佐野市議会 > 2008-02-22 >
02月22日-議案説明・質疑・委員会付託・表決-01号

ツイート シェア
  1. 佐野市議会 2008-02-22
    02月22日-議案説明・質疑・委員会付託・表決-01号


    取得元: 佐野市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-27
    平成20年  2月 定例会(第1回)         平成20年第1回佐野市議会定例会会議録(第1号)2月22日(金曜日) 出席議員(31名)    1 番   岡  村  恵  子          2 番   鶴  見  義  明    3 番   大  川  圭  吾          4 番   本  郷  淳  一    5 番   若 田 部  治  彦          6 番   春  山  敏  明    7 番   金  子  保  利          8 番   蓼  沼  一  弘    9 番   平  塚  敏  夫         10 番   藤  倉  義  雄   11 番   荒  井  仁  市         12 番   飯  田  昌  弘   13 番   篠  原  一  世         14 番   山  菅  直  己   15 番   荒  居     聰         16 番   山  口     孝   17 番   寺  内  冨 士 夫         18 番   内  田  清  美   19 番   義  本  美 智 江         20 番   林     敬  忠   21 番   赤  坂     孜         22 番   佐  瀬     實   23 番   岩  﨑  俊  道         24 番   飯  塚  昭  和   26 番   山  越  密  雄         27 番   青  木  栄  吉   28 番   笠  原  敏  夫         29 番   亀  田     清   30 番   長  島  明  二         31 番   高  橋     功   32 番   寺  内  一  夫 欠席議員(1名)   25 番   野  口  仙  一 地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者  市   長   岡  部  正  英        副 市 長   野  城  良  弘  副 市 長   石  田  正  已        総   合   萩  原     進                            政 策 部長  総合政策部   林     行  雄        行   政   須  藤  作  次  次   長                     経 営 部長  市   民   青  木     勇        健   康   落  合     潔  生 活 部長                     福 祉 部長  産   業   落  合  昭  雄        都   市   佐  野     博  文 化 部長                     建 設 部長  会計管理者   初  谷  和  雄        市 民 病院   中  里  博  行                            事 務 部長  水 道 局長   須  永     昇        消 防 長   佐  山  朝  勇  教 育 長   落  合  一  義        教   育   竹  川  常  光                            総 務 部長  生   涯   大  森     博        監 査 委員   小  暮  敏  夫  学 習 部長                     事 務 局長  農業委員会   塚  田  芳  夫  事 務 局長 事務局職員出席者  事 務 局長   矢  島  俊  雄        議 事 課長   大  川     勇 議事日程第1号  日程第 1  会期の決定について                                     日程第 2  会議録署名議員の指名について                                日程第 3  議案第 1号 教育委員会委員の任命について                         日程第 4  議案第 2号 公平委員会委員の選任について                         日程第 5  議案第 3号 固定資産評価審査委員会委員の選任について                   日程第 6  議案第 4号 固定資産評価審査委員会委員の選任について                   日程第 7  議案第 5号 固定資産評価審査委員会委員の選任について                   日程第 8  議案第 6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について                   日程第 9  議案第49号 平成20年度佐野市一般会計予算                          〃     議案第50号 平成20年度佐野市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)予算            〃     議案第51号 平成20年度佐野市国民健康保険事業特別会計(直営診療施設勘定)予算        〃     議案第52号 平成20年度佐野市公共下水道事業特別会計予算                   〃     議案第53号 平成20年度佐野市老人保健事業特別会計予算                    〃     議案第54号 平成20年度佐野市農業集落排水事業特別会計予算                  〃     議案第55号 平成20年度佐野市自家用有償バス事業特別会計予算                 〃     議案第56号 平成20年度佐野市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)予算            〃     議案第57号 平成20年度佐野市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)予算        〃     議案第58号 平成20年度佐野市後期高齢者医療特別会計予算                   〃     議案第59号 平成20年度佐野市水道事業会計予算                        〃     議案第60号 平成20年度佐野市病院事業会計予算                      日程第10  議案第 7号 佐野市部及び行政機関等設置条例の改正について                   〃     議案第 8号 佐野市水防協議会条例の改正について                        〃     議案第 9号 佐野市職員の育児休業等に関する条例等の改正について                〃     議案第10号 佐野市職員の修学部分休業に関する条例の制定について                〃     議案第11号 佐野市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について               〃     議案第12号 佐野市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の改正につ                いて                                       〃     議案第13号 佐野市長、副市長及び教育長の給与の特例に関する条例の制定について         〃     議案第14号 佐野市特別会計条例及び佐野市手数料条例の改正について               〃     議案第15号 佐野市国民健康保険財政調整基金条例等の改正について                〃     議案第16号 佐野市修学支援金支給条例の廃止について                      〃     議案第17号 佐野市住民センター条例の廃止について                       〃     議案第18号 佐野市体育施設条例及び佐野市都市公園条例の改正について              〃     議案第19号 佐野市保育所条例の改正について                          〃     議案第20号 佐野市こどもの国条例の改正について                        〃     議案第21号 佐野市敬老祝金条例の改正について                         〃     議案第22号 佐野市介護老人保健施設条例の制定について                     〃     議案第23号 佐野市国民健康保険条例の改正について                       〃     議案第24号 佐野市国民健康保険診療所条例の改正について                    〃     議案第25号 佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の改正について               〃     議案第26号 佐野市後期高齢者医療に関する条例の制定について                  〃     議案第27号 佐野市自動車放置防止条例の制定について                      〃     議案第28号 佐野市都市公園条例の改正について                         〃     議案第29号 佐野市地域下水処理施設条例の廃止について                     〃     議案第30号 佐野市水道事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の改正について       〃     議案第31号 佐野市病院事業条例の制定について                         〃     議案第32号 佐野市デジタル防災行政用無線(同報系)システム整備工事請負契約について      〃     議案第33号 土地の取得及び譲渡について                            〃     議案第34号 権利の放棄について                                〃     議案第35号 権利の放棄について                                〃     議案第36号 佐野市指定金融機関の指定について                         〃     議案第37号 佐野市観光物産会館及び佐野市みかも山観光物産会館の指定管理者の指定について    〃     議案第38号 栃木県後期高齢者医療広域連合規約の変更について                  〃     議案第39号 市道路線の認定について                              〃     議案第40号 平成19年度佐野市一般会計補正予算(第5号)                   〃     議案第41号 平成19年度佐野市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)     〃     議案第42号 平成19年度佐野市国民健康保険事業特別会計(直営診療施設勘定)補正予算(第                2号)                                      〃     議案第43号 平成19年度佐野市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)            〃     議案第44号 平成19年度佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)             〃     議案第45号 平成19年度佐野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)           〃     議案第46号 平成19年度佐野市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)     〃     議案第47号 平成19年度佐野市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第                3号)                                      〃     議案第48号 平成19年度佐野市水道事業会計補正予算(第1号)              本日の会議に付議した事件  日程第 1  会期の決定について                                            (平成20年2月22日~3月14日)22日間                        日程第 2  会議録署名議員の指名について                                       (13番 篠原一世議員、19番 義本美智江議員)                      日程第 3  議案第1号について                                            (提案説明、質疑、表決)                                  日程第 4  議案第2号について                                            (提案説明、質疑、表決)                                  日程第 5  議案第3号について                                            (提案説明、質疑、表決)                                  日程第 6  議案第4号について                                            (提案説明、質疑、表決)                                  日程第 7  議案第5号について                                            (提案説明、質疑、表決)                                  日程第 8  議案第6号について                                            (提案説明、質疑、表決)                                  日程第 9  議案第49号から第60号までについて                                   (提案説明)                                        日程第10  議案第7号から第48号までについて                                    (提案説明)                                        追加日程   陳情第1号 佐野市秋山地内の森林に対する野生獣(ツキノワグマシカ)による皮剥ぎ被害防除               とヤマビルによる地域住民への吸血被害撲滅のための陳情 ○議長(高橋功) 開会に先立ち、事務局長に出席議員数及び本日の議事日程について報告させます。  事務局長。 ◎事務局長(矢島俊雄) ご報告申し上げます。  ただいまの出席議員数及び本日の議事日程についてご報告申し上げます。  ただいまの出席議員数は31名でございます。  なお、本日の議事日程につきましては、お手元に配布してございます議事日程第1号のとおりでございます。日程第1、会期の決定について、日程第2、会議録署名議員の指名について、日程第3、議案第1号について、日程第4、議案第2号について、日程第5、議案第3号について、日程第6、議案第4号について、日程第7、議案第5号について、日程第8、議案第6号について、日程第9、議案第49号から第60号までについて、日程第10、議案第7号から第48号までについて、以上のとおりでございます。  次に、本日お手元に配布いたしました文書につきましては、ただいまご報告を申し上げました議事日程のほか、会議予定表、付議事件表(その2)、事務報告書、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者一覧表、一般質問通告一覧表及び佐野市総合計画前期基本計画(平成19~21年度)実施計画(平成20年度版)でございますので、お改めをいただきたいと思います。  なお、福光市民病院長につきましては、今期定例会会期中診療業務のため欠席となりますので、ご了承をいただきたいと思います。  以上で報告を終わります。                                                             午前10時07分開会 ○議長(高橋功) ただいまより平成20年第1回佐野市議会定例会を開会いたします。  これより本日の会議を開きます。 ○議長(高橋功) 本定例会開会に当たり、2月15日、議会運営委員会を開催いたしました。よって、その結果を委員長より報告を求めることにいたします。  議会運営委員会委員長、青木栄吉議員。          (委員長 青木議員登壇) ◎議会運営委員会委員長(青木栄吉) おはようございます。平成20年第1回佐野市議会定例会開会に当たり、去る2月15日に開催されました議会運営委員会の結果についてご報告申し上げます。  まず、議案第1号の教育委員会委員の任命について、議案第2号の公平委員会委員の選任について及び議案第3号から第6号までの固定資産評価審査委員会委員の選任について、以上6件の人事に関する議案については、提案理由の説明、質疑の後、先例により委員会の付託、討論を省略して即決することに決定いたしました。  次に、議案第7号から第39号まで及び議案第41号から第48号までについては、いずれも所管の常任委員会に付託して審査をお願いし、議案第40号の一般会計補正予算(第5号)については、関係部分を所管の常任委員会に分割付託して審査をお願いすることに決定いたしました。  次に、議案第49号から第60号まで、以上12件の平成20年度一般会計予算、各特別会計予算、水道事業会計予算及び病院事業会計予算については、議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査をお願いすることに決定いたしました。  次に、今期定例会に陳情1件が提出されております。この取り扱いについては、本日の日程に追加し、所管の常任委員会に付託して審査をすることに決定いたしました。  会議予定、議事日程については本日お手元に配布してありますとおりでございます。  以上を勘案して、今期定例会は本日から3月14日までの都合22日間と決定した次第でございます。  以上、当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、報告といたします。 ○議長(高橋功) 以上で議会運営委員会委員長の報告は終わりました。ご了承願います。 ○議長(高橋功) この際、日程に入るに先立ち、事務局長に諸般にわたり報告させます。  事務局長。 ◎事務局長(矢島俊雄) ご報告申し上げます。  平成19年第4回佐野市議会定例会以降の事務取り扱いにつきましては、お手元に差し上げてございます事務報告書のとおりでございますので、朗読を省略させていただきまして、本報告書をもってご了承いただきたいと思います。  次に、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者につきましては、お手元に配布してございます一覧表のとおりでございますので、ご了承をいただきたいと思います。  以上で報告を終わります。                                                                  事 務 報 告 書                                     佐 野 市 議 会  平成19年12月7日開会し、12月21日閉会した平成19年第4回佐野市議会定例会以降の取扱事項を次のとおり報告します。 1 議長会議について  ・1月22日 桐生市において両毛六市議会議長会議員研修会が開催され、「両毛六市から新たな価値の発信へ…議   員と大学で産業イノベーションを…」と題しての研修が行われました。  ・2月6日 岩舟町において佐野地区市町議会議長会研修会が開催され、「日本のアジア政策―未来からのシナリ   オ―」と題しての研修が行われました。 2 報告受理について  監査委員から次のとおり報告を受理しました。  ・平成19年度11月分、12月分及び1月分例月出納検査結果報告  ・平成19年度11月分、12月分及び1月分例月出納検査結果報告(水道事業会計)  ・平成19年度11月分、12月分及び1月分例月出納検査結果報告(病院事業会計)  ・平成19年度定例監査結果報告    総合政策部(政策調整課、財政課、秘書課、市民病院対策課、市民税課、資産税課、収納課)    行政経営部(行政経営課、法務文書課、危機管理課、人事課、人材育成センター、情報政策課、契約検査課)、          消防事務    教育委員会事務局(教育総務課、学校教育課、教育センター、学校給食課、第1・第2・第3学校給食センタ          ー、生涯学習課、集会所、少年指導センター、公民館管理課、スポーツ振興課、運動公園管理事          務所、アリーナたぬま、図書館、視聴覚ライブラリー、郷土博物館、葛生化石館、葛生伝承館、          吉澤記念美術館)    健康福祉部(社会福祉課、障害福祉課、障害者福祉の家、医療保険課、診療所、いきいき高齢課、福祉センタ          ー、デイサービスセンター、生きがい工房、シルバーワークプラザ、ふれあい館、いきいき元気          館、清和荘、介護保険課、健康増進課、保健センター、子育て支援課、こどもの国、児童館、こ          どもクラブ、保育所)    議会事務局、会計課、選挙管理委員会監査委員事務局公平委員会 3 他市議会議員が次のとおり来庁されました。  ・12月27日 栃木県足利市議会議員一行    6名  ・1月30日 岩手県釜石市議会議員一行    8名  ・2月6日 京都府木津川市議会議員一行   4名                                                 (以  上) ○議長(高橋功) これより日程に入ります。  日程第1、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から3月14日までの22日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、会期は22日間と決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、13番、篠原一世議員、19番、義本美智江議員を指名いたします。  以上のとおりお願いいたします。 ○議長(高橋功) 日程第3、市長提出議案第1号を議題といたします。  本案は、教育委員会委員の任命につき議会の同意を求める案件であります。  これより当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) それでは、議案第1号について提案理由の説明を申し上げます。  本案は、教育委員会委員の任命について議会の同意をお願いする案件でございます。本市の教育委員会委員のうち、田中和美様は本年5月18日をもって任期満了となりますので、その後任者を任命する必要があるわけでございます。そこで、私は引き続き田中和美様を任命したいと考え、ここに提案するものでございます。  どうぞよろしくご審議をいただき、ご同意くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) 質疑なしと認めます。  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略したいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。  これより議案第1号を採決いたします。  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。          (賛成者起立) ○議長(高橋功) 起立全員であります。  よって、議案第1号は同意することに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第4、市長提出議案第2号を議題といたします。  本案は、公平委員会委員の選任につき議会の同意を求める案件であります。  これより当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) 議案第2号について提案理由の説明を申し上げます。  議案第2号については、公平委員会委員の選任について議会の同意を求める案件でございます。本市の公平委員会委員のうち、五月女和雄様は本年6月2日をもって任期満了となりますので、その後任者を選任する必要があるわけでございます。そこで、私は引き続き五月女和雄様を選任したいと考え、ここに提案するものでございます。  どうぞよろしくご審議をいただき、ご同意くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。
    ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) 質疑なしと認めます。  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略したいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。  これより議案第2号を採決いたします。  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。          (賛成者起立) ○議長(高橋功) 起立全員であります。  よって、議案第2号は同意することに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第5、市長提出議案第3号を議題といたします。  本案は、固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求める案件であります。  これより当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) 議案第3号について提案理由の説明を申し上げます。  議案第3号については、固定資産評価審査委員会委員の選任について議会の同意を求める案件でございます。本市の固定資産評価審査委員会委員のうち、佐野正行様は本年5月18日をもって任期満了となりますので、その後任者を選任する必要があるわけでございます。そこで、私は引き続き佐野正行様を選任したいと考え、ここに提案するものでございます。  どうぞよろしくご審議をいただきまして、ご同意くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) 質疑なしと認めます。  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略したいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。  これより議案第3号を採決いたします。  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。          (賛成者起立) ○議長(高橋功) 起立全員であります。  よって、議案第3号は同意することに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第6、市長提出議案第4号を議題といたします。  本案は、固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求める案件であります。  これより当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) 議案第4号について提案理由の説明を申し上げます。  議案第4号については、固定資産評価審査委員会委員の選任について議会の同意を求める案件でございます。本市の固定資産評価審査委員会委員のうち、中里哲男様は本年5月18日をもって任期満了となりますので、その後任者を選任する必要があるわけでございます。そこで、私は引き続き中里哲男様を選任したいと考え、ここに提案するものでございます。  どうぞよろしくご審議をいただき、ご同意くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) 質疑なしと認めます。  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略したいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。  これより議案第4号を採決いたします。  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。          (賛成者起立) ○議長(高橋功) 起立全員であります。  よって、議案第4号は同意することに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第7、市長提出議案第5号を議題といたします。  本案は、固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求める案件であります。  これより当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) 議案第5号について提案理由の説明を申し上げます。  議案第5号については、固定資産評価審査委員会委員の選任について議会の同意を求める案件でございます。本市の固定資産評価審査委員会委員のうち、田沼穰様は本年5月18日をもって任期満了となりますので、その後任者を選任する必要があるわけでございます。そこで、私は引き続き田沼穰様を選任したいと考え、ここに提案するものでございます。  どうぞよろしくご審議をいただき、ご同意くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) 質疑なしと認めます。  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略したいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。  これより議案第5号を採決いたします。  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。          (賛成者起立) ○議長(高橋功) 起立全員であります。  よって、議案第5号は同意することに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第8、市長提出議案第6号を議題といたします。  本案は、固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求める案件であります。  これより当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) 議案第6号について提案理由の説明を申し上げます。  議案第6号については、固定資産評価審査委員会委員の選任について議会の同意を求める案件でございます。本市の固定資産評価審査委員会委員のうち、関野吉之助様は本年5月18日をもって任期満了となりますので、その後任者を選任する必要があるわけでございます。田澤知行様は、豊かな経験と見識を有し、まことに適任であると考え、ここに提案するものでございます。  どうぞよろしくご審議をいただき、ご同意くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ただいまのところ通告はありません。質疑はありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) 質疑なしと認めます。  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略したいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。  これより議案第6号を採決いたします。  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。          (賛成者起立) ○議長(高橋功) 起立全員であります。  よって、議案第6号は同意することに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第9、市長提出議案第49号から第60号まで、以上12件を一括して議題といたします。  当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) それでは、議案第49号から議案第60号までについて提案理由の説明を申し上げます。  議案第49号から議案第60号までにつきましては、既にお配りしてあります平成20年度予算(案)の大綱についてを朗読し、提案に当たっての説明とさせていただきます。  それでは、議案第49号から議案第60号までの平成20年度佐野市一般会計、各特別会計並びに各公営企業会計の予算(案)提出に当たり、その大綱を申し上げ、議員各位のご理解とご協力をお願いするものでございます。  現在、我が国の経済は、企業部門の底堅さが持続し、景気回復が続くと見込まれるものの、「改正建築基準法」施行の影響により住宅建設が減少していることなどから、回復の足取りが緩やかになると見込まれております。  一方、我が国の財政は、平成19年度当初予算に計上しておりました税収が、9,160億円の減となる見込みであります。既定経費の節減や前年度剰余金受け入れなどで、新たな国債は発行しないようですが、補正予算(案)後におきましても、公債依存度は30.3%と高い水準にあり、依然として厳しい財政状況が続いております。  こうした背景を踏まえた国の平成20年度予算(案)は、『歳出全般にわたって、これまで行ってきた改革の努力を決して緩めることなく、国・地方を通じ、引き続き「基本方針2006」及び「基本方針2007」にのっとり、最大限の削減を行うとともに、若者があすに希望を持ち、お年寄りが安心できる「希望と安心」の国の実現のため、予算の重点化・効率化を行う。』との基本的考え方により編成されたものでございます。しかし、公債依存度は30.5%と依然として高い水準にあり、普通国債残高が平成20年度末で553兆円程度にまで膨らむ見込みであります。さらに、財政健全化の目安となります基礎的財政収支の赤字は、対前年度約7,500億円の増と悪化しております。  このような状況下で、国の予算の枠組みに連動する地方財政対策は、「基本方針2006」及び「基本方針2007」にのっとり、国の取り組みと歩調を合わせて、人件費、投資的経費、一般行政経費の各分野にわたり、厳しく抑制を図るとともに、安定的な財政運営に必要となる地方税地方交付税などの一般財源の総額を確保するという、国の予算編成の基本方針に基づき、一般財源の総額は、対前年度約6,600億円の増となっております。このうち、地方交付税につきましては、出口ベースで対前年度約2,000億円の増となっております。しかし、この額は平成19年度及び平成20年度に予定されておりました、交付税特別会計借入金の償還を期限の範囲で繰り延べるなどして確保したものであり、今後に強い懸念を抱いているところでございます。  このように、現在は地方財政対策なども示されまして、地方財政を取り巻く環境が変わってまいりましたが、平成20年度予算編成の進め方について検討を始めました、年度当初の本市の財政状況は次のようでありました。本市では、これまで財政調整基金や減債基金の取り崩しにより財政運営を支えてまいりましたが、この基金が年々減少してきておりました。このような状況下におきまして、歳入面では市税の伸びが多少見込めるものの、地方交付税は交付税特別会計借入金の償還が始まったこと、特別交付税で措置されておりました合併に伴う財政支援措置が平成19年度で終了することになりますので、一般財源の伸びが期待できませんでした。一方、歳出面では少子高齢化に対応する経費の増加、合併特例事業債の本格的な償還開始に伴う公債費の増加、市民病院の経営赤字に対するさらなる補てん、市民病院の指定管理者制度移行に向けての施設・設備の改修費や職員の退職に伴う特別負担金など、多額の支出が想定されておりました。  そのため、平成19年度予算をベースに平成20年度の歳入予算規模を約400億5,000万円と想定し、歳入・歳出すべてにおきまして検証を行い、見直しをさせていただきました。この見直しは、昨年5月から始めまして、11月末の予算見積もりに反映させたところでございます。  なお、予算編成が最終段階を迎えました11月初旬には、「選択と集中による事務事業の重点化」、「安定した財政運営の推進」、「総合計画を推進する組織編成と職員の育成」、「市民と行政の協働の推進」の4項目を基本方針とします、『平成20年度佐野市行政経営方針』を作成いたしました。この行政経営方針は、全国の大部分の市町村が置かれております厳しい財政状況などを、市民の皆さんとともに乗り越え、「安全と安心のまちづくり」を着実に進めていくための第一歩となるものでございます。  また、同時期に、平成20年度佐野市行政経営方針を基本に行うこと、「行政改革集中改革プラン」、「定員適正化計画」、「財政健全化計画」などを着実に実行し、さらなる改善・改革の加速を予算編成に反映させること、歳入においては、社会経済状況を踏まえた必要性や受益と負担の適正化の観点から見直しを行い、可能なものから予算編成に反映させること、歳出においては、原則として全事務事業についてゼロベースの見直しを行うことなどを、「平成20年度予算編成方針」として示しました。  このような経過をたどりながら編成してまいりました予算でございますが、先ほども申し上げましたように、地方財政対策などが示され歳入の状況は多少改善されました。しかし、一方では、予算編成の進め方を検討し始めた時点で、想定し得ない事務事業も出てまいりました。そのため、当初に想定しておりました予算規模を上回るものとなっております。  なお、予算編成の基本姿勢は、私の考える「夢と希望と潤いのあるまちづくり」を織り込んだ、『第1次総合計画前期基本計画の推進』及び、行政経営を行うための基本方針と取り組みの方向性、総合計画に定められた施策ごとの取り組み方針を示した『行政経営方針の推進』とし、その下に、それぞれ5つの基本目標と4つの基本方針を掲げました。  このようにして編成いたしました平成20年度予算(案)の規模は、一般会計417億4,000万円、特別会計281億2,490万円、公営企業会計につきましては、水道事業会計が収入28億6,810万7,000円、支出44億4,787万7,000円、病院事業会計が収入27億6,468万6,000円、支出31億7,475万5,000円とさせていただいた次第であります。  それでは、平成20年度予算(案)の概要につきまして、第1次総合計画の5つの基本目標であります、「地域の特色を活かした快適なまちづくり」、「やさしくふれあいのある健康福祉づくり」、「魅力と活力ある産業づくり」、「豊かな心を育む教育・文化づくり」、「市民みんなでつくる夢のあるまちづくり」に分類したものにより、主要な施策を中心に説明申し上げます。  初めに、「地域の特色を活かした快適なまちづくり」でございます。  安全・安心のまちづくりといたしましては、水防団員などの士気高揚、水防技術の向上並びに市民の皆さんの水防に対する意識を高めることを目的といたしました、水防演習を平成21年度に本市で開催することになりましたので、利根川水系連合水防演習開催準備事業に予算を計上いたしました。また、災害時における避難誘導などの重要情報を迅速に伝達できるよう、防災行政無線システム整備事業を推進しておりますが、同報系無線の整備が本格的に始まりますので、予算を増額計上いたしました。さらに、大型車などの交通量が増大している幹線市道の歩道整備を行い、歩行者及び自転車の安全を確保するため、市道1級12号線交通安全施設等整備事業に予算を増額いたしました。  住みやすいまちづくりといたしましては、県の農業振興地域整備基本方針が変更されたことに伴い、本市の農業振興地域整備計画を見直すことになりますので、農業振興地域整備計画策定事業に予算を計上いたしました。また、中心市街地活性化の拠点施策の1つとして、佐野商工会議所が1階フロアを改修し、「(仮称)まちなか賑わい交流センター」を整備しますので、これを支援するため、(仮称)まちなか賑わい交流センター改修支援事業に予算を計上いたしました。基本計画策定のための基礎調査を行うとともに、住民懇談会や策定委員会を設置して活性化策などを検討するため、中心市街地活性化基本計画策定事業に予算を増額計上いたしました。中心市街地活性化の一環として、平成21年度に地域交流センターや広場を整備する予定でありますが、事業用地を取得しなければなりませんので、駅舎跡地等活用事業に予算を増額計上いたしました。佐野新都市土地区画整理事業地内でとまっております都市計画道路2路線を接続し、幹線道路としての利便性を図るため、市道界229号線外道路改良事業に予算を増額計上いたしました。佐野新都市地区の国道50号や周辺道路の交通渋滞の緩和、地域経済の活性化などを図るため、佐野サービスエリア・スマートIC接続道路整備事業に予算を計上いたしました。バスを活用したよりよいまちづくりを目指すため、10月からバス路線を再編して、実験運行を一般旅客自動車運送事業者にお願いすることになりますので、路線バス運行支援事業に予算を計上いたしました。さらに、市民の皆さんから数多くの要望があります、生活道路の新設改良・側溝・舗装の整備をするため、市道道路改良事業に予算を増額計上いたしました。  自然環境と共生するまちづくりといたしましては、ごみの減量化と再資源化に今後も引き続き取り組んでいかなければなりませんので、マイバッグの推進と啓発を図るため、ごみ減量推進対策事業に予算を増額計上いたしました。また、地域住民などが一体となって、農村環境の良好な保全と質の向上を図るために活動しておりますので、この組織を支援するため、農地・水・農村環境保全向上活動支援事業に予算を増額計上いたしました。  次に、「やさしくふれあいのある健康福祉づくり」でございます。  健康のまちづくりといたしましては、生活習慣病の予防対策として各種教室を開催し、正しい知識の普及や適切な指導及び支援を行うため、健康教室開催事業に予算を計上いたしました。また、ごみ焼却処理施設からの熱エネルギーを有効利用して、市民の皆さんの健康増進を図る施設を建設するため、余熱利用施設建設事業に所要額を計上いたしました。さらに、本市の最重要課題であります市民病院問題につきましては、指定管理者の候補である医療法人財団「青葉会」との協議が順調に進んでおり、平成20年度半ばには移行できる見込みでありますので、病院事業会計負担金及び出資金に予算を増額計上するとともに、病院事業会計補助金に所要額を計上いたしました。なお、市民の皆さんの命と健康を守る中核病院として、これまで市民病院が担ってきた役割を一日も早く回復できるよう、今後とも全力で取り組んでまいります。  安心して子育てのできるまちづくりといたしましては、子育てと仕事の両立支援をさらに推進するため、短時間対応指導員を導入することになりましたので、放課後児童健全育成事業に予算を増額計上いたしました。なお、本事業に対しましては、平成20年度の途中から保護者負担金をお願いする予定でございます。また、老朽化しております保育園の建て替えなどを行うため、保育需要実態調査や整備計画準備調査を行いますので、保育所整備計画策定事業に予算を計上いたしました。さらに、妊婦の保健管理の向上を図るため、妊婦一般健康診査を医療機関に委託して実施しておりますが、助成回数を2回から5回に拡大しましたので、妊婦健康診査事業に予算を増額計上いたしました。  助け合い生きがいを実感できるまちづくりといたしましては、町会の公民館などを利用し、だれもが気軽に立ち寄れる「お茶のみ広場」的な場所を確保するため、高齢者ふれあいサロン事業に予算を増額計上いたしました。また、高齢者の心身の健康増進を図るとともに、憩いの場でもあります施設が老朽化してきておりますので、支障を来さないよう、茂呂山老人福祉センター非常用照明器具整備事業及び葛生あくと福祉センター浴槽用濾過装置整備事業に予算を計上いたしました。障害者施策の基本的な計画を定める障害者計画と、障害福祉サービスなどの必要量を盛り込んだ障害福祉計画を見直して、第2期の障害者福祉計画を策定するため、障害者福祉計画策定事業に予算を増額計上いたしました。さらに、生活保護世帯医療に係る扶助費が増加傾向にありますので、生活保護扶助費給付事業に予算を増額計上いたしました。  次に、「魅力と活力ある産業づくり」でございます。  産業振興で働きやすいまちづくりといたしましては、野生鳥獣、特にイノシシによる農作物などへの被害が深刻な問題になっておりますので、地元猟友会などに委託して捕獲をしていただく、有害鳥獣捕獲事業に予算を増額計上いたしました。また、山村振興法の改正により、県が策定します山村振興基本方針に基づく山村振興計画を策定することになりましたので、山村振興計画策定事業に予算を計上いたしました。企業立地の促進及び雇用機会の拡大を図るため、市内の工業団地などに、工場などを新増設する企業に奨励金を交付しておりますが、佐野インター産業団地に企業が進出し、該当企業数が増加しましたので、企業誘致促進事業に予算を増額計上いたしました。さらに、万町駐車場を24時間対応型の駐車場として整備し、商店や佐野商工会議所が整備します(仮称)まちなか賑わい交流センター利用者の利便性の向上を図るため、万町駐車場整備事業に予算を計上いたしました。  観光振興で人が集まるまちづくりといたしましては、昨年10月に有限責任中間法人となりました佐野市観光協会が法人として自立できるよう、佐野市観光協会自立支援事業に予算を計上いたしました。また、首都圏からの観光誘客を図るため、バス事業者と連携し、ことし2月8日から高速バス企画乗車券「渡良瀬ストーリー東京・佐野周遊きっぷ」を発売しましたが、今後も引き続き取り組んでまいりますので、観光事業者との連携強化事業に所要額を計上いたしました。なお、今回は高速バスと旧佐野市街地のバス路線との連携でありますが、今後、中山間地域バス路線との連携も検討してまいりたいと考えております。  次に、「豊かな心を育む教育・文化づくり」でございます。  生涯にわたり学びのあるまちづくりといたしましては、JETプログラムやランカスターなどの外国青年を英語指導助手として任用し、本市の英語教育の充実に努めてまいりましたが、人員増によりさらなる充実を図るため、外国青年英語指導助手指導事業(民間業者委託)に予算を計上いたしました。また、児童が安全で安心して学べる教育環境の整備のため、小学校教育備品整備事業及び小学校校舎耐震補強事業に所要額を計上いたしました。さらに、小学校照明設備改修事業、小学校自動体外式除細動器設置事業、小学校屋根外壁改修事業、小学校体育館改修事業、小学校遊具類維持管理事業に予算を計上いたしました。なお、自動体外式除細動器設置につきましては、昨年12月に日本赤十字社佐野市地区の事業としまして、全中学校に設置していただきましたので、今回の予算措置により、平成20年度中には全小中学校に設置されることになります。また、生徒が安全で安心して学べる教育環境の整備のため、中学校教育備品整備事業に所要額を計上するとともに、中学校コンピュータ教育コンピュータ入替事業に予算を増額計上いたしました。さらに、中学校扇風機設置事業、中学校校舎耐震補強事業、中学校屋根外壁改修事業に予算を計上いたしました。なお、扇風機設置につきましては、昨年、全小学校の普通教室に設置しましたので、今回の予算措置により、平成20年度中には全小中学校の普通教室に設置されることになります。県道秋山万町線からの進入路を整備して、地域住民の皆さんの利便性を図るため、常盤地区公民館進入路整備事業に予算を計上いたしました。さらに、本市とドイツスポーツ少年団が、お互いの国を訪問し、情報の交換や文化の交流を図るため、平成20年度日独スポーツ少年団同時交流事業に予算を計上いたしました。  歴史・文化を生かしたまちづくりといたしましては、経年による劣化が進んでおります、文化会館大ホールの舞台設備機構を改修するため、大ホール舞台機構改修事業に予算を増額計上いたしました。また、郷土の歴史的文化遺産であります唐沢山城跡を国指定史跡化に向けて、現況確認や測量などを行うため、唐沢山城跡国指定史跡化調査事業に予算を増額計上いたしました。  次に、「市民みんなでつくる夢のあるまちづくり」でございます。  市民参加のまちづくりといたしましては、市民の皆さんとの協働システムを活用し、協働による事務事業を推進していくため、市民協働システム活用事業に予算を増額計上いたしました。  人と人が交流するまちづくりといたしましては、佐野市国際交流協会の人的充実を図り、各種の事業を独自に展開できるよう、国際交流協会支援事業に予算を増額計上いたしました。  人権尊重のまちづくりといたしましては、昨年度に実施しました人権問題に関する市民意識調査結果に基づき、行動計画を策定しますので、人権教育・啓発推進佐野市行動計画策定事業に所要額を計上いたしました。また、社会で活躍できる女性を養成するとともに、女性のエンパワーメントの向上を図るため、男女共同参画人材育成事業に予算を増額計上いたしました。  地方の時代にふさわしい行財政運営の推進といたしましては、市民や団体などの代表で構成します委員会を設置し、任意の補助金や交付金などの見直しを行うため、(仮称)補助金等交付検討委員会運営事業に予算を計上いたしました。また、新都市高萩越名地区内の土地開発公社所有地の一部について買い戻しを行い、普通財産として管理するとともに処分するため、新都市高萩・越名地区内普通財産管理事業に予算を計上いたしました。さらに、下水道受益者負担金、公営住宅使用料、市民病院の入院及び外来収益のうち、高額や長期の滞納分の収納率向上を図るため、税外収入収納確保特別対策事業に所要額を計上いたしました。  以上、平成20年度市政執行に当たり、主要な施策について申し上げました。  さて、新市が誕生してから間もなく3年になろうとしております。また、私が初代市長として、市政を預からせていただき、早くも4年目に入ろうとしております。私はこの間、市民の皆さんにこの合併が成功であった、合併してよかったと思っていただけるよう努力をしてまいりました。そのため、合併により向上しました市民の皆さんへのサービスは、極力維持してまいりました。なお、市民の皆さんへのサービスを維持できたのは、もちろん合併による効果も大でありますが、財政調整基金や減債基金の取り崩し、合併に伴う国や県の財政支援措置も大きかったと考えております。しかし、財政調整基金などは年々減少してきており、国などの財政支援措置は一部を除いて終了となります。  このように財政状況は厳しくなってきておりますが、一方では少子化や高齢化の進展、地域医療の確保、格差の拡大など、社会情勢の変化に伴い、対応すべき課題や新しい行政需要は増加の一途をたどっております。しかし、現状では総花的に事務事業を展開していくことが困難でありますので、行政経営方針などに基づき、歳入・歳出すべての分野の検証を行いまして見直しをさせていただきました。なお、この見直しによりまして、市民の皆さんにはしばらくの間ご不便をおかけすることになりますので、私を始め副市長・教育長の給与や職員の管理職手当などを減額することにしました。  いずれにいたしましても、景気や地方交付税などの動向を見ますと、本市を始めとする地方財政を取り巻く環境は、今後ますます厳しくなるものと想定されます。そのため、行政経営方針にのっとった、効率的・効果的な行政経営に取り組み、本市の目指す将来像「育み支え合うひとびと、水と緑と万葉の地に広がる交流拠点都市」を実現するため、市民福祉のさらなる向上のため、そして、各地域がそれぞれの特色を生かして展開し、市民の皆さんが元気で笑顔で暮らせるように、職員と一丸となって最大限の努力をしてまいりたいと考えております。  以上、平成20年度予算編成に当たりましての大綱とさせていただきます。議員各位におかれましては、大綱の趣旨を十分にご理解いただきまして、今後の財政運営にご支援とご協力を心からお願い申し上げます。  ありがとうございました。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  この際、お諮りいたします。ただいま上程中の案件は審議を中止し、事後の審議に繰り延べたいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本日程の審議を繰り延べ、改めて議題とすることに決定いたしました。 ○議長(高橋功) 日程第10、市長提出議案第7号から第48号まで、以上42件を一括して議題といたします。  当局の提案理由の説明を求めます。  市長。          (市長 登壇) ◎市長(岡部正英) それでは、議案第7号から議案第48号までについて順次提案理由の説明を申し上げます。  初めに、議案第7号 佐野市部及び行政機関等設置条例の改正についてでございますが、消防団に関する事務を佐野地区広域消防組合から市に移管するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第8号 佐野市水防協議会条例の改正についてでございますが、水防法の改正に伴い所要の規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第9号 佐野市職員の育児休業等に関する条例等の改正についてでございますが、職員の育児休業に係る規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第10号 佐野市職員の修学部分休業に関する条例の制定についてでございますが、職員の修学部分休業制度を導入するため本条例を制定したいので、提案するものでございます。  次に、議案第11号 佐野市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定についてでございますが、職員の自己啓発等休業制度を導入するため本条例を制定したいので、提案するものでございます。  次に、議案第12号 佐野市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例の改正についてでございます。診療所医師の報酬額を改定するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第13号 佐野市長、副市長及び教育長の給与の特例に関する条例の制定についてでございますが、市長、副市長及び教育長の給料月額を減額するため本条例を制定したいので、提案するものでございます。  次に、議案第14号 佐野市特別会計及び佐野市手数料条例の改正についてでございますが、後期高齢者医療制度の創設に伴い、佐野市後期高齢者医療特別会計を設置し、及び後期高齢者医療保険料納付証明に係る手数料を追加するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第15号 佐野市国民健康保険財政調整基金条例等の改正についてでございますが、老人保健法の改正に伴い、所要の規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第16号 佐野市修学支援金支給条例の廃止についてでございますが、生活保護法による保護の基準の改正及び合併時に引き継いだ受給者への支給が終了するため本条例を廃止したいので、提案するものでございます。  次に、議案第17号 佐野市住民センター条例の廃止についてでございますが、住民センターの用途を廃止するため本条例を廃止したいので、提案するものでございます。  次に、議案第18号 佐野市体育施設条例及び佐野市都市公園条例の改正についてでございますが、佐野市営大橋町プール、佐野市佐野武道館、栄公園及び佐野市運動公園の管理を指定管理者に行わせるため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第19号 佐野市保育所条例の改正についてでございますが、田沼保育園、三好保育園及び野上保育園を統合し、たぬま保育園として開所し、及び所要の規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第20号 佐野市こどもの国条例の改正についてでございますが、総合こどもセンターの使用料を定めるため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第21号 佐野市敬老祝金条例の改正についてでございますが、敬老祝金の支給対象者及び支給金額を改めるため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第22号 佐野市介護老人保健施設条例の制定についてでございますが、佐野市介護老人保健施設あそヘルホスの管理を指定管理者に行わせるため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第23号 佐野市国民健康保険条例の改正についてでございますが、老人保健法及び国民健康保険法の改正に伴い、所要の規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第24号 佐野市国民健康保険診療所条例の改正についてでございますが、診療費に関する規定を整備し、及び手数料を改め、並びに所要の規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第25号 佐野市介護保険条例の一部を改正する条例の改正についてでございますが、介護保険施行令の改正に伴い、平成20年度における保険料率の特例を規定するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第26号 佐野市後期高齢者医療に関する条例の制定についてでございますが、後期高齢者医療制度の創設に伴い、市が行う事務を規定するため本条例を制定したいので、提案するものでございます。  次に、議案第27号 佐野市自動車放置防止条例の制定についてでございますが、良好な生活環境を阻害する自動車の放置を防止し、及び市が管理する場所に放置された自動車を適正に処理するため本条例を制定したいので、提案するものでございます。  次に、議案第28号 佐野市都市公園条例の改正についてでございますが、栃本公園分区園の開設期間等を定めるため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第29号 佐野市地域下水処理施設条例の廃止についてでございますが、佐野市石塚団地下水処理場による汚水の処理が終了したため本条例を廃止したいので、提案するものでございます。  次に、議案第30号 佐野市水道事業企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の改正についてでございますが、水道事業企業職員の育児休業に係る規定を整備し、並びに修学部分休業制度及び自己啓発等休業制度を導入するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第31号 佐野市病院事業条例の制定についてでございますが、佐野市民病院の管理を指定管理者に行わせるため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第32号 佐野市デジタル防災行政用無線(同報系)システム整備工事請負契約についてでございますが、佐野市デジタル防災行政用無線(同報系)システム整備工事を執行するため提案するものでございます。  次に、議案第33号 土地の取得及び譲渡についてでございますが、佐野プレミアム・アウトレットの立体駐車場用地等として譲渡するために、佐野市土地開発公社から土地を取得し、その土地の一部をチェルシージャパン株式会社に譲渡したいので、提案するものでございます。  次に、議案第34号 権利の放棄についてでございます。前払い金返納利息の債権について権利の放棄をしたいので、提案するものでございます。  次に、議案第35号 権利の放棄についてでございますが、違約金及び前払い金返納利息の債権について権利の放棄をしたいので、提案するものでございます。  次に、議案第36号 佐野市指定金融機関の指定についてでございますが、佐野市指定金融機関について、株式会社足利銀行への指定期間が本年3月31日で満了となるため、これを指定したいので提案するものでございます。  次に、議案第37号 佐野市観光物産会館及び佐野市みかも山観光物産会館の指定管理者の指定についてでございますが、佐野市観光物産会館及び佐野市みかも山観光物産会館について指定管理者の指定をしたいので、提案するものでございます。  次に、議案第38号 栃木県後期高齢者医療広域連合規約の変更についてでございますが、後期高齢者に対する保健事業に要する経費の一部を構成市町の負担金で支弁することに伴い、栃木県後期高齢者医療広域連合規約の変更をすることについて関係地方公共団体と協議したいので、提案するものでございます。  次に、議案第39号 市道路線の認定についてでございますが、一般県道佐野太田線の事業の進捗により路線を組み替える必要が生じた道路及び教育委員会により整備された道路を市道として認定したいので、提案するものでございます。  続きまして、別冊の平成19年度佐野市補正予算書により説明を申し上げます。  初めに、議案第40号 平成19年度佐野市一般会計補正予算(第5号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、2ページから5ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり11億7,742万3,000円の追加をお願いするものでございます。第2条、継続費の補正といたしましては、6ページから7ページにかけての第2表、継続費補正のとおり余熱利用施設建設事業及び(仮称)田之入公園整備事業について変更をお願いするものでございます。第3条、繰越明許費といたしましては、同じく6ページから7ページにかけての第3表、繰越明許費のとおり林道近沢線整備事業及び田沼北土地区画整理事業について繰り越しをお願いするものでございます。第4条、債務負担行為の補正といたしましては、8ページから9ページにかけての第4表、債務負担行為補正のとおりレイクサイド佐野指定管理料ほか3件を追加し、余熱利用施設維持管理運営事業の変更をお願いするものでございます。第5条、地方債の補正といたしましては、同じく8ページから9ページにかけての第5表、地方債補正のとおり合併特例事業費のほか3件について変更をお願いするものでございます。  それでは、14ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。1款市税でございますが、3億3,500万円の追加でございます。内容は、市民税の現年課税分でございます。  次に、12款分担金及び負担金でございますが、130万円の追加でございます。内容は、保健事業実費負担金でございます。  次に、14款国庫支出金でございますが、939万9,000円の減額でございます。主な内容は、介護給付・訓練等給付費負担金でございます。  次に、17ページにかけての15款県支出金でございますが、2,853万円の減額でございます。主な内容は、介護給付・訓練等給付費負担金でございます。  次に、16款財産収入でございますが、12億3,603万9,000円の追加でございます。主な内容は、普通財産土地売払収入でございます。  次に、19ページにかけての17款寄附金でございますが、302万1,000円の追加でございます。主な内容は、社会福祉事業基金寄附金でございます。  次に、18款繰入金でございますが、2億9,024万5,000円の減額でございます。主な内容は、財政調整基金繰入金でございます。  次に、20款諸収入でございますが、1,813万7,000円の追加でございます。主な内容は、高萩南部土地区画整理事業完了に伴う清算金でございます。  次に、21ページにかけての21款市債でございますが、8,790万円の減額でございます。主な内容は、合併特例事業債でございます。  次に、22ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。2款総務費でございますが、5億1,457万2,000円の追加でございます。主な内容な、財政調整基金積立金でございます。  次に、27ページにかけての3款民生費でございますが、1,265万7,000円の追加でございます。主な内容は、生活保護扶助費給付事業費でございます。  次に、4款衛生費でございますが、497万円の減額でございます。主な内容は、余熱利用施設建設事業費でございます。  次に、29ページにかけての6款農林水産業費でございますが、6,219万5,000円の減額でございます。主な内容は、林道近沢線整備事業費でございます。  次に、31ページにかけての8款土木費でございますが、7億7万3,000円の追加でございます。主な内容は、佐野新都市開発整備事業用地の再取得費でございます。  次に、9款消防費でございますが、702万7,000円の減額でございます。主な内容は、消防団機械器具置場整備事業費でございます。  次に、33ページにかけての10款教育費でございますが、1,716万6,000円の追加でございます。内容は、町有公民館施設整備支援事業費でございます。  次に、12款公債費でございますが、714万7,000円の追加でございます。内容は、市債償還元金でございます。  45ページをお開きください。議案第41号 平成19年度佐野市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、46ページから47ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり3億6,966万8,000円の追加をお願いするものでございます。  それでは、52ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。4款国庫支出金でございますが、85万6,000円の追加でございます。内容は、高齢者医療制度円滑導入事業費補助金でございます。  次に、8款財産収入でございますが、244万6,000円の追加でございます。内容は、国民健康保険財政調整基金利子でございます。  次に、9款繰入金でございますが、14万円の追加でございます。内容は、一般会計繰入金及び保険基盤安定繰入金でございます。  次に、10款繰越金でございますが、3億6,622万6,000円の追加でございます。内容は、療養給付費等交付金繰越金及びその他の繰越金でございます。  54ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。1款総務費でございますが、440万5,000円の追加でございます。内容は、国民健康保険運営事業費及び高齢者医療制度円滑導入事業費でございます。  次に、3款老人保健拠出金でございますが、3,500万円2,000円の追加でございます。内容は、老人保健医療費拠出金及び老人保健事務費拠出金でございます。  次に、4款介護納付金でございますが、6,172万7,000円の減額でございます。内容は、介護納付金でございます。  次に、57ページにかけての6款保健事業費でございますが、240万8,000円の減額でございます。内容は、保健事業費でございます。  次に、7款積立金でございますが、3億8,815万6,000円の追加でございます。内容は、国民健康保険財政調整基金積立金でございます。  次に、9款諸支出金でございますが、624万円の追加でございます。内容は、償還金でございます。  59ページをお開きください。議案第42号 平成19年度佐野市国民健康保険事業特別会計(直営診療施設勘定)補正予算(第2号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、60ページから61ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり301万1,000円の追加をお願いするものでございます。  それでは、66ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。1款診療収入でございますが、38万4,000円の減額でございます。内容は、社会保険診療報酬収入現年度分でございます。  次に、3款繰入金でございますが、339万5,000円の追加でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。  歳出について説明を申し上げます。3款公債費でございますが、301万1,000円の追加でございます。内容は、市債償還元金でございます。  71ページをお開きください。議案第43号 平成19年度佐野市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、72ページから73ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり3億5,568万9,000円の追加をお願いするものでございます。第2条、繰越明許費といたしましては、同じく72ページから73ページにかけての第2表、繰越明許費のとおり公共下水道建設事業について繰り越しをお願いするものでございます。第3条、地方債の補正といたしましては、同じく72ページから73ページにかけての第3表、地方債補正のとおり公的資金補償金免除繰上償還に伴う借換費について追加をお願いするものでございます。  それでは、78ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。4款繰入金でございますが、101万1,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。  次に、7款市債でございますが、3億5,670万円の追加でございます。内容は、公的資金補償金免除繰上償還に伴う借換債でございます。  80ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。1款公共下水道総務管理費でございますが、826万5,000円の追加でございます。内容は、職員人件費及び栃木県市町村総合事務組合負担金でございます。  次に、3款公共下水道建設費でございますが、1,000万円の減額でございます。内容は、公共下水道建設事業費でございます。  次に、5款公債費でございますが、3億5,742万4,000円の追加でございます。内容は、市債償還元金でございます。  89ページをお開きください。議案第44号 平成19年度佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、90ページから91ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり1,267万1,000円の追加をお願いするものでございます。  それでは、96ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。1款支払基金交付金でございますが、633万5,000円の追加でございます。内容は、医療費交付金現年度分でございます。  次に、2款国庫支出金でございますが、422万3,000円の追加でございます。内容は、医療費負担金現年度分でございます。  次に、3款県支出金でございますが、105万5,000円の追加でございます。内容は、県負担金現年度分でございます。  次に、4款繰入金でございますが、105万8,000円の追加でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。  98ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。2款医療諸費でございますが、1,267万1,000円の追加でございます。内容は、医療費支給費でございます。  101ページをお開きください。議案第45号 平成19年度佐野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、102ページから103ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり1,486万3,000円の追加をお願いするものでございます。第2条、地方債といたしましては、同じく102ページから103ページにかけての第2表、地方債のとおり公的資金補償金免除繰上償還に伴う借換費をお願いするものでございます。  それでは、108ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。3款繰入金でございますが、16万3,000円の追加でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。  次に、6款市債でございますが、1,470万円の追加でございます。内容は、公的資金補償金免除繰上償還に伴う借換債でございます。  歳出について説明を申し上げます。2款公債費でございますが、1,486万3,000円の追加でございます。内容は、市債償還元金でございます。  113ページをお開きください。議案第46号 平成19年度佐野市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、114ページから115ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり1億9,891万2,000円の追加をお願いするものでございます。  それでは、120ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。3款国庫支出金でございますが、5,727万4,000円の追加でございます。主な内容は、現年度分介護給付費負担金でございます。  次に、4款支払基金交付金でございますが、7,440万円の追加でございます。内容は、現年度分介護給付費交付金及び地域支援事業支援交付金現年度分でございます。  次に、5款県支出金でございますが、3,550万円の追加でございます。内容は、現年度分介護給付費負担金及び地域支援事業交付金(介護予防事業)現年度分でございます。  次に、6款財産収入でございますが、53万円の追加でございます。内容は、利子及び配当金でございます。  122ページをお開きください。7款繰入金でございますが、3,120万8,000円の追加でございます。主な内容は、介護給付費繰入金現年度分でございます。  124ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。1款総務費でございますが、241万6,000円の追加でございます。内容は、介護保険運営事業費でございます。  次に、2款保険給付費でございますが、2億9,000万円の追加でございます。主な内容は、居宅介護サービス給付費でございます。  126ページをお開きください。4款地域支援事業費でございますが、5,000万円の減額でございます。内容は、介護予防特定高齢者施策事業費でございます。  次に、5款基金積立金でございますが、4,350万4,000円の減額でございます。内容は、介護給付費準備基金積立金でございます。  129ページをお開きください。議案第47号 平成19年度佐野市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、130ページから131ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり897万4,000円の減額をお願いするものでございます。  それでは、136ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。1款介護サービス収入でございますが、4,764万円の減額でございます。主な内容は、入所者介護サービス収入でございます。  次に、3款繰入金でございますが、3,866万6,000円の追加でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。  歳出について説明を申し上げます。2款事業費でございますが、897万4,000円の減額でございます。内容は、食事提供事業費及び介護サービス事業費でございます。  続きまして、別冊の平成19年度佐野市水道事業会計補正予算書により説明を申し上げます。議案第48号 平成19年度佐野市水道事業会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条は説明を省略し、第2条から説明を申し上げます。第2条は、資本的収入及び支出の補正でございます。内容は、公的資金補償金免除繰上償還の実施に伴う収入及び支出の増額でございます。資本的収入が支出に対し不足する額の補てん財源の変更並びに資本的収入及び支出の予定額を補正するものでございます。  第3条は、企業債について起債の目的欄に繰上償還に伴う借換債を追加し、借り入れ限度額を増額補正するものでございます。  第4条は、欠損金の補てん財源として建設改良積立金の一部を利益積立金へ積み立て替えする額を減額するものでございます。  2ページについては、今回の補正に係る資本的収入及び支出の実施計画でございます。  3ページからは、今回の補正に伴い資金計画、予定貸借対照表及び補てん財源の明細書に変更が生じましたので、それぞれ補正をするものでございます。  以上が議案42件についての概要でございます。どうぞよろしくご審議をいただき、原案のとおりお認めくださいますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(高橋功) 以上をもって当局の説明は終わりました。  この際、お諮りいたします。ただいま上程中の案件は審議を中止し、事後の審議に繰り延べたいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、本日程の審議を繰り延べ、改めて議題とすることに決定いたしました。 ○議長(高橋功) この際、申し上げます。  今期定例会に陳情1件が提出されております。提出された陳情文書表及び陳情を職員に配布させます。          (職員配布) ○議長(高橋功) お諮りいたします。  この際、これを日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。          (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(高橋功) ご異議なしと認めます。  よって、この際これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。  これより陳情第1号を議題といたします。  この際、陳情文書表の朗読はこれを省略し、要旨を会議録に登載することといたします。                  陳   情   文   書   表                                   平成20年第1回佐野市議会定例会  ┌──────┬───────────────┬───────────────┬─────┬─────┐│ 種   別 │    要       旨   │  提出者住所氏名      │受理年月日│関係委員会│├──────┼───────────────┼───────────────┼─────┼─────┤│      │佐野市秋山地内の森林に対する野│               │     │     ││      │               │佐野市秋山町712      │     │     ││      │生獣(ツキノワグマシカ)によ│               │     │     ││      │               │社団法人秋山奨学会      │平成   │     ││陳情第 1号│る皮剥ぎ被害防除とヤマビルによ│               │     │経済文教 ││      │               │理事長 遠 藤 厚 寛    │20.2.22│     ││      │る地域住民への吸血被害撲滅のた│               │     │     ││      │               │          外203名│     │     ││      │めの陳情           │               │     │     │└──────┴───────────────┴───────────────┴─────┴─────┘ ○議長(高橋功) 本件は、お手元に配布の陳情文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。  この際、申し上げます。明2月23日及び24日は休日のため休会といたします。  以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。  次回は、2月25日月曜日午前10時より本会議を開きます。ご了承願います。  本日は、これをもって散会いたします。          午前11時34分散会...