49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤枝市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会-02月27日-02号

という質疑があり、これに対して、「JETプログラムによるALTについては、毎年7月に採用の切りかえを行っているが、今年度、新規に採用した3人のALTの来日が7月下旬となり、勤務日数が少なかったため報酬を減額した。」という答弁がありました。  以上のような審査を経て、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  

島田市議会 2018-12-10 平成30年12月10日厚生教育常任委員会−12月10日-01号

◎学校教育課長(池谷英人) 外国人の英語指導経費につきましては、今現在の委託の4にプラスしまして、JET制度の導入による……。済みません、消費税の関係で、含まれているという回答でした。申しわけありません。 ○委員長(村田千鶴子) スクールバス運行の管理委託のほうも含まれているということでよろしいですか。 ◎学校教育課長(池谷英人) 含まれているということです。申しわけありませんでした。

島田市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会−09月12日-04号

財政的な負担もあるものですから、JETプログラムを採用することによってできるだけ市の負担を減らしたいということも考えているところです。 ○議長(大石節雄議員) 横山議員。 ◆7番(横山香理議員) 1人配置するのが望ましいけれども、さまざまな面からハードルが高いということもよくわかります。そもそも地域に開かれた学校を目指すのであれば、地域で英語が話せる、ALTにかわる役割を担ってもらう方法もあると。

島田市議会 2018-03-13 平成30年3月13日厚生教育常任委員会−03月13日-01号

もう一つの役割は、国で進めています英語のALTの増員につきまして、JETというシステムがありますので、その増員のための研究をして、ぜひALTの増員による小学校英語化への対応ということで、先生方の負担を少しでも減らそうと考えております。  以上です。 ○委員長(杉野直樹) 藤本委員。

浜松市議会 2017-10-03 平成29年 10月 市民文教委員会-10月03日−01号

平成28年度は4月から8月までが、JET24人、民間23人。8月からは、JET20人、民間27人の計47人プラス市立の1人を配置していました。今後、小学校の外国語活動が始まりますので、先ほど御説明した時数の割合については減らないように調整し、増員を図っていきたいと考えています。  

伊豆の国市議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月07日−05号

また、同年8月にJETプログラムにより招致したモンゴル国出身の国際交流員により繊細な交渉が可能となり、今回のことしの訪問団の交流内容は格段に内容の濃いものとなっております。  また、モンゴル国との関係につきましては、平成26年10月にビルグーンオンダラガ歌舞団のコンサートの冒頭で、在日モンゴル国大使から市内6小学校に2台ずつ計12台の馬頭琴が贈られました。  

三島市議会 2017-03-07 平成29年  3月 福祉教育委員会-03月07日−02号

◎岩田学務係長 ALTにつきましては、当初、国のほうで行われていたJETプログラム、国のほうで承継してネーティブの発音に触れさせて英語教育を一層推進させるといったところから私どものほうも始めて、平成5年度から姉妹都市交流ということで三島市に来ていただいて、そこから継続してALTのほうを今日まで続けているという現状がございます。

清水町議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第4日) 本文 開催日: 2016-06-09

次に、大学等の地域資源を生かした連携についてでありますが、今回、JETプログラムのALTの活用に当たり、三島市でも行っております、三島市にあります日本大学国際関係学部と協定を結ぶ協議を現在進めておるところであり、教育委員会、学校職員等のALT等の通訳はもちろんのこと、学校教育、生涯学習、文化芸術等の分野における相互の協力、学校及び地域における教育の充実・発展と人材の育成を目的に、双方の連携を図ってまいりたいと

伊豆の国市議会 2016-03-18 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月18日−07号

今回の国際交流員は、自治体国際化協会のJETプログラムという制度にのっとって導入を図るもので、最長5年まで採用できるとして、モンゴル大使館を通じて募集し、モンゴル国との交流、主にソンギノハイラハン区との国際交流に対して雇うものです。職務は国際交流関係の事務補助、外国語教室や異文化理解講座の企画や講師などとしています。  

清水町議会 2016-03-07 平成28年第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2016-03-07

こちらにつきましては、理科教科の部分のところで国の補助金が歳入であるということでこちらで計上させていただいたこと、またJETプログラムにおける英語教諭に係る生活予備費も一部こちらで計上させていただいていること、また19節の負担金、補助及び交付金のうち、一番下にあります自治体国際化協会の、これもJETプログラムに係る負担金でございますが、こちらが増えたこと、さらに、補助金の中学校部活動活動支援事業費でございますが

清水町議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第1日) 本文 開催日: 2016-03-01

次に、議案第5号 清水町語学指導等を行う外国青年の報酬及び費用弁償に関する条例については、外国語指導助手、通称ALTの授業で唯一普通交付税措置がされている語学指導等を行う外国青年招致事業、通称JETプログラムを活用して外国青年を任用することとし、その報酬及び費用弁償に関する事項を定めるため本条例を制定するものであります。  以上、議案第4号及び議案第5号について一括して御説明を申し上げました。

伊豆の国市議会 2016-02-25 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月25日−01号

また、自治体国際化協会のJETプログラムを活用した事業といたしまして、国際交流員としてモンゴル国から青年を招き、海外からの来客に対する通訳や学校への訪問活動を行う予定であります。  「読売巨人軍長嶋茂雄ロード・ランニングロード」の命名を記念するイベントを実施するに当たり、その開催経費を助成するためのさわやか野球教室補助金を交付してまいります。  

藤枝市議会 2015-12-04 平成27年11月定例会−12月04日-04号

それから資格についてですけれども、ALTというのは地域ALTと、あとはJETといいまして自治体国際化協会からの派遣と2種類ありますけれども、特に、地域ALTの場合は市が探してくるということで、その資格としましては、母国語が英語である、または外国籍で、英語が堪能で英語圏の国の文化に精通していること。また、日本における外国語指導経験が1年以上あること、または同等であること。

磐田市議会 2015-09-30 磐田市議会 会議録 平成27年  9月 第1決算特別委員会-09月30日−02号

◎学校教育課長(中村忠裕君) 国にJETプログラムというALT等を派遣する事業がございます。その賃金等を根拠にいたしまして、月30万円程度ということでございます。  以上です。 ◎教育総務課長(井下田覚君) 先ほど草地委員からの御質問の4年生、26年度の4年生ということで、先ほど申し上げた数字が4年生の7月、8月の利用人数でございましたので、申し訳ありません。そのままの数字になります。

藤枝市議会 2014-12-04 平成26年11月定例会−12月04日-03号

これ、JETよりも地域ALTをどんどんふやしていったほうがいいんじゃないかなと、かように思いますので、よろしくお願いいたします。  せっかくですから、給付金のほうに入らせていただきます。  ほとんど聞きたかったことが答えられているんですけれども、なぜ給付金の状況等をお伺いしたかというと、実は、本来、締め切り期限が1月5日に延びましたよね。

浜松市議会 2014-11-28 平成26年 11月 定例会(第4回)-11月28日−20号

そのクレアの事業説明にて外国人青年招致事業、通称JETプログラムについて伺いました。JETプログラムとは、海外の青年を招致し、地方自治体、教育委員会及び全国の小・中学校や高等学校で国際交流の業務と外国語教育に携わることにより、地域レベルでの草の根の国際化を推進することを目的としております。

浜松市議会 2014-03-13 平成26年  3月 市民文教委員会-03月13日−01号

◆松島育治委員 浜松市ではJETプログラムによるALTと民間のALTを受け入れていますが、JETプログラムは国の制度で、ALTの全ての面倒を見ます。今回の派遣研修は4週間ということですが、事件・事故がないとは言えません。ノイローゼにより不幸にしてみずから命を絶ったALTもいます。安全確保については十分考えておいていただきたい。