(水)午前10時    日程第 1 会期決定  日程第 2 会議録署名議員の指名  日程第 3 報告第20号から報告第25号まで、認定第1号から認定第9号まで、及        び議案第59号から議案第86号までについて(提案理由説明)  日程第 4 議案第84号について(採決)  日程第 5 議案第85号について(採決)  日程第 6 議案第86号について(採決)  日程第 7 議員案第5号について(採決)  日程第 8 決算特別委員会委員の選任について 会議事件  報告第20号 専決処分事項報告について(損害賠償の額の決定及び和解)  報告第21号 専決処分事項報告について(損害賠償の額の決定及び和解)  報告第22号 専決処分事項報告について(損害賠償の額の決定及び和解)  報告第23号 専決処分事項報告について(損害賠償の額の決定及び和解
     報告第24号 令和事業年度公益財団法人かぬま文化スポーツ振興財団事業及び決         算の報告について  報告第25号 令和年度鹿沼健全化判断比率及び資金不足比率報告について  認定第 1号 令和年度鹿沼一般会計歳入歳出決算認定について  認定第 2号 令和年度鹿沼国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について  認定第 3号 令和年度鹿沼公設地方卸売市場事業費特別会計歳入歳出決算認定         について  認定第 4号 令和年度鹿沼介護保険特別会計歳入歳出決算認定について  認定第 5号 令和年度鹿沼後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について  認定第 6号 令和年度鹿沼粕尾財産特別会計歳入歳出決算認定について  認定第 7号 令和年度鹿沼清洲財産特別会計歳入歳出決算認定について  認定第 8号 令和年度鹿沼水道事業会計決算認定について  認定第 9号 令和年度鹿沼下水道事業会計決算認定について  議案第59号 専決処分事項の承認について(令和年度鹿沼一般会計補正予算(第         4号))  議案第60号 令和年度鹿沼水道事業会計処分利益剰余金処分について  議案第61号 令和年度鹿沼下水道事業会計処分利益剰余金処分について  議案第62号 令和年度鹿沼一般会計補正予算(第5号)について  議案第63号 令和年度鹿沼国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について  議案第64号 令和年度鹿沼公設地方卸売市場事業費特別会計補正予算(第1号)         について  議案第65号 令和年度鹿沼介護保険特別会計補正予算(第1号)について  議案第66号 令和年度鹿沼後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について  議案第67号 令和年度鹿沼粕尾財産特別会計補正予算(第1号)について  議案第68号 令和年度鹿沼清洲財産特別会計補正予算(第1号)について  議案第69号 令和年度鹿沼水道事業会計補正予算(第1号)について  議案第70号 令和年度鹿沼下水道事業会計補正予算(第1号)について  議案第71号 工事請負契約締結について  議案第72号 工事請負契約締結について  議案第73号 工事請負契約締結について  議案第74号 物品購入契約締結について  議案第75号 物品購入契約締結について  議案第76号 物品購入契約締結について  議案第77号 物品購入契約締結について  議案第78号 市道路線廃止について  議案第79号 市道路線の変更について  議案第80号 鹿沼職員育児休業等に関する条例の一部改正について  議案第81号 鹿沼手数料条例の一部改正について  議案第82号 鹿沼粟野プール条例の一部改正について  議案第83号 鹿沼農林業地域生活改善施設条例廃止について  議案第84号 人権擁護委員候補者推薦について  議案第85号 鹿沼教育委員会委員任命について  議案第86号 鹿沼教育委員会委員任命について  議員案第5号 決算特別委員会の設置について  陳情第 2号 議員定数の削減について  陳情第 6号 スケートボード練習場の設置を求める陳情 出席議員(23名)    1番   鈴  木  紹  平    2番   橋  本     修    3番   藤  田  義  昭    4番   梶  原     隆    5番   宇 賀 神     敏    7番   大  貫  桂  一    8番   石  川  さ や か    9番   鈴  木     毅   10番   阿  部  秀  実   11番   加  藤  美 智 子   12番   市  田     登   13番   佐  藤     誠   14番   舘  野  裕  昭   15番   大  貫     毅   16番   鈴  木  敏  雄   17番   谷  中  恵  子   18番   津 久 井  健  吉   19番   小  島     実   20番   増  渕  靖  弘   21番   横  尾  武  男   22番   関  口  正  一   23番   鰕  原  一  男   24番   大  島  久  幸 欠席議員(なし) 地方自治法第121条の規定による出席要求によって出席した者  市長       佐  藤     信   環境部長    高  村  秀  樹  副市長      福  田  義  一   都市建設部長  福  田  哲  也  総合政策部長   南  雲  義  晴   上下水道部長  木  村  正  人  行政経営部長   篠  原  宏  之   消防長     星  野  富  夫  市民部長     福  田  浩  士   教育長     中  村     仁  保健福祉部長   亀  山  貴  則   教育次長    髙  橋  年  和  こども未来部長  黒  川  勝  弘   危機管理監   渡  辺  孝  和  経済部長     竹  澤  英  明   会計管理者   矢  口  正  彦 事務局職員出席者  事務局長     小  杉  哲  男   議事課長    小 太 刀  奈 津 美 ○大島久幸 議長  ただいまから、令和4年第3回鹿沼市議会定例会を開会いたします。  (午前10時00分) ○大島久幸 議長  これから本日の会議を開きます。  現在出席している議員は23名であります。  なお、本日の会議は、議案調査のため、議員が貸与されたタブレット端末を議場に持ち込み、使用することを許可いたします。  それでは、本日の議事日程事務局長に朗読させます。 ○小杉哲男 事務局長  議事日程を朗読。 ○大島久幸 議長  日程の朗読は終わりました。  日程に入る前に、鈴木毅議員から、発言を求められていますので、これを許可いたします。  鈴木毅議員。 ○9番 鈴木 毅 議員  ただいまより、議長より許可をいただきましたので、発言をさせていただきます。  余韻に浸らなくては結構でございます、よろしくお願いします。
     私は、令和4年第2回鹿沼市議会定例会議案に対する質疑並びに市政一般質問での「農業委員会等の業務について」の中で、「一部の地区の委員は仕事が少ない」と、農業委員会活動実態とかけ離れた発言をし、農業委員農地利用最適化推進委員に対するマイナスイメージを発信してしまいました。  この発言をしてしまった経緯としまして、私は仕事関係上で、土地にかかわることが多く、農地が競売に出されたり、耕作地となる農地がまちなかより周辺部のほうが多いと思っておりました。  その理由として、市街地市街地隣接農地引き受け手が容易に見つかりますが、周辺農地は、基本は農家でないと買えないことから、引き受け手がなかなか見つからない。  であれば、農業委員推進委員が今もやっている農地の受け手の橋渡しを、農家以外の関係者も含めて、連携して進めることで、遊休農地化がもっと防げるのではないかという考えがあり、そういう質問にしたかったのですが、それが農業委員仕事量の不均衡という内容になってしまいました。  この発言の後に、農業委員会運営委員会出席を求められましたので、出席をして、あのような発言になってしまったことについては、謝罪をいたしました。  その際に、農業委員の皆様から、農業委員会の役目と仕事内容について、いろいろと教えていただき、また、ご指導、ご助言もいただきました。  お話を伺って、農業委員推進委員皆さんは一生懸命に農地を守り、農地を守っていくことに腐心されて、活動されていることがよくわかりまして、農業委員会の業務をよく理解せぬまま軽率な発言をしてしまったことを反省した次第であります。  農業委員会に対するマイナスイメージを発信してしまったことは、私の不徳の致すところであり、この場を借りて、改めて謝りたいと思います。  大変申し訳ございませんでした。  今後はご指導いただいたことを生かしながら、本市の農業を初め、市政の発展のために提言や活動をしてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げまして、発言を終わらせていただきます。 ○大島久幸 議長  ただいま鈴木毅議員から、令和4年第2回鹿沼市議会定例会での議案に対する質疑並びに市政一般質問の際、「農業委員会等の業務について」のご自身の発言について、説明と謝罪がありました。  農業委員農地利用最適化推進委員に対するマイナスイメージを発信してしまったことについての経緯の説明と謝罪でありました。  議会は二元代表制のもと、市民の信託に応えるべく責務があり、さらなる市政発展のため、市民皆さんとの信頼関係及び協働の精神が不可欠であります。  議会の品位を重んじ、議員としての責務と役割を深く認識していただくよう、お願い申し上げます。  それでは、日程第1、会期決定を議題といたします。  お諮りいたします。  この定例会会期を、本日から9月26日までの34日間としたいと思いますが、ご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、そのように決定いたしました。  続いて、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。  地方自治法第123条第2項及び鹿沼市議会議会規則第87条の規定により、会議録署名議員に、5番、宇賀神敏議員、20番、増渕靖弘議員を指名いたします。  続いて、日程第3、報告第20号 専決処分事項報告について(損害賠償の額の決定及び和解)から報告第25号 令和年度鹿沼健全化判断比率及び資金不足比率報告についてまで、認定第1号 令和年度鹿沼一般会計歳入歳出決算認定についてから認定第9号 令和年度鹿沼下水道事業会計決算認定についてまで、及び議案第59号 専決処分事項の承認について(令和年度鹿沼一般会計補正予算(第4号))から議案第86号 鹿沼教育委員会委員任命についてまでを議題といたします。  市長から提案理由説明を求めます。  佐藤市長。 ○佐藤 信 市長  おはようございます。  それでは早速、提出議案についてご説明を申し上げます。  今回提出いたしました議案は、予算10件、契約7件、道路2件、条例4件、人事3件、その他2件の計28件であります。  このほか、報告6件、認定9件であります。  報告第20号から報告第23号までにつきましては、損害賠償の額の決定及び和解に係る専決処分事項報告についてであります。  まず、報告第20号は、令和4年5月3日、東中学校での部活動中に野球ボールが、鹿沼市府所町20番地、株式会社加藤工業所窓ガラスに当たり、破損させたことに対し、損害賠償の額を31万3,500円とし、和解したものであります。  次に、報告第21号は、令和3年7月3日、鹿沼市磯町922番1地先市道9256号線上において、市内在住者所有の軽乗用自動車が走行中、道路陥没地に落ち、破損させたことに対し、損害賠償の額を1万5,400円とし、和解したものであります。  報告第22号は、令和4年3月19日、鹿沼市栃窪339番7地先市道0028号線上において、宇都宮市在住者所有の軽乗用自動車が走行中、道路陥没地に落ち、破損させたことに対し、損害賠償の額を2万1,582円とし、和解したものであります。  報告第23号は、令和4年1月31日、鹿沼市茂呂2642番地先市道7021号線上において、市内在住者所有の軽乗用自動車が走行中、路肩と舗装路面の段差により脱輪し、破損させたことに対し、損害賠償の額を5,280円とし、和解したものであります。  報告第24号 令和事業年度公益財団法人かぬま文化スポーツ振興財団事業及び決算報告につきましては、公益財団法人かぬま文化スポーツ振興財団令和事業年度における事業及び決算に関する書類を法の定めるところにより提出するものであります。  報告第25号 令和年度鹿沼健全化判断比率及び資金不足比率報告につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の規定により、令和年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率報告するものであります。  認定第1号から認定第7号までにつきましては、令和年度鹿沼一般会計及び各特別会計歳入歳出決算認定についてであります。  令和年度一般会計予算は、当初以来12次にわたる補正を行った結果、予算総額は、528億5,124万8,101円となり、これに対して決算額は、歳入におきましては、502億5,357万1,782円、歳出におきましては、476億1,183万2,181円、歳入歳出差引額26億4,173万9,601円であり、実質収支におきまして、16億3,961万6,948円の黒字決算となったものであります。  なお、歳入歳出差引額実質収支の差額は、継続費繰越明許費及び事故繰越しによる翌年度への繰り越すべき財源10億212万2,653円であります。  認定第8号につきましては、令和年度鹿沼水道事業会計決算認定についてであります。  令和年度水道事業は、拡張工事として配水管を7,554.6メートル新設し、改良工事では出水不良管布設替え等で4,142.2メートルの更新を行い、配水の適正化に努めたほか、第1浄水場既存施設老朽化及びクリプトスポリジウム対策による施設改修を行い、配水池を築造いたしました。  建設改良費総額では、12億3,941万7,999円の支出でありました。  年度末の給水人口は、8万6,916人で、前年度比0.8%の減となり、年間総配水量は、1,063万2,867立方メートルで、前年度比0.3%の減でありました。  この結果、決算におきましては、収益的収支当年度利益2億1,889万9,196円でありました。  認定第9号につきましては、令和年度鹿沼下水道事業会計決算認定についてであります。  令和年度下水道事業は、市内各地域におきまして汚水管布設工事を行い、中央分区におきましては、下水道管更生工事を行いました。  また、雨水幹線整備事業として、府中雨水幹線及び日吉雨水第1幹線の整備を完了し、富士山雨水幹線整備に着手いたしました。  建設改良費総額では、5億307万5,001円の支出でありました。  年度末の接続人口は、前年度から5人増の6万1,723人となり、年間処理水量は、1,165万7,646立方メートルで、前年度比4.9%の増でありました。  この結果、決算におきましては、収益的収支当年度利益5億7,108万2,557円でありました。  議案第59号 令和年度鹿沼一般会計補正予算(第4号)に係る専決処分事項の承認は、歳入につきましては、国庫支出金増額を計上し、歳出につきましては、企画調整事務費ごみ収集費農作物活性化推進事業費等増額を計上したもので、この補正額を3億5,012万8,000円の増とし、予算総額を422億1,238万8,000円とするものであります。  議案第60号及び議案第61号につきましては、令和年度における水道事業会計及び下水道事業会計に係る未処分利益剰余金処分についてであります。  まず、議案第60号は、水道事業会計に係る未処分利益剰余金3億8,450万8,080円のうち、7,000万円を減債積立金に、7,000万円を利益積立金に、7,889万9,196円を建設改良積立金にそれぞれ積み立てるとともに、1億6,560万8,884円を資本金に組み入れるためのものであります。  次に、議案第61号は、下水道事業会計に係る未処分利益剰余金5億7,108万2,557円のうち、1億円を利益積立金に、1億9,640万9,777円を建設改良積立金にそれぞれ積み立てるとともに、2億7,467万2,780円を資本金に組み入れるためのものであります。  議案第62号 令和年度鹿沼一般会計補正予算(第5号)は、歳入につきましては、国県支出金寄附金繰越金等増額を計上し、歳出につきましては、ふるさと納税推進事業費市民文化センター施設整備事業費道路長寿命化対策事業費道路整備事業費等増減額を計上したもので、この補正額を19億617万5,000円の増とし、予算総額を441億1,856万3,000円とするものであります。  議案第63号 令和年度鹿沼国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、歳入につきましては、繰入金及び繰越金増額を計上し、歳出につきましては、予備費増額を計上したもので、この補正額を3億7,045万7,000円の増とし、予算総額を104億2,575万7,000円とするものであります。  議案第64号 令和年度鹿沼公設地方卸売市場事業費特別会計補正予算(第1号)は、歳入予算の更正として、繰越金増額を計上し、繰入金の減額を計上するものであります。  議案第65号 令和年度鹿沼介護保険特別会計補正予算(第1号)は、歳入につきましては、繰入金繰越金増減額を計上し、歳出につきましては、介護給付費準備基金 積立金償還金等増額を計上したもので、この補正額を1億606万円の増とし、予算総額を87億5,606万円とするものであります。  議案第66号 令和年度鹿沼後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、歳入につきましては、繰越金増額を計上し、歳出につきましては、これを予備費に計上したもので、この補正額を551万4,000円の増とし、予算総額を12億5,851万4,000円とするものであります。  議案第67号 令和年度鹿沼粕尾財産特別会計補正予算(第1号)は、歳入予算の更正として、繰越金増額を計上し、繰入金の減額を計上するものであります。  議案第68号 令和年度鹿沼清洲財産特別会計補正予算(第1号)は、歳入予算の更正として、繰越金増額を計上し、繰入金の減額を計上するものであります。  議案第69号 令和年度鹿沼水道事業会計補正予算(第1号)は、収益的支出において、支出総額を2,209万円増額補正するものであります。  議案第70号 令和年度鹿沼下水道事業会計補正予算(第1号)は、収益的支出において、支出総額を6,331万4,000円増額補正するものであります。  議案第71号から議案第73号までにつきましては、去る7月26日に行った事後審査型条件付き一般競争入札に係る工事請負契約締結についてであります。  まず、議案第71号は、水源地域振興拠点施設敷地造成工事に係る入札の結果、竹沢建設株式会社が2億1,754万7,000円で落札したので、本契約締結するためのものであります。  次に、議案第72号は、鹿沼市立北中学校屋内運動場長寿命化改良工事建築工事)に係る入札の結果、山和技建株式会社が2億2,847万円で落札したので、本契約締結するためのものであります。  議案第73号は、鹿沼市立西小学校屋内運動場長寿命化改良工事建築工事)に係る入札の結果、佐野屋建設株式会社が2億1,560万円で落札したので、本契約締結するためのものであります。  議案第74号から議案第77号までにつきましては、去る7月22日に行った新庁舎整備にかかわる備品購入指名競争入札に係る契約締結についてであります。  まず、議案第74号は、窓口ローカウンター来客用椅子等備品購入に係る入札の結果、株式会社シブエが3,201万円で落札したもので、本契約締結するためのものであります。  次に、議案第75号は、事務用デスク事務用椅子等備品購入に係る入札の結果、株式会社マツヤが3,691万6,000円で落札したので、本契約締結するためのものであります。  議案第76号は、会議室相談室等備品購入に係る入札の結果、株式会社アーリスが3,613万5,000円で落札したので、本契約締結するためのものであります。  議案第77号は、収納什器備品購入に係る入札の結果、株式会社シブエが5,003万9,000円で落札したので、本契約締結するためのものであります。  議案第78号及び第79号につきましては、深津地内における鹿沼インター産業団地造成事業に伴う市道路線廃止及び変更についてであります。  まず、議案第78号は、道路としての利用に供しない市道廃止するためのものであります。  次に、議案第79号は、関係する市道の起点及び終点を変更するためのものであります。  議案第80号 鹿沼職員育児休業等に関する条例の一部改正につきましては、地方公務員育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、育児休業取得回数制限の緩和、育児参加のための休暇の対象期間拡大等を行うためのものであります。  議案第81号 鹿沼手数料条例の一部改正につきましては、長期優良住宅の普及の促進に関する法律等の一部改正に伴い、既存住宅に係る長期優良住宅維持保全計画認定申請手数料新設等を行うためのものであります。  議案第82号 鹿沼粟野プール条例の一部改正につきましては、上粕尾プール廃止するためのものであります。  議案第83号 鹿沼農林業地域生活改善施設条例廃止につきましては、西大芦7区生活向上センター廃止するためのものであります。  議案第84号 人権擁護委員候補者推薦につきましては、人権擁護委員大塚壱久氏が、令和4年12月31日をもって任期満了となるので、引き続き同氏を推薦するためのものであります。  議案第85号及び議案第86号につきましては、本市教育委員会委員任命についてであります。  まず、議案第85号は、宮田里枝氏が令和4年10月4日をもって任期満了となるので、引き続き同氏を任命するためのものであります。  次に、議案第86号は、鈴木 泉氏が令和4年9月30日をもって辞職するので、新たに伊矢野洋一氏を任命するためのものであります。  以上で説明を終わります。 ○大島久幸 議長  提案理由説明は終わりました。  続いて、日程第4、議案第84号 人権擁護委員候補者推薦についてから日程第6、議案第86号 鹿沼教育委員会委員任命についてまでを議題といたします。  議案第84号についてから議案第86号についてまでは、人事案件でありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、直ちに採決いたします。  お諮りいたします。  議案第84号 人権擁護委員候補者推薦について、原案どおり、大塚壱久氏の推薦に同意することにご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、議案第84号については、原案に同意することに決しました。  次に、お諮りいたします。  議案第85号 鹿沼教育委員会委員任命について、原案どおり、宮田里枝氏の任命に同意することにご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、議案第85号については、原案に同意することに決しました。
     次に、お諮りいたします。  議案第86号 鹿沼教育委員会委員任命について、原案どおり、伊矢野洋一氏の任命に同意することにご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、議案第86号については、原案に同意することに決しました。  続いて、日程第7、議員案第5号 決算特別委員会の設置についてを議題といたします。  お諮りいたします。  議員案第5号については、提案理由説明、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、ご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、直ちに採決いたします。  お諮りいたします。  議員案第5号について、原案どおり決することにご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、議員案第5号については、原案どおり決しました。  続いて、日程第8、決算特別委員会委員の選任についてを議題といたします。  お諮りいたします。  決算特別委員会委員の選任については、鹿沼市議会委員条例第5条第1項の規定により、鈴木紹平議員、藤田義昭議員宇賀神敏議員、大貫桂一議員、石川さやか議員鈴木毅議員、阿部秀実議員、加藤美智子議員、市田登議員鈴木敏雄議員、谷中恵子議員増渕靖弘議員、鰕原一男議員の13名を指名したいと思いますが、ご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、ただいま指名いたしました13名を決算特別委員会委員に選任することに決しました。  続いて、決算特別委員会の正副委員長の互選をお願いいたします。  暫時休憩いたします。  再開は、放送及びベルでお知らせいたします。  (午前10時28分) ○大島久幸 議長  休憩前に引き続き再開いたします。  (午前11時00分) ○大島久幸 議長  ただいま、決算特別委員会正副委員長の互選が終わりましたので、結果を報告いたします。  決算特別委員会委員長、市田登議員。  副委員長、鈴木毅議員。  以上であります。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  お諮りいたします。  8月25日、26日、8月29日から9月2日まで、5日及び6日を議案調査のため、休会したいと思いますが、ご異議ありませんか。  (「異議なし」と言う者あり) ○大島久幸 議長  ご異議なしと認めます。  したがって、そのように決定いたしました。  なお、9月7日は定刻から本会議を開きます。  本日は、これで散会いたします。  (午前11時01分)...